FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年11月15日(木曜日)、品川区の大島裕子さん帰らはった。
今日のセンセー!:

 前回は門前払いを喰らったわははははもので、今日も門前払いだったら二度と顔を出すこともあるまいとか思いながら平凡舎ウクレレ部へ(いや別に腹を立てているとかそういうわけではありません)。というわけでお稽古としては中ひと月を置いているもので、特に計画は立ててもいない。そりゃ60日も経てば、以前に演ったもんなんて上達しているか忘れているかのどっちかでしょう。

小石川の音羽屋から都営地下鉄線経由で初台の平凡舎ビルに到着してみたら(なんか毎日同じようなところを徘徊しているような気がする(笑))、オペラシティは今日がクリスマス・イルミネーションの点灯式だとかで、テキ屋が出ていてワインが配られていて、ステージではサックスばかりのクラシカル方面のカルテットが演奏している。上手なのはもちろんだが、楽しそうに演奏しているし、ふだん聴いているジャズやポップスやロックの管楽器とは「リズムやアクセントの持っていきかた」がぜんぜん違うのがまた楽しい。
ただ、アレだよなあ、クリスマスの飾りつけを見ると「ああ、これから年末進行なんだなあ」と思ってしまって、毎年のことだが心愉しまないこと夥しいのだが。

今日はうまく捕獲してもらって入れた平凡舎では品川区在住の大島裕子さんが「ウチも子どもの頃から"サンタクロースなんかいない"と教えられて育ったもので」クリスマスとはいっさい縁がないと仰るわりにはご実家はバリバリのクリスチャンなのだそうで。じゃあファンダメンタルな信教なのかなと思ったらカソリックなのだそうで、なんかよく判らんぞ。それで大島裕子さんはお誕生日が2月なので、クリスマスとお正月とお誕生日をごっちゃにしてプレゼントだのを貰っていたそうなのだが、それって纏めすぎとちゃうん?
ちなみに僕ん家も、なにしろ父の誕生日が12月25日だものだから高度成長期の昭和中小家庭としては珍しくクリスマスには縁がなくて、その時期にバースデイケーキを用意するのがいかにたいへんだったかということだけが記憶にある。成人してからはクリスマスとはまず無縁で(年末進行で忙しいんだよ)、なんか打ち合わせをしていたり仕事をしていたりアルカフェでライブをやっていたり、浮いた話がいっさい無いなあ。


というわけでお稽古のほうはクリスマス・ソングということで、白板にリストアップしてみたのだが僕があんまり曲を知らないことが判明。

  • 赤鼻のトナカイ
  • White Xmas
  • きよしこのよる
  • I wish your Merry Xmas(『We wish your Merry Xmas』だっけ?)
  • クリスマス・イブ
  • 上を向いて歩こう
  • Burnin' Xmas
出てきたのがこれくらいだなあ。ジョン・レノン『Happy Xmas』のことは思い出しそこねていた。ELPにもかっけーのがあったと思ったのだが(歌唱がグレッグ・レイクだったと思う)、記憶の彼方。まあしょうがねえなってんで、ストックにあった『赤鼻のトナカイ』と『White Xmas』と『I wish your Merry Xmas』のコード譜を出してきてコピーしてもらって、譜読みしてもらっている最中に『赤鼻のトナカイ』のメロディ・タブ譜をちょちょいと書いてみて。タブ譜は念のために「あまり解放弦を使わない仕様」にしておきました。お稽古だし。

さすがにこの時期になるとお仕事も忙しいらしくて、今日は新人さんを含めて部員4名でのお稽古。さらに1時間を経たくらいで品川区在住の大島裕子さんが帰らはって、まあのんびりしていていいんじゃないかな。暫く弾いていただいてからときどき指遣いとかストロークの方法とかについて弱点を攻撃して、というのを数クールほど繰り返して、最後にばさりと合奏してみて本日終了。

お互いさまで業務繁忙期ということで来る12月のお稽古はお休みということにして、「よいお年をお迎えください」という台詞を今年初めて使う。次回は来年の正月か、暫く忘れていても問題なさそうだな。


遡って朝の11:00、ハイテク覚醒装置にて起床。いやなに枕元に目覚ましがうじゃうじゃ置いてあるだけですが。シャワーを遣って、なんか齧りながらセイロン茶舐めながらメールチェックなどしているうちに昼。今日は平凡舎ウクレレ部の指導があるので、早めの13時目標で音羽屋に向かう途中でファミリーマートでおむすびとお茶など買おうと思ってレジに並んでいたら、それなりに長蛇の列なのに2つあるレジの片っぽしか稼働していなくて、そのレジで店員が二人がかりでお客さんに「いまフライドチキンの在庫がない理由」を説明している。お客さんがゴテているわけではなくて、店員側(たぶん店長とアルバイト)が無能なだけなんだよな。付き合ってらんないのでそのへんの棚におむすびとお茶を放置して去る私。いい態度ではないが、責められる筋合いもあるまい、お客さまを待たせないために(あるいは「待っている」と思わせないために)最善の努力をするのが商売の道というものだと思う。チキンの在庫説明くらいならひとりでできなさいよ、んとにも。

今日の音羽屋ミッションは「著者に掲載誌を送付する」というのを大量、というものでして。棚をみたら、発送者を印字してある宅急便伝票の在庫が払底していて、ちょっとした危機感を覚える。そんなわけで、郵便物の投函を言い訳にして外出して、行きがけに宅急便事務所を急襲して伝票について脅迫行為をちょっとして、ついでにファミリーマートを再訪して昼飯的なものを購入して、音羽屋に戻って自主おむすび休憩。スゴいバイトもあったもんだ(笑)が、これで経営が傾くこともあるまい(ちょっとでも経営が傾くような傾向があれば、真っ先に僕が馘首される筈だからすぐに判る、から安心)。なにが安心なんだか。


昨日のThe Zirconsの落ち穂拾い:

  • でぶいじめのネタをいろいろ用意していたのだが、サンチャゴ田村の言うことにゃ「お客さんから苦情もあるし」でデブとハゲのネタは封印したい、みたいな事前連絡があったのね。ステージが始まってみりゃ、いきなり自分でデブネタを始めるサンチャゴ田村。お客さまの意見なんてものは糧にしておけばいいものを、つまり「いちいち採り上げる」べきではないのが判ってないね。文句のある奴は来なければいいのだ(来ないのでお客さまではないので「奴」で充分なのだそんな奴は)。そしてデブイジメとハゲネタは楽しいんだから構わないんだよ。

  • 出せなかったデブいぢめネタを書いておくと、‥‥やっぱりやめた。次回ライブに活かしましょう。蕎麦屋で横ヤンだけメガ牛丼喰ってるとかそんなことですけどね。

  • ちなみに、リハーサル終了後の蕎麦屋での各自の注文は天麩羅蕎麦、にしん蕎麦、けんちんうどん、ハムエッグ(笑)、そして横ヤンが「牛焼肉丼」でこれが脂身塗れ。異常成長の理由が判りますね。

  • その横ヤンには、ダイソーのダイエット本を差し入れました。リストにある平均体重を見ると、177cmの横ヤンなら69.2kg。そして今日の横ヤンの体重は138.4kgでちょうど倍。デブが「ちょうどいい」とか言っていたけどふざけんな。

  • デブとハゲが封印されたとなると、次は「チビ」だな(アグリージャパニーズ!)。ジルコンズでいちばん小さいとなると僕だが、負けないぞ。小さな身体で大きな態度ってのがウリでもあるし。

  • 史上初のファンレターを頂戴しました。
    >>本当に最高でした!
    >>ジルコンズさんのステージは初めてだったのですが。
    >>最高のコーラス、メンバー皆様の多才な才能には圧倒されました!
    >>素敵な夜をありがとうございます。
    過分なお言葉、ありがとうございます。お礼状は書いておきましたが、コンデンサ・マイクのおかげでたまたまハモっていたという噂もあり(それを否定する度胸は僕にさえありません)、ぜひリピートしていただきたい旨も併記しておきました。

  • いやしかし、ジルコンズ史上最強でハモっていたんですよね。


明日は、

漬物学者宅のPCメンテ。

ライブ予定に記述のないことを一応書いておくと、

  • 11月16日(金曜日)、池袋バレルハウスの山本くんライブに行ったり行かなかったり。
  • 11月17日(土曜日)、が~まるちょば観戦予定。
  • 11月19日(月曜日)、H2$観戦予定。
  • 11月23日(金曜日)、キワヤウクレレコンテスト観戦予定。
  • 12月02日(日曜日)、H2$観戦予定。
忙しいんだかなんなんだか。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy