FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2007年7月15日(日曜日)、だめ。
さいきん気づいたのだが、目覚めて居間に入るなりフジテレビ点けてるようじゃ人生ダメだね(笑)。いや別にダメだからどうということもないのだけれど。だいたい僕は生粋のアングロサクソンだものだから湿気と暑さに弱いので、颱風なんか来やがったら一発でアウトなのよ。

ダメの話を少ししておくと、世間的な説教たる「そんなんじゃダメ」という話は僕はたぶんいっさいしたことがない、だろうと思う。PC要約筆記でもなんでも「こうやると齟齬が少ない」、「こうやるとラクだと思うぞ」というのは言ったことがあるが、省力化以外の(たとえば向上心関係の)ことは言ったことがない。なるほど、もともとダメなんだ。よしすっきり。

とりあえずへこたれながらテキスト入力のお仕事を一発こなす。俳人とか歌人とかの名前って面倒くさくてなあ、たまにハジメとかフトシとかいう名前の人がいると却って感動したりなんかして。

それで思い出した。

りびけん「そもさん、丁寧に詠んでも短歌とはこれいかに」
渡辺くん「‥‥説破、すごい元気でも俳人と言うが如し」
お見事でした。こういう遊びに付き合ってくれる人は少ない。

というわけでもういいや、今日は休憩。
なんか作って喰って酒飲んで寝る。


今日の詞の話:

昨日のリハーサルにて。

「だいたい、"Don't Explain"ってどういう意味?」
「説明すんなってことだよ」
「もう判ったからお前黙ってろ」
「いちいちうるせえんだよこの野郎」
「なんかヤな女だなあんた」
歌詞としては「あなたが帰ってきてくれただけで充分よ」みたいな話だと思うのだが、ヒドいバンドもあったものだ。

そのバンドでのリーダーからの指示は「ニューヨークの雰囲気でお願いします」だったのだが、リーダー自身がアロハを着ていたうえにリズム隊のTシャツがタイでアメリカ西海岸でマレーシア(マレーシアが僕)だったりなんかして、出てきた音は西横堀かなんかでしたな(笑)。まあU.S.A.というのは広大な関西なので問題あるまい、


今日のクイーン:

横ヤンに教わったTVCFのQueenネタを追跡調査してみたのだが、

  • キリンMets『We will Rock You』、
  • キリン一番搾り『I was Born to Love You』、
  • キリンNuda『Don't Stop Me Now』、
  • キリンNuda『Don't Stop Me Now』(スカパラかよ!)、
  • キリン氷結『We will Rock You』(倖田來未かよ!)、
キリンの宣伝部にはクイーンマニアがいるらしい、とのこと。
ついでなので、クイーンのコピーバンドでキュイーンとかグイーンとかあったなあと思ってYouTubeで探してみたのだが、なんでかハッチポッチステーションなんかひっかけてしまった。これはこれで楽しいのだが、さすがNHKとてマペットがノード・エレクトロ弾いてやがる。なんか腹立つ。あとBohemian Rhapsodyの劈頭の「G、F」が左手じゃなかったのが減点いち(マペットになに期待してんだ俺)。
今日の地球:

窓外の風景など眺めながらふと思い出したのだが、なんで読んだんだったかな。神様がためしに太陽系を作ってみて、太陽はそこそこうまくいったのだが、第一惑星は焼けちゃって、調整してみた第二惑星は乾いちゃって、水気を増やしてみた第三惑星は腐っちゃったうえに虫が湧いた。湧いた虫が儂らなのだが、案外とそのへんが正解なのかもしれない。

ちかぢか、シュバルツバルトかハワイあたりに移住する予定。大事なのは五分の魂、それさえあればなんとかなる。


今日のQueen (2)

ライブ(おじさんバンドではない)で演る予定のQueen『Don't Stop Me Now』をちょいとウクレレで歌ってみているのだが、

Two hundred degrees
That's why they call me Mister Fahrenheit
ボケたのかなあ、いきなり舌が廻らない。しょうがないから音素分析なんかしてみて、これは10年ぶりくらいの作業だなあ。面白いからいいんだけど。小沢征爾『ヴォツェック』の日本語コーラスとか滅茶苦茶だったからなあ、あれに較べりゃどうってこたあない。

とりあえずhundred degreesでdが重なるところはひとつ省いて、単語は措いといてリズムの肝になる子音を入れていって、それから単語の発音を作っていく。ああ楽しい。

どうせコーラス担当なんだからどうでもいいといえばどーでもいーのだけれども、そうもいくまい。「僕は華氏200度で空を駆け抜ける」っていう歌詞も阿呆だがそれはそれで好き。ジョン・レノン『イマジン』みたいに一所懸命説明しているタイプの歌詞と、ポリス『シンクロニシティ』みたいに周辺言語を散りばめただけのタイプの歌詞と、こういう勢いだけで書いたみたいな歌詞と、世の中には三種類の歌詞がある。余談だがコムロみたいなバカ丸出しの歌詞は無視する。あと「海は広いな大きいな、月が昇るし日が沈む」って、そんな海はねえよ! 措いといて。あ、『Every Breath You Take』と『ラストダンスは私と』は僕のなかではストーカーの歌です。いいの、解釈は自由なの。


今日のスパム:

The United States National Medical Associationというところからバイアグラとかチアリスとか買いませんかというメールが頻繁に来信するのだが、そういう国家組織がアメリカにあるのかなあ。統括してるのはFDAのような気がするのだが。

あ、そうだ。FDAにメールしてきいてみよう(というわけでメールしてみました)(しまった、日本語でメールしても読んでくれたんじゃないのか)。


今日のblog:

ほんとにヒマそうだな、俺。
とりあえず氷結レモンとか飲みながら、湯豆腐とギョーザとイサキ喰ってます。あとは歌詞読みと、楽器はウクレレとベースを少々。左手小指が悲鳴をあげてますが、まあいいでしょう。


今日のDVDドライブ:

今日は仕事をしないものだと決め込むと、けっこうヒマだな。まさか台風日和にお洗濯でもなかろうし、というわけでPCのDVDドライブの調子がよろしくないのにリトライしてみる。

レンタルしてきたものが一切合切映写されないのに、たとえばThe Zirconsの自主製作DVDなんかは映る。じゃあリージョンか? 点検したらふつうにリージョン2だし、念のためにヘッドクリーニングもしてみた。映らない。念のためにドライブをいったん削除してみて、ドライバのアップデートも試してみた。映らない。念のためにフリーウェアのDVDプレイヤも落としてきてインストールしてみた。映らない。念のためにIBMから最新型のファームウェアをダウンロードしてインストールしてみた。映らない。わはははは、一昨年にゃパソコンの出張設定もやっていたちゅうに、なにしとんねん儂(笑)。

どうしたPrius、現状で打つ手なし。ぶー。



明日は、

今日サボったぶんを取り返すだけ。
この調子だとたぶん今夜半からとりかかれる、かな。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy