FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年3月29日(日曜日)、Like a Rolling Stone(失敗は失敗の母)。

No Uke! ハモニカ中。 2008年10月16日のイーヅカりびけん

4月2日、ライブ演ります
(ウクレレ弾きません)。


アルカフェ とき:2009年4月2日(木曜日)、19:00開場の19:30スタート、僕らは20:45から。
ところ:荻窪アルカフェ、荻窪駅新宿寄り南側から出て歩5分。
演し物:りびけん(歌と踊り、ピアノとハーモニカ)、飯塚真司(弦楽器一般と踊り)によるジャズと昭和歌謡。
木戸銭:500円+安っちい飲食自弁。

傷 歯茎があいかわらずやぐい。

なんかそれっぽい塗り薬が数種類あるのをその日の気分で使い分けていたのだが、昨晩はなんでかマイザークリームしか見つからなくてですね、これ「合成副腎皮質ホルモン剤」ってことはステロイドだよなあ(合ってるかなあ)と思ってなんとなく避けていたのだが、塗ってみたら効きましたね。ふむ。

いえ、指には塗りません。こんなものはオロナインで充分。自慢じゃないけど自然治癒力はプラナリア並み、と医師に宣告された過去もある(崖から堕ちたときでしたか)。


夕刻から「原稿用紙で5~6枚」という触れ込みだったテキスト入力のお仕事。まあふつうに2,000文字くらいかなと思っていたら、なんでか届いた原稿は倍量以上あったぞ。いやまあ従量制だから文句もないし、2,000字が4,000字になってもびくともしませんが。
あとここ数日の落ち穂拾い。

  1. 先日の早稲田大学高等学院グリークラブの定期演奏会では受付廻りとかバックヤードとかをうろうろしていたら、やはりご来場の知人界隈に「ステマネご苦労さん」とか言われて労われる。僕はお客さんだっちゅうのに、いやいいんだけど。

  2. WBCでちょっとだけ「野球を観る癖」がついたもので、ン十年ぶりに早稲田実業の試合などテレビで眺める。みんな楽しそうだなあなどと思う。そういえば高校時代にNHK『中学生日記』を眺めていて、登場人物のあらかたが年下なのに驚いたのを思い出した。大学時代に高校野球を眺めていて、選手が全員年下なのに驚いたのもいまとなってはおっさんのひとりごと。

  3. その早稲田実業、いつの間にか共学になっていたことに驚愕。

  4. 2日間か3日間ほど遊んでみてから、ようよう水道代を支払いました。3,000円。給水が停止されるとガスもほぼ使わずに済むこと、どうやら下水道は停まらないこと、あたりが新しい知見でした。そのあたり妙に詳しいよな、俺。電話代は頼めばしばらく待ってくれるとか、SoftBankの携帯電話は料金不払いでもしばらくは受信専用で使えるとか、ガス代は容赦ないとか、知っててどうする。

  5. そういえば日曜日はウクレレML「最初はC」の花見だったなと思って集合時刻に上野の西郷どんまで行ってみて、しばし佇む。ぽつーん。開催は昨日でした。

  6. 関係ないけど某字幕元締が某文字叩きにお座敷を依頼したら「平日は駄目」って断られたつうてぶつくさ。「平日だってライブとか行ってるじゃん」との由なのだが、真剣にやるからこその道楽じゃねえか、すっぱり諦めな。

今日の麻雀:

某所blogにて「麻雀漫画の歴史」みたいなことが語られていて、福本伸行はとうぜんとして片山まさゆき、能條純一『哭きの竜』あたりは出てくるのにかわぐちかいじの名前がないものだから、義務として1980年代初頭の『プロ』の存在についてコメントさせていただいた。blogでもSNSでもそうそうコメントなどしない僕としては珍しいことだが、まあこれは書いておかないと。

鷲巣麻雀牌(パチ) どうでもいいけど鷲巣麻雀やりたい。できれば牌を2セット揃えて全自動卓でやりたい。1セットは横ヤンが持っていることを僕は知っている。

もっとぜんぜん関係なく、これも1980年代(だったと思う)に西武新宿駅で、入線してきた電車のなかで眠りこけていた阿佐田哲也さんを起こしてあげたことがあります。

りびけん「着きましたよ」
阿佐田哲也「ぐふ」
り「色川先生ですか?」(愛読者だった)
阿「ぐふ」
ってな感じでしたな。たぶんまだ昭和。


明日は、

晴れ。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ぽつーん。
まさかそのよーな仕儀であったとは。「来ねーなー」とか言いつつ、花見関係者の誰もそーゆー可能性は思いつかんかったわ。まだまだ修行が足りんなあ。
2009/03/30(月) 17:00:51 | URL | おーうち #Hble4PXk[ 編集]
ふっふっふ。
十年早いぜ。
ぽつねん。
2009/03/31(火) 02:38:02 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy