FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年6月24日(水曜日)、池袋西口オデッセイ。

ジルコンズ(ジオラマ) 今日もおねがい:
ここに行ってThe Zirconsを聴いて、もし気に入ったら投票してやってくれ。携帯電話からならこっちだ。
詳しい事情はこちらに。締切は7月6日。1人1日1回まで。

昨晩は03:00就寝、06:20起床。おいおい、今日はライブだっちゅうに。寝不足の歌手ってみっともないぞ。

それでもまあ目が覚めてみたものだから、母が07:00過ぎに病院に行くと言っていたなと思って起き出して実家まで豪雨のなか歩く。それで母をタクシーに放り込んでから、漬物学者宅に廻ってテキスト原稿など預かってきて30分間で処理。

さて、少し寝るか。17:30に池袋だから逆算すると17時前に中井発、風呂と飯に1時間とるとすると16:00起床でだいたい間に合う感じだと思って、いちおう目覚ましは15:00にかけたのだが13:00に目覚めてしまった。しょうがないのでお風呂。

ライブに持っていく譜面を選っていて、なんかいらないのがたくさんあるので少しキレる。めんどくさいからいつでも書けそうなものは束にして捨ててしまいましたとさ。


今日の小さな疑問:

Erich_von_Revikenって、意外とピンと来ない人が多いみたいですね。ヴェリコフスキの先輩の人ですって言って判る人には最初から判るのだろうけれども、とりあえず悪鬼羅の「鉄の爪」には笑わせていただきました。


某所blogで見かけた「向田邦子のりびけん」ってなんだろう。
『徹子の部屋』の冒頭で徹子が「幸薄い役で人気の木村多江さんです」って、そんなんありか。

今日のThe Zircons


Sets:

1st set:
  1. So Much in Love
  2. Maybe
  3. Rama Lama Ding Dong
  4. Fools Fall in Love
  5. 宇宙戦艦ヤマト
  6. 妖怪人間デブ
  7. Sh Boon
  8. Johnny Angel
  9. In the Still of the Night
  10. Sincerely
  11. Teenager in Love
  12. 上を向いて歩こう

2nd set:
  1. The Closer You are
  2. So Young
  3. Don't Worry, Be Happy
  4. I Wonder Why
  5. グッドナイト・ベイビー
  6. Sixty Minute Man
  7. Cupid
  8. 夜が来る
  9. Please Mr. Postman
  10. Looking for an Echo
  11. また逢う日まで (encore)

鶴巻オーナー 今日は17:30に池袋のカラオケ屋さんに集合して新曲を仕込む予定だったので、風呂と午後飯(冷饂飩+山芋)の後に都バスで池袋に向かう。そこはさすがのジルコンズ、30分強くらいで『Don't Worry, Be Happy』を仕込んで、ついでにリハーサルも何曲かやってからいつものベトナム食堂へ(サンチャゴは銭湯へ)。みつきに1回しか現れない僕らなのに、なんでかオーナーが春巻をご馳走してくださいました。また行きます、3か月後に。

Free Flow Ranchのほうはけっこうな入りで、よくノってくださって楽しく演れました。そうだなあ、『Don't Worry, Be Happy』はふつうの曲の心算で仕込んだのに途中でサンチャゴが滅茶苦茶な語りを入れやがってですね、なんかネタみたいになっちゃったんですけどね。まあいいか、いつものこと。


ベトナム食堂さんでは、いつものカウチに陣取ってこっそりリハーサルもしておりました。小さな声で『宇宙戦艦ヤマト』とか『上を向いて歩こう』とかを合わせている四人組。まあいいか。

DVD『SF/ボディ・スナッチャー』そのベトナム食堂さんで、なんでかサンチャゴ田村が。あのタマゴ大嫌いな偏食一辺倒のサンチャゴ田村が、なんでかヌクマムタマゴをぱくりと行ったもんで一同騒然、「おまえいったい誰だ」とか「中の人、チャック開けて出てこい」、「双子の兄(こないだまでニューヨークの中華料理屋で修行していた)であることは判っているぞ」といった話になったのだが。後で気づいたのだが、6月24日って「UFOの日」だったんですね(ケネス・アーノルドが飛行体を見かけた記念日)。そうか、宇宙人が化けてたんだ。

そういえば、Free Flow Ranchのときにはいつも帰りに自家用車で宅送してくれる横ヤンが今日は電車で来ていてがっかり(嘘です、嘘)。横ヤンってばさいきん「電車嫌い」をやめたらしくて、うっかりすると新幹線に乗っていたりする。次はいよいよ飛行機で、あとは潜水艦だな。Zirconsアメリカツアーも間近だ。

DVD『竹内信次のフラットマンドリン入門』なんでかマンドリンの竹内信次さんが客席にいて、ビデオカメラに三脚までつけて『妖怪人間デブ』とか『Johnny Angel』とかを嬉しそうに撮影して「あとでYouTubeにあげとく」と仰っておりましたな。いえ、ふつうのドゥーワップを演ってるところはいっさい撮影していません。

なにかの拍子に小山亜紀の頭をシバいたのだが(なにかエロいことでも言ったのだろう)、叩いてから「叩くぞ」と言ったら「叩いたじゃん!」と反論された。滅茶苦茶なことを言う奴もあるものだ。

それでステージ開始時に僕がマイクのスイッチを入れ忘れていたのは内緒。いや、スイッチのあるラインマイクに触るのってレアケースだものですから、すみません。


そんなことで、次回のThe Zircons at Free Flow Ranch10月7日の水曜日です。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
小さな疑問。
本人いたってマジメで笑われるとは夢にも思わなんだ。瞬時に浮かんだのが「鉄の爪」でさ、そうかスパム防止で英語よりも独語にいったか、なかなかいい手だなと。そんで「鉄の爪」をパロって、さらにスパム対策で、わざわざ逆読みにしたのか、そりゃますます賢いなと思っておったのに。しかし、「鉄の爪」だけでわかられちゃうと、お互い年代がバレますな。わかった人、いるんだろうか。

木村多江さんさぁ、その紹介の後で、切迫流産で8ヶ月入院って話になって、薄幸役ばかりでなく御本人も幸薄いんだなと思ったら、俺の大きな勘違いでした。いや8ヶ月も入院したら妊娠判明から全部じゃん。だから流産して8ヶ月も入院されて大変だったんだなと思い込んだ。切迫流産って流産してないってのが8ヶ月のワードで脳味噌が混乱したいい見本。幸薄い話じゃなくて良かった。
2009/06/26(金) 20:23:45 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
ジャイアント台風を
全巻持っているのですよ。
そういや悪鬼羅先輩ってマイコーより年上なんでしたっけ。
2009/06/27(土) 02:05:56 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
ジャイアント台風は
俺も全部読んだけど、あれってアメリカでの話は嘘っぱちばかりなんだもん。
少年時代に実話だと信じていて、大人になってから嘘だと判った時のショックは大きかった。
でも、たしか、あれを読んで、『マディソン・スクエア・ガーデン』ってのを覚えたと思う。
マイコーよりは下で、君よりちょびっとだけ上だな。儒教道徳的に年上を敬うように。ふんっ!
2009/06/27(土) 09:21:02 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
え?
ウソなの? びっくり。そういえば『巨人の星』のラストが「アメリカに行く船」だったような気がして、「ああ、ジャイアント馬場と同じような苦労をするんだな」と思ったのを思い出しました。たしかに特訓のやり方はもうちょっと考えたほうがいいようにも思うけれども。

あと、儒教道徳的に年上を敬うためには「人は齢を経て成長する」ことを認める必要があると思うのだが、とりあえず俺が成長していないのでその思想には違和感を覚える(どちらかというと相互扶助的な処世術ではあるらん)。せいぜい敬われるようにふるまってくれ、可能性はゼロじゃねえぜ。
---
ところでこの話題、エリックでもエーリッヒでもいいけど誰かついてきているのかしら。
2009/07/02(木) 00:54:02 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy