FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2015年7月13日(月曜日): ナチュラルはいはい。
今日もインソムニア:

おしり 不眠症らしき症状はまだまだ続いていて、昨晩は実験として、インターネットで拾ってきた「眠りを誘う音楽」というのをいくつか枕元のタブレットで流しながら就寝してみたのだが、気になるか腹が立つかのどっちかで却って目が冴える。僕の選択が、というか選択運がよくなかったのかもしれないが、こんなものを聴きながら就眠できるのはよほど音楽に興味のないひとたちなのだろうな、などと思う。

そんなことで催眠音楽計画は諦めて、03:00にマイスリーとレンドルミン(ともに睡眠導入剤)を服用して03:30から05:00まで90分間眠って、というか90分で目が覚めちまったものだから、もういいやと思ってまたレンドルミンをよい子は真似してはいけないんだけど服用して05:30から07:30まで120分間寝て、うすら眠い感じをなんとか維持して08:00から09:00まで60分間寝て、浅いながらも睡眠時間は5時間を確保。というか、眠くもないのに無理して眠ることもあるまいて、ということで行動開始。昨晩の鶏肉蒸しがちょっと残っていたので、軽い朝食とする。


今日の中野オデッセイ:

耳カード 先ずは野暮用で中野に出ようと思ったら、なんでか流星号(自転車)の前輪の空気が半ば抜けている。まだ圧はあるようなのでパンクだとしたらごく小規模なものだと判断して、エアボンベで空気を充填してとりあえず出かけてみるね。ふむ、区役所までの1マイル走行なら特にエアが抜けている様子もない。

区役所のおじさんたちは親切で、でもなんだかんだで1時間半ほどもかかったかな。窓口で全難聴の耳カードの実物を初めて見た。

中野「玄」ランチ そうこうしているうちに昼過ぎになって、膵炎病みの脂肪肝病みの食餌制限もちが中野界隈でいただくランチって、さてどないすべいか。ごく簡単に言うと脂質と糖質とカロリーの制限があって、ということはうっかり米も食えねえ。そう厳密に運用しているわけでもないけれども、中野にいるのにラーメンが論外、イタリアンも中華も洋食も省いて、ストリクトに言うなら寿司もヤバいし親子丼も食えねえ。となると蕎麦か和食系が比較的安全牌なので、お手軽にネットで検索して中野駅南口の「玄」というお店で、「スタミナ定食」って書いてあったかな、をいただく。

メインは鶏つみれと冬瓜の冷製スープで、納豆とオクラのネバネバがスタミナ担当なんだろうな。あとは五穀米ともずくとひじきと、お茶は半端に冷たい玄米茶で好ましい。たいへん美味しくいただいたのだが、惜しむらくは店がかなり小ぎれいなんだな。ってどういう因縁付けなんだよって話なんだけれども、中目黒chano-maなんかもそうなんだけど小洒落た店ってたしょう苦手なのと、根拠はないけれども「美味い定食屋にはそこそこ"ヨゴシ"が入っている」と思い込んでいる私だ。まあそこは措いて、中野の昼飯ならば「玄」とブロードウェイ「丸子亭」と中野マルイ「墨花居」をぐるぐるしていればいいことは判った。酒でも飲みたがるツレがいる場合には緊急避難で蕎麦屋に行けばよろしい、よし解決。

三温糖きなこねじり 食後に調べ物をと思って中野図書館に行ってみたら、まさかの休館日。しょうがないのでそのまま東中野のすまさん整骨院に13:30くらいに行ってみたら、まさかでもないけど13:00から15:00まで休憩時間だって。ははは。ふむ、さて90分間どうすっかなってんで、いったん家に帰るのも業腹でもあり、東中野ライフと東中野サミットと東中野AEONと小滝橋いなげやをぐるりと廻って、食品売場を鬼のようにチェックして廻る。

ふむ、リニューアル開店時にはしょぼかったサミットの鮮魚部がけっこう充実してきていて、ライフとの鮮魚闘争が勃発している気配があって楽しい。昼にいただいた冬瓜とつみれの汁を鶏肉で再現してみようかと思ったのだが、肝心の冬瓜が売られていないのは何故だ、旬もいいところではないか。ズッキーニで代用できたりするのかなあ、そのうち試してみよう。AEONは微妙に面白くなくて、いなげやは相変わらず獣肉がいい。あといなげやのちょっと西にいい八百屋さんを発見したので、天気のいい日のお買い物は小滝橋まで自転車で通おうかな。さいきん主食と化しつつもある三温糖きなこねじりは、生協なら189円のところがライフでは207円、いなげやでは208円だった。というわけでけっきょく買ったのが豆と鶏肉と岩下の新生姜とダクトテープ、ってなにを作る心算なんだ私は。

小滝橋いなげやを出る時点で、流星号の前輪のエアがけっこう甘くなっている。空気漏れには間違いないのだが、パンクだとするとそうとう微小な穴があいていることになるなあ。どうすっかな。とりあえず抜かりなく持ち歩いていたエアボンベで空気を充填して、東中野すまさん接骨院までは無事に走って、電気ピリピリと身体ぐりぐりなど。不眠の話をしたら、とりあえず脳の血流をよくしておきましょうかということで頸と肩もぐりぐりしてくださった。

帰りがけ、旧青源寺前交番の隣のサイクルステーションワタナベに流星号を持ち込んで、パンクというかエア漏れの修理をお願いしてみる。ふだんなら自分でやっちゃうところなんだけれどもなにか厭な予感がすると思ったら案の定で自転車屋のお兄さんも穴は発見できず、とりあえずバルブを交換して様子をみるという話になる。よかった、「自分でやってたら2時間くらいもかけて"穴が無いよう"って泣いてるとこでした」って言ってみたら、「それが今の僕の気持ちです」って言ってくれた。面白いひとだ。ついでに僕が自分で交換したチェーンをみてもらって合格点をいただいて、それからサービスでいろいろ調整したり磨いてくれたりして600円、所要時間20分。いいお店です。


今日の明日:

大病院の消化器内科の診察と精神科の初診がかぶっちゃっていて、到着目標時刻08:00でまず採血というスケジュールになっちまっちょる。かなりの確信もて言うのだが、こういうときに限って不眠症がどっかに行っちゃって健やかにすやすやと寝過ごすような気が、ものすごくする。

朝食を作るいとまがなかったら、大病院の松本楼でお粥か、あるいはコンビニのなにかで誤魔化すね。診療後は13:00までに行けるようだったら東中野のすまさん整骨院を目指す。間に合わないようだったらいったん帰宅してお昼御飯をてきとうに設えていただいてから、15:00過ぎに東中野だね。


そうさの、今夜は24:00までには就寝するとして、よく眠れたようだったら大病院まで流星号で行っちゃうかもしれない。ざっくり4マイル弱なので、電車で行っても自転車で行っても所要時間は30分がところだろうと思う。


スポンサーサイト



07/12のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

テレビに映画版『HERO』(木村拓哉主演)がかかっていたので眺めていたら、「レッツゴー三匹」という台詞が出てきた。念のために指摘しておくと、レッツゴーじゃなくて「レツゴー三匹」だからね、気をつけようね。
07-12 22:45

大病院で貰った脂肪肝食養生のパンフ(MSD発行)に「漬物は高塩」みたいなことが書いてあってな。それなら魚や肉に使う塩醤油に気をつけるほうが有効だし、今や市販漬物は低塩抵糖繊維質豊富の代表選手だぜ。全漬連なりはちと諫言すべきではないか。 http://t.co/k6m1JFmD4D
07-12 01:18

@alcafe_ogikubo こっちもスローペースになりそうですんで、よろしくス。理想としては僕がアルカフェに顔を出したときにちょびっとずつ受け渡せるといいんだけどね、状況がもうちょっと改善されるまでもうちょっと待っててね。
07-12 00:51

@Reviken_Tokyo いま中井駅と新井薬師前駅の間の踏切で待たされたってことは、運転再開したんですね(´・_・`) https://t.co/vysNaJJFA7
07-12 00:02

2015年7月12日(日曜日): 矢でもテッポでももってこい。
今日のインソムニア:

おしり 金曜日の睡眠時間が4時間半くらいだったもので土曜日はふつうに眠れるかなと思っていたのだが、ちっとも眠くもならない。日曜日はほぼ暇だものでのんびりしていて、05:30くらいにようよう就眠、90分後の07:00に起床。なんだよそれ。

続きまして、08:30に就眠、90分後の10:00に起床。なんだよそれ、しかもなんか面白い夢などみるような浅い眠りでな、所謂「眠いのに眠れない」という厭なほうのタイプの不眠だ。どうしよどうしよどうしよどうしよ、もっと食べよ! って歌、知ってる? とりあえずなにか腹に入れてから、しょうがないから睡眠導入剤でも服用するか。

その「なにか腹に入れ」るのにまた問題があって、土曜日の神経内科では脳味噌を診ていただいたのだが、脳波にちょいと妙なトゲ(ピークのことであろう)があって、ものすごく厭世的な考え方をすればこれは癲癇の兆候である、かもしれない。癲癇についてはちっとも詳しくはないのだが、たとえば運転手さんがいきなり失神してあわや、みたいなニュースを見たこともあるし、ということは発作の予見をするまでには現代科学は至ってはいない。おっかなくて火ぃ使えねえじゃんかよ。というわけで近所の生協でおむすびと煎餅ときなこねじりなど買い込んできて、うすらぼんやりとテレビの時代劇など眺めながらゆっくりといただく。ふむ、眠気は薄れてきたな。なんで時代劇なのかというと、中野ケーブルテレビのインターネット回線をひいたらついでにテレビのチャンネルが100個くらいついてきちゃって、とくに観るようなものというとやっぱり時代劇専門チャンネルばっかりになっちゃってるわけ。措いといて。

そんなこんなで午後になって、13:15にレンドルミンを2錠、ということは手術前の「いいから寝てろこのやろう」レベルの量をよい子は真似しちゃいけませんってな勢いで服用したわけだが、30分くらいで効いてくる筈のものが、けっきょく就眠したのが15:00。頑張ってるなあ、俺の不眠症。

そんなこんなで19:00まで薄く眠って、睡眠時間7時間だけは確保した。


今日の食事: 膵炎病みの脂肪肝で食餌制限のある私の日常。

鶏腿肉とキャベツとブナシメジの塩麹蒸し 朝、生協のおむすび3コ入り: 熱量382 kcal、脂質2.8 g、炭水化物81.0 g
おやつ、あかにし貝の刺身
夜のメインは鶏腿肉の塩麹蒸し、キャベツとブナシメジ入り: 鶏肉200 gで400 kcal、脂質28 gだが鬼の表情で蒸したのでかなり落とした筈。あと岩下の新生姜。

計算とかするのがだんだんめんどくさくなってきた。要するに油脂分と炭水化物を少なめにすりゃいんじゃね? もう。


鶏腿肉とキャベツとブナシメジの塩麹蒸し

鶏腿肉は木曜日に退院するなり塩麹漬にしておいたもので、キャベツ半分のザク切りとブナシメジを笊に放り込んだ上に乗せて、蒸し器に放り込んで30分から40分ってなもんかな。198円もした立派なキャベツが面白いようにちっちゃくなっぢゃって、ブナシメジには味が沁みていい感じだ。


札幌第一製菓の三温糖きなこねじり

三温糖きなこねじり とかなんとか言いつつ、さいきん主食と化しつつある札幌第一製菓の三温糖きなこねじりだ。1袋の重量がだいたい米1合と同じで、とりあえず炭水化物は半分。脂質9.8 gというのが気にならないでもないが、まあいいや、黄粉ってくらいだから豆っちゃ豆なんだろうし、豆乳との相性もよろしいので1日2袋ずつくらいいただいていたりなんかして。

ミドリムシ入りの「ユーグレナきなこねじり」というのもよく見かけるのだが、お値段が倍なんだよなあ。裕福になったらいちど齧ってみたいものだ。


今日の明日:

26:15にマイスリーとレンドルミンを服用、さて寝られるかな。

また揉み療治と、図書館と、あと野暮用で区役所に向かう予定。
たぶん自転車だな。対人対物保障が5,000万円で掛け金は2年で8,000円という冗談みたいな保険が昨日から発効しているので、とりあえず怖いものはねえぜ(嘘ですごめんなさい)。

footcopy