FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


05/25のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

僕がほんとに一番あてにするお医者さんは僕のことを「真正アル中」だと思い込んでいるのだが、俺そんなに呑んでないんだよな(そして「呑んでない」と言ってもまったく信用してくださらない)。症状が真正アル中なんだからしょうがないんだけどな、さてどうしたものか。
05-25 23:46

穿刺のときの看護婦さんの台詞。1.ちょっとチクっとしますよ(ふつう)。2.痛いですよ、ブスッ(ちょっとめずらしい)。3.えーと、肩甲骨の、したっ(ブスッ)(ぎゃあ)。
05-25 23:30

@gcyn さいきんは軟膏もあるからなんとかなりますよ。痛いのを忘れればいいだけさ♪
05-25 17:16

@7n3jjj ってか、こうなると「なにがあってもだいじょうぶ」なんじゃね?
05-25 17:04

@hirata0220 わりといつものこと。若いころなら崖から落ちたりヤの字に殴られて全歯欠損したりバスに跳ねられたり志賀高原の下り坂で自転車のブレーキが壊れて日本海に落ちたりしてましたから、平気平気。
05-25 17:02

肋骨をいわしたちゅうても、今回は右8~10番前部くらいで日常生活にはさほどの影響は(痛い以外は)ないな。来月末くらいにまた痛むんだろうな。あと右頭部に打撲痕を発見したんだけど、頭部CTは先週撮ったばっかりだしなあ、どうしたもんだろう。いまのところ見当識その他に異常はない。と思う。
05-25 17:00

昨晩というか今朝は正確には、帰宅して目覚めたら右肋骨が折れていて、背骨正中に打撲痕、右耳裏から大量出血しておったな。右手ミドルにも捻挫があるようで、どうやらまたどっか高いところから右下を向いて落っこちたね。しょうがねえな、まったく。先週やらかした右頸部と右臀部は無事らしい。
05-25 16:42

@7n3jjj うん、したいしたい(´・_・`)
05-25 06:28

はっはっは(´・_・`)、引き続き肋骨折ったぜ痛い痛い。なにしてんの俺(´・_・`) http://t.co/PbBafo0qKa
05-25 02:56

2015年5月24日(日曜日): ensemble PMS公演と25日のぐったり。
今日のensemble PMS:

毎回かわるご尊影 ensemble PMS May 24 ensemble PMSの「PMS」は「Paean to the Memories of Sekiya」の略で、和訳すれば「関屋晋記念合唱団」とでもなろうか。僕は高校3年で同級生に騙されて入団しちゃった合唱団の指導が関屋晋先生で、当時まだそんなには偉くなかったのかな? 関屋先生が男子高校ごときの練習に毎週来てくださっていて、音楽好きではあったし譜面くらいはそこそこ読めたがクラシカルとはほぼ縁のなかった僕としては、幸運な出会いであったと言ってもよかろう。そのあとあんなことやこんなことがあったのは略して、そのensemble PMSさんとは単独公演ならば僕は皆勤賞で、JTホールだのサントリーホールだのでステージマネージャを拝命したりタンバリンだの縦笛だのを吹いたり音取りピアノを弾いたりもしてきた。今回は関屋先生追悼の男声合唱ステージを清水昭師父が振られるということで、たぶん「どうせその場にいるんだから歌えば?」って感じで歌唱の機会を頂戴したわけね。

熱心な練習風景 クラシカルの合唱というと、最後はたぶん2011年の「甍」演奏会 at 東京文化会館か、2012年の丸紅本社合唱団の文化祭公演といったところか。2011年の三善晃『路標のうた』『だれもの探検』『遊星ひとつ』という「おまえは運動会か」みたいなところまでは元気だったのだが、2012年に入ってからひそやかに急性膵炎が進行していたようで、丸紅本社合唱団の演奏会ではちょっとへこたれたりもしていた。つまり今回は5年ぶりの復活戦で、演奏会前には酒もやめて体重も10 kgほど増やして本番に臨んだわけだが、どうだったかな。そりゃまあ大先輩がうじゃうじゃいるので、俺ごときが多少頑張っても屁のつっぱりにもならないわけで、という考え方を私は軽蔑する。15人いたら15人それぞれが歌うのが合唱というものだ。とはいうものの、マツイさんの隣とかオニイチャンの隣とかで歌うと勉強になるなあ。

オペラシティの演奏会自体は大盛況で、キャパシティ285くらいのところに320名さまくらいもお客さまがいらしちゃったんじゃないかな。けっきょくロビーのモニタで鑑賞していただくお客さまが40名ほども発生してしまって、たいへん申し訳ないことだった。僕はというとウチアゲで久しぶりに芋焼酎などいただいて、帰宅して目覚めたら肋骨が折れていて、右耳のうしろから大出血しておった。しょうがねえな、ほんとにまったく。

05/24のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

ensemble PMS公演まさかの満員御礼、入場できなかったお客さまほんとうにごめんなさいm(._.)m http://t.co/K8JoeR213w
05-24 15:35

2015年5月23日(土曜日): 明日はお歌の演奏会(に珍しく出演する私)。
ensemble PMS May 24 混声合唱ensemble PMS関屋晋追悼コンサート
5/24(日)14:00-東京オペラシティ
指揮:三宅悠太/清水昭
演し物:コダーイ/ブラームス/間宮/ジャンケン大会/三善/加藤和彦/他

いよいよ明日の日曜日に控えたensemble PMSの公演に向けた最終練習に、ちからの限り大遅刻してしまったぜ、はっはっは。それで僕だけのためのルフランがあって、合唱団のお時間を無駄に使わせてしまって申し訳ないことだった。練習のウチアゲでもなんとなく奢って貰っちゃって、申し訳のないことであった。

なんだかんだでウチアゲにも出ておくもので、栄養補給もできたし明日の自分の役割もなんとなく判った。
えーとね、

  1. 09:00に現場に到着(すればなんとかなる)。
  2. 最初のステージで音取りピアノを弾く。
  3. 第三ステージで歌う。
  4. あと雑用全般。
よし、だいたい判った。
ウチアゲ終了後は新宿に出て、なんでか持っていない「黒い胸ポケット付きのワイシャツ」を捜してみる。「黒いワイシャツ」? まあ気にするな。ふつうにUNICLOかGUか無印良品でよかったのだが、そういえばリンネルのシャツが払底していたなあと思ってエスニック系も廻ってみて、最終的にUNICLOの店員さんに「お客さんの肩幅にぴったりのやつがあります」って薦められて、それにした。3,000円くらい。そうそうは着ないと思うけどなあ、まあええやろ。

今日はこのあと軽い食事を摂ってからあまり必要のなかろう譜読みをして、25:00から07:00まで眠る感じかな。あとはなにもしない。

2015年5月22日(金曜日): シャツがない。
今日の健康:

体重の推移 さすがに階段を13段も転落するといろいろあるらしくて、今朝の体重は58.1 kgだ。目標は62 kgくらいなのだが、58 kgなら生前じゃねえや、膵炎罹病前の水準なのでまずOK。62 kgは学生時代の体重で、当時の服がいまでも着られる。ってか背広たくさん持っていてね、滅多に着ないものだからやたらと長持ちしていたりなんかして。BMIだと20.8で、標準体重だと52 kgをちょっと下回ってもいいらしいので、もうすこし体力が落ち着いたら減量を考えてもいいのかもしれない。

膵炎は最後に痛んでからもう10週間にもなるし、最後の退院からは169日になるのでよほどの無茶でもしない限りは大丈夫なんじゃないかな。たぶん。おそらく。きっと。


今日の明日と明後日:

ensemble PMS May 24 初台の地図 日曜日のensemble PMS公演を控えて、明日の土曜日は初台リリカでリハーサルがある。初台界隈はいつも新宿に出てから初台駅に行っていたのだが、今日ふと地図を見てみたら都営大江戸線の西新宿五丁目駅から1マイルもないのね。だったらリリカにもオペラシティにもこっちから徒歩で行くね。雨でも降ったらオペラシティには京王線を使うのだろうが、そのへんは臨機応変ということで。

当日の準備というと、演奏については明日のリハーサルで考えるとして(ぉぃぉぃ)、まずは衣裳やね。黒黒黒という指定があったので佃煮にするほどある黒いTシャツでいいかと思っていたら、赤いポケットチーフを配布してくださるとのお達しがあったのでTシャツじゃまずいわけね。たしか5年くらい前に杉並公会堂公演に際して買ったものがあった筈だが、行方不明だ。まあいいや、いざとなったらUNICLOかGUあたりで買うね。ジーンズはあるし、黒いスニーカーも15年くらい前に買ったやつがあった筈だ。

読譜については、現状の眼鏡でなんとかなることは練習で確認した。演奏時間がつごう10分間程度なので体力的にも問題はあるまい。初練習の昨年暮れくらいなら「座って歌いますか、はっはっは」とか言っていたのだから大した進歩だ。ステージマネージャー業務についてはとくに指示もないので、これは当日びっくりする。あと「音取りピアノもよろしくね」とキミエ姐さんが言っていたのは、まあどうにでもなるだろう。よし、だいたい判った。


05/21のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

たまにお掃除などすると、いろんなものが出てくる(´・_・`) http://t.co/w7PQ1xcGtH
05-21 17:17

RT @kikko_no_blog: ポツダム宣言は1945年7月26日、原爆投下は8月6日と9日という小学生でも知ってる常識を踏まえて、この大バカ発言をどうぞ!→安倍晋三「ポツダム宣言は米国が原爆を2発も落として日本に惨状を与えた後に『どうだ』とばかり叩き付けたもの」→ ht…
05-21 16:48

昨日階段落ちをやらかして膏薬を貰ってきたのだが、毛があって怪我なかったので頭に膏薬貼れないね。消炎鎮痛軟膏があったので頭皮に擦り込んでみてから「これ禿げやせんかな」と思って製造元に問い合わせたら「却って毛が生えちゃったケースがありまして」だそうな。こいつは安心だねえ、はっはっは。
05-21 16:39

春雷と言うには遅いかも知れないが、なかなかに派手でよろしからん(´・_・`) もっとやれどんどんやれ(♯`∧´)
05-21 04:43

あ、雷だ。
05-21 02:52

階段落ちの全身打撲の処方はロキソニンテープなのだが、ちょっとした予算の都合でスチックゼノールAで誤魔化している。なに痛いか痛くないかの違いなのでさしたる問題はないのだが、どないすべかな。あと落ちたついでに下の歯が割れたのでなんとかせんとならん。ちょっと痛い。
05-21 02:41

でまあ階段落ちはやらかしたんだが、所謂精密検査の結果では異常ないのだが、なんか頭皮に触ると痛いぞ、はっはっは。まあ死にャせんとは思うが。戦費がないのでロキソニンテープも買えなくて、とりあえずスチックゼノールAで誤魔化しておる。まあ死にャせんだろ。飯は食えているので心配ない。
05-21 02:33

今朝方階段落ちして「ふむ、痛いな」と思って、階段下のお台所で4時間ほどぐったりとしておった。という話をマユズミさんの奥さんにしたら「あら、お寒くありませんでした?」って、そういうことじゃないと思うなあ(笑)。実は瀕死だったのかもしれない。生きてるけど。
05-21 02:26

今朝方階段落ちしてわりと無事に済んだ話を父にしたら頭ごなしに馬鹿呼ばわりされたのだが、十三段も落っこちて五体満足なんだからむしろ褒められてもいいくらいだと思うんだけどな。いやまあ、痛いけど。
05-21 02:20

ケーブルインターネットを敷設したら頼んでないのに地上電話とテレビ100チャンネルがついてきたのだが、こうなると液晶モニターが欲しくなるなあ。じっさいJ:COMに電話してみたら「ブラウン管だとキツいですねえ」みたいなことを言われちった(まずチャンネル番号が読めねえんだ)。
05-21 02:03

2015年5月21日(木曜日): あいかわらず首が廻らん。
今日の健康: くたばりぞこない。

体重の推移 湿布的なものたち そんなこんなで午後からとことこと中野総合病院まで歩いて行って昨日のお支払いを済ませてきたわけだが、これはしかし調剤薬局でも病院でも(とうぜん居酒屋でも)ツケの利いてしまう社会的信頼に満ちあふれた私ということなのかな。ちゃいまんがな、単に貧乏なだけじゃん。それから薬局に廻ってロキソニンテープを7パック、35枚出してもらう。

目立つ患部は首の右後ろと右肘と右臀部なので、1日3枚。とくに貼りづらいところでなかったのは幸いであった。問題は軽くぶつけた頭部のタンコブで、毛があって怪我なくてよかったねって言ってる場合だよ。病院では頭部CTも撮ってもらっているのでさほどの心配はしていないのだが、髪の毛のうえから膏薬を貼ってもしょうがねえよな。

ふとみると以前の五十肩のときに処方されたスチックゼノールAがあって、これも消炎鎮痛剤なのでヘアムース代わりに頭皮に擦り込んでみるわけ。ふむ、多少すーすーするけど効き目はありそうだな。そんなわけで、いま私に面会すると漏れなく薄荷くさいわけだが我慢してくれい、というのはいいとして。待てよ、頭皮にスチックゼノールAなど塗り込んで、ひょっとして禿げちゃったりはせんか。禿げたら禿げたでそのまま膏薬が貼れて便利だな、っていう問題ではないので製造元の三笠製薬株式会社さんに電話でお問い合わせさせていただいたら、「却って増毛効果があったという報告を聞いたような気がしますが、後ほど詳しくご報告させていただきます」との由であり、10分後にいただいたお電話では「頭皮ではないのですが、患部に塗布したら毛が生えちゃったという報告がありました」んだってさ。いい会社だな、三笠製薬さんって。本社も豊玉北でごく近い(軽く2マイルだ)し、今後贔屓にさせていただくとしよう。

ensemble PMS May 24 あとは階段落ちの後遺症で下の差し歯がばっきり行っているのだが、週末に演奏会を控えていることもあり当座は放置でよかろう。なに、歌えないことはないのだし、滑舌にも問題はない。演奏会に向けての話だと、体力的にはちょいと体重を落としているのだが問題あるまい。膵炎痛その他の痛みもない。体力の落ちていた時分に「声量も落ちたね」とは言われたが、いま無理をすると喉声になって却ってよくないので基礎発声だけはしておこう。

さいきんクラシカルづいている父がなんでか公演を観にくるというので、中途半端な緊張感もて本番に臨むね。あとは衣裳の「黒いシャツ」を捜さなきゃない。

2015年5月20日(水曜日): 首が廻らん。
今日の健康:

看護婦さん 本当は今日は中目黒の歯医者さんに行く予定だったのだが、夜中に階段を踏み外してちょいと転げ落ちてな、いやあ、よく生命があったもんだ、はっはっは。ざっくり言うと、首の右側がまず痛い。あと右肘の先と左手首にも打撲痕と痛みがあって、ともに擦過傷もある。右の尻ペタも痛いから、よく憶えてはおらんが階段で右足を踏み外して転落、左手でどこかにつかまったもので一命を取り留めたといったところか。頭頂部にタンコブがあるのは軽傷で済んでいるようだが、ちょっとだけ出血してもいるようだ。



ところで何者なんだこいつは(↑)。


それでまあ痛いことは痛いのでお昼間ではぐったりして、しかしいちおう頭も打っているようなのでお医者さんには行くか。いちおう整形外科と、念のため脳外科のあるところ。いつもの大病院は午後からだと救命救急になってしまうので諦めて、警察病院とかは似合いすぎなのでやめて、あそことあそこは個人的に厭な感じがするのでやめて、といろいろ考えて中野総合病院に行ってみて、頭部CTから始まってほぼ全身のレントゲン線写真を撮影される。

頭部CTは、いちおうこないだまでアル中をやっていたからウェルニッケ症候群とか小脳萎縮とかもあって撮っていただいたのだが、さほど心配するほどのこともなさそうな感じ。ついでに脳の輪切りを眺めながら先生に「特にバカそうだとか、ありません?」とおうかがいしてみたら脳味噌は無駄に多いそうだ。そりゃまあ、楽器と同じでアタマも使っていなけりゃヘタクソにもなるわな。見当識もバランス感覚もとくに問題もないようで、あとは帰宅してロキソニンテープをあちこちに貼って痛がっているうちに治る、んじゃないかな。内服用の痛み止めは、ほっといても膵炎薬がいろいろあるものだから遠慮しておいた。さすがに痛みには強くなったあたりは闘病生活の成果かな。嬉しくはないが。


今日の週末:

ensemble PMS May 24 混声合唱ensemble PMS関屋晋追悼コンサート 5/24(日)14-東京オペラシティ
指揮:三宅悠太/清水昭
演し物:コダーイ/ブラームス/間宮/ジャンケン大会/三善/加藤和彦/他

というのがいよいよ今週末に予定されておっての、不肖私も男声合唱の一員として声をかけていただいて、ついでにステージ・マネージャを拝命して音取りピアノも弾くらしい。まだあんまり詳しく聞いてないけどね、直前まであまりものごとを決め込まない合唱団なのでとくに驚かない。初期の練習には入院中で出席できなかったりしたのが痛かったが、そのあたりはまあなんとかね。

歌うのはワンステージだけでコダーイと多田武彦と木下牧子の10分間だけなのだが、いちおう体力というか地力をつけようと思って4月半ばから酒を辞めている。酒を辞めたと思ったら貧血というかヘモグロビン不足が始まったり階段から落っこちたりしてあいかわらずしょうがないわけだけれども、まあなんとかなるだろう。土曜日がゲネプロだからそこまではちょっとウクレレで歌い込むことにして、日曜日には自然体で臨めるようにしときゃいい話だ。

24日の公演が終わったら、なにか新しいことでも始める予定ではある。闘病生活ももうおしまいにするさ。


今日の食事: 膵炎病みで脂質制限のある私の日常。

カレーとかそんなん。


今日の明日:

おしり こんな感じだろう。

05/19のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

ふむ、右の肘の先、左の上腕、左足の裏に切創がある。寝ている間になんかしたかな、はっはっは。あと左のコメカミからだらだら出血しておるが、とくに闘った記憶はない。
05-19 23:06

黒澤明『野良犬』(1949)はVHS時代には台詞がよう聞き取れんで、DVDになってから字幕を表示してようよう観た(面白かった)。今日は有線テレビで観たら台詞が聞き取れるでやんの、おそらくは「ソフトの質」の問題であったのかな。
05-19 07:11

2015年5月17日から19日(日月火曜日): だいじょうぶ。
footcopy