FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


理不尽極まる。
滅茶苦茶だろう。
2月26日(火曜日)、なかのZEROで『宿泊施設と情報バリアフリー』と題したセミナーが開催される、らしい。演目では「米国のホテルにおける情報バリアフリー事情」というのもあるらしいのだが、俺って呼ばれてないなあ(笑)、中野のなかのゼロなら徒歩圏内なんだけど。ダメな事例をきちんと詳しく語れるのだけれど。
いやマジでひどい目に遭ったことがあって、アメリカのホテルで火災警報が鳴り響いているのに聴覚障害者向けの情報がなくて、それでも社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会(全難聴)の理事長は引率していた聴覚障害者たちをほっぽりだして宴会やってたっていう事件があって、しかも翌日に理事長は笑ってごまかしたという現場に俺はいたんだよ(詳細は僕の『でたぜん』内の『ボストンお茶会事件』に詳しく)。

僕に言わせりゃあんなもん「ひとごろし」だよ、全難聴の高岡正理事長ってば。

  1. 全難聴理事長の高岡正くんは、聴覚障害者を引き連れてアメリカのホテルに泊まっていました。
  2. 火災警報がありました。
  3. ロビーに避難した僕らは、(聴覚障害をもつ)高岡さんが上階で宴会をやっていることを知っていたので、「聞こえていなかったらマズいな」と思って伝令を飛ばしました(階段で)。
  4. 高岡正は「どうせ誤報だろう」として警報を看過しました。ツアーの責任者がだよ。
  5. 僥倖にして誤報だったが、じゃあなんのための火災警報なのか。結果オーライで済ませるようなことかこれは。
  6. 翌日になって高岡は「火災警報は聞こえませんでした」というペーパーを出した(聴覚障害者って便利だね、と敢えて言っておく。高岡の言っていることはだから)。
なにか言い分があるなら聞かせてみろい、と思って僕は1998年からずうっと待っている(僕が「提示できる根拠」もなしにこんなことを言わないことは、大概の人は知っているだろう)。

ちなみに高岡は現役で理事長を続けている。事件については万一の場合にも過失致死にもならんだろうが、注意義務違反であることは間違いなかろう。本音を言えば遺棄致死に近いと僕は思う。

火災警報解除をお報せしている僕(まだ若いころ)。あっちに消防士!

Deaf-Newsでの告知には、

>>聴覚障害者が安心して宿泊施設を利用するためにはどうすればよいのか、バリアフリー化の進んだアメリカの現状はどうなっているのか等、具体的な内容をお話する予定です。
ともある。バリアフリー化の進んだアメリカでも、「バリアフリー化したい」という意志のない人間がひとりいるとどうしようもないという話だよな、これ。

だいたいよ、浜崎あゆみさんが片耳失聴とかしているときに(機序にもよるが、左耳の次には右耳がくるというパターンはある)、中途失聴関連の代表たる皆さんがこの体たらくだよ(突発性難聴が典型的なのが中途失聴)。もっと言えば、人は加齢によって必ず失聴する。失聴した先にいるのがこんな連中でいいのか。高岡正をいただく全難聴みたいなのでいいのか。少し考えてみたほうがいいと思うよ、あなた自身のために。


そしてセミナーの後援に名前のある 東京都中途失聴・難聴者協会(中難協)は堂々の全難聴傘下団体である。やることの順番間違っちゃいないか中難協? あるいは狙ったギャグなのだろうか。

それで以下は小さな疑問なのだが、
  • 主催者サイドのサイトを見たかぎりでは、セミナーの情報提供がPDFでしか見つけられなかったの。さいきんの読み上げソフトはPDFにも対応しているというのは聞いているが、txtかhtmlも併設しておいたほうが親切ってもんじゃないのか(どこがバリアフリーなのか)、とちょっと思ったことでした。
    ex.) 民主党のバカなサイト。

  • あと、全難聴のサイトがいつの間にかノーマネットから離脱しているのだけれども、なんであれだけのべつ「カネがない」と言っていた団体が独自ドメインとったのかな。それにたとえば字幕事業者の認可ってノーマネットで取得したんじゃなかったっけ。よく忘れちゃったものだから、知ってる人は教えてください。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
惜しいなぁ…。
ほぉ~っ平日の午後かぁ…、ほぉ~っ中野でやるのかぁ…。
そりゃ 君に来て体験談を語ってほしいという ギャグに一票。
あ、でも案内よく見たら、参加費無料じゃないのね(\2,500)。

ボンビーな君が大枚払ってまで行くはずないから 残念だな。
貴重な体験をしてきたゲストとかコメンテーターという立場で、
呼んでくれんもんかね。ギャラ不要で交通費かからんのにな。

伝聞なんだけど、その中途失聴関連の団体だか代表だかは、
「浜崎あゆみさんには 難聴啓発のシンボルになって欲しい」
と考えているそう。広告塔にして多方面に宣伝させる気かね。
2008/01/20(日) 05:15:44 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
管理人様
でたらめな記事の即削除を依頼します。
2009/01/07(水) 00:31:30 | URL | 中難協事務局 #MblW8IBU[ 編集]
コメントありがとうございます。
中難協事務局さま、こんにちは。記事を書いた当人です。あけましておめでとうございます。

もとより書いたものには責任を持つつもりでおりますし、出鱈目書いちゃってご迷惑をおかけしている場合には訂正し謝罪させていただくのも当然だと考えています。

今回に関しては、申し訳ないのですが僕としては事実の誤認も論理の不整合も見つけられないのです(まさかにコメント欄のお話でしたら、aquiraxさんのことはよく知っているので仲介させていただきます)。

そんなわけで、ご依頼の件について申し訳ないのですが詳細なご指摘をいただけましょうか。誠意をもって対応させていただくことをお約束します。

お手数をおかけいたしますが、よろしくご高配のほどお願い申し上げます。

前田高秋 a.k.a. りびけん
2009/01/07(水) 00:55:21 | URL | りびけん(管理人) #GAkJEmLM[ 編集]
まさかにねぇ…。
コメントを書いた当人です。 あけましておめでとうございます。
まだ松の内の正月に、1年前の記事の「即」削除依頼ですか。
かなりのんびりな「即」ですね。日本もまだまだ平和なものだ。

まさかがあるとすると、最後の段落の伝聞のくだりくらいかな。
伝聞というと、伝言ゲームみたく「でたらめ」になりがちですし。
一応 コメントする際に、伝聞の真偽に関して裏は押さえます。

そのくらいのことは、常識的に きちんとやるのが当然でしょう。
中難協の理事長であられる御本人様のブログに、そのように、
伝聞内容と同様の台詞が一語一句違わず書かれていました。

ということで、まさかには考えにくく、矛先は君(りび)でしょうな。
私個人としては、本記事の どこに「でたらめ」が存在するのか、
とても興味があります。ぜひ御指摘下さい>中難協事務局殿。
2009/01/07(水) 13:55:23 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
騙りでした。
さきほど中難協さんから、お送りしたメールのお返事をメールで頂戴しました。

「お問合せの件についてですがこちらから何も送信しておりません。」との由。なんだ騙りかよ、というわけでこの件おしまい。中難協さんにはお手数をおかけいただき、ありがとうございました。

困った人もいるもんだな。
悪鬼羅もご苦労さん(棒読み)。
2009/01/07(水) 14:04:32 | URL | りびけん(管理人) #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
某所福祉系NPOの理事でマリちゃんというのがいるのだが、最初に字幕現場でお会いしたのはよかったものの、その後はハマ小机のカラオケパブで...
2009/01/07(水) 01:01:03) | 徒然草むしり
footcopy