FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年7月12日(土曜日)、ロートル。

りびけんまつり。 7月19日(土曜日)、歌舞伎町Golden Eggでライブをやります。題して『りびけんまつり』、精鋭6バンドくらいが出演します。僕は司会と仕切りと大トリ。お暇ならよろしくね。


と き:2008年7月19日(土曜日・仏滅)、18:30開場の19:00開演。
ところ:歌舞伎町Golden Egg(ドンキの裏)、tel:03-3203-0405

というわけで、1年ぶりくらいでパソコン要約筆記の現場に出てきました。
字幕中。 たかだか講演90分に質疑応答15分くらいの会だったのだが、俺がボロクソでしたな。打鍵速度には衰えはないとは思うものの親指シフトのシフトミスが頻発して、しかも「ちゃんと叩いているつもり」なのでもう一度ちゃんと叩くと同じシフトミスが出現するという体たらく。要するにノートパソコンMC2/40(だっけ?)のシフトスパンとの相性がすでに身体に残っていないわけさ。だからといってそんなものを今さら再履修するつもりもないし(字幕現場でしか使わないのだからあたりまえだ)、こんなことのために機材をどうにかするつもりもないし(字幕現場でしか使わないのだからあたりまえだ)、ということは今後改善の可能性は、ない。字幕叩きとしては終わったね、俺は。今後僕を現場に呼ばないように。既に殆ど呼ぶひともいないが、君も呼ばないように。そこの君だよ。

現場ではいちおう要約かましまくって文章の結構はとれていたものと思うし落としたところもそうはないと思うので、そんなにヒドいことにはなっていなかった筈だ。そういうくだらないプライドはまだ俺にも残っているし、打鍵がスカタンだと要約筆記ができないという理屈はない(あなたより速い打ち手は必ずいるが、だからといってあなたの文字列に意味がないわけではない。俺にして同じ)。それで相方の順子が頑張ってくれたので助かりました(けっきょくそこかい)。講演会の前半は話題ごとにピンで打ち分けて、俺がボロクソなところに見かねて順子が入ってくれるかんじ。なさけない。

後半の質疑応答ではなんか面白そうだったから久し振りに「連携」でやってみた感じか。この連携がまた、なんせ順子とは付き合いが長いもんだから、ふつう連携ってのは「お手玉」みたいに「ほいほい」とやるものなのだが、明らかに18.44メートルで剛速球のキャッチボール。要するに「相手の叩き始め」までに置く距離がものすごく長いのだが、ほんとは長いほうがラクなんだよね。こっちはけっこううまく行ったものと思うが、これも順子の手柄かな。しまいにゃ順子を団扇で扇いで「がんばれぇ」とか言ってる俺。いやまあロートルだからさ。

取ってつけたように書いておくが(取ってつけているのだが)、よし今回の現場がうまくいっていたのだとしたら、差配の悪鬼羅の功績は大きい。そも「機材の手配とかセッティングとかめんどくさいから俺やらんもんね」と俺が言っていたところにしゃしゃりでて来たのが悪鬼羅で、それで実現した現場が昨年であり今回であるわけで。よほどヒマなんだな、悪鬼羅。俺なら引き受けない、家で寝てるほうがなんぼかマシだ。


そんなことは措いて、不満もいくつかある。

なんか講演会のフライヤーには「耳の聞こえない人のために」とか記されていたのだが、まずここの認識がまったく違う。情報保障の目的は「情報の共有」であって、誰それのためというものではない。講演会にフランス人がいたらフランス語の通訳を配するでしょ? スカンジナビア語圏の人がいたら西スカンジナビア語なのか東スカンジナビア語なのかの配慮が、要るのかな。よくわかんないな。まあ欧米の人がいらしたら英語の通訳くらいは置くわな。
聴覚障害者相手にして然り。あなたが講演者だとして、全員に話を聴いてもらいたいと思うだろう。あなたが客席にいたとして、話題から阻害される人のいることをよしとするだろうか。網膜色素変性症の人たち相手の講演会では、障害の特徴の各々に合わせてディスプレイなり情報伝達なりの方法をいちいち特化した講演会がかつてあった。ユニバーサル・デザインの喧伝される現在、いちいち「誰のために」とか矮小化してどないすんねん、阿呆か。どうせなら「DAISYをリアルタイム化」くらいの大風呂敷をですね。いや真面目に書いているんだよ俺。

また、2時間弱とはいえ2人だけ(しかもかたっぽはロートル)の字幕が、評判をうかがう限りではたいへん好評であった(感激したお客さんからチョコの差し入れまで頂戴した)のも気に入らない。パソコン要約筆記の最初の現場は1993年あたりで(BBさんがコメントしてくんないかな)、その現場に僕も順子もいた。平たくそれから15年を経て、なにか進歩しているのか。5年休んで2回くらい現場を踏んだ俺が好評ってどういうことなのよ。ロートルのヘタクソな字幕に感激してくれる人がいるって、どういうことなのよ。育成なり運営なり運営陣なりがスカだとかいう話はこのへんに譲るとして。


ウチアゲで主催者さんたちから聞いた話では、「派遣のシステムが不便」なのだそうです。システムだけが不便であってほしい。僕が現場を離れてからの6年間の間に、字幕の質は向上したものと思いたいのだが、あの。その。はっきりしろ。

僕がまだコミットしていた段階で、たとえば「PC要約筆記講習会」では講義を聞きながらPCを叩きまくっている受講者が大半、というか全員だった。そんなことで話が聞ける筈がない。講座そのものが無駄。というか育成者がバカ。それ以前に、「パソコン要約筆記者養成講座」以前に「パソコン要約筆記者指導者養成講座」(だっけ)が開催されていた時点でバカじゃねえのと思ってはいた。まともにPC要約筆記をできる人すら少なかった時点で、だ。監督ってのは選手を経てからなるもんなんじゃないのか。阿呆か。

選手のほうの話では、

某県で僕のサブについてくれたお姉さんはIPtalkのスクロールを遅くしていて、それだと僕の入力速度に追いつかない。それで速度を上げてやったら、「目が疲れるから」という理由でまた速度を戻していた。そんなに目が疲れるのなら気の毒だなと思ってノートPCの蓋を閉じてあげました。

あるいは各地で見かけたのだが、「なので、だから、ではない」とかが文字列をずうっと流している字幕がある。固有名詞を叩くと誤変換があるからなのだろうかなと邪推してはいるのだが(遠慮して言ってるんだよ)、なにやってんだと思ったことは多数ある。

スクリーンを背にしたほうと正対したほうとの2ペアの入力で、僕がスクリーンを背にしていたと思いねえ。出力機が不具合を起こしたらしくてスクリーンが真っ黒になったのだが、正対しているほうのペアがそれを眺めながらなにも言わないので僕たちは気づかない。爾後に問いただしたら「僕たちは入力しに来たのであって、出力画面は関係ありません」と言い放ちやがった。さすがになにしに来たんだか判んなかった。

叩いている脇で手の空いた入力者たちがなにやら話しているのが(音声として)うるさかったもので「黙れ!」って言ってやったら、「りびさんとは二度と一緒したくありません」と元締が言われたのだそうで。

さいきんの某所SNSでは、「PC要約筆記講座でキツいことを言われました」という投稿があって、でもなにを言われたのかという内容については一切書かれていない。「内容の真贋より言い方が問題です」というのは全難聴の主張でもあり、そういったことなのでしょう(読んでいて話題にしながらそこにコメントしないのは、そんな連中を相手にするのが無駄であることを学習したからです)。阿呆以前に馬鹿がいるんだな。

失礼を承知で言うのだが、いまのパソコン要約筆記入力者に碌な奴はいない。碌な奴であれば現場に残っているわけがない。お調子者か馬鹿かお追従だけだ。たまに「新規参入したい」というかたからの相談が(何故か)俺にあるが、「お薦めしない」と言っている。現状で聴覚障害者福祉のためになにかすることは聴覚障害者福祉のためにならないことを知っているからだ。


これは僕が知らないだけなのだと思いたいのだが、たとえば今日もギャラを頂戴したのはありがたいのだが、PC要筆なら入力者個人のインフラ負担は重い。僕が知っていた時点ではその保障はなかった。今でも「ちょっとやってみよう」というレベルで15万円がところの参入費用はかかるだろう。手書き要約筆記がお手軽だとも費用がかからないとも思わないが、やはり「パソコンいっこ」ってけっこうなカネ食い虫だよね。某大手PCメーカーから機器供与の提案があった(社内でいらなくなったやつをくれるという)のを米屋とか尊師とかに仲介したこともあったが、その後どうなったという話は聞いていない。聞いていないだけならいいのだけれども。時間あたりなんぼかを頂戴したとして、機材とソフトウェアを償却しきるのに何年かかるのか。そして償却しきったときには機器は陳腐化していて、そろそろ買い替えだね。僕は現場に出ていないので、25万円のノートパソコンを10年間くらい使っていますけど、その前の現役時のノートは3年で叩き潰しました。無理だってば、機械がかわいそうでした。
今日は「偉い人」ともお話させていただいて、「またお願いしたい」とも言っていただきました。「こういうものを初めて観た」とも言っていただき‥‥あ、そう。それで、「仮にパソコン要約筆記がよいものだと思われたとして、活動自体は十数年前からあるものです」とはお話ししておきました。

そして聴覚障害者のみのためでなく、これは社会的に必要なインフラであること、そこに責任を持つべきはむしろ国家乃至制度であること、その実現のためには「偉い人」たちの自覚と啓発活動(←「運動」って言うとナンですからね)、が必要であること、を酔っ払った勢いでオプラートにくるんでにこにこしながら強硬に主張しておきました。

なんにも判っちゃいない。言い過ぎなのは判っちゃいるけど、誰もなんにも判っちゃいない。情報保障は情報弱者のためじゃない。全員が平等に情報を得ることは、全員のためなのに。誰もなんにも判っちゃいない。


終了後、ヒロちゃんとかクロネコさんとかが下北沢でライブを演っているのを知っていたものだから、講演会運営のナカちゃんを拉致ってちょっと覗いてきました。ヒロちゃんクロちゃんだから大ファンク大会なのかなと思っていたら、アコースティックで「誤解フォービート」な感じでのんびりできましたね(褒めてます)。黒猫さんとパーカスの異常なまでのシンクロが楽しゅうございました。

ちょっと睡魔がキツかったもんでちょっと寝ちゃった、ごめんなさい。それだけ気持ちよかったものだと思ってください、こんどナカちゃんなんかじゃなくて女の子連れて行きたいと思ってはいるのですが、人生はなかなか思うようにはならないのです。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
今日はありがとうございました。
今日は本当にありがとうございました。
帰って、一眠りして、メール見るついでにブログ拝見したら既に更新されてました。
ビックリです。

情報共有については色々考えさせられました。現場としてはやれる事と、やりたい事のギャップを埋めて行ければなーと思ってます。

さてさて、打ち上げ後にライブに連れて行ってくださりありがとうございました。個人的にはパーカッションとピアノが聞いてて気持ちよかったです。

女の子?が要るなら駅でアネゴを強奪しなきゃ駄目です。

ともかく今日(昨日?)は本当にお疲れ様でした。
ではまた来週、新宿で
お休みなさい。

さー水飲んで寝よ
2008/07/13(日) 02:55:09 | URL | ナカ #-[ 編集]
それがさー。
ウチアゲで「若いのとい可愛いのとどっちにする?」と訊かれて「兼ね備えたのはおらんのかい!」と言ったのも僕です。
これはとうぜん「訊いた奴のせい」でしょう、儂ゃ知らん。

ないものねだりはしません。
2008/07/13(日) 03:09:50 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
そう言えば…
そんなこと言ってましたね。

そこで「(両方兼ね備えているのは)あたしだ!!」と言わないところがあの方の良心かと…

確かに無い袖は振れ無いので後は自力で対処して下さい。

夏にライブが続くようです。体調にはお気を付けてくださいませ。
ではまた
2008/07/13(日) 13:46:18 | URL | ナカ #-[ 編集]
ありがとうございました。
ライブいらしていただきありがとうございました。
まぁ、Funkは楽器じゃねぇ...が合言葉のバンドですw
またぜひ、女子ご同伴でいらしてくださいませ。
2008/07/13(日) 22:09:53 | URL | hero"U"@key #-[ 編集]
ヒロちゃん。
以前に「ジャズ弾けねえ」って言ってなかったっけ(違ったっけ)。ウソばっかしなんだから、もう(笑)。MC中のそぞろ弾きもかっこよかったスよ。

女子同伴については、まあその。無理を言うな。ふんっ(すこし機嫌がわるくなるオトナゲない私)。
2008/07/14(月) 04:30:09 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
お疲れ様でした。
暇じゃねぇけど、暇じゃなきゃできない事をやっていて、毎回後悔だよ。
でもまぁ俺の力が必要だって、依頼してきたり丸投げしてくる奴がいて
あんまりそういうの断れない お人好しなんだよなぁ。疲れる性格です。

相方が叩いている時に、自分のシフトミスを再現させて反復する君を、
おぉ!その場で脳と指と脊髄に学習させているのか、さすがだ、偉いと、
感服しておったのだが、なんだその場で再履修してたんじゃないのか。

最後の連携もね、たしかに滅多にお目にかかれない連携だったよね。
君と順子の入力行がさぁ常に目一杯 字で埋まってんの。圧巻でした。
実は 俺、あんまり見た事ないんだよ。入力者多数の現場なんかだと、
字幕の全体品質を考えて、速い人と遅い人とでペアを組ませるからさ、
速い人どうしでペアを組んだ連携入力って そうそう見られる機会なし。

インフラ負担はそうだよなぁ。最近はさぁ助成金くれるところも増えて、
聴障関連団体とかNPOとかサークルに入っている入力者は、助成金
購入のパソコンで 打っている人も多くなったみたい。 逆に言うとさぁ、
共有利用のパソコンってわけで、日頃の鍛錬とか辞書強化あたりが、
当然お留守になっていくからさ、個々の入力技術が上達せんのだな。

字幕はね、全盛期の7割って相方の順子に言われていた君だけどね、
全体としては良かったよ。あぁいい字幕だなと思って 見ていたもんだ。

講演者が笑いをとるじゃん、会場がドッとなるじゃん。その笑いがさぁ、
完全に収まる前に字幕が出て、聴障者も ちょっとだけ一緒に笑える。
なんか会場全体で情報が共有化されている雰囲気に凄ぇと思ったね。
内容だけじゃなく時間なりタイミングも共有化されていてジ~ンと来た。

終了後は そんなに産卵後のシャケっぽくなくて、割と元気で、まずは
安心したね。あまつさえ 直帰じゃなくライブに行く余力まで残ってるし。
これって差配としては嬉しいことだよ。入力者にボロボロになられたら、
そりゃ差配が悪いんだからさ。 順子ありがとうね(けっきょくそこだよ)。
2008/07/23(水) 08:54:23 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
丸投げのほうがやりやすいじゃん。
終了後は「リハビリ」に行ったんだよ(笑)。そういう面子がライブを演っていたからさ。

入力辞書はつまり「個人ごとのファイル」を作っておけば済む話なんだけど、そういう常識ってないのかなあ。俺は「き」でも「か」でも「ま」でも「て」でも出てくる漢字は把握しているし、逆から言うと他人の辞書ではなんにもできない。文字入力の基本じゃねえか。

あるいは。

けっきょくPC入力者はインフラ負担が必須なわけで、初期参入で20万円がとこが必要なのだから(マケねえよ)、無料ボランティア想定じゃ廻っていかないのは当然じゃねえかとも思う。俺ごときロートルが感心されてるようじゃすくいようがねえよ、マジで。
2008/07/25(金) 16:07:34 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy