FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年6月22日から26日(火水木金土曜日)、ベタ凪な人生。
今日の火曜日:

消しゴム 火曜日は音羽屋がお休みなので、のんびりと庭の掃除だのお洗濯だのする。茗荷がまだ発生してこないのが気にならないでもないが、まあじっくり待つさ。

写真は、ここんとこ道楽で集めている消しゴムの新規ロット(右上のエアインはイタチさんに貰った)。デスクに1ダースも並べて使い分けていると見た目バカみたいだなあと自分でも思うのだが、意外と面白いし単価せいぜい150円とかだし。


錦山のお刺身ちょっと盛り 今日の水曜日:

ちょっと大病院に寄ったら癌患者の点滴を見守る破目になってしまってですね、これが終わらねえ終わらねえ。けっきょく17:00くらいに音羽屋に出勤して18:30くらいに退出して、そういえばCase#1が今日から営業再開って言ってたなと思って覗いてみたら山崎"ぶんまわし"規夫がいたもんでしばらくダベってから近所にモツ鍋など喰いにいく。内臓喰いながらさんざん内視鏡検査の話などしてやった、ざまあみろ。

僕としては、日曜日の「店壊れ事件」の原因は土曜日に出演した山崎規夫にあると断じているのだが、あなたはどう思われますか? あんなものを出演させるから天罰がくだったと以下自粛。


今日のエアコン:

たまに冷房でも入れて眠ろうかと思ってみたら、御寝所のエアコンが壊れていることが発覚。まあいいや週末に考えようと思ったら、土曜日も日曜日も忙しいのだった。とりあえずとうぶんは朝湯大好き生活ということでしょうかしらん、それもまたよし(さいわいにして僕ん家の四方は「土」なんだな)。


今日の木曜日:

さいきんには珍しく、ふつうに11:00くらいに音羽屋に出仕。16:00くらいまではふつうに編集作業というかデスクワークなどしていたのだが、そのあとなんでか「積みあがっているいらない段ボール箱の整理」とか「残り時間3分で文京シビックセンター前の赤い郵便ポストまでダッシュ」とか、どちらかというと運動会みたいな感じになる。それもまたよし。

音羽屋に戻って「ダッシュで3分だな」と言ってみたら社長が嬉しそうな顔をしていたが、そうそう走ってたまるものか。


今日の文盲:

A Judgement in Stone ルース・レンデル『ロウフィールド館の惨劇』、順調に読み進んでいます。「文盲であることを隠し続けるためにとんでもないことをしてしまう家政婦さん」の話なんだけど、自分に照らすと「英語なんかぜんぜん判んないんだけど英文校閲のお仕事など引き受けている私」と同じ話なんだよな、これ。映画がいくつか作られているらしいので、読了したら観てみたいものです。


今日のアスパラガス:

しあわせのかたち 音羽屋社長に届いた北海道直送のアスパラガスをわけていただいて、焼いて食べてみたりする。めちゃくちゃ美味い。
焼くついでだと思って、帰宅がけに椎茸も買ってみた。
旬つながりで鮎も買った。


今日の滅茶苦茶:

天井禁止 通りがかりの機械式駐車場の入口の注意書きなのだが、「ルーフ、キャリア付の車両は入庫できません」とある。オープンカーなら大丈夫だが、コンバーチブルだとグレーゾーンだな。


今日のサッカー:

CD『溢れ出る涙』ローランド・カーク 蹴っ飛ばされてきたものは蹴り返せばいいのだが。
金曜日の05:00くらいにツレから電話がかかってきましてな、たまたま起きてはいたのだが、そんな時刻に目覚めていてもサッカーのテレビを眺めていない人間も世の中にはいるのだよ。いや文句もないのだが。

そういえば木曜日に、音羽屋の社長にサッカーのワールドカップについてのレクチャーを受ける。なんだか1次リーグと2次リーグがあって、いまは1次リーグのほうで4チームの総当たりから2チーム選抜×8グループで16チームが2次リーグに進出、と。こないだの「日本が自殺点を3点も放り込んで負け」というわけの判らない試合はオープン戦みたいなもんであんまり関係なかった、と。「詳しいですね」と言ってみたら「夜のテレビのニュースだけでもこれくらいは判る」とのことだったが、僕はニュースにサッカーが映るとチャンネルを変えてしまうのでした。

ついでにブブゼラの話が少し出て、そういえばローランド・カークの吹いていた「マンゼロ」というのに音が似ているなとは思っていたのだがなにか関係はあるのだろうかしらん。


今日の金曜日:

入院患者が退院するというので、朝早くから迎えに行ってみたりする。そりゃあなた、いかい病院とはいえ個室に一か月近くも滞留していれば生活の澱もたまろうってもので、撤収作業はけっこうたいへん。それでついでに新宿に出て、美々卯でうどんすき(c)などいただく。

夜は上野ドゥービーズでセッションをちょっと。新婚のワダさんがいらしていて幸せそうだった。そういえば明日は新婚の中山くんの結婚式だなあなどと思いつつ、そういえばThe Zirconsのデブも新婚なのだった。


今日の土曜日:

花嫁トロンボーンを吹く 花婿ギターを弾く とっくのとうに結婚していたギターの中山くんのお披露目の会だったんですね。お客さんも多かったし仕掛けも凝っていたし、いい会でした。中山くんはお友達がたくさんいていいなあ、くどいようだが僕には知り合いと敵はうじゃうじゃいるけど友達はいない。


結婚式なので珍しくダークスーツのオールバックでサングラスという拵にしてみたら、ただの武闘派ヤクザ誕生(無理矢理よく言うと、『ウェストサイド物語』のラス・タンブリン、あるいは山守組の菅原文太)。まあいいかってんで式場を目指して東京へ行く。29歳のバケツプリン嬢が「道が判らん」というので東京駅中央口のC62の車輪のところで待ち合わせてみたら、29歳がぶりっこしやがって(死語ですね)20分ほど遅れてくる。うむ、そういう事態は折り込み済なのでへいきへいき。

というわけでバケツプリンとコットンクラブの料理を喰い尽くしながら、いろんなバンドだの新婚夫婦プロモーションビデオだのを眺める。それで新婦は達者にトロンボーンでハイソなジャズを演奏し、新郎は例の速弾きギターでフュージョンみたいなの(ごめん詳しくない)を弾き倒して楽しかった。めおと共演がなかったのが気にならないでもないのだが、まあいいでしょう、末永くお幸せに。

終演後、バケツプリンと東京エキナカなど散歩して、あと帰宅して寝る感じです。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
(・∀・)
御来場感謝。

夫婦はね。
共演しないのが円満の秘訣だと思うwwww
2010/06/29(火) 10:05:45 | URL | 中山さとし #-[ 編集]
んー。
共演しまくりの例をいくつか知っているもんですから。イマイズミくんに「キーが合わねんじゃね?」と言ってみたら「いや奥さんは大丈夫」と言っておりましたが、旦那が大丈夫なことも知ってるからなんか演ってえーと。

とりあえず写真は白がトンじまっていて申し訳ありませんでした。まあ携帯電話なんでおおめにみてくださいましな、おめでとうございました。
---
なんか明日、髪さらさらのベーシストさんと共演するみたいですよ僕。
2010/06/29(火) 19:49:32 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy