FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


牛肉ミンチ偽装無駄話。
図書館で新聞各紙を眺めていて目に止まった朝日新聞の天声人語欄、ざっくり「揚げてあってソースがかかっていたら肉の味なんか判るわけがない」といったようなことが書いてありましたな(文責僕)、ちげえねぇ。
ずいぶん以前に数人で寿司屋に入って「おまかせ」で飲んでいて、なにやらタルタル風の生肉ミンチを酢飯に乗せて海苔を巻いた握りがでてきてみんなが「なんだろう、このネタ」と言っていたのだが(魚か獣かすら判らなかった風情だったなあ)、俺ひとり「牛肉やんけ」と思って黙っていたのだが、それはそれであてにならないということなのだろうか。

ところで、これって「原材料:牛肉、豚肉、鴨肉、バターロール(小麦粉を含む)」ってきちんと表示しておけば済んだ話なのではないのか(ムスリムとかジューとかの皆さんについては措く)。いやそれをしなかった理由についても簡単に想像はつくが。

どこかの新聞の記事に、ミートホープ社の社長さんについて「どんな肉でも無駄にせず」とあって妙に感心したりもした。じっさい業界では凄腕とされていた人らしくて、実は「凄腕」とか「第一人者」とかが実は「やらせてみるとヘタクソ」なのには僕らはもう馴れているわけだが、実質一人で陣頭指揮をとって、どんな材料からでも牛肉ミンチの味を作り出せるというのは凄いことだ(「化学調味料も利用していた」というのはそういうことだろう)。

加ト吉は廃棄処分すべき冷凍コロッケの「ロットからのこぼれ分」をミートホープ社に売却。売却というか、まだ食えるものを叩き売っていたのだからエコロジカルな話ではある、のかもしれない。これでミートホープ社が「社員食堂で提供していました」とか言い始めるとむしろいい話と言えるのかもしれない。
一部で「廃棄処分すべきコロッケを」という報道があったもので、僕は「ということは加ト吉の食品は安全なんですね」という結論に傾きかけたのだが、残念ながらそんなこともなく。というか、端切れ在庫は流通に乗せずに社内販売などすればよかったのではないかとふと思うがよく判らない。
そういえば加ト吉で横流しをしていた当の工場長は雲隠れだかトンズラだかしたという噂を仄聞する。2年間で40万円だかということは月間で2万円足らず、使途は「社内の懇親」って要するにノミシロだろ? この人も「どんな肉でも無駄にせず」の人ではなかったのだろうか。

音羽屋(僕の勤務先のいち)の社長が事件発覚当時にスーパーマーケットに行ってみたら、牛肉コロッケが大量に売れ残っていたのだそうな。そんなに嫌いなさんな、食えないものが入っていたわけではない、らしい、のだから。
どちらかというと某国産の「地平線まで見渡す限り畑」みたいなところで作られている農作物とか、ちょっとした操作でお向かい産品を「国産」と標榜できる海産物とかのほうが危ないような気はするのですよ。
個人的なことを言うと、砂糖黍由来の化学調味料を摂取すると覿面によっぱらうものだから、たとえば「味の素」なんかを意図的に避けていたりはする。成分表示には記載がなくても摂取すればまず間違いなく判るので、追跡調査をしてみると原料成分あたりにヤバそうなところを発見することは日常なんだな(そして忌避リストに書き込むわけさ)。要するに、裏庭で見ている前で育てたものを見ている前で加工してくれたものを自分で調理したもの以外はなんにも信用できないってことさ。これはしょうがあるまい。
ミートライフさんの製品にもまだいろんなものが入っていたりしそうではあるが、現状での意見です。


次の音羽屋勤務では、小石川の「せんごく」で久々にハンバーグステーキでも食べてみようか。牛スジをわざとミンチにせずに千切りくらいにとどめて混ぜてあって、妙な野趣と歯ごたえがあって面白いお店です。無意味に頑張った風情のある高田馬場「ザ・ハンバーグ」とか汁気たっぷりの「つばめグリル」(←つばめグリルは接客に齟齬があってまだ勘弁してやっていないのだが)も美味しいのだけれども、トレンドとしてはやっぱり「わざと混ぜ物系」に行くでしょう、それは。
以下、読むな。

牛肉として販売されていたものに、鳥と豚と小麦粉は入っていた。ここまでははっきりしているものと思う。
他に混ぜやすいものとして考えると、冷凍ものの食肉類でレアなもの、そのへんで獲れそうな犬猫鼠の類、近所の川の橋の裏側に大量に棲息している蝙蝠(まさか)、といったあたりか。

食肉として販売するならたしかに歩留りはよろしくないのだが、なんせミンチだぜ。皮を剥いで骨を外して内臓をちょっと洗い流せばどんな原料でも使えるんだ。消費者としての頼みは「提供する側のモラル」だが、そんなものはもう存在しない。

あとの有望な資材は人肉だな。市街地に野生していて自由に収穫できる肉類で、しかも体格の割には骨量が少なくて、野生のものならまず病気もないし、構造がよく判っているので素人にでも捌ける。豚肉が美味しいのは「ヒト」と組成が似ているからなのだそうで(だから人体への組織移植の実験には豚さんが使われる)、たしかに牛肉は焼くけど豚肉は茹でるよね。屋台のラーメンに手首を入れた、じっさいにミンチにして肉屋で売っていたのを映画化した、あの国ではこないだまで市場に「剥いた死体」がフックに吊るされて売られていた、あっちの大陸ではほんとに食ってた大統領がいた(冷蔵庫にストックが大量にあった)、など噂話を始めると枚挙に暇がない。ほんとかうそか知らないけどね。あ、「アフリカの人食い人種」というのは都市伝説めいた田舎伝説なのだそうですが、どこかで市販されていないだろうか、いや豚肉が。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
味は問題なし。
とあるツテで、北海道加ト吉の牛肉コロッケを無料で大量に裏入手。
成分検査の結果、豚肉混入のみ判明しているが、他は問題なしのロット。
ここんとこ毎日コロッケを揚げて食しているが、冗談抜きにマジ旨いですな。
所詮コロッケだよ。芋だよ。メンチカツじゃあるまいし、肉の味なんかわからん。
味に変化が生じるのは、肉種や化調より、油の質や状態のほうが影響大だ。
2007/06/26(火) 18:16:34 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
そうか美味いのか。
加ト吉あたりなら検査も徹底しているだろうし他社製品との並列比較検査くらいもしているだろうし、そうなのかもしらんなあ。なかなかまだ信用できないのだが、これはしょうがないだろう、元国有鉄道を払い下げてもらった会社が電線一本切ったら運行もできずに右往左往する時代でもあり、ましてや一食品加工業者においてをや。

人の足元を見るわけではなくてチャンスとして、加ト吉がちょっと人気を落としてまたサンデリック・フーズの冷凍うどんが中野でも手に入るようにならないかな、なんて期待してはいるのだが。いや間違いなくサンデリック・フーズの冷凍うどんは圧倒的に美味しいので、こういう機会にシェアを伸ばしてくれればなあといち消費者として真剣に思う。

豚肉混入はたんなる「合い挽き」だから表示しておけば問題はなかったのだろうなあ、無料で千葉あたりに流れたについてはまあスーパーで「牛肉コロッケ」が大量に売れ残っているのを目撃した人もいることだし、しょうことあるまい。ラッキーしたな。

少し送ってくれてもいいぞ、君の肥満を心配しているのと、油なら到来物の在庫が一生分あるものだからさ。
2007/06/27(水) 01:24:18 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
まあそのなんだ。
カラクリはよくわからんのだが(というか訳ありだろうから気を回して詳細は訊いていない)、北海道加ト吉から冷凍牛肉コロッケを仕入れた埼玉の業者が、検査を依頼して豚肉混入の結果報告を加ト吉から受けて、食品表示法違反(だっけ?)になるので、店頭では販売する事ができなくなったブツだそう。出来合の製品なので店側で原料表示を変えて売るのも御法度らしい。

で、製品は返品ではなく廃棄処分にして加ト吉からは返金があるそう。ここからがちょっとヌルいんだが、廃棄処分にしたという記録と証拠写真を廃棄場で撮影して、業者としては確かに廃棄しましたと証明するみたい。後はゴミ捨て場に捨てられていたブツを誰かが勝手に拾っていった(本来はこれも違法)という機序になるようだ。

混入状態(おそらく)で長年販売していてクレームもないから、喰えない危ないブツではないよという話なので、ゴミを拾った人(笑)から1ケース(60枚入り)を送料着払いクール宅急便で送ってもらった。横流しではなくゴミなので無料でいただきました。かなりの在庫があった模様で、社員に提供してもまだ余ったので、ゴミのお裾分け(笑)が俺まで回ってきた。

あーわるいなぁー。60枚なんてとても喰いきれないもので(そも家庭用冷凍庫に入んないってば)、既に御近所さんとかにお裾分けしちゃって、君にあげるほど残っていないのだ。コロッケだからね、ケース単位くらいじゃないと宅配便代だけでスーパーで買うよりも1枚あたり高くつくぞ。まぁ次回またなんかあったら、そん時は君への援助物資も念頭に入れておくわ。人の肥満より己の飢餓を心配しろって(笑)。
2007/06/27(水) 07:37:18 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
三方一両損みたいな(笑)。
>>で、製品は返品ではなく廃棄処分にして加ト吉からは返金がある

ここがいちばん笑えた。返品をまたどこかに流すと、流された先が賞味期限(冷凍モノだと消費期限なのかな、よく知らない)を書き換えてどこかに売ってという還流が形成されて、税法上は「損金」ではなくて「半減期」というのが設定されるわけさ。

ちなみに埼玉といえば食品検査の本家なんだから、「埼玉の業者」は「初手」であろうという推論も成り立つ。つまり全国から今後もどんどん似たような製品が埼玉に送られてくるわけでさ、というわけで援助物資よろしく。カネと根性もないけど、節操とプライドもないぞ儂ゃ。
---
ちなみにそれって占有離脱物横領ってことになるのかなあ。
2007/06/27(水) 17:14:38 | URL | りびけん #GAkJEmLM[ 編集]
占有離脱物横領罪。
俺もそう思っていたのだが、深く考えてみると、よくわからなくなってきた。
廃棄処分にして所有権を放棄しているから、いわゆる放置されているものではない。企業内の敷地に設置されているゴミ捨て場だから、ゴミそのものは企業の所有物である。拾った(笑)のは社員であるから、拾得物横領や占有離脱物横領って解釈は無理がありそう。なにかしらの罪には問われそうだが、横領罪というよりは窃盗罪のほうが近いのかしらん。
ちなみに、これって一般企業においても、裏でよく行われているケースなんじゃないかな。OA機器やIT機器のリース期限切れ品を、廃棄した事にして私物化って日常茶飯事だろう(何度か再リースを重ねた再利用不可ボロ品は、リース業者も返品引き取りを求めてこないもんだ)。
2007/07/07(土) 10:43:00 | URL | aquirax #MM3YJURI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
footcopy