FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年7月20日(金曜日)、ぼんくら。
ZIRCONS/ジルコンズ ラヂオキオスクをゲストに迎えて7月25日(水曜日)に予定されているThe Zirconsライブ at ソケース・ロックというのがあって、その後は8月7日(火曜日)Back In Townでのライブも予定されているのだが(なんか忙しいな)、その8月のほうにものすごいゲストが来てくれる、かもしれない。この件、続報します。

えーと、

  • 7月21日(土曜日)、Golden Eggで徹夜セッション、
  • 7月22日(日曜日)、杉並公会堂で合唱団「ひぐらし」(僕は受付)、
  • 8月1日(水曜日)、アルカフェで僕単独、
  • 8月4日(土曜日)、杉並公会堂で男声合唱「甍」演奏会(僕は受付)、
  • 8月5日(日曜日)、東新宿「アコースティック・アート」でおじさんバンド(ファンク・ジャズ、かな。僕はピアノ)、
といったあたりもよろしゅうに。あと7月30日と8月3日にはZepp Tokyoにいます。なんか忙しいな。
今日のジルコンズ:

書いたか書いてないのかよく忘れたものだから書いておくと、一昨日の山手線では車輛の隅のシルバーシートに座って、とりあえず携帯電話の電源を切った(そういうルールには従順に従う私)。いっこ隣に座っていた姐ちゃんはずうっと携帯電話のメールかなにかの操作をしていたのだが(人倫そんなもんだ、今さら非難もしない)、この姐ちゃんが貞子ヘアーに破れジーンズに革ぽっくりで、なんとなく小山亜紀に似ていないこともない。似ていないこともないのだが髪形が貞子なうえに俯いているものだから顔が見えねえ。顔が見えねえから人物が特定できない。特定できないから放置しておいた。

翌日のリハーサルで本人に聞いてみたら、「あたしゃそんなにケータイに熱中はしない」とのことだったので、別人の空似であったようだ。QUISENと小林十なみに似ていたけどなあ。


今日の調べ物:

昨晩のジルコンズというかラヂコンズのリハーサルでは、津原泰水と田村サンティアーゴがものすごく古い音楽の話をしていて、僕が判ったのはロイ・スメックのくだりだけでしたよ(笑)。いや、田村サンティアーゴが古い音楽に詳しいわけではなくて、あの野郎は「レッド・ツェッペリンとクイーンってどっちが古いんだ」と訊いてくるほどにロック音痴ではある。単に「好きこそものの」って奴だな。

1984『ゴジラ』 1984年版『ゴジラ』は、銀座に現れてマリオンの右半分を尻尾でぶっ壊した。右半分は朝日新聞が所有していたもので、朝日新聞社が東宝に抗議したという話がある。あまり知られていないと思うのだけれども、今は知らないが当時は東宝の不動産部は優秀で、有楽町マリオンの右半分は朝日新聞社の賃借、左半分は東宝の「所有」であった。それなのになんで東宝は自社物件じゃない右半分のほうをぶち壊すのよ、と朝日新聞社は思ったんだろうな。
DVD『アリ・ザ・グレーテスト』 ハリウッド・ブルバードの路上には、有名人の手形がシグネチャを沿えてレリーフしてある。モハメド・アリの手形だけはなんでかチャイニーズ・シアターの「壁」に埋め込まれているのだが、これはおそらくはムスリムのホーリー・ネームを(もともとカシアス・クレイだったのが改宗してモハメドさんになったんだよね)土足で踏ませるわけにはいかない、からなんだと思うんだけどどうなんだろう。

はい、「好きこそ」の見本でした。いいんだよ、男の子はどうでもいい話にこそのめりこむものなんですよ。

まあそんな話にインスパイアされて(英語使えば偉いと思ってやがる)、十年前に誰かが力説していた「スライ&ロビーがやってたのがスライ&ザ・ファミリーストーン」っていう話を、当時も「嘘つけ」と思って聞いていたのが本当にデマであることをネットで確認してみました。ふむふむ、なるほど。
ついでに、自閉症の専門誌の編集バイトをしているくせによく知らなかった「スペクトラム」という言葉も辞書で調べてみました(今まで知らずに済ませていたことのほうが大問題だよな、向上心ねえのかよ俺)。ふむふむ、なるほど。


今日の英語というか:

ネット某所で見つけたエディ・マーフィ評、

>>自らがメガホンを取った「ハーレムナイト」で大ブレーキ、
って、これがネガティブな意味合いで使われてるんだよね。意味が判らんこともないのだが、Break Outと同じブレイクだと思うのだけれども、どうなんだろう。誰か教えてくれ、中学英語の閾を超えちまった。
今日のアルカフェ

夜、ふと気づくとなんでか荻窪のライブハウス「アルカフェ」さんで飲んでいる私。数人でのんびりと話し込んでいたところに、なんでかどっさりと飯塚兄弟がやってきて、泥酔したままステージでベースなど弾いている私。

そんなことしている場合でもないのだが、まあいいか。



明日は、

お仕事。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy