FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年4月16日(水曜日)、金輪際嘘しかつかない。
ライブ演ります:

とき:4月23日(水曜日)、19:00開場の19:30開演
ところ:荻窪アルカフェ(駅近)
木戸銭:500円(あとドリンク500円とか)
見せ物:りびけん(P, Vo)、QUISEN(Perc)、鬼畜ピロリ(B)
演し物:歌と踊り

俺。 ピロリ on Bass QUISENくん。

かの菅沼伯貴先生(ピアノである)をして「1回は聴いてみたい(2回は聴きたくない)」と言わしめた、こないだどっかのジャムセッションで「俺とQUISENとピロリ」と言ってみたら「最悪ですね」と全員に突っ込まれた最っ高に珍しいトリオですよ。

下の動画は、飛び入りの詩吟のお姉さんとのセッションです。ノー打ち合わせ、ノー譜面、初対面、じゃあ構わねえからやっちゃえ! というのが基本姿勢ではあるのでした。


4月の23日の水曜日、ちょっと遊びに来てみてください。よしなに。


今日の収穫:

DVD『Mr.インクレディブル』 お散歩中に、捨て値で売られていたDVD『Mr. インクレディブル』を発見、保護。いやその僕はアメリカ共和党とディズニーはでぇきれぇなんだけど、モーグリと『Mr. インクレディブル』は大好きなんだよね。いいんだよ、よく走るのがいい馬だし、黛敏郎だって音楽と『題名のない音楽会』は好きだったし(関係ないけど、『題名のない音楽会』の司会が佐渡裕さんになったんですねってね。慶賀)、シュワルツェネッガーだって奥さんは民主党員らしいし(既に意味不明)。

ところで、なんでディズニーアニメにイッセー尾形がそのまんま出てくるのだろうか(アルカフェのだんさんも子娘役で出てます)。


今日の読書:

バンパイヤ 手塚治虫『バンパイヤ』の愛蔵版がなんでか掘り出されたもので(お掃除もするものですな)、読む。とうぜん再読なのだが(男の子はぜんぶ読んでるに決まってんじゃん)、その『バンパイヤ』にいくつかピカソの、それも晩年っぽいカットが混じっていることには今回初めて気がついた(具体的には3点)。

ブラッドベリとかバラードとかもそうですけど、読み返して気がつくことって多いものですね。ついでに宮部みゆき『誰か』も数日ぶりに読み返したのだけれども、ラスト間際のお母さんの台詞にノックアウトされて内容はなにひとつ覚えていなかったもので楽しめました。バカじゃん俺。


今日の『レベッカ』:

DVD『レベッカ』 元締から電話。
元締「『レベッカ』観てきたんだ」
俺「ああ、ノッコさんはお元気でしたか」
元「違うよ」

まあそうだろうな。

俺「ああ、ヒッチコックの」
元「そうそう」

ボケた心算が当たってしまった。なんか面白くない。
舞台になっているそうです。ってあれ、どうやって舞台にすんねん。


ニュースから:

くいだおれ人形の消滅は残念だが、なぜ誰も脳天号の話をしてくれないのだろうか。

関西人にはバカだと思うのだが(関西の次に関西人が多いのは北アメリカ東部だろうな)、関西人の多い関西では「パチンコ屋でも禁煙」とか阿呆な制度が実施されようとしている。

まず道路を走っている自動車をパージしろよ。自動車1台潰せば喫煙者1万人ぶんくらいの健康効果(機能性っての?)があるぞ。くっだらねえ、そういうエキスキューズを付けない「あたしはタバコすいませんから」という連中の心が狭いだけだ。つまりバカだ君は。おまえだよおまえ(そう、そこの君)。


今日のとんはく鍋:

とんはく鍋 あ、大根がない。

今日は生姜とポン酢でなんとかしました。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
きちんとゴールデンエッグで宣伝
してきましたよ。
「アルカフェは一人でもお客さん
が来ないとライブ出来ません」と
付け加えておきました
2008/04/17(木) 00:23:12 | URL | きせん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy