FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


映画『うた魂』。
うた魂 日活製作だからかなんなのか判らんが大江戸線内のユナイテッド・シネマとしまえんの宣伝には見事に掲載されていない映画『うた魂』を観てきました。まあ諸事情がありまして、いちばんデカいのは田中誠監督の次回作がT.M.Revolution西川貴教『コラソン de メロン』だからというのがあって、あとはにっかつ池袋シネロマンの支配人に何やら頼まれていたというのもあって、まあ半分仕事ですね(嘘)。

ユナイテッド・シネマのエスカレータを上がっていくときに、脇の壁にジョージ・クルーニーのスチルがたくさん貼ってありました。ええ、『メロンの気持ち』(Corazon De Melon)を歌ったローズマリー・クルーニーの甥っ子ですたい。って前宣伝が細かすぎるよなあ、にっかつさん。




本編のほうは基準の厳しい僕にも満足の行く出来で(僣越だぞ)、さいしょのうちちょっとテンポがだるいかなとも思ったのだが、そんなのは普段からカーチェイスとガンアクションと怪獣と爆発の映画ばっかり観ているから馴れがないだけの話なのであって、落ち着けばちゃんと入り込めました。荻野さんの描写についても最初のうちはけっこう辟易したのだが、そういう話なんだからしょうがありませんね。しょうがないんじゃなくて、あっちが正しゅうございますれば。

というわけで、湯の川学院高校の歌う『十五の夜』でボロ泣きしていた俺。ハタから眺めていたら不気味だったことだろうが(というより、むしろ笑っても構わないようなシーンなんだな、これが)、ほんとに権藤君の言っていたことは僕が普段から言っていることでもあり、あのステージにいるのは俺だった筈なんだよ。



あと細かいところで。
  • 荻野さんが後輩連に「そこは三連符」と教えてあげますが、あれは「二拍三連」ですね。いやどっちでもいいんだけど。
  • 合唱団、やはり徐々に上達していますね。発声やアーティキュレーションもそうだけど、判りやすいのは「声の終わりの揃え方」かな。
  • どうでもいいけど、最初の撮影のときはどうしてエレクトリック・ピアノだったんだろうかしらん。さらにどうでもいいけど、ベースのほうを弾いていたオクターブと発音が違ったような気がしないでもないのです。気のせいだと思うけど。
  • ストリートの女神が使っていたマイクロフォンがShureの58なのは当然として、瀬沼先生の最初の挨拶のときのマイクロフォンが同じものって、さいきんの高等学校はそんなものを導入しているのだろうか。小さな違和感はありましたな。いやほんとにどうでもいい。
  • その瀬沼先生の歌、聴こえてきた瞬間に「ああ、瀬沼先生だな」というのがまる判り(けっきょくそのシーンでは顔は出てこないのだが、顔を出さない意味がありませんでしたね)。歌唱は素晴らしかった。ある意味、この映画のなかでも白眉といえます。
  • 喫茶店のアカペラ、女子高校生がなんでエノケンを知っているのかというのは措いといて(ピースでもあるのだろう)、そこに演出効果でピアノとかエノケンとかがかぶさってくる。ああいうところにたとえば僕(弩ベース)が混じってると、アカペラでも充分に成立するのだが。というかThe Zirconsがふだん演っているのがそういうこと。
  • 髪の毛を染めるのに、墨汁はやめたほうがいいと思います(衣裳も借り物だし)。コンビニにインスタント・スプレーもデップも置いてるあるでよ、そっちのほうがいいんじゃないかなあ。
  • 地区大会での七浜高等学校の演奏は、カットがどしどし切り替わるのにちゃんと合唱の映像になっていて偉かった(というとプロのかたに失礼かな)。プリプロだかアフレコだかリップシンクだか、それともものすごい音声編集なのかは判らないのだけれども、とにかく凄い。
    ホール写真。
  • ラストの権藤さんの声はやたらと低く聴こえるが、下はFくらいだろうか。響きがとてもいいので感心しました。
  • エンディングロールで、新宿トパーズさんの名前を発見。どうやら『ダンシング・シスター』はあのへん由来だな。
  • これもエンディングロールで、晋友会関係者のクセモノ数人とか清水敬一とかの名前も発見。明らかに湯の川学院高校寄りの面子だったのだが(カサギくんを除く)、ぜんたい何を教えてきたのやら。

惜しむらくは、200人がところは入りそうな劇場に、お客さんが20人くらいでしたか。
まあしょうがないと言えばそうなのだろうが、せめてみんな『15の夜』だけでも聴いてほしいと切に思うものなのでした。

ええ、この映画の主演はゴリですともさ。
僕にとってはそうですともさ。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
ええ
わたしもこの映画の主役はゴリさんだと思いました。
「15の夜」、ウチの夫も感動してましたよー。
2008/04/06(日) 21:06:46 | URL | かれん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy