FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年7月26日(木曜日)、中身が出るほど抱きしめて。
(1)

DVD『眠れぬ夜のために』 05:00に寝たと思ったら、昨日と同じくまた06:00に起きちまった。なにごと? やってらんないので、ちょっとまた酒でも飲んで寝る。ふんっ。

おそらくは精神病理や身体的な不都合によるものではなくて、「仕事がいっぱいあるから起きちゃえ」くらいのことなのだろうな、とは考えている。なんせバカだから。
だからよ、通常通りに寝て起きて御飯を食べて、そのあいまに仕事をしてないと、いかい作戦がタイトであろうとも長期戦では保たないのだよ。アタマじゃ判っているのに身体が判っていないということは、旧皮質以下もバカだということが露呈した次第でなさけない。

経営コンサルタントをしていたころ(!)に、「生産性を上げるためにラインのコンベヤの速度を上げる」という工場長に「適正速度での生産性を上げることこそが管理じゃありませんか」とか説教たれたことがあるが、同じことを僕が僕にしているわけで。じゃあ操業停止にしてやるわい、というわけでまた眠りに就くのでした。


(2)

DVD『眠れぬ夜のために』 順当に昼起床、さあ、新しい一日の始まりだ。
と思ったら都合により音羽屋業務が翌日繰り延べ。
昨日はちょっとした都合によりテープ起こしが停滞していたものだから文句はなし。
でももうちょっと寝とくか。

人間の屑。


(3)

DVD『眠れぬ夜のために』 もうちょっと寝てから、お仕事。なぜか食欲がないものだからグリコのクリームコロンなど齧りながら、まあ粛々と。こんなものはPCの前でじいっとしていればやがて終わる。
テープ起こしの最中に登場する「知らない単語」なんかはネットで検索したりしてなんとかするのだが、いきなり英語らしき発音で「まくたあすてぃるすへいず」とか言われたのにはうろたえた(笑)。こんなものはゲタにしておけばいいのだが、それはそれでクヤシいのと、どこかで聴いたことがあるような気がしたもので、ちょっと苦労して調べてみました。あ、映画『ギャラクシー★クエスト』に出てくるドクター・ラザルスの台詞、"Mak'tar stealth haze"だ! 判る自分がなんだかまあその。

25:00くらいまでに今日の自分ノルマの半分がとこを仕上げて、と。
あとはてきとうに寝ちまえば、どうせまた早起きすんだろうからあとは明日でいいや、1.5倍こなせばいいんだろ、くらいの気持ちでですね、のんびりとする。音羽屋の前後でけっこう時間が使えそうでもあり、なんとかなるでしょう。


今日の雑事:

DVD『眠れぬ夜のために』 ちょっと貯めていたメールの返事とか、やることがないわけでもないものだから本日終業としたわけで。

いちばんデカいのは、8月7日(火曜日)のBack In TownでのThe Zirconsライブへの、対バン(ライブのアイカタを勤めてくれる出演バンド)さんの招聘。頼めば出てくれそうな知り合いのバンドはうざうざあるのだが、マッチメイキングとかバランスとかあるじゃん。いちおう任されている範囲内で、Soul & R&Bのデュオに声をかけさせていただく。間際だからなあ、どうなるかなあ。

あとは、明日からのお仕事の合間の食事用に茹で卵を大量に作って、挽肉も炒めて粗熱を取ってから小分けにして冷凍する。煎り胡麻と冷凍の菠薐草を買っておいたものだから、これでいつでもサッポロ一番塩ラーメンが作れるってわけさ。明日は生卵の追加とかいわれ大根と、日清チキンラーメンでも買ってくるとしましょう。いいんだよ、忙しいときこそ「2時間で腹がへる」程度のものを食べておくのがよろしい。



明日は、

DVD『眠れぬ夜のために』
目覚めたらお仕事。早起きする、筈だ。
12:00からお風呂、そのあとお食事、食後に体操などしてから小石川で音羽屋勤務。たぶん20:00くらいに帰宅して、お仕事は24:00には切り上げて少々飲んだくれて、と。

計画だきゃ完璧だな。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
もしかして、このログタイトルって、
リアルプレイヤーに出たタイトルでしょうか(苦笑)
2007/07/28(土) 19:17:48 | URL | Y2 #-[ 編集]
ちゃうて(笑)。
基本的に、家でもどこでも主体的に音楽を聴くことはないんですよ。せいぜい自分の録音を聴くくらいですね。

それで、オリジナル『中身が出るほど抱きしめて』って聴きたい?
2007/07/29(日) 01:06:15 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
聴きたい(汗)
2007/07/31(火) 02:13:43 | URL | Y2 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy