FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


もし1日だけ目が見えるとしたら何を見たいかという質問には
星野富弘さんの『花によせて』のなかに「神様がたった一度だけこの腕を動かして下さるとしたら、母の肩を叩かせてもらおう」という一節があったものと記憶する。「なにがしたい、かにがしたいじゃなくて、母の肩をだ」と強調していたのは関屋晋だった。


タイトルをもう1度書いてやる。
>> もし1日だけ目が見えるとしたら
>> 何を見たいかという質問には
今日の辻井伸行くんの共同記者会見で、こういう質問をした阿呆が報道陣のなかにいた。
質問したバカぶっ殺してやろうかと思いましたよ。

しかもそのやりとりを「いい話」のつもりなのか記事タイトルにもってきた時事通信社
ろくでもないやつしかいないのかい、そっちには?
まずは恥を知れ、関係する報道陣全員がだよ。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
しょせん
今のマスコミなんてその程度です。
2009/06/11(木) 09:17:55 | URL | イタチ #tZDc9YLU[ 編集]
同感
このエントリー、激しく同感。
もし1日だけ目が見えるとしたら何を見たいかという質問をするような無神経な記者は、自分が人間として盲目だという事に気がついていない。
2009/06/11(木) 13:15:47 | URL | 龍 #vvUped.I[ 編集]
聞いてみたい
私は編集手帳と天声人語で彼のことを初めて知った。もしも彼が全盲でなければ彼のコンクール優勝はニュースにならなかったでしょう。「もし一日だけ目が見えるとしたら」という質問だけが特別にばかげているのではない。辻井さんのことを話題にするとき、「全盲の」という枕詞をつけざるを得ないところに私たち自身の感覚の矛盾、全盲の人の立場の難しさを感じます。
とにかく、ピアノ好きの私としては「天から降る」といわれる彼のピアノをぜひ聴いてみたいです!
2009/06/12(金) 08:52:35 | URL | momoko #-[ 編集]
さして詳しくもないのですが。
おはようございます。
momokoさん、コメントありがとうございました(あとのお二人は措いといて、と)。

>>もしも彼が全盲でなければ彼の
>>コンクール優勝はニュースにな
>>らなかったでしょう。

そんなこたないと思いますよ。ちょっと前にチャイコで優勝した神尾さんのことぐらいは僕でも知っています。
優勝自体がここまでセンセーショナル(というのか)なニュースになったかどうかは別として、盲人であるということが喧伝されるのが妙だな(正直に言うと面白くない)のは仰るとおりです。

以前から辻井さんのことも、金子一朗と同じくらいには知ってはいました。市井にすごい音楽家がいくらでもいることも僕は知っています(セッションに行くとプロより上手いのがごろごろしてます)。そしてクラシカルの分野で「世に出る」ためにコンペティションが有効であることも否定できないし、話題になるならそれはそれでいいことなのかもしれません。本人以外が判断することではないのでしょうけれども。

僕たちは既にスティービー・ワンダーにもレイ・チャールズにも「全盲の」というマクラコトバをつけることはありません。ミシェル・ペトルチアーニを「ちっちゃい」と言うこともないし、オスカー・ピーターソンを「デブのピアニスト」と言うこともありません。アート・テイタムなんか神様扱いですよ。

辻井さんについても、そのうち馴れるんじゃないかなあ。そうなるといいなあ。
2009/06/12(金) 09:57:11 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy