FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年7月17日(火曜日)、ジャムセッション。
今日の貧乏:

劈頭早々いきなり不景気な話で申し訳ない。

てきとうに起床、原因不明の二日酔いを騙し騙ししながらお風呂。そのあとは音羽屋勤務で、今日のミッションは算数の宿題をいくつかと、ワード文書のデータをアクセスに転記するのと、封筒に会議用の書類をいくつか仕分けて放り込んで投函するのと、あとは郵便局まで切手を買いにいって、その切手をのんびりと幾筋かに切り分ける。これ、学生バイトのやる仕事だと思うんですけど。いや学生バイトさんを小馬鹿にしたりする心算はまったくないが、俺もさすがにいい齢だものでお給金もそれなりに頂戴しているわけで(素直に学生さんの倍くらいか)、こんなことでいいのだろうか。まあいいか。

というわけで今日は音羽屋で法外なお給金を頂戴したのだが、終業後にいろいろと支払などしてみたら9,000円残りました。ついでに水族館ESSのジャム・セッションで2,000円使いました。わはははは、来月10日までの残金が7,000円だから、1日だいたい300円ってとこか。いや、頑張れば暮らせないこともないなあ。禁酒禁煙タカリ飯で、移動は自転車使用で健康にもいいな。さあ頑張るぞぉ。


今日のジャム・セッション:

Golden Egg ちなみに今日はGolden Eggのほうはお休みさせていただきました。キンタマの宣伝もちゃんとしといたから堪忍ね>>アオちゃん、パンチさん。

新大久保の「水族館」というライブハウスで毎月第3火曜日の夜に開催されているイースタン・ソウル・セッション(略してESS)は、故事来歴についてはまったく知らんのだが若い人たちがホストを務めて楽器だの譜面だのを持ち込んで実施しているセッションで、それなりに面白いのでなるべく毎月参加するようにしている。平均年齢も若くて、俺なんかもうオヤジだもんな(ワッキーやロッキーなんかの先達は、もう老人の域に達していることであろう)。

今日は自分の演奏はスガちゃんのエレピを借りて、まあそれなりに適当に共演者をいじりつつ、っていつも通り。ハーモニカで『I Feel Good』をしかもリズムがシャッフルでとか、ヘンなのもあったけど面白かったな。ピアノは概ね女声の歌伴で、キセンだのピロリだのに「やーい、真面目に弾いてる」とか揶揄される。女の子のバックでしか真面目にベースを弾いていないピロリとか、もともと真面目だ不真面目だなどというくだらない境界など存在しないキセンにそんなこと言われてもなあ。

あとは、「ブルース進行が判らん」というベースの女の子の演奏に付き合ってコードのブロックサインを出したり(あとで考えたら、俺が弾いちゃったほうが話は早かったのだがそういうことでもないし)、「転調した『Lovin' You』の構成がよく判らん」というピアノの女の子の後ろに座ってときおり指示を出しながらピロリと無駄話をしたり、そんな感じ。なんか御礼とかも言われたのだが、こういうのは相身互いというかお互いさまというか、僕とて判らんときは人さまに教わるわけで、構わんき。みんな対等じゃき。そういえば、「男のなかの男」スギちゃんが2曲も聴けて、ついでに1曲はアイカタもできたのが嬉しかったな。

というわけで、ソラマメには「ういろう」(だっけ。僕は和菓子には疎い)を、ロッキーには「ヤキソバ」をご馳走になりました。ありがとうございました。

ツンツンにサングラス。 というわけで真面目に演奏したもので脳が疲れたから、Golden Eggのセッションのほうはお休み。東中野ライフで食糧など買い込んで帰宅、また所持金が減った。どないすべ。

ちなみに、今日の衣裳は「悪者サングラス」に頭髪ツンツンで、T.M.RevolutionのバナナTシャツ着用でした。なにか問題でも?


今日のニュース:

地震の影響で、「柏崎刈羽原子力発電所から放射能を含む水が漏れた」と報道は言う。あのね、そういうのは「放射能漏れ」って言うのね。おそらくは何らかの報道規制があったのであろう、と言われてもしょうがないよな、これ。バカめが(とりあえず朝日と読売と日経とあといくつか)。
かつて全難聴(社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会、こんなんでも障害者団体の代表組織)の役員が「発言内容が正しいか間違っているかといったこと以前に、まず発言者は言葉づかいに慎重であるべきと思います」と言ったことがあって、分析の順番が逆だよバカめ(笑)。まず正しいことを言うべきでしょうし、どんなに慎重な言葉遣いであってもウソついていたらしょうがないでしょうに。

さらに、その放射能漏れがバレたのは震災(というか事故)の翌日だった。また誤魔化す気だったんだろう、と言われてもしょうがないよな、これ。

MPは故障中。 ついでに、刈羽原発にある空気中の放射線を測定する機械のデータがネット中継されているのだが、こいつが震災直後から「点検中」で19日には回復するという。3日も4日もありゃ、浮遊している放射性物質は雨で地面に落ちて、地上1.5メートルにある検知器にはそりゃあなにも感知されないさ。これもわざとやってるんだろうな。

学生時分のアルバイトで、刈羽原発まで出張してきたことがある。港湾部にあるなんかの排出口を潜水士さんがチェックしてくるのを、地上でサポートする係だったな。どこだか県境の山を越えたら、あとは原発までの舗装路がずうっとまっすぐだったのにまず驚いた。ほんとに直線。それで原発のすぐ近所に田中角栄の家があったのにも驚いた。広瀬隆の謂(そんなに安全なら東京に原発作ればいいだろ!)を個人レベルでは実行していたんだな、田中角栄はある意味で偉いな、なんて思ったことでした。

けっこうおいしかったそのアルバイトは1回で終わっちゃったんだけど、なんでかというとその原子力発電所のチェック係の潜水士さんが滅茶苦茶怒りっぽい人で、初対面のときに移動のクルマに僕が乗り込んだとたんに床を指さして「なんでそんなところに輪ゴムが落ちてるんだ!」って怒鳴るわけ。本当に怒っているわけ。そんなん、その人ともそのクルマとも初対面の僕が知るわけはないので、輪ゴムは拾ってポッケに入れました。
僕はわりとそういうのは平気な質なんだけど、僕がさしてなんにもしていないのに怒鳴られまくっているのを眺めていたどこかの偉い人が「あいつ(僕ですね)が気の毒でしょうがない」ってんで、僕は余所の職場を紹介してもらって異動したわけ。
無責任で不謹慎であるかもしれないことを承知で書いておくと、けっこう原発現場は長かったらしきあの潜水士のおっちゃん、前頭葉になにやら障害でも起こしていたから怒りっぽかったのではないか、なんて想像することもある。

そのアルバイトのときには、刈羽原発の出入りでも特にチェックはなく、ものすごく簡単な放射線対策の講習はあった(大学生が知っているような内容だった)けど、けっこう講習中に寝てる奴はいた。作業後の放射線チェックみたいなものもなかったけど、それはそういうものなのかなあ。屋外作業だったし。すいません、思い出話でした。


今日のテレビ:

観られなかったのだが、テレビ朝日で『素浪人・月影兵庫』が始まった。ずうっと昔の近衛十四郎+品川隆二版はさすがによくは覚えてはいないのだが(花村大吉のほうはところどころ覚えている)、なんかたいそう面白かったような気はする。普段はバカばっかりやっているくせに殺陣になると物凄いって、なんか理想的なミュージシャン像に似ていませんか?

テレビ東京にかかっていたアニメ『キスダム』というのののエンディングテーマをなんとなく聴いていたら、イントロのファルセットが半端なくすごかった。誰なんだろう。

同じくこちらは日本テレビ『クレイモア』というのを久し振りに観る。半人半獣とか「憑依されかけの人間」とかストレートな怪獣とかが荒野で闘っているという好きな世界なのだが、さすがに火曜深夜とかの番組をレギュラーで観られるわけもなく、PCのビデオ録画機能は壊れていて、VHSデッキのアンテナ線が外れているのを直していない。明日あたりなんとかしようか。



明日は、

とりあえず朝から楽しいテープ起こしのお仕事。
あとは、ちょっと床に置いてある廃棄物の類を真面目に廃棄してですね、ピアノに堂々と乗っかっている書類とか衣類とかにもおいとまいただいてですね、食器を洗ってお洗濯。いやほんとにちょっと凄いことになっているのです。
あとはそうさのう、大富豪邸か漬物学者邸に行ってみて、ちょっと小間仕事で小遣い稼ぎでもできないかな。って江戸時代の屑屋さんか私は。

ついでに備忘録で書いておくのだが、江戸時代の「1両」という貨幣単位は(江戸時代のいつなのかは知らんが)、物価換算すると6万円なのだが食糧換算すると15万円なのだそうな。素直に考えれば「現代よりも食費が2.5倍かかる」わけで、それ即ち「貧乏人は食うに事欠く」時代でもあるということ、なのだろうなあ。今だってエンゲル係数が70%にはなろうかという僕なのだから、江戸に生まれていたらまず食えていなかろうことは想像に難くない。よかった、昭和生まれで。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
マジ昭和生まれでラッキー( ´∀`)r
我々なんか時代が違ったらよ、とっくに餓死してた鴨試練ねぇ…(;^Д^A

原発の情報隠蔽ってのは、ある意味当然ってか、そもそも人間がコントロールできないものを無理矢理使っているんだから、トラブルをまともに発表するのも無理ってもんだわな…(´ヘ`;)ハァ

だって、放射線物質の半減期はよ、これまでどんな政府も存続し得なかった期間に亘るんだもの、人の一生どころじゃとても足りないだもんよ…コントロールできっこないっての((;゚Д゚)ガクガクブルブル
2007/07/18(水) 10:34:19 | URL | Punch #-[ 編集]
音楽やってなきゃゴクツブシ、
ですからね、俺。でも江戸期あたりのお酒って薄かったみたいだから、アル中にはなってないか。いや、アル中という概念が無いか、当時は。

原子力発電所については、別に好きというわけではないけど広瀬隆が「千年に一度しか故障しないものが千台あれば、けっきょく毎年故障する」とか言っていたのは正論だと思うんですね。基本的には「月に設置する」or「いっそ東京に作る」のが正解だと考えてはいるのでした。しかも運営している連中がどうやらスカタンだしぃ、しょーもない。

海外のSF短編で「白痴に拳銃」というネタがありましたな。あれ書いた奴がいちばん正しい。
2007/07/18(水) 20:22:46 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy