徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年12月30日(月曜日): おとっつぁんそれは言わない約束でしょう。
今日の昨晩:

ぐらんじ 日曜日深更、晩飯をどうすっかなと思って、ストックにレトルトおでんとヨーグルトがあるのを発見。そんなんでもいいかとも思ったのだが、さすがにこの組み合わせはないでしょう。そもそこまでの48時間で中野駅中の月見うどんと日清のカップラーメンしか食ってねえしよ、とは言うものの医療費その他でカネも払底しているし、腹が痛いので歩くのもかったるいし、さてどうすっかな。

いちばん近いCVSまでなら歩けないことはない。ってか喰わないと死ぬ。
LAWSONなので、ポンタカードとSUICAは使える筈だな。いくらなんでも煙草銭くらいにゃなるんじゃないか。
LAWSONに行って、お兄ちゃんに聞いてみました。ポンタとSUICAを出して「カネがないので戦力はこれだけなのだが、俺の戦力を測ってくれるか」ってさ。都合足したら「4,000円近くもありますね」とのことだったもので、気をよくして冷凍うどんとニボシとお茶葉を買ってきました。しまった七味も切らしているけど、とりあえずタバスコでいいか。


今日の病弱: 年間篇。

病院内風景 年末につき私の今年をちょいと振り返ってみると、前提として高血圧と謎の腹痛出没はあるものとして、通院と歯医者さんは除くとすると、以下の感じ。

  1. 2013年02月23日 腹痛(逆流性食道炎か急性膵炎か胆嚢炎か胆石?)で救命救急受診、
  2. 2013年09月20日 結膜炎的ななにかで眼科受診、
  3. 2013年09月19日 腹痛(原因不明)で自宅療養3日間、
  4. 2013年10月04日 腹痛(胃潰瘍?)で一般診療受診、
  5. 2013年10月31日 腹痛(急性膵炎認定、ついでに脂肪肝)、沖縄で5日間ICU(集中治療室しかも個室)ぶちこまれ、
  6. 2013年11月20日 腹痛(膵炎ではないなにか)で救命救急受診、
  7. 2013年12月29日 腹痛(膵炎ではない胃炎かなにか)で救命救急受診、
こんなもんか。しかし重篤外傷とかでも死にそうでもないやつが年間で救命受診4回は多いよ、申し訳ない。救命濫用はいかんと思って我慢していると、なんでかいつも深夜になっちゃうんだよなあ、すまんこってす。

さて、ざっくり「60日に一度ずつ具合が悪くなっている」ことが判る。そして「確定診断は出ていない」ことも判るので、こういうのどうしたらいいのかしらん。

まあいいや、病院も冬休み中だし、正月明けたら考えよ。死にゃしねえよたぶん。


救命病棟 ついでに既往歴を書いておくと、
  • なんとかヘルニア(たぶん切ってる。まだ可愛かったガキのころだ)、
  • 歯はぼろぼろ(崖から落ちたりバスと衝突したり殴られたりなんだり)、
  • 逆流性食道炎(虞病)、
  • 十二指腸炎(虞病)、
  • 急性膵炎(確定診断)、
  • 脂肪肝(確定診断)、
  • 骨折が2回くらい、ぎっくり腰1回、
  • 鼻が弱いが、蓄膿症ではないそうな。花粉症でもない(近所の耳鼻科で検査してもらって、既存のアレルゲンがすべてネガティブ)、
  • 老眼出ました(ごく最近)、
じじいだな。

今日のごろごろ: 難しく言えば闘病中。

寝たきり生活も72時間を突破せんとするところで、当初の20時間くらいまでは背中が痛くて辛かったのだけれど、そのあたりを過ぎると意外と平気であることが判明しました。自力で寝返りがうてるようなら、いつ寝たきりになっても大丈夫だな、こりゃ。

痛みは、投薬のせいもあってかけっこう治まってきたけれど、うすら痛い感じは続いてはいます。鳩尾右(僕から見て)あたりを叩いたり、歩道の小さな段差を踏み外したりすると「ずしん」と痛い感じかしら。でも土曜日の我慢していた時点では伏臥位(腹臥位)はやたらめったら痛くて保持できなかったのだが、今日ならなんとかなる。

とかなんとか言いながら、あんまり痛くないからいいやと思ってロキソニンをサボっていたりなんかして。よくないね、ちゃんと服用しましょう。


今日の栄養補給:

ブランチ 昨晩は冷凍うどんだったのはいいとして、寝たり起きたりしていたものだから「なんとなく朝的な時刻」にカップ麺(日清鴨汁蕎麦とかそんなの)。

2日半ぶんの寝汗もあって、でもお風呂を沸かすのが面倒くさかったもので10:30くらいにゆっくり歩いて実家まで行く。早足だと腹が痛いわけね。とりあえず亡母の位牌に線香をあげて、ついでに生前なら好評だったロイヤルミルクティーなど淹れてやる。死んじゃうと好みも変わるのかも知らんが、そんなもん知らんわい。

それで風呂を沸かしながら、父に出してもらった鮎の甘露煮と、納豆飯に海苔、なんでかコーンスープなどいただく。それからゆっくり風呂を遣って、買物に出ただけの父が帰ってこないものでお洗濯したりなんだりしていたのだがまだ父が帰ってこない。てきとうなところで帰宅してまたごろごろしておりましたけれどもね。

晩は、昨晩いただかなかったレトルトおでんと、実家からパクってきたカップ麺など。



スポンサーサイト
2013年12月27日から29日(週末): 土壇場でハリー・ライム。
今日の金曜日:

これはたぶんベルリンの牧子。 忙しいわ。
カネねえわ。
忘年会行けねえわ。

小銭を集めたら148円あったもので、コンビニで缶チューハイでも買ってこよう。


今日のハライタ:

土曜日の08:00、さいきんあまり驚きもしないが腹というか鳩尾が痛くて目が覚めました。ここんとこだと10月末に沖縄に着いた途端に急性膵炎で緊急入院というビッグギャグをかまして、11月20日にぶり返したらしくて中野の中病院、そのあと1回「もう死んでもいいや」と思って痛み止めで散らしているわけ。沖縄の病院では「これ、死にますよ」って言われているからあながち冗談でもないんだな、これが。

大概は晩飯の脂質由来でやらかしているようで、10月は沖縄料理、11月はドカ喰いしたピザとグラタンが原因であったように思っている。さて12月、金曜日の夜にはそういえばインチキな参鶏湯を食べているので、どうやらあいつの犯行だな。酒? 金曜日は缶チューハイの350 mlを3本しか飲んでねえよ、そんなもん飲んだうちに入りまっかいな。‥‥まてよ、寝る前のPC前で幻覚は見たなあ。部屋のなかで、赤い蝶を大きなカマキリが追いかけて飛んでいった。暮れからそんなもんおるわけあらへん、疲れてたのかなあ。

さてどうすっかな。鳩尾の痛みは波を繰り返しながら徐々に増悪していく感じで、たまにずっしりと痛い。お通じは下り気味ではあるが、いちおう順調。ただしおならとげっぷがどんどん出るのがちょっと楽しい。あとは夜半にちょっと寒けがして脂汗が浮いたくらいのことかしら。

行きつけの大病院も中病院も既に年末年始休みとて、行くとしたら救命になっちまうのも申し訳ない。だからといって手持ちの痛み止めもないし、しょうがないから我慢すっかってんで08:00から翌朝04:00まで寝床でごろごろしておりました。とうぜん絶食、水分はペットボトルのソーダと麦茶があったのでちびちび飲みながら、本を読んだりiPhoneをいじったり、ところどころで3時間ずつ2回くらいも眠ったかな。


今日の中病院: 膵臓なのにチョウ痛い。

救命病棟 日曜日の04:00、けっこう20時間くらいは頑張ったんだけどやはり辛抱たまらず、薬局ぶくろに鎮痛剤はないかと思ってひっくり返したけどないね、そんなもん。仕方がないので中野の中病院まで、カネもないので徒歩でとぼとぼと30分ほどかけて行って、「申し訳ありませんが」ということで診ていただく。

まずは問診と触診があって、血をちゅうちゅう抜かれて、とりあえずは普通に乳酸リンゲル液に鎮痛剤を混ぜたものを点滴されながらごろごろとする。のんびり150分かけて点滴したんだけど、あのー、痛いの治んないんですけど。「あ、やっぱり? 血液のほうでも膵臓っぽくなかったから、それじゃ胃か十二指腸かなあ」。とりあえず痛くなくなればあとじっとしてますから、先生お願い。「胃だとすると、ロキソニンとか使いづらいんだよねえ」。いやまあ、多少のことはええです。というわけで、中野駅で饂飩など手繰ってからその場で痛み止めと胃薬を飲んで、帰宅してまたごろごろ。

そりゃまあ、晦日の夜明け前から大した検査もできないしなあ、これはしょうがない。まずはロキソニンが効いたことをもってヨシとしましょう。


そんなことでごろごろうとうとしているうちに日曜日の25:00、ほぼお蒲団に籠もりっきりで48時間ほど経った。生産性皆無。ずぼらな性格でよかったのやらなんなのやら。

一正おでん 明治ブルガリアヨーグルト朝のフルーツミックス おクスリを飲むために食事を摂らなければならないのだが、食材が‥‥はっはっは、レトルトおでんとヨーグルトがあるぞ。なんだそれ。


腹は、うすら痛い。
2013年12月25日と26日(水曜日と木曜日): 穴のあいてない靴下。
今日のでらしね:

水曜日の昼に生協までお豆腐でも買いに行こうと思って家を出て、ふと今日明日は実家の父が不在だなあというのを思い出して、焼酎と食材を買い込んでとことこと実家に向かう総領の甚六なり。インフラストラクチャーが俺ん家とぜんぜん違うんだよね、電化製品もネット環境もテレビも。

というわけで36時間ほどのんびりして、煮物焼物などしながら録画しておいた東京12チャンネル『まほろ駅前番外地』を4本とかツェネガ『コマンドー』とかNET『タモリ倶楽部』を5本とか眺めつつまったりとする。

木曜日の19時くらいに寝ていたら、帰宅した父に「オヤジが働いてるのにおまえなんで寝てるんだ」って理不尽な理由で怒られた。知らんてばさ。


今日の古本屋:

ケストナーいないし。 ブックオフの翻訳文庫棚が「セカンドネーム順」になっている馬鹿はどうにかならんかと思っているのだが、名札は意外と趣味がいいなと思っていたのだが、ケストナーいないし。たぶん「欲しい」という意志表示なんだろうな、頑張ってくれい。

ちなみに新古書店はあまり好きではないので、文庫本は絶版しか買わん。
ビデオというかDVDは、見つけた瞬間に買うしかないよねえ、これはしょうがない。

2013年12月24日(火曜日): でらしね。
今日の高円寺オデッセイ:

ほんとは散髪しようと思って高円寺のGypsy Wayさんを目指したのだが、休店日でした。まあしょうがないな。あゆみbooksでロアルド・ダール『あなたに似た人』新訳のIIだけ買う。ブックスオオトリではエリック・フランク・ラッセル『私は"無"』を買う。通りすがりの古本屋さんで都筑道夫『西洋骨牌探偵術』を買う。

移動して、高田馬場のキノコノクニヤ書店が閉店セールをやっていたのだが、ほんとに閉めちゃうのだろうか。だとしたら残念なことだ。そして26日の月で一杯ひっかける。ブックオフではDVD『下妻物語』を購入。


今日のお誕生日:

19:00くらいに、今日は父のお誕生日とて実家に向かう。手ぶらだが。弟夫婦が焼肉セット持参で来ていて、ワイン片手に肉を食いまくる。脂身禁? 知らんてば。

2013年12月22日と23日(日月連休): 連休? そんなの関係ねぇ。
今日のお掃除:

ホイサッサ 百円均一ショップで買ってきた箒と塵取がようよう活躍の場を得て、ものすごく久しぶりに床さんの顔を見たような気がする。わはははは、この調子なら春には客が呼べるぞ。発掘された『剣客商売』とか『ゴルゴ13』とか『ブラックジャック』とかの単行本は順調に中井駅前高級割烹料亭錦山に運び込まれているし、『アカギ』とかは捨てちゃおう(付き合いきれん)。あとはA4版『映画秘宝』の山だな。処分するにしても新古書店には持ち込みたくないし、神保町あたりで専門店にでも当たってみようかしら。あとは寝床廻りに無慮百冊ほども散らばっている文庫本雪崩をどうにかすれば、かなりすっきりするな。

CX12 どうでもいいけど、文庫本雪崩の下層からCX12が1本発見されました。ほんとにミュージシャンなのか俺。


今日の晩御飯:

というわけで夕刻から笑点とサザエさんを観てから、例によってコンビニ袋に『ゴルゴ13』と『ブラックジャック』を詰めて中井駅前高級割烹料亭錦山に向かう20:00。ひと月にわたる努力の甲斐あって体重は58.0 kgまで戻したのだが、もうちょっと増やしたいので脂身禁には目をつぶって牛すじ大根、貝セットのメニュー表記をぶっちぎって栄螺の壺焼き、剥きトマト、湯豆腐といったあたり。あと焼酎じゃぶじゃぶね。


今日のお散歩:

スリーペイド 今日が返却期限だったDVD『長い長い殺人の夜』を早稲田通りのGEOに提出しての帰りがけ、ご近所のマユズミお婆ちゃんが、ふだんは矍鑠としているのに今日はふらふらと心許なげに歩いてくるところに遭遇。話を聞いたら、売薬の睡眠剤を飲んだら体質に合わなかったようでふらふらするので、薬局まで返品か交換に行くところだという。暇だし寒いし暗いし人通りないし婆ちゃんラリってるしなんか心配なので、ぶらぶらと駅前まで付き合うことにする。

みちみちの雑談で、マユズミさんが87歳だかで大正15年生まれであることを知る。こりゃ恐れ入りました、と。スリーペイドについては、行きつけの医院がお休みで売薬を買ってみたのはいいものの、飲んだとたんに瘧だか痺れだか動悸だかが起きたので、いちはやく薬局に行ってみようということらしい。それ明日でもよくね?

さて薬局で、と。マユズミさんの希望は返品返金か交換なのだが、開封して服用しちゃったクスリって返品が利くのかな、よく判んないな。それでまあ初見の薬局には同伴出店して、マユズミさんの背後で例の「満面のラブリーなスマイルだけど目だけ笑ってない」感じでにたにたしていたら、マユズミさん曰く「いつもより早く店員さんが折れてくれた」のだそうで返金処理完了。わはははははは、知らん。

スリーペイドはパッケージを見せて貰ったら10錠パック1回2錠だそうで、返金額から考えると1回300円がところにはなる。それって高貴高齢者の薬価としては高すぎね? ってんで、効果のほどもあろうし、マユズミさんには明日早々にでも医院に行って処方してもらうことをお薦めしておいた。それでとことこと帰宅。


今日の貧乏: 通常運転。

日曜日は、お掃除ついでに床で拾った五百円玉3枚でなんとか乗り切ったのだけれども、月曜日のお掃除の収穫は500円のし。手許の小銭と合わせて、煙草を買ったら残り128円ってキリがいいぜ。とりあえず今日のところは冷凍庫のなにやらと、あとレトルトのおでんがあるから乗り切れるなと思って、生協で128円の和からしを買ってきました。余裕があればおでんにちくわぶを足したかったのだが、今日のところは我慢だ。

明日? なんくるないさぁ、やること山積だぜぃ。


今日のおまけ:

なんだかんだで家でまったりとお掃除などしていたらまた800円ほど掘りあてましてな、じゃあ銭湯でも行くかってんで23:30くらいに落合駅松の湯に行ってみたらなんか営業してないっぽかったもので、東中野の健康浴泉まで足をのばす。ソリッドにお風呂目的の外出なので薄着ではあるのだが、この冬は数年前みたいな「腹立っちゃうような寒さ」ではないので、まあなんとか。あと、中野区(と杉並区)の銭湯って貸しタオルが無料なのかね。新宿区だと50円くらいとられるんだけど。あと髪を切ってからは全身水道水丸洗いだもので、貸しタオル以外の装備はいらない(パンツと靴下くらいは持参するが)。

返す刀で、落合の松屋で牛めしのミニに紅生姜を死ぬほど乗せていただいてきました。そんなこんなで、明日は野菜補給だな。中野で昼飯がてらにダイソーにでも行くとしようか。資本どうすんだ俺。

2013年12月21日(土曜日): 音楽的。
今日の下北沢:

演奏中 家でうすらぼんやりとしているところに、旧知のシラカワさんから「下北沢でイベントやってるから来てね。飲食付き、無料」というメッセージが入る。なんだろう。まあ暇だしカネないし、ということでとことこと下北沢まで行ってみる。小田急線下北沢駅は改装以降初めてで、なにこの駅ぼく知らない状態。深地下から井の頭線分岐あたりまで上って、ようよう自分がどこにいるのか判明したような次第。

指定されたアレイホールがまた判りづらい場所で、看板に「アレー」とだけ書いてあるのを見上げて「あれー?」とかベタなことを言ってしまいましたとさ。

ごちそう 行ってみて判明した趣旨としては「ばかでかいワンルームマンションで雑談しながら飲食、たまにミュージカル」といったていで、ピアノと歌手ふたりで『Sunday in the Park with George』を聴かせていただきました。たいしたもんだ。僕はというと、ひさしぶりのグランドピアノで『Misty』とか『You don't know what love is』とか『Sweet Memories』とかを弾き倒してきたのだが、あとで考えたらビリー・ジョエルとか演っといたほうがよかったかも。まあいいか。

あとは椅子にへたりこんで、みなさんお手製のベーグルサンドとかサラダとか炒めものなどを齧りながらビール的なものをいただいて満足。来年も12月20日に実施なされるそうだが、そんな先のことは判らん。


今日の夜遊び:

近所に新設なったコイン駐車場 帰宅がけ、中井駅前高級割烹料亭錦山にちょいと顔を出してみる。大将となんでか『剣客商売』の話になって、漫画ならさいとう版よりは大島版、テレビならやっぱり小兵衛は中村又五郎だよねえ、みたいな誰にも判らないことをぶつくさと喋る。藤田まことはねえよなあ、いや藤田さんのせいじゃないんだけどさ、みたいな。

近所の新設コイン駐車場は設置完了で営業開始のもよう。この照明ってひとばんじゅう点いてるのかな。けっこう明るくなっていいことだと思う。誰か停めてやれや。

2013年12月17日から20日(火水木金曜日): りびけんと大リーグボール2号は雨に弱い。
今日の火曜日:

セッション中 午後から実家に寄って、線香をあげて野暮用など。

ほんとうは持参のキャベツを預けておいた冷凍挽肉で炒めてと思ったのだが、小さいほうの冷蔵庫の冷凍庫が壊れていて挽肉が腐っていた。まあしょうがないね。なんかてきとうに齧って帰る感じでした。

夜は歌舞伎町Golden Eggのベッピーセッションに顔を出してみる。


今日の水曜日と木曜日:

父が留守だというので、エンゲル係数を下げがてらちょっと実家に寄ってみる。ひさしぶりに思いっきり自炊などしながら、ついでに母の写真などをちょっとスキャンしてみました。


牧子を探せ!あれ? 母ちゃんどこにいるのかな。
記念写真や言うとったけん、どこかにはいるんだろうな。









捜してみよう。





よく捜してみよう。あれ?












うそん。




答え合わせ。 こんなもん判りまっかいな(笑)。


ズワイガニ脚肉バタ炒め完成図 ズワイガニ脚肉付け根 ズワイガニ脚肉バタ炒め中

ブリ味噌漬もある キャベツ大量バタ炒め カマス

そんなわけで、蟹とかカマスとかをいただきました。


今日の金曜日:

ラドモワゼル・ソシアンド・マレ 実家でうだっとしていたら、日暮れて父がすき焼きを奢ってくれました。
ワインはラドモワゼル・ソシアンド・マレの2004でした。

2013年12月16日(月曜日): 違う方向で不調。
今日の体調不良: またかよ、ってのはあんたが正当なんだがまあ聞いておくれよ。

朝目覚めてもなんか身体が重いというかダルいし、起き上がるのも面倒くさいのでおしっこに行く以外は午後までお蒲団でごろごろしていました。ことしは無理せずに、5年間ほど我慢していた電気敷毛布も起動したこととて文庫本を持っている両手以外はぬくぬく。でもそのうちに目も霞んできたので、ちょいとお昼寝などして面白い夢を観る。僕は森の石松で、清水次郎長に派遣されてCIAエージェントチームと一緒にエジプトで闘うんだけど、実は僕は高所恐怖症で作戦にピンチが訪れるの。でも土壇場で僕が高所恐怖症を克服して世界の危機は救われたのだった。残念ながら僕と恋仲に陥る美女だけ出てこなかったけど、まあいいや。

なにが体調不良って、原因はたぶん栄養失調だな。水曜日からこっちほぼ1日1食で、それもコンビニ弁当とか饂飩とかキャベツ炒めとか碌なもんじゃないわけだし、そりゃ弱りもするわい。うん、カネもないし、なんとなく気にならない質だし。それで酒も払底していたものでカロリーも不足したんだな、どうやら。

そんな状況で寝っころがっていると余計に衰弱してしまうので、15:00くらいに起き出して、でもいきなり大層なものをいただくと兵糧攻め後の飢餓兵士がおにぎり3つ喰ったみたいになって死んでしまうので、とりあえずレトルトお粥に到来物の明太子を乗っけていただいてみる。


今日のお買物:

野暮用で中野に出たついでに、DAISOでお買物など。ブラシとちり取りセット*1、白雑巾4枚組、ステンレス束子8p、メラミンスポンジ16個セット、ついでに白磁丼*2で600円。要するにお掃除セットですね。百円均一ショップで100円以上の買物をしたのは、ひょっとすると生まれて始めてかもしれません。

それと、中野TSUTAYAでDVD『長い長い殺人の夜』を借りてきました。宮部みゆきの原作は読んだと思うのだが、記憶によれば主人公は「お財布」だったと思うのだが、お財布役は誰なんだろう。次回は主人公がアレだったのに無理矢理映画化した(と思しき)『ハサミ男』でも借りてきてみましょうか。


今日の晩御飯期待:

日暮れてさて晩飯どうすっかな、とか思いつつ腹も減らねえものでのんびりと雑事などしつつ、ある意味では『長い長い殺人の夜』とか『ハサミ男』とか『ゴールデン・スランバー』とかの続きと言えなくもない『恋』(小池真理子)がTBSにかかっていたものでのんべんだりらんりんとする。

そういえば誰か、柳原慧『パーフェクト・プラン』(宝島社)をマツコ・デラックス主演で映画化しねえかな。

そんなことをしているうちに、中井駅前の飲食店はどんどんと閉店時刻を迎えるのだった。ああおそろしい、あなおそろしや。ぶっちゃけ焼き系の店しかないしなあ、贔屓でまともだった『花』にはもう行かないし、美味い系以外は俺行かないし。


今日の晩御飯不発 ! :

いろいろしていて、さて23:00くらいに外食だ(栄養補給だ造血だ)。ネットでいろいろ、といっても錦山が終わっちゃってるだろうし焼肉もよろしくないし、じゃあ地下鉄東西線界隈だなってんでデニーズのメニューを調べてみたら「美健鍋~韓国プゴク仕立て 五豆と五穀のミニごはんつき」ってのが虞内臓病みの僕にぴったりじゃないの。

行きがけで銭湯松の湯に寄ってからデニーズ行ってみて、まず美味しいビールをいただいてから「美健鍋~韓国プゴク仕立て 五豆と五穀のミニごはんつき」をいただいてみたら、ごはんと汁自体は美味いんだけど鱈だかなんだかの白身がナフタリンだかクスリだか臭くて喰えたもんじゃねえ。僕の舌には合いませんでしたというか、ご馳走さまをして店を後にしました。ふだん肉系ならいい店だしよく通ってるんだけどな、残念でした。

なんかクヤシいので、環六斜向かいのグラッチェ・ガーデンズに入って生ビールとリゾット的ななにかかな? 食べてないから憶えてないけどなんか頼んで、まず出てきた生ビールが鉄くさくてひどいね。「これは飲めない」と言ったら女給さんがものの判った(いまからパイプを清掃しても間に合わないことが判っている)ひとで「では瓶ビールを」と仰るのだけれども、生ビールと瓶ビールは違う飲み物なので(ひとくちしか飲んでない)生ビール代だけお支払いして料理はキャンセルということで妥結。料理はもしいただければたぶん美味しかったのだろうけれども、残念なことでした。

都合すると、食ってない料理と飲んでないビールで3,000円だよ、二度と行くかよ落合界隈。


すみません怒ってます。
2013年12月15日(日曜日): 福引結果は(ドラムロール)。
今日の昨晩のお掃除:

家庭崩壊 けっきょく昨晩は居間とお台所の後に寝室のお掃除も始めてしまって、そうしたら積み重ねてあった本とか雑誌無慮数百冊の下あたりから、五百円玉が3枚も発掘されました。気をよくして夜食など買いに行く俺。まあキンレイの冷凍うどんと煙草と氷結レモンってなもんですけどね。それでもお釣りが220円もありました。

これで日曜日のお掃除にも気合いが入ろうってもんですが、なにやら目的が変わってきているような気がしないでもないのです。それはそれで、まあ構わんでしょう。


今日の福引: 3,000円ゲット!

中井商工会商品券500円×6 バカボンのパパ(中井商工会福引券) 本来僕は射幸性の高い博打をしない人間で、麻雀はたまに打たんでもないけど、たとえば年賀状の当籤番号なんかは見もしない。ついでにどうやら唯物論者らしいので、確率論を超えた祈りとか念力とかも信じてはいない。

さて、手許に福引券が10回分ある。方式はガラガラポン。もう射幸性のカタマリみたいなもんだが、裏庭の草を食み落ちている小銭を糧として生活している身としては背に腹も替えられないので、いそいそと中井駅前商店街駿河屋前の抽籤会場に向かう。ふだんは日曜日なら休みのお店が多いのでけっこうしーんとしていたりするのだが、今日はけっこう賑わっておりますな。

それで気合いを入れてガラポンを廻すこと10回。9個が赤玉の参加賞で、最後のひとつで緑玉の2等賞が当たりました! 中井商工会商品券3,000円分! 赤玉は、ごみ袋45リットル10枚パック×2、ポリラップ×1、箱ティッシュ×5、プリキュアのパンフルート(おもちゃ)に替えてもらいました。

近所のコンビニで1,500円分を焼酎と煙草に替えたところで、顔見知りの奥さんが福引券片手にやってきたので応援団に廻る。「もっと心を込めて廻さないと」と言った途端に、4等賞緑玉の商品券500円分が3玉も出ましてな、なんか感謝されちゃいましたよ。赤玉は半分が箱ティッシュ、半分は使い捨てカイロになっておりました。


今日の郵便物:

冬場になると、長屋のお隣の郵便物がよく僕のところに誤配される。長年なんでかなあと思っていたのだが、日暮れると家もお隣も表札が読めなくなって、ついでにお隣の投函口が真っ暗で見えないことを発見。こりゃある程度はしょうがないか。

でも宅配便に配達先を間違えられたこと、ないなあ。


今日の晩御飯:

帰宅してふたたびお掃除に勤しむのだが、今日は小銭の発掘がなくてつまらん。なんのためにお掃除していると思っているのだコラ床。

お茶しながら笑点とサザエさんを眺めて、中井駅前高級割烹料亭錦山に行ってみたら日曜夕刻なのになんでか満席。まあ繁盛しているについて文句はないので、お掃除の副産物のゴルゴ13とかブラックジャックとかの単行本を大将に渡して、これも福引券の使える蕎麦の長寿庵さんでちょうど1,000円の鳥南蛮饂飩などいただく。ちょうど1,000円なのは、500円単位の商品券だとお釣り銭が出ないから。蕎麦ではなくて饂飩なのは、ひとつにさいきん炭水化物が不足していそうな気がしたことと、長寿庵さんは蕎麦が絶品なので饂飩をいただいたことがなかったから。透き通るような中太麺でとっても美味しい。

満足して帰宅して食休みでお昼寝して起きたら、25:00だ。さてどないすべ。

2013年12月12日と13日と14日(木金土曜日): りびけん長屋大改装長期計画始動。
今日の大掃除開始:

家庭崩壊 たしか正月に「松がとれたら本気出す」とか言っていた筈なのだが、ちっとも本気を出さないどころか能のない鷹がネイルサロンに行っているくらいにしょーもない日常を淡々と過ごしているうちに11か月も経ってしまったのでした。まあいつものことだ。

それで18か月間も自宅を留守にしているうちに各種インフラがちょっとすごいことになっていて、仕事はまあそのだがプリンタ廻りとか埃まるけだし、風呂も入れないし料理もできねえ。先ずは18か月前の状態(よりマシな感じ)にもっていくので、とうぶんはお掃除特集ってことね。


木曜日はとりあえずの手始めに、目覚めてから3時間ほどお仕事、ちょいと休憩、3時間ほど居間のお掃除、2時間ほど台所のお掃除をしてみました。そのあたりが片づいたら、風呂釜のパッキンを交換せねばならないのだが僕にできるだろうか。まあやらんとしょうがないのだけれど。そのあとは、レガシー化した15年前のレーザープリンターとかまったく使っていないOASYS 500GXとかの粗大ゴミ処分だな。うむ、年内に終わるわけがない。

晩御飯は、キャベツと挽肉の炒めと、桑茶。
あとは酒も飲まずに寝てしまいましたとさ。


今日の金曜日:

判りづらいが、目玉焼きとキャベツ炒めの乗ったビフテキ。 早朝に、昨晩作成した燃やしてやらないゴミを45リットル袋で3つほど提出して、二度寝。

お昼はまたキャベツと挽肉で、ほんとうは午後から早稲田大学男声合唱団コール・フリューゲルの定期演奏会に行きたかったのだが、なんだかんだしていて果たせず。評判はよかったようなので一安心というか、最近の学生諸君と指導陣ならば心配してもいなかったけどね。

とうぜん歌舞伎町Golden EggのSazukuさんセッションにも行けず、晩御飯は中井駅前高級割烹料亭錦山で湯豆腐とトマトと玉子焼きなど。

夜半、なんでか膵臓がすこし痛む。


今日の駐車場:

駐車場看板 近所の新宿区立落合公園前のビル1階にあったTシャツ屋さんが板橋区徳丸に引っ越した後の天井高4 m、30坪ほどのスペースは、24時間営業のコインパーキングになるらしい。もともと公園周囲は違法駐車の温床なのだが、レギュラーで停めているひとたちは有料駐車場を使うのかな。

ゴミ集積所のまん前以外はそんなに迷惑ではないのだけれども、たまに警官隊がきて一斉摘発もされているので、ひと晩1,000円くらいなら払ったほうがいいとは思うのだけれども。月あたり30,000円ならこの界隈の相場でもあるし。


今日の給食:

母プレート さいきんでも学童が給食を残すと「世界には飢えた子供が」とか言い出す教師がいると聞いたのだが、体格や食欲の個人差を考慮せずに「一部学童には食べきれない量」を一律に提供しているやりかたのほうがよほど飽食的だと思うのね。たぶん、少なめに出しといて「お替わり自由」にすりゃいいと思うんだけどな。

幕内秀夫『もっと変な給食』ブックマン社 ちなみに、今は知らないが僕なんかの時代の学校給食は、自分が小柄なのもあってか「不味いものを大量に喰わされる」時間だったのね。いま思うと戦中戦後派の教師もたくさんおったろうし、彼らには「多すぎて食べられない」という概念が理解できなかったんじゃないかな。とうぜん味にもコンビネーションにも無頓着なわけだし、腐った魚肉ソーセージでクラスメイトが5時間目に吐いたなんてこともあった。僕はこっそり残して隠して食べなかったので無事だったけどね。


今日の土曜日:

なんでか15時間も寝込んでしまって、さすがに背中と腰が痛くてしょうがないので目が覚めたような感じはある。たまにはよかろう、すこしご近所をお散歩して背中の調子を整えてみる。

実家に寄って、寝たきりの母に貸し出したり買ってやったりしていたDVDの束を持ち帰ってきたら、収納がだんだん足りなくなってきましたな。あたりまえだよな、今後まず観ないであろうDVDを省いても150枚を軽く超えるし、音楽系は別棚に放り込んである始末。はっはっは、いつ観るんだろう。

午後からもそもそとまたお掃除などしていて、PC下のケーブルとぐろの下から五百円玉を発掘。嬉しい。雑誌堆積層のなかからは2003年のビッグコミック誌が発掘されました。どういうことやねん。譜面堆積層のなかからは2002年公演なんかの譜面がざらざら出てきたのだが、これは書き直せばいいからざばあっと捨てちまいました。この長屋に引っ越してきたのが1999年4月ってもうじき15周年やないかい、なので捜せばもうちょっと旧いものもあるのかしら。よし、見つけ次第処分だ。

バカボンのパパ(中井商工会福引券) 晩御飯はまた中井駅前高級割烹料亭錦山に行こうと思っていたのだが、17:30に行ったら予約で満席で、22:00に流星群を捜しながらもういちど行ってみたらまだ満席でした。この時刻の大繁盛はけっこう珍しいので、いいことなので文句も言えねえ。しかたがないので冷蔵庫にあったものを刻んだり炒めたりしていただくことにするわい。


今日の明日:

右写真は、大量に保持している中井商工会の福引券になっているバカボンのパパです。明日日曜日の13:00から17:00まで中井の駿河屋前でガラポンがあるので、なんとしてもいって1等の一万円商品券を10本くらいも勝ち取らねば、私に明後日はないのだ。

footcopy