FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


アゲアゲ祭。
初めての天麩羅 生まれて初めての天麩羅を揚げてみた。
揚げ物自体が初めてということになる。
僕自身は高等学校入学時に上京してきて、祖母の経営する四畳半下宿に入居して以来ずうっと昭和の木造住まいで、その後の人生もリズムと火の元さえなんとかしていればそうそう人さまにご迷惑もかけまいということで、大量の油を熱するというヤバい料理は自己に律していた。

昨暮れのことだが、勘定すると16年間お世話になっているお隣の大家さんが亡くなってしまって、告別式にも葬儀にも出席させていただいて、とうぜんながらお香奠も持参させていただいた。お香奠返しのカタログギフトが三越伊勢丹から届いて、個人的にはそういうところで消耗品(食品とか)は注文しないし、衣類も時計も什器も必要なぶんならすでにある。さてどうするかなと思って、それならというので天麩羅鍋を注文してみた。

天麩羅鍋 昨年三回忌を迎えた母は、罹病に伴って調理をしなくなって20年にもなっていたか。とくにヨイヨイだったということもなく、父はもとより実家に仕事場を置いていた僕も料理はするので、母は呑気に「お昼はお兄ちゃんが作ってくれる、晩御飯はお父さんが作ってくれる」と喜んでいたような。とりあえず僕の作品だとオムレツとか蒸し魚が好評だったかな。

幼時の僕は母のつくる「丸いコロッケ」と「人参のかき揚げ」が大好物だったのだが、レシピを教えてもらう前に死なれたのは痛恨事ではあった。まあしょうがなかろう、いま作れないものの作り方を聞けという話もなかろうもん。


その温度計付き天麩羅鍋は、注文からリードタイム2週間とか言うておったものがネット注文の翌日には届いてしまってちとうろたえる。2週間かけてじっくり予習する心算やったけんね。

まさか早すぎて文句をつけるわけにもいかんし、まずは油だな。賞味期限2003年10月という400 cc缶が未開封のまま出てきたので、たぶん大丈夫だろう。胡麻油も一合くらいならある。もののインターネットによると「具材と衣は揚げる前に冷やして」とあるが、茹でこぼしてほっといた菠薐草が凍ってるくらいのお台所だから心配はあるまい。

衣はこれもインターネットに「薄力粉と卵黄を溶いて」とあったのだが、卵いらんよっという天麩羅粉がスーパーにあったのでそれでヨシとする。あとは具材で、人参のかき揚げなんかはハードルが高そうなのだがせっかくなのでやってみる、あとは定番の海老と、裏庭に生えていた青紫蘇と、ついでに買ってきたマイタケだな。

初めての天麩羅 結果的には「多少焦げた」くらいのことで、それなりに美味しくいただけた。工夫する点は多々あると思うが、たとえば細刻した人参は衣をつけた後にキッチンペーパーで拭いてみようとか、具材によっては揚げ時間を工夫してみようとか、これってつまり蕎麦粉でもいけるんじゃね? とか、そういうのは先のこととして。

とりあえず驚いたのは油の加熱速度が速いことで、調べてみたら食用油の比熱って水の半分くらいらしいのね(「水」が最強)。そりゃふだん鍋物ばかり作ってるおっさん(僕だ)がいきなり鍋に油でも張ったら、火事にもなろうよ。気をつけよう。


油の処理については、要らないおんぼろTシャツがたくさんあるので、これもたくさんあるコンビニ袋を幾重かにして染み込ませて水場に置いておこうと思う。あとは燃えるゴミに出しちゃえば、だいたい大丈夫じゃないかなあ。

天麩羅云々ではなく「母の人参のかき揚げ」については、機会があればリトライしたい。あとは「母のジャガイモコロッケ」だが、さらにハードルが上がるね。

油自体は、食品関係につながりの深い実家に売れば儲かるほどストックがある筈なのでそのうちくすねてこよう。クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐は揚げた馬鈴薯が大好きだったそうだが、そういうものもなんとなく再現できるといいな。



スポンサーサイト



2016年1月22日から24日の午後(金曜日から日曜日の午後): 天麩羅以前哲学堂オデッセイ。
今日の墓参:

二郎さん 二郎さんのお供え ある日取引先からの架電で「今日じゅうに引取手が決まらないとヤクサツされる犬がいる」と脅されて引き取った二郎さんは、2年か3年間ほども家にいて、ある年のお正月に頓死した。菩提は哲学堂の先の蓮花寺で弔ってもらっている。そんなことで、毎正月には二郎さんの墓参に赴くのが「初詣」ということになっている。なにしろ犬なので御利益もなさそうだが、まあいいだろう。

今年のお供え物はすこし奮発したのだが、「お供え物はお持ち帰りください」というお達しなので、例年近所のペットショップに寄贈するのが仕来りとなっている。誰が食べてるんだろう、あれ。


今日の妙正寺川オデッセイ:

哲学堂の梅 哲学堂の梅。春には桜も咲くのだが、地形的に吹きっさらしなので満開の時期になっても寒いのがちょっと難ではあるが、逆に空いているとも言える。

宇宙館の聯『世界万国内皇国為最美』 都市出版の雑誌『東京人』2016年2月増刊は「哲学堂と中野のまちを楽しむ本」と銘打ってあって興味深く拝見したが、哲学堂宇宙館にある井上圓了のライトサイド「世界万国のうち皇国をもっとも美しとなす」の聨については一言たりとも触れられてはいない。いや、かなりリベラルなひとだったんだろうとは思うんだけどね。

野方配水塔 蓮花寺のすぐそこにある野方配水塔を東方から望む。壁面のぼこぼこのどれかが戦時中の爆撃機に銃撃された弾痕であるそうだが、どれなんだかよく判らないんだな。いまは「災害用給水施設」になっているそうなので、やはりなかには水が詰まっているのかしら。


妙正寺川沿いのアパート 妙正寺川沿いのアパート 配水塔で思い出したが、土曜日は新宿区立落合公園から妙正寺川(神田川源流、古くは江戸川とも。だから神田川沿いに江戸川橋があるわけ)沿いをとことこと歩いていったわけだ。この界隈は河岸段丘の底にあって昔からよく出水のあったあたりで、写真のようにやたらと土台の高いアパートがそこここにある。

哲学堂公園ハイツ 哲学堂公園ハイツの裏の妙正寺川 哲学堂から妙正寺川をはさんだ南側に哲学堂公園ハイツという立派なマンションがあって、前庭は河面よりもずいぶん低くなっていて、マンションの1階部分も鉄柵があるだけの空き地になっている。まだ稼働しているところは目撃していないが、いざとなったらここにざっぱーんと貯水する気まんまんだ。
その前庭を挟んだ妙正寺川の護岸には穴があって、出水口かと思うとこれがマンション側への給水孔だったりする。豪雨による出水が最後にあったのは10年前くらいかな。川底が一段低くなっているのも、このときに掘削した名残である筈だ。


家庭菜園 ところで、通りすがりの玄関先で家庭菜園を見かけた。
このスペースでキャベツと白菜が見事に育っている。たいしたものだ。

今日の睡眠: 就眠障害っぽいのが解決途上。

睡眠記録 よく寝とんのうワレという感じで、とりあえずは眠れないよりはマシだし、中途覚醒もほぼ消えたようなので、まずは目度出い。土曜日の夜は間違えて睡眠導入剤を「二度飲み」してしまったのだが、それで怖いのもさいきんは夜中のトイレに際しての「階段落ち」くらいなので、今日のところは勘弁してやる。

年末から正月にかけての10日間ほどは「眠剤なし睡眠」もとれていたのだが、あれはなんだったのだろうか。まあいい、3か月前なら「睡眠薬を飲んでも眠れなかった」んだからものすごくマシだ。


今日の御飯: 脂質制限と糖質制限(但しブッチ中)。

お刺身 モロッコインゲン ケンミンの焼ビーフン

肉ざる蕎麦 食事のほうは、だいたいいつも通り。
すこし野菜を増やすようにはしている。


今日の天麩羅: アゲアゲ計画。

天麩羅鍋 天麩羅屋さんの天ぷら粉 さて、祭事のお返しのカタログギフトで注文した天麩羅鍋は、「かかり2週間」とか言われていたものが翌日に到着してしまったので狼狽している。ものごころついて以来マッチ一本完全燃焼の昭和木造住宅一筋で暮らしてきた私は揚げ物というものをしたことがないのだ。正確には2週間のツカサのウィークリーマンション暮らしを含むが、あれは煮炊きのできるような環境ではなかった。ついでに実家はいちおう軽量鉄骨造ではあるが、たぶん油を撒いて火をつければ燃えるんじゃないかな。そんなことはしないが。

そんなことで晩には小規模に天麩羅を揚げてみようと思って、いまは機材と材料と手順を検討している日曜日の午後だ。

01/23のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

@gcyn ココイチを「加害者」ととらえてしまうひともいますしねえ。
01-23 18:11

@gcyn 「つくってるところ」と「儲けるところ」に分別するとすると、たとえばドルショック以前の投資家は「株屋風情」としてある意味では蔑まれていたわけで(とうぜん製造業がオラチー)、そんなもん気にせんクロサワとかフリードキンとかがいかい非人道的であっても痛くも痒くも(←ヒドい)。
01-23 18:03

カタログギフトで注文させていただいた天麩羅鍋は「三週間ほどでお届け」と言うとったもんが、翌日届いちまったぜはっはっは。天麩羅やったことないので、さてアイスクリームでも揚げるかと思う味平世代。 https://t.co/jTlC6YPKjQ
01-23 17:42

二郎さん(犬)のお墓参りで哲学堂先蓮華寺奥へ。今年のお供え物はすこし奮発したぞ(‥ )/ https://t.co/qxS3QfKzYn
01-23 17:24

二葉亭四迷のポートレイトがナチュラルに志村喬。 https://t.co/ieO7Yme4wW
01-23 16:45

余談:映画監督が「俳優の脇でライフルぶっ放した」「神父役で出演した素人役者(本業は神父)を本気でぶちのめして"ふちのめされた神父"を撮った」「俳優を精神的に追い詰めるためにリテイク百回」「俳優陣が脱がないのでまず自分がチンコ出した」、いずれも素晴らしいと思うのです。@gcyn
01-23 16:43

余談:平凡社『虫屋のよろこび』(1995)には昆虫学者が「映画監督に頼まれて巨大ゴキブリを大量に交配製造した」とあって、映画好きならウィリアム・キャッスルの『燃える昆虫軍団』(1975)だなと見当がつくわけですが、それって地球環境的にはどうなのよ。@gcyn
01-23 16:39

他方マイケル・ケインは著作『Acting in Film』(1990、邦訳『映画の演技』の訳は矢崎滋!)で「危険なアクション・シーンとか役者本人が演るわけないじゃん」と言っています。そりゃまあ主要な役者がアレしたらナニですな。ならジャッキーはリハ中に死んでもいいのか。@gcyn
01-23 16:34

余談:ハリウッドでは「役者自身によるスタント(というのか)」は禁止されていて、ジャッキー・チェンが「でもそのスタントのテストをしてるのは僕なんだよ、ハリウッド馬鹿なんじゃねえの」と言っていた記憶があります(なんかの試写会だったな)。@gcyn
01-23 16:28

余談:バートン版『バットマン』(1989)では、高層ビル上階からのバットマン着陸シーンをCGでとても上手に撮影したら、スタントマン組合から「儂らの仕事がなくなるやんけ」というクレームが入って実写で撮りなおしたとやら。ペンギンの大群は大丈夫だったみたい。@gcyn
01-23 16:26

footcopy