FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年6月だいたい第3週、くたぶれた。
結局17日の火曜日から22日の日曜日まで、対外的な案件で果たせたのは火曜日のサントリーホールの打ち合わせと金曜日のThe Zirconsのリハーサルくらい。いましがたものすごく納期遅れのお仕事を納品したところだが、これは「果たせた」とは舌を噛んでも言えないなあ。

とりこぼしは、火曜日のロッキーのジャムセッションと水曜日の齋藤彰広くんのジャムセッションに行けなかったのはまあいいとして(おい)、土曜日のカマテツさんのウクレレ・ワークショップに行けなかったのは申し訳なかった。カマテツさんとクロサワ楽器さん、ものすごくすみませんでした。いやまあいろいろありまして。


876コンサートの打ち合わせ:

平たく、合唱指揮の故・関屋晋先生の80歳の誕生日を勝手に祝っちゃおうという演奏会が2008年の7月の6日にあって、ステージ・マネージャが僕。というわけで日暮れからホール側と主催者側の打ち合わせに同席してみたら、主催者側の合唱連中がぜんいん酔っ払っているという楽しい仕様(僕はもちろんシラフでした)。いや僕も「自分は受付担当」とか思い込んでいたのだが、これは合唱団ひぐらしとごっちゃにしていましたね(ひぐらしのステージマネージャが同席していたので、これはこれでしょうがあるまい)。いろいろ重なるとそういうこともあるさ、大丈夫だよ。

というわけで打ち合わせ終了後にとうぜん「打ち合わせ」と称してみんなで呑みに行くわけなのだが、昭和生え抜きで好き嫌いにかかわらず付き合いも二十ウン年になる諸先輩がたの飲み方がまたザルでね。ふつうの手羽先屋で5人かそこらで4万円がとこ呑み倒してきました。たいへん元気で頼もしいことです。

僕と居酒屋に行ったことのある向きはご存知だろうが、例の「美声の大声で"すいませーん"」というのをやっていたら、「なんでその声があるのに歌わないんだ」とか怒られてしまいましたとさ。いやまあその、さいきん個人芸に走っちゃってるものですから、すいません。


The Zircons+αのリハーサル:

代々木のスタジオでのリハーサルは19:00から22:00で、でも儂らのリハーサルと併せて「ルツコ+ユージくん with ジルコンズ」のリハーサルもあったので多少は未消化の部分もあったかな。とりあえずはぱたぱたと進めるためにいつもの愛想は封印して、ぱたぱたと進めたのが却って面白かったな、僕は。実は僕がちゃんと採譜などしていけばもうちょっと早かったのだが、ジルコンズのリハーサルにヘッドアレンジ以外を採譜して臨むのも間抜けだというのも事実なので勘弁してください>>そこのギタリストさん。

終演後にまた打ち合わせと称して代々木の和民でバカスカと飲む最高さん(僕は最高さんの半分くらいは飲んだかな、それでもけっこうな分量だが)。話題は最大くんの災難とラブ吉の追悼とダイエット料理で、実はライブ廻りについてはなんにも話していなかったのかもしれないのだが、それはそれでまあいいでしょう。


ライブ追加:

そのThe Zirconsで、9月の定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演決定しました。

せっかく行くんだから13日の夜あたりにライブも演りたいんだけどってんで、とりあえずてづかっちにメールしてみたんだけど、届いたかな。それで参加バンドミーティングの日が仙台ウクレレフェスティバルと同日なんだけど、どうしたもんかな。あべひげ行きたいな。


あとの話題というと、実家の留守番に行ったついでに「牛スネ肉のミルクとワイン煮」を作っておいたのだが、後で聞いたら帰宅した父親が見るなり「腐っている」と言って捨ててしまったのだそうな。けっこうな自信作ではあったのだが、ピンク色の汁のなかに牛肉とセロリが浮いているという風景も戦中派としては不気味だったのかなあ。

俺が自分でぜんぶ喰っちゃえばよかったんだよな。惜しいことをした。



今日は、

もう寝る。さっきまで仕事してたし、珍しく。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy