FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年8月22日(土曜日)、勝つまで負けない。
縛り髪 どうでもいいけど、髪伸びたな。
06:00、なんとなく起床。

危急の要があったもので(つまり腹が減ったもので)、急ぎサンクスを訪うて僕の唯一認めるサンクス食事たる「塩ヤキソバ」を買おうと思ったら、ねえでやんの。しょうがないので「豚バラ焼肉」という野菜炒めに肉を乗せたものと、ランチパック(耳をとった食パンのサンドイッチ)のピーナッツバターなど購入。まあまあかな。


今日の『ミステリーゾーン』:

1960年代のテレビドラマをインターネットで少しずつ眺めているのだが、今日は『死相』。話としてはつまんねえんだけど、役者さんがよくがんばりましたって感じか。いっそ『コンバット!』に知らんぷりして混ぜちゃえ、みたいな。

主演のいちがディック・ヨークで、ほら、サマンサのダーリン。たしかロジャー・コーマンの映画でも見かけたことがあるような気がするんだけどなんか怪獣映画だったと思うんだけどなんだったか思い出せないんだけど(サージェントと間違えているのかもしれないけど、なんでダーリンはみんなしてDickなんだ)、たいした役者さんだと思う(ラジオ声優から舞台に活動の場を移して、テレビはバイトみたいな感じだったと思うんだけど)。


今日の「障がい者」:

よく読ませていただいているインターネットの『言葉のギア、発想のシフト』の最新記事に『それで害はなくなったのか?』というのがあって、話は「障害者」と「障がい者」の書き分けというか使い分けというか表記だけ替えてどうすんだよみたいな話なんだが。その記事にですね。

>>障害者の方が多分「『害』という字は使わないでほしい。自分たちは決して害を与えている訳ではないのだから」と主張された結果「障がい者」という表記が生まれたのだと思います。
という記述があって、僕としては障ガイ者サイドからそういう要望がなされた例を知らない。むしろ全聾連あたりから「くだらねえからそういうのやめれば?」みたいな話があったような気もするのだが、なんか思い出せない。

そうさの、バカがヘタに気を遣った結果として健常者が「碍害者」とか書いちゃったケースも知ってるけどね。これはこれで言い立ててもしょうがないし。なんだよガイガイシャってよ。


今日のテレビ:

14:00すぎにふとテレビを点けたら再放送で『科捜研の女』というのがかかっていて、毒殺されたネットトレイダーの家の女中さんが柳岡香織さんだったもので続きも眺めるのだが、柳岡さんあんまり出てこなかったなあ。

それはそれとして、いつくらいの番組だったのだろうと思って調べてみたけど、ネットや紙媒体の番組表にある「殺意の同窓会旅行!京都嵐山温泉が巨大密室に…」って、ぜんぜんちゃうやんけ。どっちかというと「ネットトレーダーに仕掛けられた罠!壁の穴に秘められた夫の愛…」な感じなわけで、なんか水戸黄門は中3日くらいで同じ再放送がかかってみたり、暴れん坊将軍は毎日孫兵衛が違うわ、もうじぶんがなにを放映しているのか判らなくなっちゃったりしているのだろうかテレビ局。

ところで、15:00からの「のぞかれた殺人現場!美しき転落死体が語る謎」はタイトルと中身が合っていたみたいです(観たんかい)。ハンニンがマダラメさんで、覗き屋さんが九課の主任でした。いつのもんなんだろうと思ってちょっと調べたけど判らじ。


今日の選挙:

朝刊に載っていた公明党の太田さんのお話。

>>わたしには悔しさがある。みんな子育て支援、子育て支援と言うようになってきた。だけど、ずっとやってきたのは公明党で、一緒に支えてくれたのは自民党。道路ができて橋ができて、テープカットの直前に来て、やたらと自分がやったふりをするやつがいる。民主党の話。今ごろになって子育て支援、子ども手当と言う方がおかしい。
つまり「俺が先に言ってたのに」ってことなんだろう。心狭いにもほどがあるよ、結果的に言ってたことが実現されそうなんだから喜んでりゃいいじゃねえか。

田舎者はこれだから。



明日は、

イーヅカりびけん というかこの時刻(翌朝06:00すぎ)だともう今日なのだが23日の日曜日はですね、なにを思ったのか殿中でござる感じでイーヅカシンジ+僕に出演依頼をなされた無線バンジージャンプなかたがおられたもので、ウクレレとハーモニカを担いで目黒まで行く。なにがなにやらさっぱり判りませんが、まあいいでしょう。

イーヅカ情報だと、集合は17:30。ドレスコードはとくにないらしいから、まあアロハでいいか。立ち位置としては店だか客だかホストだかなんだかよく判らないのだけれども、これもまあ鵺的な対応で誤魔化すとして、ウクレレはエレキにしたものだろうか。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
バンジージャンパー
バンジージャンプ(有線)は死ぬまでに1回はやってみたいことの一つなんですけどね。。。最近の激太りの体重だと、有線であっても危ないかも。
あ、誘う方も誘う方ですが、「なにがなにやらさっぱり判りませんが、まあいいでしょう。」とすんなりOKされる所が、りびさんの魅力です♪
ウクレレは、お任せします。
ハーモニカは某ミュージカルの連中に聴かせてびっくりさせてやって下さいませ!
2009/08/23(日) 08:09:43 | URL | Emily #LBBrlPtc[ 編集]
「障がい」って読みにくいよ。
障害者の知り合いが100人以上はいるんだが、「障害者」の表記がイヤだとは聞いた事がないな。むしろ逆で「障碍者」や「障がい者」の表記があるとクレームつける人ばかり。障害当事者としては何ら拘りがないと言っている。拘るのは福祉やってる側のお役所とか団体の健常者ばかりだ。その証左にお役所は「障がい福祉課」だとかだが、障害当事者の団体名は「なんとか障害者かんたら」ってのがほとんど。

俺としては固有名詞以外では「障がい者」を用いる事はないな。「障害者」でクレームつけられそうな相手に対しては「障碍者」と意図的に用いることは稀にある。内容よりもそれで文句言われるのも馬鹿らしいしね。もともと正しくは「障碍者」だったんだから紙媒体で用いる分には文句あるまい。「害」も「がい」も後から適当にあてがっている文字だし。

さて情報保障で字幕なんぞをやっていると、当然ながら現場にも話題にも障害者が絡んでくる。差配人としては字幕にどう表出させるか毎度調整をして入力者に指示もしているわけで。これは依頼主の意向や状況を勘案して希望に沿っている。記録というかメモ代わりにちょこっと現場での例を以下に書いておこう。

某NPO団体主催の公開講座の時は、「障がい者」と出すように指示をした。これは共同主催している幾つかの福祉施設や団体からの要望を考慮した。皆さん全員健常者で本人は拘りはないんだが、福祉施設や団体の運営なんてのは、たいていお役所の「障がい福祉課」とか密接に絡んでいるからね。助成金とかの問題もあるし、まぁ団体の立場を考えてあげると「障がい者」にすべきであろうなと。

面白かったのは泉谷しげるライブ。主催者側は誰ひとりとして「障害者」に拘っていない。もちろん泉谷氏も俺ら入力者側も誰も拘っていない。なのに主催側から「障がい者」でというお達しが来た。納得がいかないのでどこぞからの強制があったのかを問いただしたら、どこの福祉団体からかと思えば、これがまた笑えるんだけど映画のフィルム配給会社からなんだってよ。

イベントはバリアフリー映画祭の一環だったからね。ある映画を配給してくれる会社が、その映画を全国でバリアフリー上映を実施していて、その宣伝やらを「障がい者」で統一しているんだとよ。だからこの映画祭でも表記はそのようにせよ!という指示が主催側にあったのだそう。その指示を受けて俺らにもって事だとよ。まぁその映画の事も掲載しているイベントの公式フライヤーとかの記載は「障がい者」にしたさ。

で、今回のバリアフリー映画祭は5日間に渡っていて、俺らが字幕を担当した日には、その映画はかかっていない。なんで俺らが「障がい者」と表記せにゃならんのかね。その映画とは全然関係ないから無視。そんな話は勝手に却下し君ら入力者にも俺はそのような指示は出さない。指示しなきゃ「障害者」で出るメンツだし。たまたま某入力者が「障がい者」なんて出してきたので驚いたが、ありゃ偶然たまたま辞書がそうなっていただけにすぎない(笑)。

この例からも判るように、字幕現場において、障害当事者から「障害者」はやめてという要望は聞いた事がない。すべて当事者ではない健常者の思惑とか打算とかで「障がい者」にしろと言われる事があるだけ。なお泉谷しげるライブの事を報じてくれたマスコミ(新聞や冊子)は、すべて「障害者」と堂々と表記していた。いったい拘ったり主張したりしているのは誰なんだろうね。少なくとも障害当事者だとは俺は絶対に思わない。福祉やってますよって側が障害者が言っているとでっちあげているだけだと思うよ。
2009/08/27(木) 15:19:10 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
咄しちまえばいっしょじゃねえか。
とりあえず亜希良さんからコメントのあったについては、当該ブログ主さんにはメールしておきました。もとより他意のある筈もなく、まっとうに受け止めてくださるかたなのも判っているのでとくに心配もしておらん。

それでどうやら対泉谷しげる戦で「障がい者」と仮名漢字変換した某入力者ってのは俺だな。もう何年も悪鬼羅差配以外の現場には行っていないので、さては千葉SF大会の名残だろうか、あるいはその後にどっかの省庁にも行っただろうか。ぜんぜん覚えてねえや、んなこまっけぇこと。どうでもいいやと思っているし。
---
■どうでもいいや、その1。
文字情報保障者としては、第一義的には「聞こえてきた音響」を文字列にして伝えればいいので、本来ならば全部平仮名で構わねえんだよ。たとえば英語だったらそれは不可能なわけだけど、日本語のアルファベットを使うならばそれは可能だ。ただそれだとものすごく読みづらいうえに意味も通りづらかろうから仮名漢字変換をしている(から誤変換が発生するというデメリットもあるけど、いまは措く)。いずれ「しょーがい」という発話があるんだから、読んでるひとが「あ、しょーがいって言ってる」と思えればそれでいい。そっから先なんぞ知らんよ儂ゃ。
■どうでもいいや、その2。
かりに「障害」という表記が嫌いなやつがいたとして(いるかもしれないし、嫌う理由があることも理解できないわけではない)、気の遣いどころがものすごく間違っているようにも思うので積極的には相手しない。すまんね。
たとえばナチスの党大会があってものすごく差別的な言辞が飛び交っていたとしても、俺は(俺たちは)それをそのまま通訳する。こまかいところだと某現場で「ここで要約筆記を停めてください」と言われたときには「ここで要約筆記を停めてください」という字幕を叩いた。あたりまえのことだ。怒られたけど。怒ってるところまで含めて字幕にしておいたけど。
もし「障害」という漢字の並びが読みづらいなりという理由があれば別だけど、そうでもねえならほっとけや。俺は人が好いから黙ってるけど、そういうくだらねえことを言い始める主催者側なりに言いたいことなら毎回山ほどあるぞ。ほれ言ってやれ言ってやれ>>悪鬼羅。
---
どうでもいいやの「その3」になるのだが、話を戻して「福祉やってますよって側が障害者が言っているとでっちあげているだけ」ということもないと思うのよ俺。なによりそういう話が聞こえてこない(個人の想像によるものを除く)のが証左となると思うし。さすがに「チャレンジド」とか「ハンディキャッパー」とかとも言い出せなかろうというあたりが少しラクかな。
---
ついでに余分なことを書く。

■不具者だの片輪だのという語はさすがに聞かなくなりましたね。
■テレビにパソコン通信上で字幕を付けていたころに(もう15年も前なのかしら)、テレビ局とNIFTY-Serveが当事者(鑑賞者と入力者)の頭越しに著作権交渉を始めたことがある。このときの聴覚障害鑑賞者を指して僕は「つんぼ桟敷」という言葉を使いましたが、当時はけっこう声もデカかったんだけどとくに問題にもなりませんでしたな。嵌まりすぎたか。言い得て妙までは言わないが、まる当たりだもんなあ。

いや失敬。
2009/08/27(木) 17:52:41 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
こまっけぇことだが。
うん。「障がい者」って出したのは君のほうらしいな。とうてい君が出すとは思えないので、相方のほうが地元の会合かなんかで入力した名残かと思っていたのだが、相方のPCは「障がい」とは出ないような仕様にしてあったとの話で、あららと思ったものです。
君が覚えていないから俺が思い出してみたら、泉谷ライブのひとつ前の字幕現場は先のコメントにも書いた某NPO団体の公開講座。そん時に「障がい者」縛りにした名残だったって事だろう。どうせPCはその時以来、鞄の中に放りっ込みぱなしだったろうしな。
まぁ俺としては「障害者」でも「障碍者」でも「障がい者」でも意味がとれりゃ何でもいいんだが(「小会社」にとる人もおるまいて)、こう出せと言われたら考慮しますってくらい。それより嘆かわしいのは、「情報保証」ありって堂々と謳っている主催者とか、「情報保証」と入力していて誤変換に気が付かない入力者。「情報保障」と意味違うしぃ、そも自分たちがやっている事くらい正しく覚えようよ。

不具者とか片輪って辞書の候補からも抹消されているんだよね。まぁそのものを指すわけだから。対して「つんぼ桟敷」とか「めくら判」とかの慣用句って、そのものを指してないし悪い意味で用いてないからなあ。「足きり」や「片手落ち」なんかも同じようなものだが今でもよく使われているよな。
ただ「つんぼ桟敷」も「めくら判」も言い換えるのに適当な言葉がなくてさ。「シカト席」とか言ってもねぇ。「めくら滅法」なんてよく使うぞ。ブラインドタッチ→タッチタイプとか、痴呆症→認知症とかは、言い換えがだいぶ定着してきたな。
そういえば「支那そば」ってのもいけないのかな。「シナチク」は普通に使ってるな俺。さすがに「ちんば」とか「いざり」ってのも聞かなくなったが。そも「いざり」って言っても意味が通じない人のほうが今は多いね。「いざり寄る」って慣用句をたまに使うスケベな男はいるが、そいつ「いざり」の意味は知らなかったし(笑)。
2009/08/27(木) 19:25:06 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
保証するほどの自信はねえわな。
ああ、マリちゃんのとこね。とっくの昔に憶えちゃいねえや、いかんいかん。

いざりのひとを最後に見たのは、寺沢武一『コブラ』に出てきた宇宙人のひとかなあ。あとセロニアス・モンクの『モンクス・ミュージック』のジャケット。そういや街で見かけなくなって久しいが、みなさん無事に車椅子とかに乗り換えているのだったらいいのだけれど。
2009/08/28(金) 11:54:03 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy