徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2015年2月28日(土曜日): リョクベンの天使。
今日の破瓜翌日:

同期会 昨日の大腸内視鏡下ポリープ摘除術(2か所)を受けてか、朝起きたら午後になっていて計算すると12時間ぐっすりと眠っていた勘定になる。5年前にも同様の施術を受けていて(2010年6月2日)そのときも帰宅後に13時間ほど爆睡しておったという記録がある。

機序はよく判らないのだけれども、やはりポリープ切断の後遺症ではあるのだろうなあ。たかが数ミリの「疣」を切り取っただけとはいえ、電流ワイヤーでプチッと切り取って傷跡はクリップで止めただけとか、身体もたいがいびっくりするわいな、そりゃ。あるいは傷口から、傷口というか思いっきり「それは潰瘍です」と書いてあるウェブサイトもあったが、その傷口だか潰瘍だかから出血している危険性もあるのわけだが、そういうのは便を観察すれば判るらしい。belowな話で恐縮だが、ウンコをしみじみと眺めても赤くも黒くもないのでそのへんは大丈夫なんじゃないかなあ。大丈夫だといいなあ。最悪だと炎症を起こして腸管穿孔から腹膜炎までの危険性もある、との噂も聞かないでもない。

とりあえず指示書には「おとなしくしてろ」(大意)と書いてあるものだから、なんとなくおとなしくはしていよう。


今日の中井「染の小道」オデッセイ:

大病院からの指示では「なるべく安静に」とのことであるが、安静だったらもう18か月がところは安静にしまくっているものでもう飽きた。というわけでもないのだが、家で寝てばかりいるのもなんなので晩御飯のお買い物がてら中井の町に出てみる。

林クリーニング 西武新宿線中井界隈で毎年この時期に開催されている「染の小道」という街ぐるみのイベントがあって、妙正寺川には一反木綿が飛び交っているわ、道道の商店の店頭にはオリジナルの暖簾がかかっているわ、あっちこっちでイベントはあるわ、和装のお姉さんたちがパンフレットを配っているわ、どこで聞いたんだか知らないけど外国人観光客もたくさんいらさるわ、とたいへんな騒ぎなわけ。ふつうの町のクリーニング屋さんからして写真のような始末、はっはっは。

染の小道 西武新宿線中井駅前妙正寺川ワイヤー群 中井駅界隈の妙正寺川上空には反物が展示されていて、写真の腕が伴わないのでよく判らないかもしんないけど、これは壮観。日曜日は天候不順につき縮小展示との由、ちと残念だがほかにも見どころがあるからね。ついでに準備段階のワイヤーだけの写真も載せておくのは、ひょっとしてこんなもん撮ってるのは僕くらいかなと思ったからなのだ。

アトリエ21 これも僕しか撮っていないかもしれない、「染の小道」イベント最西端にあたるアトリエ21の外観だ。僕も革細工をやらないこともないので、アトリエ21のおじさんはお知り合いなのね。それで、ここまで来るともう新宿区中井を越境してすでに中野区上高田に浸食しておる。僕ん家はもうちょっと西ね。

お蕎麦屋さんの暖簾 それで、若い染物作家さんも多いこととてたまにはこういうアバンギャルドな作品もある。

嘘ですごめんなさいもうしません石を投げないでぶつけないでやめて。
写真は上落合の蕎麦浅野屋さんがほんとにこうなのよ、とりあえず引き戸が左開きであることは判るね。


今日のお買い物: 晩御飯の。

そんなこんなで中井をひと巡りしてから、営団地下鉄東西線落合駅上AEONで軽くお買い物、をしようと思ったら膵炎病みの脂質と大腸ポリープ切除の繊維質その他のダブル食餌制限で食えるものがない、わっはっは。具体的には野菜全滅、茸全滅、肉類壊滅、寿司壊滅、魚類半壊、貝類全滅、香辛料系全滅、漬物全滅、麺類難渋の死屍累々ってどないせいちゅうのんじゃわれ。とりあえずさいきんマイブームの常食だった麻婆豆腐とキムチが封じられたのはたしょう痛いが、いずれにしても向こう1週間の話なのでなんとかするぜ、たしょう間違えてもなにも即死もすまいて。

