FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年12月29日(火)、29日肉の日、30日砂糖の日(嘘)。
靴、コンバースとナイキと無印良品 04:00起床。なんやねん。

インチキなビーフシチューを作って食べて、トーストを添えて、二度寝。


なんか正月のステージは紅白でとか横ヤンが言い出しやがったもんで、ちょいと漁ってみたら出るわ出るわ、赤いズボンだの白いズボンだの赤い靴だの白い靴だの赤いシャツだのなんだの。

なにもんだ俺。


エーブルシーマンのマチダさん 今日の散髪:というのか。

お散歩のついでに、東中野の理髪店エーブルシーマンさんに3年ぶりかな? 寄ってみました。

床屋に行こうと思った。床屋はどこやぁ!
婆さんが鋏持って出てきた。ばーばーっ!
婆さんにいきなり殴られた。さんぱつっ!
殴られたら利口になった。りはつやぁ!

まあまあ、怒るのはあとにして。腹を立てるとシワが増えますよ。さて前回と同じく店長さんが出てきて「どうしましょうか」と言うので「どうしましょうねえ」と言ってみたら、「ではシーンを考えてみましょう」というところから始まりました。じゃあ正月にニューオータニで財界人相手に歌うので、とかいう話から店長がN児(NHK東京児童合唱団)出身でいまは娘さん2人が在籍中であること、そういやN児シニアなら土曜日のアンジェラ・アキで観ましたよとか、僕もよく識る指揮者の古橋さんがお客さんであること、といった話題でちょいと盛り上がりましたな。

髪の毛のほうは、なんかいい感じに切り揃えていただいて、ついでに軽く茶髪になってなんかインチキなミュージシャンみたいになりました。あ、それで合ってるのか。


今日のお買い物:

めでたいスタジャン 散髪後に、なんとなく高円寺に出る。昼だ。

昼飯どうしようかなと思って、なんかラーメンストリートみたいなのができていたなと思ってガード下をちょっと覗いてみたけど、なんか混み合っているみたいだったしそんなに興味もないので揚州商人に廻って、でも店構えを眺めているうちに「さてはラーメンの気分でもないな」ということに気づく。並びの古着屋さんもまだ開店しておらんこととて(って昼過ぎだぞ)、赤いアロハのヤクザくさいのに目をつけていたのもあきらめて、ムーンストンプも楽やもとくにランチ営業などしている気配もなし。

赤パン となると、高円寺なら信濃の蕎麦、新中野まで歩いてかつ金のフィレ、ってかなんで東中野で十番に入らんかったんかね儂とか無理矢理を思いつつ、なんでか中野の比内やさんで親子丼。なんでか僕以外にお客さまがいらさらなかったもんで、ゆったりと親子丼をいただいて、お茶のお替わりついでにタバコも一服して、そのタバコも「自宅以外の屋根のあるところ」ではショートピースに決めているのだが今日はゴロワーズにさせていただいて、しまった焼鳥でビール‥‥いやいかん。つくねが絶品なのは知っているのだが。いやいかん。

ジルコンズ 帰宅がけに母から電話があって、中井駅前の鳥一に笹身の予約電話をかけてみたらもう売り切れ、って僕には予約のシステムそのものがよく判りません。そんでササミは、いずれ正月のお雑煮になるのであろうから捨ておくわけにもいかん。いやさいきんはボケ防止目的もあって父にも母にも「自分でできることはやろうね」ってんで電球の取り替えみたいなのはお断りしているわけさ。おかげさまでここんとこ頼まれたのはパソコン関係以外だとBSアンテナの設置とか浄化槽の取替とか地下核シェルタの排気装置の設置とか(島忠で売るなよ、頼むから)くらいで済んでいるのだけれども、今日はそういうことならしかたがないので「つるかめランドなら鶏肉は美味しいよ」ってんでつるかめランドに寄ってササミを2パックほど買ってきました。なんか宮城で森で自然がどうしたとか。いやほんとに、つるかめランドは魚は信用ならねえ(失敬)けど鶏肉は美味いので、大丈夫。俺が太鼓判を押しますよ。

赤いバッシュ どうでもいいけど、今日は高円寺東急、中野東急、ライフ、東中野ライフ、サミット、つるかめランドと見学して廻りましたけど。魚の死体売場を巡るのは好きなんです。どこへいってもおせち料理に押されて鮮魚部が小さくなっているのが不満だなあ。いいじゃねえかよ正月からみんなしてカレーパン喰ってりゃ幸せなんだからさ、などとふと思うのでした。せめてシジミとハタハタと黒ソイくらいは売っていてほしいのです。


今日のスリザー:特殊お薦め係出動。

DVD『スリザー』 レンタルビデオでなんとなぁく借りてみた『スリザー』を観る。

おっさん「なんじゃこりゃあ」(ぶしゅっ)。
おっさん「刺されたぁ」(ぶぎゅるるるっ)。
おっさん「痛いぃ」(ぎゅるるるるっ)。
姐ちゃん「ひゃあああああぁぁぁぁぁ」(どぎゅるるるる)。


とか日本語吹替版で観ていると腰砕けだが、いいぞこの映画。えーとね、
『クリープス』とか
『トレマーズ』とか
『ザ・グリード』とか
U.M.A./レイク・プラシッド』とか
が好きな人
(判るね)ならきっと気に入るぜ。

挿入歌がエア・サプライってのも気が利いてる。『Every Woman in the World』って、憶えているひといるのかな。僕は(けったくその悪い初恋の思い出があるので)忘れませんけれども。『ブルース・ブラザース』のエレベータの『イパネマの娘』(たしか『デイ・オブ・ザ・デッド』かなんかでパクってた)なみにインパクトがありましたのこと。 DVD『ザ・グリード』 DVD『U.M.A./レイク・プラシッド  DVD『トレマーズ』


夜半、歌舞伎町Golden Eggでむずかしいセッションがあったのでちょいと顔を出して、ウクレレとハーモニカとリコーダーを置き忘れて帰宅。とても判りやすい年末の私なのでした。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy