FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年1月31日(木曜日)、アンジェラ・アキ。
ヒレかつ御膳 音羽屋出勤前に腹ごしらえと思って中井駅前に行ってみたら、「牛清」も「尾張屋太吉」も定休日。今日はてっきり「牛清」のカルビ定食だと思っていたのになあ、だからって「ぺいざん」だとちょっとあぶらぎっしゅすぎるし、「又八郎」は美味いのは判っているのだが量的にちょっと不満。「SPIGA」はこの時刻じゃあ学生さんでいっぱいだろうし、じゃあ「松屋」か?

けっきょく小石川に直行して、「せんごく」の1階の「せん石」でヒレかつランチ。900円でたいへん美味しいし、満足。


音羽屋(そういえば春日に「せんごく」があるのだから、小石川に「音羽屋」があっても構わんだろう)では「この社長はなんで僕を雇っているのだろう」なんて思いながらてきとうに仕事をやっつけて、14時出社の17時トンズラって、家庭教師のアルバイトじゃないんだからさ、俺(笑)。

それで丸の内線の後楽園駅から東京駅、地下をずうっと歩いて東京国際フォーラムまでドアツードアで30分ってとこか。


東京国際フォーラムは、
  • かつて講演会のお手伝いの仕事で何度か来たことがあるのと、
  • なんでかレスリー・チャンのコンサートで来たことがあったような。
  • あとはT.M.Revolution西川貴教さんのコンサートで数度、
って感じか。

というわけで、到着早々にして違和感が漂う。僕の知っている東京国際フォーラムはもっと殺伐とした場所だった筈だ。

  • 地下の喫茶店が満員になっていない。
  • 真冬だなんだに関係なく正面玄関前にタムロしている人たちがいない。
  • トイレが着替えの女子たちで満員になっていない。
開演間際の会場内ではさらに妙なことが。
  • 開演前のご注意アナウンスに返事する奴がいない。
  • 開演時刻が近くなっても「アンジェラ・コール」とかが起きない。
  • さあ始まるぞ、というタイミングでもみんな座っている。
  • 主役が登場しても悲鳴をあげる奴がいない。
  • ステージに扇風機がない。
不思議なコンサートでしたな。
今日のアンジェラ・アキ:

Today 最初に大書しておくが、やはりバンドは人力ジンリキにかぎる。もっとアナクロなことを(しかし確信を持って)言い切るならば、音楽はやはりコミュニケーションの手段であるのだから、ステップ入力とかクォンタイズとか冗談じゃねえぜ、多重録音するにせよやっぱり手弾きでしょ、とかつてのPUFFYを下敷きとして今日は確信を持たせていただいたことでした。

それにさ、編成がふつうにギターとベースとドラムス、あとアンジェラさんのピアノと歌なんだけど、これが「いかにもそのへんのライブハウスにいそうな感じ」で、曲のアレンジも「今んとこ面白かったから採用!」みたいな、いかにも「ヘッドアレンジからみんなでいじりました」感が満載でですね。バンドやってていちばん面白いところを目の前で楽しげに演られてしまったのでした。楽しかったことでしたよ。


アンジェラさん、ピアノはとんがったことを演ろうと思えばかなりできるくらいに上手いんだろうな、とは今回も思いました(昨年末の武道館公演の話はこちら)。

今回発見したのは、この人って歌めちゃくちゃ上手いんだよ。いまごろなに言ってんだよ俺。それで「弾き語り」なので歌だのピアノだののそれぞれを取り出して感想を言ってもしょうがないのを判りつつ敢えて言えば、やはり歌が主導でピアノが従で、だからテンポが走らない、聴いていてするっと入ってくる感じがする、ような気もしました。印象批評で申し訳ないのは措いといて、ピアノの関係してこない「歌」だけというのもちょっと聴いてみたいような気はする。いや興味本位でですが(現状で素晴らしいのだから、牛の角を矯めるようなマネしても‥‥矯めようがねえか、この人は)。

  • 上手かみて下手しもてにグランドピアノが2台あったんだけど、使い分けが判りませんでした。武道館ではベーゼンドルファーかとも思ったのだが、今回は両方ともスタインウェイの音でしたか。なんで上手のほうだけ蓋が「コマ開き」してたのかなあ。
  • どうでもいいけどMC多いね。文句ないけど、The ZirconsよりMCの多いバンドがあるとは思いませんでした。
  • シングアウトで『Every Breath You Take』を客席に歌わせるというので「それ、ストーカーの歌だぞ」とか思っていたら、本人が解説で「ストーカーの歌です」って言っていた。実はピアノの弾き方も僕と同じだなあと思っていたのだが、歌詞に対する態度も同じかよ。
  • ギターの係の人がアルコを演っていたのだが(バイオリンで使うような弓でギターを弾く、というほどのことです)、やはりLed Zeppelin復活記念だったのだろうかしらん。
  • あまり言わないけれども、前半では小さなハウリングが頻発しておりましたな(PAのほうを眺める私は「睨み付けている人」と見えたに違いない)。同じマイクが同じところ(周波数帯)でハウってるんだから、なんとかしてくれてもよかったとは思うのだが。
  • そういえば、白縁のメガネをかけていってしまった。紺縁にしとくんだった。


明日は、

今日の幸せを抱きしめて。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy