FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年8月17日(日曜日)、振り上げないコブシ。
以前にPC要約筆記を国体につけたときにけっこうムタイなことがあったりなんかして、某字幕責任者が主宰県に抗議しようとしたことがあったと記憶する(←表記がいいかげんだけど、どうせ事実関係を知らなければあなたにはなにも判らないので看過してくれ。そこまで事態は錯綜している(←そこまで滅茶苦茶なんだよ、俺のせいじゃないし))。でも国民体育大会は各県持ち回りだし、経験則として開催県間のリレーションなんかは皆無であることは知っていたので「言っても無駄だろう」と意見したのは大阪パラリンピックのときであったか。すでによく覚えていないので間違っていたらごめんなさい。

今日は「結婚式の情報保障」ということでパソコン要約筆記をぶちかましてきました。具体的には現場の音声をリアルタイムにPCで叩き出してプロジェクタとか高砂のモニタとかに映し出して会場の情報共有に資するという無茶な活動で、1993年あたりにおそらくは世界最初の日本語パソコン要約筆記が実施された現場に僕はいた(その後は例によって関連団体に喧嘩売られて閉店休業状態です。わはははは)。

そんなこんなで、いい結婚式だったと思います。新郎新婦、ご親族のかた、ご友人のみなさん、おめでとうございました。今日は新婦さんが軽く聴障だったみたいなんだけど、ひと通りの情報保障はできたと思うし、ログもお渡しできたみたいなので誰かの根性があれば「字幕入りビデオ」なんかも作りやすかろうし、「仕事」としてはこんなもんでしょう。

そりゃまあいろいろあるけど、

  1. 悪鬼羅が飲んだりこぼしたりするあたりは悪鬼羅に任せてある、
  2. 入力係としてはさしたる不満は現場では、まずなかった、
  3. 結婚式の字幕についてああだこうだ言っても、その反省が将来に活かされる目はまずない、
  4. なにしろたいがいの向きは「結婚式の差配」なんてのは最初で最後だんべ、上手くできたらそのほうが驚く、
といったあたりを以てあらかた水に流そう。俺はな。現場はこなしたわけだし、品質もそこそこだったと思うし、「以降断る」とかいう選択肢があるとしても二度目はたぶんなかろうし(あったら驚く)。悪鬼羅のこととかは知らん。
前ロール中にてヒマこいてるの図 そんなこんなで、04:00くらいに起床。二度寝しようかと思ったんだけどさして眠たくもない自分を発見して、あきらめてちまちまとお洗濯とか小作業とかお風呂とか。

それで、結婚式だってのに黒上下背広が家庭内行方不明であることが発覚(後に実家で発見された)、けっきょく悪鬼羅が痩せてた頃に着ていたスーツを借りる破目に。でもけっこうサイズもちょうどだったので、終宴後に貰って帰りました。

肝心の字幕のほうは、順子が一所懸命に前ロールを作っているのをにこにこしながら眺めつつ、いちおう「祝電」とか「新婦の両親宛お手紙」の前ロールは叩いて、リアルタイム入力のほうはあらかた来賓挨拶なのだからまあなんとか。MC20はあいかわらずタイプミスは皆無なのだがシフトミスが頻発するのは、たぶん機械側の問題なんだろうな。旧い機械を復活させれば解決する問題なのだが、年に2~3回の現場のためにそこまでしねえよ、あきらめよう。


今日のウチアゲ:

入力組のお仕事は16時過ぎの披露宴終了を以て終わって、悪鬼羅は二次会の仕込みに行くという。僕と順子はベイクォーターの三間堂で一杯やりながら悪鬼羅を待っていたわけだが、2時間経っても3時間経っても悪鬼羅が来やしねえ。ほんとうになにをやらせても駄目なやつだな、あいつは。

そんで3時間半くらいも経ってこちとらべろんべろん(僕はビールジョッキ×5+日本酒大サービス×2+芋焼酎ストレート×1)になったくらいにやっと悪鬼羅が来て、なににどう捕まったのかどこのお姐ちゃんにひっかかっていたのかは知らないが大目にみてやって、ノミシロはきっちり三等分にして平和裡に解散。

とまれお疲れさまでした。


今日の晩飯:

その横浜の三間堂では、刺盛、焼鳥、天麩羅、塩辛、出汁巻玉子、豚しゃぶ、梅きゅう、烏賊塩辛、板山葵漬、韃靼蕎麦といった感じでですね(けっきょく4時間居すわっていたのだからこれくらいは頼むでしょ)、順子ちゃんは順調に健康的になって、ちまちまと齧っていた僕も栄養補給はできました。いいことなんじゃないかな。

なんとなく体調がダウナーだった僕が呑むほどに元気になっていって、お店を出た後に二次会撤収の悪鬼羅の手伝いをしてあげたりしてですね。あとは電車で「吊り革寝」しながら帰宅。電池も切れるときには切れるわけです。

オートマタで辿り着いた東中野のライフで、「マグロ刺身セット」が半額になっていたのを購入するところで凍りつきました。中トロと赤身は判るんだけど、なにやら判らない切り身が10切れほどついていて、こいつがいちいち見た目が違う。赤身に白い筋が走っているものの色合いがいちいち違って、それがスジなのかトロなのかなんて僕には見分けつきませんよ。頑張って見分けて買ってきたらまあ美味かったからいいや。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy