FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年5月25日(火曜日)、天国にいちばん近い場所。
5月24日の晩飯 朝もはよから電話で叩き起こされて大富豪邸に行ってみる。なんでも風呂場のエアコンだか給湯器だかがブチ壊れたのだそうで、工事のガス屋さんが裏庭を通ろうとしたらさいきん据えた物置が邪魔で現場まで辿り着けない、ついては廊下のほうを通るのだけれども廊下に美術品がたくさん置いてあるのでちょいと片付けてくれぃ。今世紀最大に我が侭な注文ではあることだなあ。まあ世話にもなっておるし時間もあるし早起きもできたことだし朝飯もタカれるからもーまんたい。

ミッションはてきとうにやっつけて、10:30には音羽屋に出社して、通勤車中で読んでいた『マン・オン・ワイヤー』の話で社長と盛り上がる。だいたいアルバートが働かねえんだよとか、ジャン・フィリップが気の毒だとか、あのひと頭ヨワくね?とか、あんなに喧嘩ばっかりしていてよくチームが組めるよなとか、俺もたいがいヒドいけどフィリップのほうが段違いでヒドいやつだとか、そんな感じ。仕事しろ俺。

今日のランチのテイクアウトはCoCo壱番屋のカレーで、新人らしき店員さんが「ハーフサイズのカレーにはドリンクで、オレンジジュースアイスコーヒー野菜ジュースが付きますが、どれになさいますか?」って言うものだからとうぜん「じゃ、ぜんぶ」って言ってみる。「ですから、ドリンクはオレンジジュースアイスコーヒー野菜ジュースが付きますが、どれになさいますか?」とまた言う。見た感じではおそらくコテコテのジャパニーズなのだろうから言い間違いでもなかろうこととて、「だから、ぜんぶくださいってば」って言ってみてけっきょく野菜ジュース1本だけの収穫でしたな。

先日は音羽屋社長が、明らかにメニューに載っている「ハーフの海老煮込カレー」の注文を「海老煮込カレーのハーフはございません」って言われたもんだから自分でメニューからいちいち捜し出して「あるじゃん!」って言ってようよう注文できたのだそうな。カレーの品質以外はどうしょもねえな、ココイチ。

ところでハーフサイズは社長用で、僕は海老煮込カレーのポークソース、フルサイズでした。


今日の発音:

ブラシの木 前歯の歯根がなくなってしまったもので(いろいろあって)、日本語の発音がややこしい。英語だとらくちんなのは子音に母音を組み合わせなくて済むからなのだろうなあ、と思うの。たとえば今日は音羽屋社長に(なんでいちいち音羽屋社長が出てくるのかというと、日常の話し相手が音羽屋社長しかいないわけなのだな)「イバラギじゃなくてイバラキ」だと指摘されたからなのだが、無声音の「k」なら「イバラk」のラストをなんとなく「キ」っぽく発音できるのだけれども意識して「ki」にしようとすると失敗するのだな。

練習しよう。

ちなみに、ステージで歌っているぶんには英語によらず日本語によらず平気なんだけどね。Q: なんでだろう。A: 発声がマジだから(たぶん)。


今日の綱男:

フィリップ・プティ『マン・オン・ワイヤー』白揚社 DVD『マン・オン・ワイヤー』 18:00くらいに音羽屋勤務終了、いよいよ佳境の『マン・オン・ワイヤー』を読みつつ帰宅。南北線に乗り込んだところでエレベーターのホイールが廻り出して、こうなると止まんねえな、こないだ音羽屋社長が電車を乗り過ごして遅刻した(ので僕が音羽なか卯で鶏うどんの朝食をとれた)のも無理はあるまい(「『突撃』になってよく止められるねえ」と社長が言っていたが、タイミングの違いだ。『Ronin』のカーチェイスが二段構えなのと同じ)。

僕の場合はさいわいにして東西線落合駅に入線すると同時に屋上に上がれたので、乗り過ごさずに済みました。それであと4ミリくらい‥‥50ページくらいか?だったものだから、落合駅のプラットフォームのベンチに居座って最後まで読みましたとさ。なんでか40分もかかったのだが、構うまい。

あとはDVDのほうを眺めてみる感じで、いちおう建築現場用語には詳しい筈の僕なのだが綱渡り現場用語には昏いものだから期待はしている。そんなことで本日はここまで。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
わたし。
ボストンにいたころ、こてこてのアメリカ人に「『わたし』って言うときは、『WATASHI』なのか『WATASH』なのかどっちだ?」と真剣に聞かれたのを思い出しましたよ。

どっちでもいいんだよ、って答えたら不思議そうな顔してましたが。
2010/05/26(水) 22:13:23 | URL | カバテチ #sSHoJftA[ 編集]
シラブル関係の教育を受けていないのですが。
千野栄一を読んでいたら「いちばん子音の少ない言語と、いちばん母音の多い言語が同じだった」という話がありましたな。英語だけで考えたら不思議に思うのも無理もないのだろうかしらん。ついでに「LとRが同じ(日本人の脳には弁別野がない)」って教えてあげたら面白かったかも。

敷衍すると、現状で「よく判んない僕の発音」について人さまに馴れてもらえばいいんだな(違うってば)。
2010/05/27(木) 04:23:27 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
LとR
日本人にも区別は出来ますがな。
一時期、埼京線の「臨海高速鉄道」の英語アナウンスが、「Rinkai」って言ってて、「ぅいんかい」って感じに聞こえてすごく気持ち悪かったもの。今は「Linkai」になってるので「りんかい」ってちゃんと聞こえるけど。
2010/06/12(土) 23:50:33 | URL | カバテチ #sSHoJftA[ 編集]
馴れもあるのかしら。
こんど「うりりりりりぃんかい」って言ってあげるよ(合唱者は巻き舌は得意)。

弁別野についてはとくにエビデンスないので、あとで調べてみたりみなかったり(いつも通り)。
2010/06/13(日) 16:12:51 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy