FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年9月21日(月曜日)、がおー。
今日の物欲:読みとばしてください。

ディアゴスティーニ東宝特撮映画DVDコレクション ディアゴスティーニで『東宝特撮映画DVDコレクション』というのが発売になるらしくて、ラインナップがえーと。


  1. DVD『東宝特撮 巨大生物箱』 ゴジラ (1954)、
  2. 透明人間 (1954)、
  3. ゴジラの逆襲 (1955)、
  4. 空の大怪獣ラドン (1956)、
  5. 地球防衛軍 (1957)、
  6. 美女と液体人間 (1958)、
  7. DVD『東宝特撮 空想科学箱』 大怪獣バラン (1958)、
  8. 日本誕生 (1959)、
  9. 宇宙大戦争 (1959)、
  10. 電送人間 (1960)、
  11. ガス人間第1号 (1960)、
  12. モスラ (1961)、
  13. 世界大戦争 (1961)、
  14. DVD『幻の湖』 妖星ゴラス (1962)、
  15. キングコング対ゴジラ (1962)、
  16. マタンゴ (1963)、
  17. 海底軍艦 (1963)、
  18. モスラ対ゴジラ (1964)、
  19. 宇宙大怪獣ドゴラ (1964)、
  20. 三大怪獣 地球最大の決戦 (1964)、
  21. フランケンシュタイン対地底怪獣 (1965)、
  22. 怪獣大戦争 (1965)、
  23. フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ (1966)、
  24. ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966)、
  25. キングコングの逆襲 (1967)、
  26. DVD『復活の日』 怪獣島の決戦 (1967)、
  27. 怪獣総進撃 (1968)、
  28. 緯度0大作戦 (1969)、
  29. ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 (1969)、
  30. 決戦! 南海の大怪獣 (1970)、
  31. ゴジラ対ヘドラ (1971)、
  32. 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(1972)、
  33. ゴジラ対メガロ (1973)、
  34. 日本沈没 (1973)、
  35. ゴジラ対メカゴジラ (1974)、
  36. DVD『首都消失』 エスパイ (1974)、
  37. メカゴジラの逆襲 (1975)、
  38. 惑星大戦争 (1977)、
  39. ゴジラ (1984)、
  40. ゴジラvsビオランテ (1989)、
  41. ゴジラvsキングギドラ (1991)、
  42. ゴジラvsモスラ (1992)、
  43. ゴジラvsメカゴジラ (1993)、
  44. ヤマトタケル (1994)、
  45. ゴジラvsスペースゴジラ (1994)、
  46. ゴジラvsデストロイア (1995)、
  47. モスラ (1996)、
  48. モスラ2 海底の大決戦 (1997)、
  49. モスラ3 キングギドラ来襲 (1998)、
  50. ゴジラ2000 ミレニアム (1999)、
  51. ゴジラ×メカギラス G消滅作戦 (2000)、
  52. ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃 (2001)、
  53. ゴジラ×メカゴジラ (2002)、
  54. ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS (2003)、
  55. ゴジラ Final Wars (2004)、
ふむ。

とうぜんあらかた観ているわけで、『ゴジラ2000 ミレニアム』なんて出演までしてるもんな俺。ざっくり眺めると『東京湾炎上』『幻の湖』『復活の日』『さよならジュピター』『帝都物語』あたりが落ちているのではないのか。『首都消失』とかいうのも東宝ではなかったかしら。まあいい。

これ、バラ売りしているのかなあ。詳しくないのだが、ところどころ欲しい物件があったりしないこともないのですよ。


夕刻からタダメシを意味する「打合せ」があって、神楽坂まで遊びに行く。けっきょく午前4時まで遊んで、徒歩で帰宅。所持金314円じゃあしょうがねえよな、肉が食えただけラッキー。

というわけで帰宅写真集。

わが青春のドラード早稲田 大隈講堂の北側に位置する無茶苦茶なデザインのビル。
かつてここの1Fに「コピージャスト」というコピー屋さんがあって、なんでか学生時代の根城にしていた。大隈講堂裏が部室だったので、実質的に不可能はなかった。
大隈講堂(メフィラス星人ではない) 以前に大隈講堂での演奏会を仕切ったときには、折からの小雨もあって「来場者の5%がとこは入口の段差ですっ転ぶ」という壮絶な仕様だったのだが、改善されて、ねえだろうなあ。 大隈講堂
意味の判らない看板 こちらは西武新宿線の高田馬場から下落合駅に向かう途中の線路ぺたにあった看板で、「急カーブ」とか書いてあるけど脇は一直線の新目白通りだぜ? なに考えてんだ戸塚警察署。



そんなこんなで明日は、

ひま。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy