FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


昨日のThe Zirconsライブの落ち穂拾い。
The Zircons中。 クイズです。

←なかまはずれがひとりいます、だれでしょう。


個人芸中。

←これは記念写真。


あと小ネタで。
  • 横ヤンのブログに記事が。なんか俺がいじめっ子みたいになってる(笑)。
  • マサヨのブログにも記事が。
    儂ら「おバカ」はよく言われるけど、
    僕の「繊細」は初めて言われた
    んじゃないかな。ご来場感謝。

    >>ステキでした。‥‥俺に惚れると怪我するぜ(←阿呆)。
    女の子を幸せにしないシステム、それが僕です。


  • コンデンサマイク1本でのカルテット歌唱は、前回の反省と学習もあってかなりうまくいったのではないのかな。そもそもの形態が「街角でダベりつつときどきアカペラ」みたいなもんであることもあり、「集まって歌う」ことに馴染みやすいのかもしれない。つうかダイナミック・マイクって結局のところ拡声器なんだな、というのがよく判る(ソロ歌唱ならば、ギターのアンプと同じで「ダイナミック・マイクの特性を活かす」という考え方もあるのだろうけれど)。

  • よく考えると、Back In Townのスタッフさんにはご迷惑をですね。いつも3バンドくらいの編成で出ているのはまあしょうがない(昨日は2バンド)のだけれど、そこに個人芸で「ピアノ弾き語り」とか「ウクレレの弾き語りで生マイク」とか「ついでにギターも」とか「エレキギターとウッドベース」とか「歌とハモニカ」とかって、要するに3バンド編成の筈なのにセッティングだけは7バンド分くらいになっちゃうんですね。いつもありがとうございます。

  • サンチャゴの右手フォア先に水膨れができていて、なにかと思ったら「ピアノを弾いていたらこうなった」って、ひょっとして鍵盤じゃなくて弦を直接弾いていたりなんかするんじゃないのかあの馬鹿。
    ちなみに僕の右手フォア先にも水膨れができていますが、これはウッドベースを弾いたせいです。ちょっと痛い。

  • そういえば、最悪男のサンチャゴは「おい、ヘンタイ」と呼ぶとちゃんと返事をする。いいのかそんなんで。
    最高女の亜紀も、なにやら発条機を待っているような気配もあり(怖い)。
    もちろん最大男の横ヤンは一昨年に一念発起して昨年末には20kgも減らした体重が10kgもリバウンドして、昨年3月の水準にまで復帰しているうどん野郎というか溶解人間デブというかPlease Mr. Reboundというか。
    まともなのは俺ひとりか(アル中だが)。

  • 恒例のお客さま拉致タイムなのだが、YouTubeを見返していて「拉致中に椅子を出す」のが正式であるらしいことに今日気がつきました。まだまだ甘いぞThe Zircons

    Aria クロマチックチューナ ET-3000

  • 先日購入した(というか三木谷さんに貰った)科学的なチューナは大活躍で、ウクレレやウッドベースのチューニングはもとより、ついでにマイク入力があるものだからアカペラ開始前に「自分をチューニングする」というのもやってみました。
    ジルコンズの音取りは僕が勘(爆)でやっているんだけど、後天的な絶対音感でやっているもので季節変動するんですね。それで基音のGを「んー」とか言ってみて、チューナで自分を調整してからステージに臨むというこれは科学的なんだかかんだかよく判らない仕様になっているのでした。まあアカペラだし。


向後、
  • 横ヤンの体重の変遷について、
  • 『上を向いて歩こう』がクリスマスソングである理由、
は項を改めます。そのうちね。
関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
女の子じゃなければOKですか?
うちの犬がお世話になってる獣医さんが、三毛の子猫の飼い主を探してるんだって。

2007/08/09(木) 14:38:00 | URL | ちゃむりえ #-[ 編集]
人類の女の子がいいなあ。
犬は、神戸の震災で迷子になったらしきのを引き取っていたことがあります。死んじゃったけどな。

猫は、生ゴミの日に生ゴミ置き場に捨てられていた子猫(なんてことをするんだ!)を5匹ほど拾ってきて、「幸運の猫」とかUSO800のビラを近所の電柱に貼りまくって引き取り手をめっけたことはあります。

そういやけっこう家にいるから引き取れねえこともないのだけれども、ひとり死んじゃうとやはり躊躇するもんですね。いい奴だったのだが、二郎さん。
2007/08/10(金) 02:24:13 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy