FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2014年3月7日と8日(金曜日と土曜日): 酒飲んでなくても体調よろしくないということはひょっとして酒飲んでも飲まなくてもどっちでもよくね?
今日の実家詰所:

風呂場エアコンのリモコン 実家風呂場エアコンリモコンボタン調子がおかしいというので診にいったら、防水カバーの内側でメンブレンがずっこけている。仕様としては浴室内設置用だと思うのだが、幸いというか何故かというか浴室の外に設置してあったもので、さしたる耐水性は要求されない。本格的に壊れたらまた考えるということで、とりあえずカッターナイフで切り開いて修繕して、ポリラップでくるんで修理完了とした。ついでなのでお風呂を借りて湯船で1曲歌って、風呂桶も掃除しておいた。

ついでなので嘗ての自室、ってかここに住んでたこともあるんだよな俺。かつての自室につくねてあった衣類を少し引っ張りだして、まだ着られそうなものを回収する。学生時代から体型が変わっていないので、こういうときは便利だな。ジーンズのベルトループだけ千切れているものがあったので、ちくちくと修理してやってこれはすぐ着られる。あと昔まだ僕がお金持ちだったころに買ったウールだの麻だののスラックスのかっこいいのが数本出てきたのだが、穿いてみたらウェストが微妙にキツい。ふむ、背中の骨盤の上あたりだけすこし肉がついているのかしら。なんとかしてここだけ痩せてみましょうかね。

フライパンの蓋 帰りがけにふと気づくと玄関先の常夜灯が切れていたので、これも交換しておいた。ほんとはLED電球のほうがよさそうな気もするのだが、人感センサーで輝度の変わるタイプなのでLED対応なのかどうかよく判らないので白熱灯にしておいた。

使っていないらしきフライパンの蓋も、これは黙って貰ってきた。帰宅して自宅のフライパンに乗せてみたらぴったりでした。しめしめ。


今日のハライタ:

朝日新聞の記事(部分) 写真は斜め読みした金曜日の朝日新聞朝刊の一部である。たぶん被災地での独居中年男性の健康問題と飲酒行動に関する話題だと思うのだが、「3日で1升あけたりする多量飲酒の男性」という記述が気にならないでもなかったので話題にしておく。朝日新聞さん、見逃してくださいお願いします。学生の時分は浜離宮のほうで選挙調査とか企画部とかで結構働きましたよね、私。ねえ。

まず「3日で1升」のほうだけれども、さほど酒に強くもなさそうな僕でもアルコール25度の焼酎を2日で1升くらいなら平気で空けるよ。この書き方だとおそらく日本酒だろうから、アルコールの分量は焼酎の6割がところ。決して多すぎる飲酒量ではないんだな、これ。もちろん少なすぎる分量でもないわけだが。

それで、お酒を飲まないみなさんにも想像はつくと思うので想像してみてほしい。みんなでわいわい楽しく飲む美味い酒と、仮設住宅の湿った四畳半で飲む悔悟酒とで、同じ量を飲んだとして健康への影響は同じ? 違うと思う? はっきりと違うんだなこれが。ここまで極端でなくても、楽しい酒とつまんねえ酒だと二日酔いの状態からしてぜんぜん違いますからね、ということを酒飲みならば全員判っているわけなのだが、知らない向きも多そうなので念のため書いてみました。

そういうことを踏まえてこの記事を読むと、被災地はどうやら「たかが3日で1升程度でも健康被害が出るような劣悪な飲酒環境にある」らしきことが判るわけです。要因は住環境だったり雇用不安や将来不安だったりいろいろするのだろうけれども、いまはそこまでは踏み込まない。


そんなこんなで「ほぼ禁酒」生活が3週間くらいにもなんなんとする私なのだが。なぜ「ほぼ」かというと先週の土曜日のランチで生ビール1杯と生焼酎1杯をいただいているからなのだが、そんなもん日で均せばビールがお猪口に1杯/日、焼酎なんかプレパラートにピペットが要るくらいのもんだから、誤差の範囲として無視しよう。

金曜日は12:00くらいに起き出してカップラーメンを1杯、夕刻にキャベツ1/4玉と豚バラ100 gほどを炒めて食べたくらいなのだが、日暮れからなんでかお腹が痛い。ってか症状が明らかに「食べ過ぎ」なんだけど、そんな量は食っちょらん! 理不尽な。

しょうがないので出先のコンビニでホカロンを買って痛むあたりに貼り付けて温めて誤魔化して、帰宅してすぐに寝床に潜り込んで右半身を下にする姿勢で眠りました。


それはそうとここ数日ほど、2時間か3時間ほども活躍したり歩いたりすると臍の右5 cmあたりの腹が痛むんだよね。2年前の秋くらいから寝不足だったり疲れていたりするとたまに発生していた症状なのだが、ここへきて頻繁になってきたのはなんでだろう。次の中病院は来週の金曜日なので、ちょっくら相談ぶちかましてきましょうね。

そういえば来週の水曜日には例の心療内科のアル中外来があるのだが、行く意味があまり見いだせないのだけれどもいちおう顔くらい出しておくか。


今日のセッション:

ハモニカ中。 金曜日は歌舞伎町Golden Eggのシーナさんセッションに顔を出してみました。最初のうちは『枯葉』とか『On Green Dolphin Street』とかを渋く真面目に演っていたんだけど、そのうちにケンちゃんとかオークボさんとかの自由すぎるおじさんたちが登場して、徐々にカオスっぽくなっていきましたとさ。いい修行でした。

土曜日は高田馬場diglightのSazukuさんセッションに顔を出してみました。こっちはふつうといえばふつうのセッションで、けっこう反応もいい演奏ができて楽しい。とちゅうで僕ピアノ+アルトサックス+ベース+ドラムスというセットがあって、ギターがいないぶん静かになるかなと思ったらやっぱり僕が入るとやかましいのでした。はっはっは。



スポンサーサイト



footcopy