FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年11月12日(木曜日)、テンションでフェイクでアウト。
今日の早朝:

水曜日の24:00くらいに寝たもんだと思うのだが、なんか02:00くらいに目覚めてしまう。なんだろう、睡眠障害とかそんなのに罹患するほど高級な脳髄の持ち合わせもなさそうだし(ティム・バートンの名前を思い出すのに2日間、ルドルフ・シェンカーのやってるバンドの名前を思い出すのに1週間、ストロークの話をしていてフレディ・グリーンのまでは出てきたのに彼の人が在籍した超有名バンドの名前が出てくるまでに2週間かかった)、まあいいか、なんとか折り合いをつけて生きていきましょう。

DVD『素晴らしき哉、人生!』 というわけで『素晴らしき哉、人生!』のDVDなど眺めながら(あいかわらずボロ泣きしながら)The Zircons vs. Free Grass FreeのライブDVDの焼き増しなどする。これ、ブルーグラスを好きな人にはたぶん垂涎モノだよなあ。ジルコンズのところだけ省いてDVDにしちゃおうか、なんてふと思う。ちなみにDVDの録音レベルが最初のうちは低くて「とんねるずのLP」みたいになってますが、そんなに気にするひともいなかろうもので放置。

    山崎規夫、Free Grass Freeを語る:

    何のこたない、東日本オールスターキャストじゃん。大量の16部音符が店中に撒き散らされる。オリジナルが、何かカッコイイ。合間に入るスタンダード(Big SciotaとかJohn Hardyとか)が良い対比となって生きてくる、抜群の引き締まったリズムで、エッジのある音が叩き出される。
なんにもできないということは時間があるものでどうでもいいことを書いておくと、俺ってピアノならセロニアス・モンクとかデューク・エリントン、サックスならソニー・クリス、ギターならエイドリアン・ブリューとかアート・リンゼイ(とかアンディ・サマーズってなんで!?)とかが好きなのに、なんで刻むとフレディ・グリーンが出てくるんだろう。
ついでに『素晴らしき哉、人生!』はいい映画だが、俺がボロ泣きするのは話のせいではなくて「俺にはこんな知り合いはいない」という現実に突き放されるからなんだろうな。まあそんなもんだ、俺ごときは。

今日の国際交流:

2003年の暮れあたりに自宅のパソコンがずっこけてから音信不通だったフィラデルフィアのデイブさんを、ふとYouTubeで見かけたのが先月末やったけね。そこから辿ってFaceBookあたりで見つけてつなぎをとってみたら、息子さんの奥さんだのお孫さんだのからメールの嵐が来ちゃってちょっと楽しい。

デイブさんなんかいい齢で胃袋もヤっちゃってたし、とまれみんなお元気そうでなにより。
先方としては僕がいきなり歌手になっているもので仰天した様子ですな、けけけけけ。


DVD『ペット・セマタリー』 今日のふと思ったこと:

アメリカのお墓って「ひとりひとつ」だよねえ。しかも土葬っぽいし。
やはり土地が有り余っていると考え方も違うのだろうか(ショッピングモールとか平屋だもんで、買い物するのに歩くこと歩くこと)。


今日の簡単携帯電話:

爺さんつながりというわけでもないのだが。

うちの父は頑迷固陋な老人なので頑迷固陋であるが故に僕のblogなんか金輪際読んじゃう気配もないので好き勝手なことを書けるわけだが、頑迷固陋な老人なので携帯電話を持とうとしない。人は嫌なことを避けるためにはどんなイイワケでも編み出す生き物なので、この老人も「かかってくると困る」とか言い出してはいるのだがそんなものは誰にも番号を教えなければ済む話なので拒否要件として既にスカタンだろう。

今日はそんなことを考えながらインターネットをうろうろしていたら、auでmamorinoというキッズケータイが近日発売、という情報を発見。

見た感じだと「蓋を開けないで操作できる」感じだし、このあたりなら持たせられるのではないかしら。


1975年式 セリカ2000GT LBRA25 ちょいと晩飯がてらに実家に寄ってみたら、偶然だが世界最大の自動車会社ってTMCって書いちゃって構わないのか、トヨタの営業のかたがいらしていて、たしかauの営業もしていたような気がしたもので問い合わせはしておいた。

この営業の人のご実家が上井草だそうなので、葱ラーメンの「せりか」が中井に来ますよみたいな話もしておいたらやはりご存知だったのだが、店名が「セリカ」だからなのかな。まさかね。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
人生。
この映画を僕に教えてくれた人は「すばらしきあじんせい」っていうタイトルだと言っていた。

この映画を僕と一緒に見た人は、クライマックスで「イエス様…」と呟いていた。当然僕はドン引き。

ボロ泣きする理由は君と同じだ。僕が死んでも誰も泣かない。
2009/11/13(金) 23:05:34 | URL | かばてつ #sSHoJftA[ 編集]
イエス様?
お星さまになっていたのはヨハネさんとヨセフさん(とガブリエルさん、かな?)の筈なので、イエス様は出てこないような気がするんだけど、詳しいこと知らない?
---
ちなみに同じくキャプラ『我が家の楽園』は話のサビも同じなのだが、バンダーホフさんとポッターさんが同一人物だと気づいたときにゃ驚いた。えーと、ドリュー・バリモアのご先祖筋です。
あと飲み屋でピアノを弾いてたおっちゃんがミード・ラクス・ルイス。
はい、豆知識でした。
---
読み違いはまあその、看過してあげましょうよ。以前に「共産党のフハさん」と言っていた人がいたね。これはご愛嬌でしょ。あと中学のときの説教好きの教師が「有無」を「ユウム」と発音していたので、これは内心でバカにしていた。国語教師だったし。
2009/11/14(土) 15:45:55 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy