FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


映画『スペル』- Drag Me to Hell -
ギャガさんがなんでか試写会に呼んでくだすったもので、とことこ行ってきましたよシネマート六本木。映画は11月6日公開の『スペル』、って原題が『Drag Me to Hell』って、いやまあいいんだけど。というか『私を地獄へ連れてって』じゃあ却って苦情がきそうなもんですし。

監督は大好きなサム・ライミで、どっちかというと僕が好きなのは『ダークマン』とか『シンプル・プラン』とかなのだが、とうぜん『死霊のはらわた2』は畢生の大傑作だし、『スパイダーマン』シリーズでは「やればできる」ところも見せてくれた(『クイック・アンド・デッド』は冗談だったということにして)。

そんなこんなで、ギャガさんありがとうございました。お土産のフライヤに「ブログやSNSに書いてくださいね」とありましたので、じゃあネタばらしのないあたりで少し。


今回は「怖い『死霊のはらわた』」というのか、劇場で観ておいてよかったわい。あまりの怖さに途中で帰りそうになりましたからね、これがレンタルビデオだったら半分まで観て返却している。
話のほうは、今回気がついたのだが、サム・ライミの映画の主人公ってなんにも悪いことしてないのにヒドい目に遭うのね。
  • 『死霊のはらわた』:ハイキングに行っただけ。
  • 『ダークマン』:研究室ごと吹っ飛ばされただけ。
  • 『シンプル・プラン』:お金を拾っただけ。
  • 『スパイダーマン』:虫に刺されただけ。
今回も、いくらなんでも接客カウンタの飴玉をごっそりパクってくような婆ぁに融資なんかしないでしょ、ふつう。まず婆さんがTPOなさすぎなわけで、そんなんで祟られても困るっつうの。だいたい婆ぁは婆ぁであんなのと知り合いなんだったら、返済猶予などなくてもなんとかなったのではないのか。そういう役には立たないのかなあ、あのお友達は。
あとざっくりと:

オールズモビル

  • お客さんは、よう笑ってはったなあ。僕は怯えてましたけどね。表現がいちいち過剰なので笑っちゃう人がいるのは判るが、これはチャウ・シンチーもそうだし往年のエディ・マーフィも初期のピーター・ジャクソンもそんな感じだったような。個人的には笑っちゃうと却ってつまんないようにも思うのだが、どうなのかなあ。
  • 婆さん、『死霊のはらわた』のオールズモビル・デルタをそのまんま使っている。貧乏なのかなあ。
  • なんで入れ歯なのに乱杙歯なんだろうかしら。治療痕もあるし。入れ歯なのに。
  • 悪魔に乗り移られた人の声が『死霊のはらわた』のまんま。
  • カレーうどんを食べてから劇場に赴いたのだが、ふつうの人はやめといたほうがいいかも。
  • 助手が山羊に噛みつきゃすんだ話なんじゃねえのか。
  • エンド・クレジットのティペットってどこから出てきたんだろうと思ったら、ほんとにフィル・ティペットのスタジオがSFXやってたんですね。


それはそれとして、観てから3日もするとまた観たくなったりして、つい『死霊のはらわた(1)』なんぞを借りてきてしまっている自分がいるわけ。なんのことやら。 DVD『死霊のはらわた2』 DVD『シンプル・プラン』 DVD『ダークマン』 DVD『ブレイン・デッド』 DVD『バタリアン』
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy