FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年3月13日(木曜日)、また風邪かよ。
目覚めてみたら、なんかまた風邪っぽくてさ。鼻水は白血球の死屍累々だし、喉は痛えし身体はダルいしやる気はしねえし、ほんとにまったく。

それでもまあなんとか起き出して、音羽屋に到着してみたらさらに症状が悪化していたもので「ダメなら帰ります」と宣言して、90分ほども雑務をこなしてからダメだったので帰ってきた。しょうむな。たぶんライノコロナ・マサヨアデノとかそんな名前のウィルスではあろう、まあしょうがないか。

音羽屋からの帰宅路線には営団使用と都営線使用があって都営線のほうがちょっとエクスペンシブなのだが、でも空いてるから都営線のほうで「座席に横になって寝」ながら帰宅。帰宅してさらに寝る。20:00くらいに起き出して、中井駅前高級料亭割烹「錦山」で殺菌用焼酎など舐めながら3時間くらいも居すわってとろとろとものを喰う。

みなもと太郎『風雲児たち』 食いながら、さいとうたかをの出している時代劇漫画の冊子など読む。ほんとうは久保田千太郎なんてのは大滝の五郎蔵をつかまえた鬼平に「そのかわり密偵を」なんて言わせているイケナミズムを全く判っていない馬鹿野郎なので読みたくもないのだが、併載でみなもと太郎とかもあるから読まないとしょうがありませんね(『風雲児たち』はほんとうにおもしろい)。


今日の上京:

書いたか書かなかったか忘れていたものだから書いておくのだが、知人の知人が九州におって、そこの17歳の息子さんが歌手を目指して上京する、のだそうな。15,000円持っているのだそうな。うん、若いうちはなんでもやっちゃえばいいんじゃない?

それで、その知人(そのいち)としてもなにがどうなっているのかはよく判らないのだけれども、いざというときの避難先として俺んちを紹介してもいいか、という連絡はあった。「掃除しねえと住めねえぞ、部屋はあるけど」と言ってみたら、「そういうのは本人が掃除すんじゃねえの?」とのことでもあり、じゃあ構わんさ。


今日の手塚治虫:

手塚治虫『三つ目がとおる』 部屋を掘り返していたら『三つ目がとおる』とか『ブラック・ジャック』とかが出てきて、熱醒ましついでに読んでいたのだが、ほんとに手塚治虫って登場人物を突き放してるよなあ、なんて思ったことでした。それでとうぜんのようにスタンリー・キューブリックのことを思い出すわけなのだが、なんのこたぁない、『2001年宇宙の旅』のときに手塚治虫の出動を要請したのはキューブリックではないか。

なるほど、類友であったか。



明日は、

風邪が治る。ぜったい治る。
音羽屋は行ったり行かなかったりで、あと土曜日までにテープ起こしを3時間。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy