FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年11月15日(土曜日)、T.M.Revolution!
今日の西川貴教:

今日はT.M.R Live Revolution '08-'09
転生降臨之章 at 府中の森、
でした。


この週末の僕の日記を読むと、

13日の木曜日、映画『レッドクリフ』鑑賞、
14日の金曜日、ライブでマリーナ・ショウ鑑賞、
15日の土曜日、ライブでT.M.Revolution鑑賞。

そんなことをしているうちにも、たぶん文庫本5冊くらい読んでDVDを3作くらい眺めて、ついでにヒマさえあればソプラノ・リコーダーを吹いているんですが、大丈夫なんでしょうかこの人(私)は。はい、無職です。仕事ください。


お昼寝の後に沐浴斎戒して、東府中を目指して京王線に乗り込んだら、いつもは雲霞のごとく同乗されている判りやすい服装の「目的を同じゅうされる皆さん」がぜんぜん見当たらない。っかしいなあと思っていたら、京王線の橋本行きというのはどこかで明後日の方向に行ってしまって東府中駅方面には行かないのですね。まあ途中で気づいて乗り換えたからいいや。ええ、乗り換えたら同業の皆さんが雲霞のごとくですね。

府中の森は、ものすごく昔(たぶん20世紀後半)にたぶん早稲田大学男声合唱団コール・フリューゲルの公演があって出演したことがあったと思うのだけれども、あとお芝居とか観にいったような記憶もあるのだけれども、よく判んないな。とりあえず、同じあのステージに僕もいたのだからバックヤードとか思い出せよ俺。いやまあどうにも記憶の彼方。

どうでもいいけど、開演前にホールの公演予定を眺めていたら府中の森で「宇宙の森」というのがあって気に入りました。


18:00の定刻開演。
  • ライブ中の西川さんの機嫌がほんとうによかった。

  • 僕のお席は二階席の中央正面、目の前は通路というよろしいポジションでした(2階7列31番)。今日は「3人縦並びのダンス」が堪能できたのがよかったかしら。

  • バンドの音はほんとうに良くなって安心して聴けたと思うの。そのぶん、定刻開演の5分前くらいにマイクチェックとかしてるし(「あ」とか「ポコ」とかいうやつ)、ギターのサウンドチェック(上手側)やらしてるし、スネアのチューニングもしていたもんで「こんなんで大丈夫なんか」なんてちょっと思ったことでした(杞憂ですけど)。
    バンド休憩のたびにフロアタムのチューニングもしていましたね。

  • 西川さんのコンタクト・マイクは、演出上は必要であることは判るのだが、イコライズはもうちょっとどうにかならんものでしょうか。乏しい知識ではハウリング対策なのだろうと思うのだけれども、ハウるレンジが絞られているものだから結果的に「音程ごとに音量が違う」もので聴きづらいこと甚だしい。

  • とは言うものの、クラシカル主体だろう「府中の森」でのロックのコンサートであれだけの音響を実現できたのは凄いことだとは思うの。綜合すると「時間がなかったのかな」なんて思うのだけれども。

  • ハウリングについて付記するならば、「花道」に出ちゃうときのハウリングについては西川さんは承知していたものと思う(「鳴るなら鳴れよ」ってなもんだろ)。ふつうに上手でハウっていたときには勢いつけて退いたもんな。

今日の服装:

スタジャン エアマックス360BBAP白赤 そんな心算はなかったのですが、紅白のスタジャンと紅白のスニーカーを履いて行ったら勘のいい某女史に「あら、素敵なコーディネート」とか言われてしまいました。そんな心算もなかったのですが、失策ですね。

あと、黒のニットキャップを被って行ったんですが、これが現場に到着してからトイレの鏡を見てみてたら人相が凶悪で、自分で驚きました。サングラスかけといたほうが目つきはまだマシですよ。

隣席の女の子がステージの合間に「ものすごく殴っちゃってすみません」とか言ってえらく恐縮しておられたのだが、そんなことで怒る人はこのライブにはいません。


今日の服装 (2):

Revel Cheerleader リズだかベスだか。 リズだかベスだか

そのスタジャンの胸には「R」のロゴに「BETH」と書いてあります。
背中には「Rebel Cheerleader」とあります。

帰宅がけの山手線に乗り込んだら、車中のアメリカ白人らしきアベックがそのスタジャン(この場合はレタード・ジャケットと言うのかしら)をしげしげと眺めながらなにやらぶつくさ言っているので「なんやねん」と言ってみたら、「あんたの名前はベスか?」と言うので「そうだよ」って言ってみる。とうぜん直後に訂正するわけだが。


ついでに「Rebel Cheerleader」の代紋を見せてあげたらお姉ちゃんのほうが「I love it!」ってすごく喜んでくれたんですけど、『フロリダ州立名門巨乳女学院』のどこがそんなにウケるのかが判りませんでした。いや、ウケりゃいいんですけど。

兄ちゃんのほうは大久保駅での降りがけに「オヤスミ、ベス」って言ってくれたので「Bye, Johnny」と返しておきました。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コンサート行かれたのですね!
わたしT.M.R Live Revolution好きなんです!
彼のコンサートは周りと調子を合わせると3㎏ぐらい減量になります(^-^)!
もう何年も行ってないな~。

充実した3日間でしたね(^^)ノ
2008/11/17(月) 09:34:31 | URL | ru-chan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy