FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


野郎ライブ直前講座。
ポケットに入れといたチケット。 2003年のチンコまつり
2004年のちんこまつり
2005年のチンコマツリ
2006年のちんこマツリ
そして2007年のちんこまつり

我がことながら毎年毎年よくやるよ、という感じではありますね。


というわけで、今年もやってまいります冬の風物詩、

T.M.R.LIVE REVOLUTION '08
-Strikes Back VI-


Dec. 27-28, 2008 at Shibuya AX


さて、昨年は革ジャンを着込んで来ちゃった不憫なお兄さんやサンダル履きで来ちゃった不憫なお兄さんも見かけたもので、経験者としては上から目線でいくつか注意点を挙げておきましょう。
持ち物:
  • チケット
  • 着替えのTシャツ
  • タオル
  • 汗水漬くになったTシャツとタオルを放り込むコンビニ袋
  • 上着などを放り込むエコバッグなどあると便利かも(ロッカーも使えますが)。

安全靴

服装:
  • ロンT(ツアーTシャツなどはその上から着込むこと)
  • 丈夫な靴(ワークブーツか安全靴が望ましい。エアマックスとかは論外)
  • ヘアバンドなどの汗止め
  • 汗の拭けるリストバンド(あれば)
  • 眼鏡バンド(必要のあるかたは)

注意すること:
  • キーホルダーや携帯電話をベルトから下げている場合は、外してポケットにしまうこと。「ひっかかりのあるものは必ず吹っ飛ぶ」ことを覚悟するべし。
  • 無理はするな。モッシュのなかに120分間居すわるのは不可能です。例年、60分目くらいから通路に倒れ込む若い人たちがたくさん発生します。
  • 「ライブを聴きにきた」とは思わないでください。間違いです。爆音鳴り響く月曜日の朝の山手線の男子専用車両のなかで全員が踊り狂っていると思ったほうが近いでしょう。

先日のイヤカン(Zepp Tokyo)もいいかげん暑かったけど、あんなものではありません。あっちが風呂ならこっちはサウナです。上に「ロンT」と書きましたが、半袖だと隣の兄ちゃんと自分の汗まみれのお肌がぺとぺとしてものすごく気持ち悪いんですよ。それと今年は僕は眼鏡は諦めました。どうせ曇って何にも見えやしないんだし、2回くらいは吹っ飛んじゃうんだし。

体力的にはかなりキツいので、たっぷり眠って、きちんと食べて消化して、水分も適度にとって、万全の状態で来てください。繰り返しますが、「ちょっと無理っぽい」と思った瞬間にモッシュから抜けて休憩してください。酸素も少ないので危険です。大丈夫、ちょっと休んだところで、ブラウン運動に乗ってまた元の位置まで戻れます。

ライブのほうは、とにかく音はデカいので趣味のある向きには楽しいだろうと思います。割れまくりですけど。バスドラなんだかベースなんだかよく判んなかったりしますけど、そういうもんです。メンバーの服装もかなりいいかげんですが、西川貴教さんはじめえらく楽しそうではあります。

お互いさまで、死なない程度に頑張って遊びましょう。よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy