FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


11/25のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

NET『相棒』に遠山ちず(えーと、前沢さんっけ(‥ )/)が出てくるとその日はいいことがあるんだが、たいがいいつも夜中だものでジンクスいつも不発(‥ )/
11-25 21:32

つまり編集担当が馬締ちゃんだったってことか。 RT @Reviken_Tokyo: 千野栄一『言語学のたのしみ』(大修館書店、1980)には「物真似芸人の美川憲一さんが」という記述がある。・コロッケも本望てあろう。・大先生可愛い。・編集者が朴念仁すぎ(‥ )/
11-25 20:46

@betelgeuse 他方、『こぼれ話』でも読んでいなけりゃ前3世紀のギリシアの哲学者の名前とかまず知らんかったちゅうのもあります(ストア派オンリーたけど)。合唱団にいるとたまにディオゲネスとか出てきて、「あ、樽のひとだ」とか思ったり。実益ねーけど。
11-25 19:17

@betelgeuse そこは自己責任ってことですかね、小学生には荷が重いか(‥ )/庄司浅水は凄いスよ、博覧強記で書きまくりつつ「が、その先のことは忘れた」とか堂々と書いてあって、記憶かよっ! って中学生ごころに突っ込んだ思い出があります。
11-25 19:05

@betelgeuse そういえば三浦一郎さんがどういうかたなのか知らないなあ、僕。無垢な10歳児に刷り込まれるエヴィデンス不在情報というと庄司浅水の一連とか、いっそ五島勉あたりと一緒なんだけど、私は大丈夫なのでしょうか(‥ )/
11-25 18:44

マンションのエレベーターで乗り合わせた12歳風味男子がブルーバックスを10冊ほど握りしめている。「お、いいの持ってんなあ」とにこやかな不審者(俺)。「都筑卓司ある? あった!」とさらに不審なおっさん。タイムマシンと量子論だったと思うが、あの年頃にあれが読めるのは正直うらやましい。
11-25 18:36

平凡社『虫屋のよろこび』(1995、アメリカ昆虫学会百年記念アンソロジー)に、「1970年代に、映画会社に頼まれて巨大ゴキブリを生み出した」という話が出てくる。映画ファンならウィリアム・キャッスル『燃える昆虫軍団』(1975)の発火ゴキブリだとすぐ判るが、さて火は点いたのかなあ。
11-25 18:15

千野栄一『言語学のたのしみ』(大修館書店、1980)には「物真似芸人の美川憲一さんが」という記述がある。・コロッケも本望てあろう。・大先生可愛い。・編集者が朴念仁すぎ(‥ )/
11-25 18:07

@betelgeuse 1970年代版3巻(僕家雪崩遭難中)がまだ、ってことでしょうか。当該書のありどころは半径50 cmまで絞れていますので、あとで確認しますね。漱石さんの「月」は有名な話のように思い込んでいますが、どこで知ったのかな僕。まさか千野栄一ってこともなかろうし。
11-25 17:56

PC要約筆記をやっていたころにいちばん驚いたのは、講演会かセミナーかなんかで「では、ここでパソコン要約筆記をとめてください」ってアナウンスされたときだな。もちろんそれもそのまま叩いて、要約筆記など止めるわけもなく(ざまあみろ(‥ )/)。なに考えてたんだあのバカ座長。
11-25 17:50



[11/25のツイートまとめ]の続きを読む
スポンサーサイト



footcopy