トレイ型お粥 そんなこんなで、塩鱈を2パックと脂質の少ないつまり安い豆腐を1丁、レトルトパックのお粥をいくつか取り揃えて買い込んで帰宅。まあしばらくはしょうがないね。


先週あたりに発見した「トレイ型のレトルトお粥」は、まだ試用期間中だが気に入っている。膵炎病みとしては「小刻みにものを食う」というトガリネズミかハトみたいな生活を送っているものだから、朝の起きがしらにいきなり腹が減っていたりして、そういうときにこいつをレンジでチンしてフリカケでも載せれば当座の処置にはなるわけなのね。いわゆるレトルトパックだと食器なりを出してくる手間があって、それだけのことでも致命傷になりかねない状況が稀にないわけではないのよ、僕の場合。

これ、昔から市場にあったのかなあ、知らなかったんだけど便利だな。味もよろしい。


「お粥の味」で思い出したので書いておくと、中野共立病院の病院食のお粥はほんとうに美味しい。「こんなに美味しいお粥は食べたことがない」と思うくらいに美味しい。そのへんの料亭なら凌駕しているくらいに美味しい。いやマジで。

提供者を知らないのだが、あれが外食にあったら毎日通うのだけれども、どなたか由来出自をご存知あるまいか。



スポンサーサイト
02/27のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

ふむ、大腸内視鏡でポリープを切ったら食餌制限さらに上乗せなうえにアルコール禁止だって(´・_・`) さてどうすっかな。
02-27 14:39

今日は楽しい大腸内視鏡検査なんだが、下剤の効きがいまひとつだなあ。前回は振ると便ぐわー状態だったのだが(´・_・`)
02-27 10:38

今日は楽しい大腸内視鏡検査、下剤投与開始でスリル満点(´・_・`)
02-27 09:30

けっきょく眠られないまま朝だ。このまま大病院の大腸内視鏡検査に向かう、腹が減った(´・_・`)
02-27 06:41

レンタルDVD『超高速!参勤交代』を眺めているのだが、いい映画だとは思うのだが、内藤政醇(佐々木蔵之介)が閉所恐怖症であるという設定は必要だったのだろうか。馬に乗せたかっただけじゃん。
02-27 04:44

レンタルDVD『超高速!参勤交代』を眺めていて、ぜったい江戸城じゃない江戸城が(武道館に何回行ってると思っちょるねん)、調べてみたら山形城であるらしきことが判明。ふと思い出したら昨年現地に行ってた(写真は山形城にいた態度のデカい猫)。 http://t.co/bl1KSl38gb
02-27 04:30

レンタルDVD『のぼうの城』を眺めていて、「これ『パシフィック・リム』の芦田愛菜?」とか「よくよく見たら鈴木保奈美やんけ」とか、とことん近年の邦画に疎いな俺。ところで野村萬斎と樋口真嗣が現世にいなかったら、どんな映画になっていたんだろう、これ。
02-27 04:01

大腸内視鏡モニタを眺めていると、プローブ先端に武器が搭載してあってな、気泡をバキュームで吸い出し、あるいは放水して洗い流し、ペイント砲で組織に色を付けて立体感を表現し、電気熱線でポリープを焼き切って、傷跡に止血クリップを打ち込んでロボットアームでがっちゃんと固定。たいへん愉しい。
02-27 03:13

レンタルDVD『のぼうの城』をまた借りてきて眺めておる。知識としては知っていた「武士の座席では刀は右(喧嘩売るときは左)」とか「金打の際に鯉口を切って本気で喧嘩売る(ふつうは小刀で叩くくらい)」とか、時代劇で観たのって初めてかもしれない。そういうのもふくめていい映画だなあ。
02-27 02:41

今日は大腸内視鏡検査の後に蕎麦屋で高校同期会を予定しておるのだが、ポリープ切除とかしちゃうと蕎麦も酒も禁忌になるんだよなあ。気にせず飲み食いしちゃうと思うんだけど、だいじょうぶかなあ。 http://t.co/O6OUEXsQNp
02-27 02:00

2015年2月27日(金曜日): 破瓜当日(付: プチ同期会)。
今日の破瓜前夜:

金曜日の下部(大腸)内視鏡検査を控えて、木曜日は21:00過ぎくらいに就眠したのだが26:00くらいに起きちまってな、はっはっは、滅茶苦茶である。とりあえずいま29:00くらいなので、08:00くらいまで3時間ほど眠れればいいかなあ。あるいは、昨日も14:00くらいまでは眠っていたので睡眠は足りている筈なので、大病院のデイルームで寝かせてもらう感じか。

あとの予定がなきゃ気にもしないのだが、18:30から神田の蕎麦屋で高校の同期会があるのね。どう寝たもんかな、さて困ったな。下剤ルームで「寝ながらときどき起きてウンコしに行く」なんていう技が私に可能なんだろうか。

まあいいや。とりあえず眠くもねえし、夜のことは夜になったら考えよ(ここまで05:10)。


今日の破瓜: 付: 大腸内視鏡的ポリープ摘除術。

染の小道 けっきょく寝つけないまま、「ここで眠ったら起きられない」ような時刻になっちゃったもので、かなり早めだが家を出て西武新宿線中井駅前染の小道をざっと流して、とりあえずは曙橋に向かい、フジテレビ通りをお散歩しながら大病院に向かう。要するに遠回りしてのんびり歩いて時間を稼いだわけだけれど、やはり09:00集合の30分ほど前に到着してしまって、とりあえずは採血を済ませて、定刻くらいに内視鏡ルームに入る。

ここで経口腸管洗浄剤という液剤(味の素って書いてあったからモビプレップかな)を2リットルほど6回に分けて飲まされるわけだが、前回は前日からの投薬もあって飲み始めるなりピーピーと面白いように出てきたものが、今回は3回目の服薬後も静まり返っていてなにやら不気味だ。それで6杯目の後にようようなにやら出始めて、お昼くらいまでになんとか合格点は頂戴する。

12:30くらいからの施術ではいつも通りにモニターを見えるところに置いていただいて、あとは俎の鯉ってことかな。自分の腸のなかをカメラがするすると通りすぎていくのを見るのはけっこう愉しい。DVD売ってくれたら買うのにな。そうこうするうちに2か所ほどのポリープが発見されて、先生が「切りますか?」と尋ねるのでせっかくだから切っていただくことにしたら、「切ってもいいけどお酒飲んじゃだめですよ」と釘を刺されてしまいましたとさ。もともと救急救命での僕をご存知の先生で、大酒飲みなのがバレているわけね、そんなこんなで2週間の禁酒決定。ちっ。

大病院での血液検査結果ではCEA(腫瘍マーカー)が徐々に上昇していないこともあって、いま13.0 ng/mlくらいなのかな。今回の検査の主眼は大腸癌検査なんだな、たぶん。今日の採血でもたぶんCEAはとっていて、ついでの大腸内視鏡検査、4月に入るとMRIも予定されているということは大腸癌でも膵臓癌でも膵頭癌でも見つける気はまんまんだよね、先生。本日採取したポリープの生検結果は3月9日の通常診療での発表が予定されていて、これが悪性だったら僕はかなりヤバい立場に追い込まれる。今さら入院する暇もカネもないし、あとは死ぬだけみたいな状況に、ならないといいなあ。


G組同期会 術後7日間の留意事項まとめ
食事: 消化のよいものを。繊維質と茸類と刺激物は禁忌。
運動: なるべく安静に。仕事もすんな。お風呂も疲れるから駄目。
経過観察: 血便、腹痛、発熱(37℃以上)があったら消化器病センターに即連絡。

術後7日間の後に7日間の留意事項まとめ
食事: 通常通りでOK。
運動: なるべく安静に。風呂くらいなら入っても可し。デスクワークなら仕事もOK。

もともと膵炎病みの脂質制限があるところに、野菜と麻婆豆腐とキムチも封じられてしまって、明日からなに食べて生きていこうかなあ。なんとかなるとは思うんだけど、めんどくさい。


今日のプチ同窓会:

玉子焼きひとつ 18:30から、神田の味喜庵というお蕎麦屋さんで、高校の同期会というか僕の生前葬というか快気祝いというかを同期6人で開催。最初っから僕の病気自慢で始まって、まずは飲み物の選択で僕は酒は外すとして、カフェインも断っているのにソフトドリンクが烏龍茶と緑茶とコーラくらいしかない。お蕎麦屋さんなのに蕎麦茶もなかったのは意外だったけれども、蕎麦湯だったらいくらでもある筈なので今日は蕎麦湯メインということに決定。僕は蕎麦湯のストレートをじゃぶじゃぶ、6人のうち酒を飲まない組が3人で飲む組が3人という布陣。

蕎麦 サヨリの酢味噌 つまみのほうも気を遣ってもらって、僕は玉子焼き少々(ほんとうに一切れ)、蚕豆、湯葉豆腐、烏賊刺し、サヨリの酢味噌(青魚だと思っていたのだがその場で調べたらけっこうな低脂肪だった。付け合わせのいろどり野菜はパス)といった感じ。あとなんだかんだで鶏焼きとか薩摩揚げとか筍煮なんかは指をくわえて眺めている感じ。宴会ではこういう状況になるのはいつものことだし、けっきょく18:30から22:00まで馬鹿話ばかりしていながらまったく飽きない。

なんだかんだで本日の僕は主賓ということで奢ってもらっちゃって、ヤザキくんの自動車で家まで送ってもらっちゃいました。

02/26のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

明朝の下部内視鏡を控えて晩飯時限が21:00、なんとかクリアー。あと3時間くらい酒飲んだら寝よ。
02-26 21:01

「鶏削り節」 現在、売れすぎて販売中止になるほどの人気 - NAVER まとめ http://t.co/fTvhsiRnY2 ←膵炎病みで脂質制限のある私にはありがたい製品、なのかもしれない。どこで売られているのだろう。
02-26 20:59

@take_keke 結論として合唱団の指揮者はけっこう好き勝手を演っているということに(違、わないか)。歌い手としてなら、僕は敬一は見るけど昭さんは見ないけどね(見なくても判るから)(←問題発言)。
02-26 20:33

@take_keke すまんが昨年の定演は聴いてないんだけど、笠置くんでしたかしら。いらか系でふつうに『月光とピエロ』を歌うと軍歌めくんだけど、笠置くんが振ったらおフランスの香りがして面白かったな。南方くんがフリューゲル定演かなんかで振ったやつも好きです。
02-26 19:43

西武新宿線中井駅界隈「染の小道」、鋭意待機中。この写真じゃ判らんか、はっはっは。 http://t.co/TNusQnb3XP
02-26 19:33

@take_keke あくまで印象批評やけどね。昭さんはけっこうアバンギャルドにつくりかえてくる印象もありますし、合唱団の様子をみて調整するのが敬一、あくまで理想に近づけるのが昭さん(はい、印象批評)。
02-26 18:33

@makoto_bass かかってきんさいっ!(ほらキレた
02-26 17:44

一昨日は貧血様症状、昨日は膵炎痛、今日は膝が痛い。えーい、もう開き直っちゃうぞ俺。
02-26 17:38

膵炎病みで脂質制限のある私は、バターやチーズ、食用油が値上がりするという話を聞いても「俺には関係ない」で済ませている。「あたしゃ聞こえるから関係ない」ってんで聴覚障害者福祉にシカトこいてる連中と変わらねえな、これじゃ(憫笑)。
02-26 17:25

@take_keke 余談ですが、敬一の振る新実さんってものすごく正確にテンポを作っている印象があります(実測はしていないけど(笑)。三善さんはかなり自由に演ってると思う(勘))。でまああの曲想で20分間ならなんとか保つ、かなあ(遊星とかなら確実に即死する自信があります)。
02-26 16:50

2015年2月26日(木曜日): 破瓜前夜。
今日のよいよい:

西武新宿線中井駅前妙正寺川ワイヤー群 写真は西武新宿線中井駅界隈でこの週末に開催される『染の小道』に満を持して待機している妙正寺川の風景である。まあ知らないひとにはなんのことだか判んないね、はっはっは。でも暇があったら顔を出してよ、中井って意外と愉しいよ。

とかなんとか言いつつ、寝たり起きたりしているうちに目が覚めたら14:00だったりなんかして、しょうがねえなあ。機序が判らないのだけれども、入眠には問題がないのに90分単位で目覚めちゃったり、そうかと思うと10時間くらいも昏々と眠り込んでいたり、わけ判らん。いちおう日の出の07:00前くらいには起き出して朝日を見ようとは思っているのだが、なかなかままならないものです。まあいいか。

火曜日の貧血様症状はどうやら改善されたようで、それで水曜日の膵炎痛もやり過ごせたようで、木曜日の今日は膝が痛い。どうしょもねえな、しかたない。


今日の破瓜前夜:

明日は朝から下部内視鏡検査が予定されていて、まずは08:00までに起きられるかどうかが第一の勝負だ。まあなんとかなるべい、大病院に到着しちゃえばあとはぐったりしているだけのことだし。2010年の大腸内視鏡検査の記録があったので読んでみると、ぜんぜん覚えてないけどなんか愉しそうだからまあいいか。

ところで、その前回記録を読むとだな、施術後は酒駄目、繊維質駄目、香辛料駄目、運動駄目、風呂もやめとけみたいな制約があるようなのだが、明日の日暮れから高校同期が集まって僕の「生前葬乃至快気祝い」を開催してくれるんだよな(なんでか奢りだと聞いている)。会場が神田の蕎麦屋さんらしいのだが、ほんとは蕎麦もよくないんだよな。まあいいや、知ったこっちゃねえよ。

牡蠣麻婆豆腐 本日の食事は21:00までという期限もあるので少々焦っていたりする20:20だったりなんかして。昨晩は安い豆腐で珍しくプレーンに作ってみた丸美屋の麻婆豆腐がさほど美味しくなくて残していたところに、生協で買ってきたぷりっぷりの生牡蠣を放り込んで熱してみたらそこそこ美味いのでひとあんしん。葉物野菜や塩昆布も封じられているのでお粥も作りづらいので、あとは明治の無脂肪ブルガリアヨーグルトにはごろもフーズのフルーツ缶でも叩き込んでしまおうと考えているところ。

明朝はとうぜん絶食なので、迂闊に早起きするとつらいことになる。
頑張って24:00くらいまでは暇を潰して、明朝07:00くらいに目覚めてお風呂というのがベストなのかな。


ところで、指示書のどこにも「酒飲んじゃ駄目」とは書かれてないね。
02/25のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

@take_keke そういえば、早大学院定演OB合同ステージの案内をいただきました、TKS。なるべく参加したいと思っておりますのでよろしく。衣裳どんな感じ?(そこかい)参加費10,000円とあったけど、どうせなら2万か3万くらいふんだくっちゃえばいいのに(俺が困るか(笑))。
02-25 19:14

@take_keke えーと、明後日金曜日に僕の「快気祝い乃至生前葬」が開催されるんだが、面子が高校の同級生なんだよ。二十歳前後のリレーションって言うと俺なんかけっきょく高校同期か合唱団とオンナ関係だけだな(その後はバンド関係に移る。就職もいらか会合唱団の先輩に誘われた)。
02-25 19:09

@take_keke ん? 俺学院G組だったけど。入学するなりソーダくんにガンつけられて、ヤザキくんにトビゲリかまされてけっこうたのしい高校生活でした。
02-25 18:26

RT @Kawade_shobo: 津原泰水さん原作/近藤ようこさん漫画『五色の舟』(KADOKAWA/エンターブレイン)が、手塚治虫賞の最終候補に選出→http://t.co/w8Rd5qdIyo津原泰水さんの「五色の舟」は『11eleven』(河出文庫)に収録→ htt…
02-25 17:18

えーと、トータル・リコール。 RT @livedoornews: 100RT:【やばい】セイハ英語学院のCMがインパクトがありすぎて怖いhttp://t.co/QhmJBKOpLihttp://t.co/fuxkHCLfBL
02-25 17:17

@snji 星新一「目からウロコが落ちたのと、目にウロコが飛び込んだのの違いはどこで判るんだ?」ってのがありましたか。
02-25 17:13

RT @somenokomichi: お世話になります。よろしくお願いいたします! “@C_Hanawa: 今週の土曜日2月28日(土)落合・中井『染の小道』にて あめ細工の実演をさせていただきます!染めの街の 染め物文化! http://t.co/0GhUMexT
02-25 16:14

25日かあ。小学館ビッグコミック誌の先号先々号とROM落ちしちゃっているなあ。もう犯人とかぜったい判んないよなあ、まあいいかあ。
02-25 16:07

父に祖母の話を聞いていて、祖母が上野の料亭松源の娘だったのは知っていたけれども、上野戦争で官軍が松源2階に大砲を持ち込んで彰義隊を砲撃したときに祖母もそこにいた、というのはいくらなんでも出鱈目だと思う(祖母いくつだよ)。
02-25 16:05

@midoream それ「江戸」っぽくない?
02-25 15:29

2015年2月25日(水曜日): 安定なぞ望まぬ。
今日のくたばりぞこない:

経鼻栄養中測定器付き 昨日の貧血だかなんだか判んないけどものすごく元気がない状態から、帰宅してなにやら齧って7時間睡眠を2度繰り返して14:00くらいに目覚めたら、当社比ならたしょうは元気なのかな。ほんとうは今朝がたにけっこうな膵炎痛があったのだけれども、さいきんは「痛みをヒトゴトと考える」という禅だか瞑想だかの技術を身につけているので死なない限りは大丈夫。というかここ1年間ならば社会貢献はまったくないので、むしろ死んだほうが大丈夫だな。もし死んじゃったらTwitterに報告は入れておくようにするので、葬式くらいには来てくれて、それで忘れてくれれば本望だ。


今日の御飯: 毎日飯食って寝てるだけ。

牡蠣のオイスター風味 牡蠣焼きの白髪葱添え そんなこんなで焼酎など舐めながら、とりあえず牡蠣に片栗粉をまぶして焼いてみて、白髪葱を載せてみる。味は塩胡椒で、それなりに美味い。
ふむ、いかいテフロン加工プレミアムとはいえ、やはり無脂で焼くとたしょう焦げつくかな。水炒めにしてもけっきょく片栗粉が焦げちゃうんだろうし、なにか考えたほうがいいかな。


プラス麹 味噌麹漬鱈 味噌麹漬鱈

昨日は大病院の先生に「膵炎患者の主食は鱈とササミ」というご託宣をいただいたので(笑)、悪鬼羅さんに贈っていただいた味噌麹で鱈を漬けてみる。スーパーで買ってきた甘塩鱈のパックに不精してそのまんま味噌麹を注入してもみもみして、冷蔵庫に12時間ほど置いてから焼いただけだが、けっこう美味いなこれ。キンメやマグロや豚肉で試してみても面白いかもしれません。悪鬼羅さま贈の塩麹もあるので、試してみなければ。


焼きホンビノス貝 昨日買ってきたホンビノス貝は長径70 mmにもなんなんとする大物で、それにしてはひとつ60円だったが、こいつは焼かんとならんだろうと思って先代フライパンをカンカンに熱して放り込んで、硬くなりやすい貝だと思っているのでちょいと開き始めたところで火から降ろしてナイフとフォークで嫌がる貝をむりやり開いて、セブンイレブンのポン酢でいただく。ふむ、これくらいかな。あるいは電子レンジで酒蒸しにするという手もあるのだけれども、さいきんなんとなく火力づいているものだからこれでよかろう。

それで、たかが本美之主貝を噛んでいたら部分入れ歯がパキっとな。母が魚を好まなかったとかあるのかなあ、そこは措いても崖から落ちたりヤの字にボコられたりバスに跳ねられたりで歯はボロボロなんだが、たかが軟体動物に霊長類の歯が折られてどうすんのよ。人類としての尊厳はどうしたんだ俺、ひくひょうめ。

あとてきとうに御飯など。


今日の出演オファー:

The Zircons 直近ならば3月28日のThe Zircons at 高円寺Moon Stomp、ちょいと先ならば5月24日のensemble PMS公演があるのだが、今日は早稲田大学高等学院グリークラブから3月25日定期演奏会のOB合同ステージへの出演依頼が届きました。新実徳英『花に寄せて』を清水敬一指揮、佐竹優子さんピアノで演るそうで、体力的には不安がないでもないのだが、演目は関屋晋先生の時代に歌ったこともあって是非とも乗りたいなあ。もう何年前だか判らないけれども、関屋晋先生が星野富弘の詩について語ったことはいまでも忘れられない。

いちおうステージに椅子くらいは用意していただこうかな。じっさい昨年の仙台定禅寺ストリート・ジャズフェスティバルのThe Zirconsでは座って歌ったりもしていたし、僕の場合は座っていても立っていても発声など変わらん(ドン・チェリーが座禅組みながらトランペットを吹いているのと同じ)。

たまたま早大学院グリーの子がTwitterにおるものでいろいろ問い合わせたりして申し訳ないのだが、そこは敬老の精神で勘弁してくれいや(笑って誤魔化そう)。じっさい年齢なら3倍だしな(僕も頭の中身は中学2年生だけどな)。


今日の明日明後日: 計画的な私だ。

いま水曜日の26:00くらいで、暇なのでDVD『のぼうの城』とか『サンダーボルト』とか『超高速! 参勤交代』とかを眺めておる。食事を小刻みに摂らなければならないコマネズミかハトみたいな生活なので、これはまあしょうがないね。焼酎も飲んでるけどね、とくに膵臓が痛むこともなく、大過なく。

木曜日は、目覚めたらしょうがないので中目黒の歯医者さんに予約を入れて、金曜日の大病院は一日がかりなので明日じゅうになんとかならないとちと困るのだが、どうなるかなあ。中目黒のランチならば駅前のchano-maが定番なのだが、お粥を売りにしている岩茶房というお店があるそうなのでちょっと寄ってみたいとは思っている。ここまでで、歯医者さんの予約が取れたらという話やね、そこは人知の及ばざるところなので明日の問い合わせ結果を待つしかない。ちなみに翌日の大腸内視鏡検査があるので、21:00以降は絶食。忘れんなよ俺。

金曜日はとりあえず09:00までに大病院に到着することが目標。朝食なんかはまあなくても大丈夫なような気もするし、下剤の効きはいいほうなので大丈夫なんじゃないかな。あれ? 前回の下部内視鏡検査では前日に下剤を投与されていた筈なのだが、制度が変わったのだろうか。まあいいや、マグコロールPとかプルゼニドとかべつに飲みたくねえし、大腸洗浄では前回は緑便が出るくらいに成績はよかった。とりあえず大病院にて暇がいくらでもあるから、積ん読してある本でも持っていくね。

それで大腸検査の後には高校同期の俺「生前葬乃至快気祝い」があるもので、神田の蕎麦屋まで出るね。たぶん曙橋から都営新宿線に乗り込んで小川町に出れば30分くらいで着くんじゃないかな、09:00からの検査が17:00か18:00に終わる予定なのでぎりぎりなのだが、まあいいでしょう。

こんなもんでいいかな。あとは服装計画くらいなんだが、まあどうでもいいや。

2015年2月24日(火曜日): すってんころりん。
今日のよいよい:

看護婦さん 今朝は朝起きたら思いっきり朝だったのだが、お蒲団からまろび出て2、3歩も歩いたところでなんでか後ろ向きにコロリンと転ぶ私だ。先週来なんかだるいなあとは思っていたのだが、膵炎病みのよいよいも猖獗を極めてきた感じだなあ。寝所は2階で、とりあえず1階に降りる階段がおっかないったらありゃしない、転げ落ちたら即死できる自信がある。

とまれあからさまにおかしいので、タクシーを呼んで大病院まで行ってみる。外来受付が11:00終了のところ10:00に到着して、消化器内科のいつもの大先生に診ていただけることになって、とりあえず採血。採血後、待合で熟睡。それで13:00くらいから問診があって、血液検査の結果はいつもと変わらず赤血球とヘモグロビンとヘマトクリットが赤点の貧血気味なこと、γ-GTPとCEAがたしょう上昇していること、くらいでよいよいの原因は不明。ちなみに血圧は126/91で僕としては合格、脈拍も101 bpmだから心臓は動いている。さて、最悪の場合は大腸から液漏れしているとか大腸癌とか(5年前くらいにポリープは確認されている)の可能性はあるのだが、下部内視鏡検査が週末に予定されているので今日はもうすることがない。ふむ、まあしょうがないかと思う14:30だ。

先生には予て印刷しておいた「ここ半年間の脂質制限食まとめ」を提出して、なんかまた褒めていただいた。ついでに「自炊をしない膵炎患者って、なにを食べて生きてるんでしょう」って訊いてみたら、「鱈とササミ」というソリッドなお答えをいただいた。みんながんばれよ。

いろいろとしょうがないので、若松河田駅上のライフで加熱用生牡蠣とホンビノス貝と鶏砂肝とお豆腐と葱を買い込んで帰宅。元気がないんだから飯を食う、しかないよね。あいかわらず元気はぜんぜんないので、せめて転ばないように運動靴の爪先をなるべく高く上げて歩く感じで、ゆるゆると。


明日もこんな感じだったら、いっそ酸素カプセルかニンニク注射にでも行ってみようかなと思っているのだけれども、誰かやってみたひといます?

今日の膵炎亭日乗:

鶏砂肝のパセリ焼き そんなこんなで目覚めて大病院に行って帰ってきたら17:00になっちゃう感じ。テレ東午後ローが『サンダーボルト』だったのを観られなかったもので、クヤシいのでレンタルDVDで借りてきました。晩御飯はとりあえず砂肝焼きとレトルトのお粥ってな感じで、なにやら疲れていたらしくて20:00には寝ちまって27:00くらいに目覚めたのかな。いま翌朝の07:00くらいだが、『サンダーボルト』を観終わったら二度寝します。

おやすみっ。

02/24のツイートまとめ
Reviken_Tokyo

@hi_doi やっぱし。DVD『夕陽のガンマン』なんかはノンクレジットで山田さん入れてくれてるのに(たぶんテレビ放映からの流用で、日本語音声は半分も入っていないんですけど)。『スミス都へ行く』なんかも浦野光さんあたりで観たいんですけど、吹替版がないんですよねー。
02-24 17:36

膵炎病みの私は今朝起きて寝床からまろびでるなりコロリンと後ろにすっ転んですっかりよいよいなのだが、大病院の血液検査ではとくに異常なし(たしょう貧血気味、週末に大腸内視鏡を予定)。明日もこんな調子だったら酸素カプセルかニンニク注射にでも行ってこようと思うのだが、試してみたひといる?
02-24 17:21

@hi_doi ぜんぜん間に合わなかったもので、レンタルDVDで『サンダーボルト』借りてきました。吹替が入ってないのがナニですが、まあいいや。5時間遅れで黒板です!
02-24 16:35

@hi_doi あ、黒板の。急いで帰らなきゃ(´・_・`)
02-24 14:15

レンタルDVD『超高速! 参勤交代』を観る。一昨年だったかに煙草を買いに出たついでにいわき市まで常磐線で行っちゃったことがあるので、 http://t.co/NzOGObc4ij それなりに面白かったな。あの石垣は江戸城じゃない(ぜったい違う)けど文句はない。
02-24 03:23

2015年2月23日(月曜日): 死んでも死んでやるもんか。
今日の膵炎痛もどき: なんか違ったかも。

中井駅前中医整体 朝、目が覚めたら15:00でした。はっはっは、いまさら驚かない。

漬物学者宅でちょいとひと仕事やっつけてから17:00くらいに中井駅前高級料亭割烹錦山に届けものに行ったら、「いつも満席ですまないから」ってんでひと席あけてくれるそうな、17:30から。ふむ、30分ほど暇だな。

そういえばここ数日間ほど背中が痛いなと思っていて、てっきり膵炎痛が背中まで廻ったものと思っていたのだけれども、ふと気がつくとなんか背中がバキバキいってるし、これひょっとして膵炎痛じゃなくて単に背中が痛いだけなんじゃね? ということに思い至って、西武新宿線中井駅前の揉み療治に行ってみました。20分で1,600円、価格はまあまあかな。

漱石の猫に「やたらと残酷な揉み方をする按摩」というのが出てきて、新宿百人町ならば実在するのを発見していたのだが、中井駅前にもありましたわわっはっは。いや「揉む強さは大丈夫ですか?」って問われたら「大丈夫です」って言うのはいくらイグサを積まれても大丈夫な男の子なので、しょうがないけどほんとに痛かった。

結論として、膵炎痛じゃなくて「単に背中のスジが痛かっただけ」みたいな。


今日の外食:

錦山の湯豆腐 錦山の貝刺 というわけで錦山に行って、晩御飯をいただいてみる。

僕は膵炎病みで脂質制限があるもので、外食というと定食屋さんよりはむしろ居酒屋のアラカルトのほうが好ましい。例を挙げると、貝刺しとかナマコ酢とか蟹焼きとか、せいぜい湯豆腐くらいなら安全牌なわけなのね。コンビニ飯なら揚げ物不可だから弁当不可でおむすびのみ、街の定食屋さんなら勝手の効くところで無理を言わせてもらう感じか。

隣席したおっさんの糖尿病話でいろいろと盛り上がったりなんかして、いただいたのが湯豆腐と貝刺しってなところ。


いろいろとくたびれておる。
footcopy