FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年12月15日(土曜日)、いやかんじゃ。
T.M.Revolution西川貴教のライブ『T.M.R.YEAR COUNT DOWN PARTY'07 LIVE REVOLUTION REMIX』、略して「イヤカン」に今年もちょいと顔を出してきました。うむ、非常に楽しかった。

立ち位置はZepp TokyoのPブロックって、ステージから徐々に上がっていく最後の段差の手前って要するにいちばん観づらい場所ではあったが、まあいいでしょう。
音響は今回はとっても聴きやすくて、楽器の粒立ちもボーカルのバランスも良かった。というかT.M.Revolutionの前回って昨年末のAXでちんこまつりだったからな、較べるほうが間違っているのかもしらん。

どうでもいいけど、あれほんとうにフィンチか? どうしても別人丸出しにしか思えないのだけれどもやはり。


ライブの楽隊では、ドラムスの淳士さんがやはり功労賞でしたか。ステージは遠いしさいきん目も遠いものだから(弁当屋で「脳味噌丼」というのを発見して喜んだのだが、よく見たら「豚味噌丼」でした)、紹介があるまでは誰が叩いているのかは判りませんでした。判りませんでしたが、ドンカマもたくさん入っているのにタイトなリズムで無駄な手数はない、入れるところにはどんどん手数を放り込んでのファンサービスといういい太鼓だなとは思っていました。そしてヘアスタイルこそ滅茶苦茶だがマイクを持たせるともの凄ぇ面白くて(今日は物真似だったけど、以前にMCで「ひとつばなし」を始めてサゲまで持っていったのを目撃したことがあります)、しまいにゃエロ話で失敗してボロ雑巾のようになった西川さんをなんとか掬いあげていましたな。

MARKBASS LMK ベースのIkuoさんとのコンビも絶好調で、こういう編成のバンドだと(それがT.M.Revolutionであろうとも)バスドラとベースがかぶってなんだかよく判らないのが普通なんだけど、今日はベースラインもちゃんと聴こえました。チョッパーのソロも2曲ほどで聴けましたが、これがまたかっけー。
アンプを替えたそうなので、そのせいもあるのかなあ。見た目「これなんじゃねえか」というものの写真を載せておきます。


ギターのお二人のコンビもよくて、今日はツインリードにディレイをかけてツインがクアドラに聴こえるみたいなこともしていました。ここだけSUNAOさんと柴さんの音色が同じだったりなんかして、とってもややこしいことをしているのだけれども聴いていたのは俺を含めて数人なんだろうなあというのはいつものことだが、いやプロの仕事です。


The Zircons 客席のほうは、いやまあしかし暑い暑い。例の蠍Tシャツを来ていったのですが僕は例によって右足の踵だけノリノリという省エネルギー仕様(とたまに歌う)なのに汗水漬くになって、終演後にグッズ売場でTシャツ買っちゃいましたよ。まあお客さんのノリのいいことでは屈指のライブ・パフォーマーがいたこともあり、これはこれで文句はない。

そういえばMCで「柴さん、せーの」みたいな指揮を西川さんがとったら、とたんに『Happy Birtyday』の合唱になりましたな。西川さん関連のライブでの誰かのお誕生祝いの光景はかつて何度か見かけているのだが、必ず歌われる『Happy Birthday』のキーが毎度毎度正確にin Fであることにちょっと驚く私。アカペラで演ってるThe Zirconsのキーだってままならないのに、素人集団に負けてるよドゥーワップグループが(笑)。

あとひとつだけお客さん関連で書いておくと、あいつら(お客さんまで含めてT.M.Revolutionという巨大バンドなんだな、実は)ってば終演後に会場のゴミを拾って帰るんだよな。たいしたもんだ。


西川さんの話も書いておかないとかんな。

憶測ではあるが、ひょっとして座長公演ミュージカル『How to Succeed』を経て歌い方(発声と歌い回し)を変えたのではないかと思うフシがいくつかあって、個人的には聴きやすかった(好みだった、とも言う)。

  • 上ずり気味だったように思えていた音程が、ジャストになった(上ずることに文句はないについては、かつて詳説した)。
  • ロングトーンでのヴィブラートの使い方が変わったように思う。西川さんのはたぶん軟口蓋による細かいものだが、たとえば「ストレートに入ったロングトーンの後半にヴィブラートをかけて盛り上げる」というあたりがなくなって、ヴィブラートをかけるなら最初からかける、かけないなら最後までノンヴィブラートというふうになっていたように思うの。
音程の上向について「あまりよくない環境での演奏における武器」と書いたことがある(先述の詳説のことね)。同じ理屈はヴィブラートにも当てはめられるわけで、要するに科学のチカラでいくらでも拡声できる楽器群(寺内タケシが佐渡島に巨大アンプを設置してギターを弾いたら、朝鮮半島にまで演奏が届いたという。実話です)を相手に「生声」というソースで対抗していくならば(今日も西川由来のハウリング音が鳴り響きまくっていたのは事実である)、この手法は声楽的に有効であろう。

ヘッドセットの例 他方、インカム(ヘッドセットのことです)付きのミュージカル公演に於いてはこの伎倆は必要とされない。自然な発声でふつうに歌っていれば最高の音響が得られる環境が整えられているからこそのミュージカルなのであって(だからこそ谷原章介の音痴が目立つ*わけで(笑))、むしろ音程の上向なりヴィブラートなりは歌手同士の所謂「ハモり」を阻害することになる(盛り上げるときにヴィブラートが使えない理由もこれで判りますよね)。

同じ西川貴教主演のミュージカル『Little Shop of Horrors』のときにはこんな変化はなかったが、あれはロック・ミュージカルだったわけだから作りも音響も違ったわけだし。あるいは『H2$』での大塚ちひろとのデュオでヴィブラートかけまくったり音程が上に行っちゃったりしたらどうなんの、って怒られたりなんかしたりもしたのだろうか(嘘です冗談です)。


    *谷原章介の音痴が目立つ
    やはり西川貴教主演の『Little Shop of Horrors』公演を僕は2回見ていて、ダブルキャストの歯科医役のかたっぽの谷原章介さんを2回観た(ダブルキャストのもうひとりのかたは観られなかった)。
    1回目の鑑賞後に僕は「谷原さんのモニターは壊れていたに違いない」と断じた。自分の声が聞こえていないか、楽隊の音が聞こえていないかのどちらかだと思ったわけだ。
    2回目の鑑賞後には、まさかモニターが2回連続で壊れるわけもなし、と思ったわけさ。

ピンバッジ on my トレーナー。 不思議だったことがひとつあって、写真は僕の今日の観覧御礼お土産のピンバッジなのだが、日替わりの"デザイン"が発表されていて、西ヲタの皆さんの情報とも総合してみても、僕が貰ったのは「明日のバッジ」なんだな。

そう、明日に配られる筈の。未来の。そういう意味では証拠写真だなこれ。


今日の飯:

朝は、日清の冷凍パスタ「ミートソース」をチンして。 お買い物はとりあえず『T.M.R.Y.C.D.P.0.L.R.R』(判んねえな、イヤカンだよ)の待ち合わせで新宿駅に向かう前に、15:00くらいに東中野ライフに寄って魚類など買って、無料冷蔵ロッカーに放り込んでおく。いや、いつもいつも23時過ぎとかにお買い物に行くものだから、鮮魚のいいもの(当社基準)は毎度売り切れているんですね。今日は黒ソイの20cm超のものが2尾で398円、それだけを無料冷蔵庫(身代金百円)に放り込んで去る。

ちょっと時間があったものだから、東中野のココイチでハーフのポークカレー。350円でコーラ付き、間食ならばちょうどいい感じ。

終演後、西ヲタの皆さんと新宿ルミネの「つばめグリル」で会食。いろいろ美味いのだが、なんかウェイターが安いね、やっぱり(2002年に高島屋店舗のほうで小娘店員が俺を激怒させて店長が謝罪しにきたことがある。小娘店員本人が謝罪しないあたりがつばめグリルの限界であろうと判断して、以降は「食事を楽しむところ」ではなくて「餌場」として利用させてもらっている三流レストランだあんなものは実は)。いや、食事はほんとうに美味しい、サービスが最低なだけと思えば匠の寿司屋みたいなもんか。大嫌ぇだよつばめグリル、飯だきゃ美味いがそれもいつまで保つものか。


と書いていて気がついたのだが、つばめグリルってのはサービスが最低であるところを味でカバーしているお店だったのね。ある意味最強だな、これ。参りました。
帰宅して、ストックしてあったハタハタの干物を焼いて。
回収してきた黒ソイはどうすっかなあ、これから考えることにして。
いやまだ眠くもないもので。

明日は、

  1. お洗濯をして、
  2. お掃除をして、
  3. 貧乏なので悪巧みをして、
くらいでヒマ。えーと、「ヒマ」というのは「具体目標がない」ということです。
どっか美術館かお散歩にでも行ってくるか。

そういえばちかぢかカノジョが部屋に遊びにくるもんで必死こいて(仕事まで休んで)自室を片づけたり掃除したりしている知人もいるのだが、これは週末を利用して手伝ってやったりしてもいいのだが。余計なお世話というものだろうか。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
珍しく
西川の話を書いてくれてありがとう。トラバさせていただいたのでよろしく~。
2007/12/17(月) 00:24:17 | URL | ふぁいん #WO.8kER.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
T.M.R.YEAR COUNT DOWN PARTY\'07 LIVE REVOLUTION REMIX XI 東京一発目! トウキョウ的にもオールオッケー! てこって、熱かった~~~! やっぱ、T.M.Revolutionで帰ってくるのを待ってたもんねえ! 今回はPブロックだったので、どうせ遠いしスペースにも余裕がある
2007/12/16(日) 07:32:18) | ふぁいんな日記。
footcopy