FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年3月12日(水曜日)、蟄居。
蟄居しているわけではなくて、出かける用事がないもんでずうっと家にいるわけさ。仮に僕が「自宅謹慎」とか「閉門蟄居」とかいうペナルティを課されたとして、ひょっとするとそんなに困ることはないのかもしれない。

そういえば、音羽屋に行く以外のお仕事ってば、ぜんぶ自宅で完結しているよなあ、俺。インターネットと宅配便が使えればもはや不可能はないのかもしれない。いいのかそんなことで。

とか言いつつ、朝からてきとうにお仕事。メシは冷蔵庫になんぼでもあるし、茶葉の到来物がいくつかあったものだからあとは上下水道が機能していれば(こないだ脅迫状はきていたのだがまだ大丈夫みたいだ)飲み物にも風呂にも不自由はしない。


今日の発見:

とんはく鍋とんはく鍋を作るのに、 どうやら「バラ肉だとアクが出る」のだが、「中肉薄切」とか「しゃぶしゃぶ用」とかの「高い肉」を使うとアクが出ない、らしい、ということに気がついたここ2、3日。え? そうなの?

どちらが美味いかと問われればもちろんバラ肉だし、半分くらい脂身でも構わないくらいに思ってはいるのだが。つまり上品にうすーくヒカれた豚肉だとあまり面白い料理にもならないのだけれども、「アクの量」は慮外でしたなあ。「ひと手間減る」ぶんだけそっちでもいいかも、と思ってしまう自分もいるのでした。不精者だから。

日頃から「生野菜は食わない」と言っている僕ですが、理由のひとつとして「茹でたらあんなにアクの出るものが身体にいいわけがない」というのもあったわけですが、ひょっとして「いい野菜だと灰汁も出ない」とかいう話なのでしょうか。家庭料理プロパーというわけでもないので、どなたかご教示いただければ幸甚です。


    資料としてですが僕は、
    • 基本的に自炊しています。
    • 3手間以上のかかる料理はしません。
    • したがって「焼く」「煮る」「蒸す」が全てです。


行商:

でこぽん 近所を歩いていたら、段ボール箱をたくさん積んだ「がらがら」をひいたお姉さんに声をかけられた。なんだろうあれは、デコポンかミカンかそんな感じのものがものすごくおいしいのだそうだが、「ごめんね、皮を剥くものは食わないんだ」と言って勘弁していただく。

ひとつに、そのお姉さんには早稲田通りと山手通りの交差点あたりで声をかけられたのだが、そこから東に向かったお姉さんに「西のギンザ通りに行くべきですよ」と教えてあげたものだったのだろうか。3km四方の消費者は全員あそこに集まるというのに。

ふたつに、ほんとうに「皮を剥くもの」を食ってねえな、俺。誰かが剥いてくれないと食わないし、剥いてくれるひともいないし。チョンガーと柿は関係ないね、どっとはらい(「柿」は「蜜柑」でも「林檎」でも「キウイフルーツ」でも構わない。自分で皮をむくのは馬鈴薯くらいだ(笑))。


今日の口唇ヘルペスの菌叢:

治りゃしねえ。つまり「風邪のふきだし」にそのへんに落っこちてる軟膏を塗ってはいるのだが、けっきょくぜんぶステロイド剤だな。僕がオリンピックに出るときに障害にならなかろうか、心配でならない。


明日じゃなくてまだ今日、少しまた寝て、お仕事だな。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy