FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年12月26日と27日(金土)、天国と地獄。
いろいろ省いて、
  • 26日がアンジェラ・アキ at 武道館、
  • 27日がT.M.Revolution西川貴教の男子限定ライブ at 渋谷AX(2 daysの初日)、
でした。タイトルの意味はだいたいお判りいただけたことと思うのだが、いかがでしょうかしら。
26日、CX『笑っていいとも!』は年内最終だし、テレビ朝日『徹子の部屋』のゲストも年末恒例のタモリさんだしで年末感たっぷりなのだが、なんとなくうすら眠いし昼寝で寝つけなかったし寒いし風強いしお腹空いたなか、根性で武道館へ。今日はアンジェラ・アキのピアノ弾き語り公演で、昨年の武道館はだいたいこんな感じ。あと今年のアンジーさんは1月10月にも行ってるからな、よく知ってる感じではある(気のせいだが)。今回は、

  • 劈頭ちょいと歌が落ち着かないような気がしたのだが、すぐに落ち着きましたな。
  • ピアノの音色は、なんだかよく判んなかったなあ。低音はまあいいのだけれども高音が割れていて、なんか安いエレピみたいでした。同じ武道館でも昨年はそんなこともなかったと思うので、ぜんたいどうしたわけなのだろう(なんかチューニングもおかしいように聴こえたのは、倍音成分がどうしたこうしたとかいう理屈なのだろうか)。
  • 珍しくドンカマだかカラオケだかと共演する弾き語りがあったのだけれども、どうやって同期していたのかな。先日はT.M.Revolutionで「ライトとバスドラの同期が手作業」というのを見かけたもので、ちょっと興味があるのでした。
  • どうでもいいけどThe Zirconsなみによく喋るね、この人。まあアンジェラさんの場合は「歌のガス抜き」という意味合いもあるのだろうから、歌もMCもガス抜きのジルコンズと較べるのもおかしいのだが。
  • 隣席のサラリーマン風味の兄ちゃんが開演前に携帯電話の電源を切らずに鞄にしまうのを目撃。まあほっといたんだけど、第2カードが出てきたあたりでこの兄ちゃんが携帯電話を取り出して、液晶の明かりでカードを読んでいる。いじめちゃおうかとも思ったんだけど、兄ちゃんの隣席が空席だったこともあり(さてはフラれたな、と考えることで平仄をとる)、ほっといてあげました。ほんとはハタいたほうがいいのだろうけれどもな。
というわけで幸せでした。大したもんですよ、武道館がただの公民館だもんな、この人が演ると。
27日、

チッキ 2003年のチンコまつり
2004年のちんこまつり
2005年のチンコマツリ
2006年のちんこマツリ
そして2007年のちんこまつり

我がことながら毎年毎年よくやるよ、という感じではありますね。


というわけで、今年もやってまいりました冬の風物詩、

T.M.R.LIVE REVOLUTION '08
-Strikes Back VI-


Dec. 27-28, 2008 at Shibuya AX

ちなみに今日はFCの189番、明日は同120番です。

蘇民祭 自殺行為ツーデイズ初日の今日は、こんな感じの準備をしてから、15:30開場のところ15時過ぎに渋谷AXに到着。なんでか元締がちゃんといたもので、鍵束だの携帯電話だの上着だのを預けて、僕はロンTいっちょで会場へ。入場後に速攻でグッズ売場を爆撃して、購入したTシャツを速攻で(ロンTの上から)着込んで入場。しまった、いきなり舞台下手2列目あたりに入ってしまった。

もう毎年のことなのでいちいち書きませんけど、開演予定時刻の15分前から野郎どもが汗くさいうえに「アニキコール」だの「ちんこコール」だの喧しい(文句はない)。お客さまにいろいろご注意を促すアナウンスには全員がいちいち「はーい!」って元気よく応えるし(「モッシュご遠慮」に「はーい!」って答えるのは嘘だと思うぞ)、お客さんがお客さんをアジってコール&レスポンスになるし(たいへん好もしい)。それで定刻になった途端に後列のお客さんがどさっと前のほうに押し寄せてきて、いきなりプレスされる俺。タッパ無いからね、ちょっと辛い。そのうちステージになんでかダウンベストを着たメンバーが出てきて、演奏開始。西川さんは黒上下にピンクの羽織にピンクのレッグウォーマーって感じ。そして人波に溺れて上向いて口開けてただ笑ってる俺。そうさの、「クレしんがお風呂で溺れてあっぷあっぷの図」を想像してくれい。そんなこんなでモッシュに巻き込まれてスナオさんを眺めながらの50分目、『魔弾』のあたりで体力の限界を迎えていったん退却しました。いや、無理だってば。体力に自信がないでもないのだが、なんせ周囲は頭潰しても踊っていそうな若い人たちだもんで、そんなもん追いつけていたら複数年契約してるかオリンピック出てるよ今ごろ。

というわけで、最後列で20分くらい休憩をいただいて、そのあとはちょっと後方のぬるいところで騒いでいたのでした。


例年の轟音に比して、今年の音響はものすごく良かったと思います。例年は爆音すぎてなに演ってんだか判んなかったりするもんね(というかそっちが常識)。ベースとバスドラの違いも聴きとれたし、ツインリードもちゃんと聴こえたし、「おとなしめ」という意見もあろうが個人的にはこっちのほうが好き(客席が大人しくなっちゃいかん)。

たぶん野郎ライブのソフト化も視野に入れているんじゃないかしらん、カメラがたくさんいたらしくて、後方でへこたれていたあたりで眺めていた画像モニタの映像がスイッチされるんですよ。ソリストも映るし、ステージ全体も俯瞰もあったと思うし、花道を映すアングルもスイッチされたから最低で6台ってことか。たぶん怖いもの見たさの女子に売れることでしょうよ(僕らは買わないんじゃないかと思う)。

劈頭でSUNAOさんの真ん前2メートルくらいにいたのは美味しかったかな。「こんな人だったかな」と思うくらいに煽る煽る。ネック曲げて「ギュイーン」(判るかな)って演ってから人指し指立てて煽る、またギュイーンで人指し指。あとは溺れているうちはほかのところは見えないので想像で補って、長谷川さんのポリリズム(というか妙なアクセントと刻み)が大好きなのでそのへんを楽しむ感じで、でもあっぷあっぷの俺。

今日の西川さんは散水係で、思うさま撒いてましたな。2リットルペットの中身入り投擲しかも水平射撃はやめたほうがいいかもしらんが、まあしかたあるまい。
ついでだが、今日はダイブ2回でしたな。あっち側から必死で引っ張りあげたスタッフさんがこっち側でも引っ張りあげて、勢い余ってすってんころりん。お疲れさまです。


今日のMC:

なんかの曲でSUNAOさんが「行くぜトーキョー! ワンツーせーの!」ってのがあったのが面白かったかな。あと、開演前の「ご注意アナウンス」は長谷川さんではなかったのか。明らかに遊んでいる印象があったのだが、どうなのかな。あとは西川さんのほうで。

  • ニッポン放送はほんとうにいいものとそうでないものとの違いの判らない中身の腐った会社なのですが、僕はほんとうにラジオに戻りたいと思っています。
  • ×××を舐めながら×××を、こう×××を軽くして×××。
  • これから武道館に行きます。イベントだから。
  • おまえら、ぐっちょぐっちょで湯気たてたまま109行って「いらっしゃいませぇ」とか言ってる売り子のお姉姐ちゃんの隣に立て!
    109に溜まるぞ!
  • 来年も来てくれるよなあ!
西川「今年初めてのやつ!」
野郎ども「うぉー!」
西「去年も来たやつ!」
野「うぉー!」
西「おととしも来たやつ!」
野「うぉー!」
西「最悪やな、おまえら」

そんなこんなで、最後の最後に「明日も来るよなあ!」って威嚇して帰っていかれましたとさ。


終演後、全員揃って馬鹿だもんだから通路でも「明日もやるぞぉ!」「うぉー」みたいなコール&レスポンスがあって、僕はゆっくりと外へゾンビ歩き。予て待ち合わせの元締からTシャツだの上着だのを受け取って、よく湿った衣服は門前で着替えて、ゾンビ歩きのまま公園通りの上海料理屋さんで軽く飯。

それで帰宅して即寝したかったのだが、汗水漬くになった衣類を洗っておかないとしょうがないのでまだ寝られないわけさ。



明日は、

自殺行為2日目。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy