FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2015年3月9日から4月6日までの膵炎自炊まとめ。
玉葱蕎麦(ここで3月9日、最後の退院から91日目)

玉葱蕎麦 朝食はサワハラ霧下蕎麦に、刻んだ玉葱を載せた。消化器的にはあまりよくないのだけれども、山葵くらい添えさせておくれよ、はっはっは。麺出汁は近所の蕎麦屋さんで暮れに貰ったパックのもの。本当は柚子かデコポンあたりの皮が欲しかったのだが、ないものはしょうがない。
脂質は蕎麦のぶんだけだから、推定3 gといったところか。


豚ハツのアヲハタコーンクリーム缶蒸し

豚ハツのコーンクリーム缶蒸し AEONで買ってきた豚ハツのスライス100 gに塩胡椒して軽く焼いて、アヲハタのコーンクリーム缶をぶっかけて蒸してみた。オレンジ色の欠片はデコポンの皮で、いちおういろいろと造血作用に気を遣っている、ようにも見えないこともない。だってさあ、心臓つうたら血液の総本山じゃん(なにかが間違っているけれども気にしない)。
豚ハツは低脂肪だと思い込んでいたのだけれども、100 gパックで脂質7 gくらいはあるらしい。あとはコーンクリーム缶の脂質が1.9 gだから、煙が出たところで捨てた胡麻油も足してトータル脂質が9 gといったところか。さいきんは急性膵炎の膵炎痛も頑張っている(というか、膵臓さんにはあんまり頑張らないでほしいヤマイなのだが)ので、これくらいならOKだと思う。


鱈すき身の離乳食パエリアカレーソース

鱈すき身の離乳食パエリアソース いつものやつに、離乳食を載せてみました。
1年半ぶりのカレー味だ、よしよし。



[2015年3月9日から4月6日までの膵炎自炊まとめ。]の続きを読む
スポンサーサイト



2015年2月22日から3月8日までの膵炎食自炊まとめ。
加熱用生牡蠣の胡麻油炒め

牡蠣の胡麻油辛味炒め とりあえず辛いものなら食べられるかと思って、ほんとうは刺激物は膵炎的にはよろしくないらしいのだけれど経験的にはなんか平気っぽいものだから、加熱用生牡蠣の胡麻油炒めなど。

1. 生牡蠣を軽く水洗いして、片栗粉をまぶしておく。
2. フライパンを熱して胡麻油を敷き、煙が出たあたりで油を捨てる。
3. 生牡蠣と刻み葱を投入して蓋をして、てきとうに焼く。
4. 軽く火が通ったあたりで胡麻を投入。
5. 仕上げで薬研堀の七味唐辛子を投入。

膵炎病みで脂質制限のある私にとって怖いのはここでは胡麻だけだが、胡麻本体でも数グラムだから鹿十していいんじゃないかなあ。


砂肝の片栗粉パセリ炒め

砂肝炒め あと、砂肝の片栗粉パセリ葱炒め、レシピはパセリと辣油が入った以外は上記牡蠣炒めとまったくおんなじで、加熱時間がたしょう延びたくらいかな。低脂肪の鶏砂肝は歯応えがあって昔から好きなんだけど、ほんとうはたまに「フォークで切れるくらいに柔らかい」ものも食べたいんだけど、そういうのってどうすればいいんだろう。 低脂肪の鶏砂肝は歯応えがあって昔から好きなんだけど、ほんとうはたまに「フォークで切れるくらいに柔らかい」ものも食べたいんだけど、そういうのってどうすればいいんだろう。


レトルト蟹雑炊に塩昆布

おかゆ あとは炭水化物と思って、生協で買ってきたレトルトの蟹雑炊に塩昆布。



牡蠣片栗粉焼き白髪葱添え

牡蠣焼きの白髪葱添え そんなこんなで焼酎など舐めながら、とりあえず牡蠣に片栗粉をまぶして焼いてみて、白髪葱を載せてみる。味は塩胡椒で、それなりに美味い。
ふむ、いかいテフロン加工プレミアムとはいえ、やはり無脂で焼くとたしょう焦げつくかな。水炒めにしてもけっきょく片栗粉が焦げちゃうんだろうし、なにか考えたほうがいいかな。


生鱈の醤油糀漬

プラス糀 醤油糀漬鱈 醤油糀漬鱈

昨日は大病院の先生に「膵炎患者の主食は鱈とササミ」というご託宣をいただいたので(笑)、悪鬼羅さんに贈っていただいた醤油糀で鱈を漬けてみる。スーパーで買ってきた甘塩鱈のパックに不精してそのまんま醤油糀を注入してもみもみして、冷蔵庫に12時間ほど置いてから焼いただけだが、けっこう美味いなこれ。キンメやマグロや豚肉で試してみても面白いかもしれません。悪鬼羅さま贈の塩糀もあるので、試してみなければ。

04/06のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

RT @Alann_rakuten: 【あまり宣伝されておりませんが】巨大アメーバの惑星 The Angry Red Planet[DVD] http://t.co/E6BcuOL6pv 【4/22発売】クモ怪獣 現る!奇抜な火星探検を描いた劇場未公開のSF作品! ht…
04-06 18:28

さっきから押入のなかで幼女がころころと笑う声がするのだが、覗いてみても誰もいない(´・_・`)
04-06 09:43

今日の自殺行為: デニーズで朝ごはんはローストビーフに生ハムと揚げ芋と、1年ぶりのバター。もうどうにでもなれっつの(`_´)ゞ 腹減った脂喰いたい死んでもいい(´・_・`) http://t.co/d3VHGMmKtl
04-06 06:33

@Mariyudu でさ、仮に(in Cだとして)「噛むんとにゃんにゃんロッテのビッツ、そしーししーらしどーれーみ」の最後の「ミ」のとこが終止でトニックだったら、タキョートさん納得する?
04-06 02:22

@Mariyudu んー、あれだけなら「リフ」だからトニックに行かれても、と思わんでもなかとですが。原曲を知っていると違うんだろうな。
04-06 01:58

死んだちゅうの(`_´)ゞ http://t.co/u3IQRDhcNK
04-06 01:41

2015年4月6日(月曜日): MRI撮影会ぱしゃり。
今日の自殺行為:

梅 一昨年秋の膵炎罹病以来、みんなが脂質30~50 gを1日に摂取しているところを、5 gかそこらで廻して膵臓に優しく優しくしてきた私なのだが、早起きした早朝に脳味噌の片隅でなにかが音をたててぷつりと切れた。やってられっか馬鹿野郎、食いたいものも食えねえでなんの人生じゃいっ! というわけで朝の06:00からデニーズに向かってしまう私なのだった。

朝食のローストビーフ 朝食のサラダ 朝食と1年ぶりのバター

ちょうどモーニングと通常メニューの端境期になっていたらしくて、よせばいいのに店長さんが「なんでもお出しできますよ」とにこやかにおっしゃるので、メニューを仔細に点検してアンガス・サーロインのローストビーフを選択。はっはっは、脂質40.1 gだぜ、こんなもん食ったら死んじまうよ。死ななかった。サラダは生ハムとパルメザン・チーズにオリーブオイルで、脂質8.1 g。石窯パンには生バターときたもんだ。いやあ、1年ぶりのバター美味ぇ。1年ぶりのローストビーフ美味ぇ。デニーズの生ビール美味ぇ! いいんだもうどうなっても、これだけ脂が食えれば我が人生に悔いなし。

結果的にとくに痛むこともなく、半日後の血液検査ではずうっと赤点だった赤血球がようやく及第点も貰えたのは、関係ないなはっはっは。


今日の大病院:

MRI装置 ※あ! よく見るとひとが!


お昼まで自宅でのんびりと食休みをして、13:00には大江戸リニアモーターカーで大病院に到着、順当に採血を済ませて定刻の13:30にはMRI受付に到着。14:00から穴ぽこに放り込まれて、息を吸ったり吐いたり停めたりすること30分といったところか。それだけのことなのに異様に疲れたのはなぜだろう。

鉄道ファンと鉄道ジャーナル そういえば、MRI検査室の待合ではお仕着せに着替えて「雑誌でも読みながらお待ちください」と言われるのだが、置いてある雑誌が鉄道ファン誌と鉄道ジャーナル誌だけなんだな。なんだろう、「MRIだからトンネル通過」っていう駄洒落、なわきゃないしな。

松本楼の薯蕷蕎麦 MRI撮影会の後に問診まで1時間ちょっとのラグがあったので、お昼はさっぱりと済ませようと思って3階の松本楼で薯蕷蕎麦などいただく。鶉の卵にハサミが添付されていなかったのは給仕の兄さんになんとかしてもらったのでいいとして、蕎麦もこの時期にしては充分に水準以上だし、下手に出歩いてなにやら捜してくるよりはよほどましだったな。問題は蕎麦湯がなかったことで、これでは薯蕷蕎麦をいただく意味がないではないか。蕎麦自体は美味かったので残念なことだが、しかたがない。


今日の問診: 素人考えだが。

おしり 2月からこっちエコーだCTだPETだMRIだと忙しかったのは、要するに京子先生が癌を捜す気まんまんだったわけなのだが、残念ながら最終兵器MRIをもってしても膵頭癌の存在は認められなかった。γ-GTPが倍になっていたのは要するに飲み過ぎだな。さきにも書いたが赤血球がようやく及第点まで来たのは、今朝のローストビーフのおかげだろうか。たぶん違うな。ヘモグロビンとヘマトクリットは相変わらずの赤点なので、とうぶんはレバと菠薐草と牡蠣でも食っとくか、ってなことかな。

アミラーゼとリパーゼはともに減少傾向にあるので、おそらくは膵臓さんがたしょう元気になったぶん、お隣の肝臓さんが衰弱しておられるような感じか。CEAが上がっている理由はよく判らないが、悪性新生物ではないようなので煙草の吸いすぎか、あるいは膵頭以外でも炎症でも発生しているのだろうか。

The Zircons at 幡ヶ谷 先日は久しぶりのThe Zirconsライブだったもので、自分ではよく判らないのでメンバーに「俺どうだった?」と阿呆みたいな質問をしてみたら、どうやら「声量が落ちている」らしい。あいつらそういうところは容赦ないので、却って意見は信用できる。それで先生に「ライブ演ったんですけど、なんか声量が落ちているみたいで」って言ってみたら、そりゃ声量も落ちるわなという以前に「1時間も立って歌ってた」ことのほうに驚かれたような印象はある。そりゃまあ、数値的にもアル中的にも、ほんとうならば閉鎖病棟に隔離してしばらく置いておきたいような感じだもんなあ。キッチネット付きでじぶんで調理して構わないんだったら喜んで入院させていただくのだが、どうも病院食とは相性がよろしくないようなのでしかたがない。

余談だが、どうやら軽い睡眠障害が出ているようなので「睡眠導入剤は服用してもよかですか?」とおうかがいしてみたら、「ハルシオン以外ならOK」とのお許しが出ました。言われなくてもそんなヤバそうなもんに手は出しませんよ、僕は単なるアル中であってヤク中ではないのだ。もう時効だと思うので書いちゃうけど、若いころならマリファナくらいまでなら手を出したことがあるが酒のほうが好きだな。アルカロイド系に手をつけたことは、意外なことに、ない。さいきんだと胃薬と間違えてレンドルミンを3錠ほど飲んじゃって「あ、俺ってばラリってる」って喜んでいたくらいが関の山だ。

それでまあ、判りきった結論としては「酒をやめろ」って話で、ここに書くようなことでもないので書いていないが正直言うとウェルニッケ脳症的な自覚症状もないことはないので、そろそろ潮時ではあろうと思う。


今日のフライパンの蓋:

フライパンの蓋 さて、一昨晩になんでかフライパンの蓋が割れてしまったものだから、帰りがけの若松河田ライフで貝印製品を買い込んできた。「立つタイプ」で800円くらい。要するにいちばん簡単なのは「無脂肪素材に片栗粉でも振って、テフロン加工のフライパンに放り込んで蓋をして5分か10分待つ」ことなのだから、蓋は必須なのね。

いま26:00といったところなのだが、これから鱈のすき身でちょいと実施実験を敢行する心算の私なのだった。なに、夕刻に帰宅して5時間か6時間がところは寝床でへたりこんでいたものだから、とくに眠くもないし体力不安もない。

footcopy