FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年12月11日(水曜日): 俺の近辺だけ昭和い。
今日のレガしい私:

The Zircons on TV Show 朝起きたら、なんでかブラウン管テレビが点かないのね。いつもなら叩くと直るので叩いてみたけど直らないので、蹴っ飛ばしてみたら直りました。根性あるなあ、パナソニック。

ちなみにPCもカソードレイチューブで運用しております。
そういえばWindowsのOSもXPだな。
携帯電話だけiPhone4S(←微妙)。


今日の晩御飯:

岩手南部どりのごっちゃり弁当(Lawson)

2013年12月10日(火曜日): いままでだって大丈夫だったじゃないかあ。
今日のロクデナシ:

目覚めてカレンダーを眺めて、ああ10日だなあと思う。
ついでにああビッグコミックの発売日だなあと思う。
背中がちょっとかゆいので、Harvard Universityの生協で買ってきた孫の手はどこにいったかなあなどと思いつつごろごろする。

浮世の馬鹿は起きて働く、と。しょーがねーな俺。


今日のWe Wish You A Merry Christmas:

We Wish You A Merry Christmas 先日のensemble PMS公演のパンフレットには「We Wish You A Merry Christmasは6/8拍子」と書いてあったのがちと腑に落ちなかったもので、6/8にしようと思ってアフリカ人にパーカッションを担当して貰いました(武満徹『バンツー族の子守歌』のパクリ)。


今日のひつまぶし:

DVD『女優霊』 DVD『ゼイリブ』 中野のレンタルTSUTAYAでDVD『女優霊』と『ゼイリブ』を借りてきました。
これで半日は潰れる。

晩御飯はまたしても湯豆腐。

2013年12月9日(月曜日): でらしね。
今日の天麩羅:

人参のかきあげ お昼御飯は、中野マルイのつな八で天麩羅定食などいただく。

亡母の手料理はもう何年も食べていないというか、僕が実家に仕事場を据えていた時分には昼飯は僕が作っていたし晩飯は父が作っていたわけで、母の料理が主食になっていたのはひょっとすると中学生時分までだったのかもしらんな。当時好きだったのがまんまるいコロッケと、人参のかき揚げだったの。

というわけでせっかく天麩羅屋さんにいるもので、定食のついでに人参のかきあげも注文してみたら、メニューには載ってないのに揚げてくれました。つな八さんありがとう。でも母の人参のかき揚げのほうが美味かったな、これはしょうがない。


今日の家庭崩壊:

家庭崩壊 板塀

ありゃま→こりゃま。
ちょっと転んだわけさ。


今日のLos Periquitos:

ロス・ペリキートス 高円寺ムーンストンプでロス・ペリキートスがライブを演っているというので、ちょいと遅刻気味だが顔を出してみました。山崎規夫先輩がいらしたもので、2杯ほど奢っていただく。ってかカネがないよ無職。

ライブのほうはたいへん楽しそうでよろしいし、お客さんも満杯でした。いいことだ。サンチャゴのバンドネオンが妙に上達していたのはあいつのことだからまあいいとして、キノさんのギターがますますストロークに特化しているのが面白いなあ。小山亜紀は演らせればパーカスもできることも判明、なかなか上手い。

Tamashiro Market ところで、入場するなりタマシロ・マーケットのウチツーさんに「ご無沙汰」って挨拶されたのには驚いた。たぶん10年くらい前にサムズアップあたりで一緒してはいるのだが、当時は真面目にウクレレも弾いていたのだがいまならただのヨッパライの無職だし。

タマシロさんも、というか対バンも全員揃って百戦錬磨の猛者揃いでしたからね、たいへん楽しめました。


今日の晩酌:

越の寒梅 到来物の越の寒梅、ニボシ、とろろこんぶ。

と書いてから写真を眺めていて思ったのだが、俺ん家ってテレビの電波がアナログなのはまあいいとして(都庁の電波障害対策で2015年3月まではアナログで映っちゃうのね。そのあとは知らん)、PCもテレビもCRTというかブラウン管なのね。テレビなんか叩くと直っちゃうんだぞ、やはりどこまで行っても昭和から逃げられないのでした。

2013年12月8日(日曜日): 演奏会。
今日のensemble PMS vs. クール・ブリアーン:

ensemble PMS vs. クール・ブリアーン いろいろと闘病した結果、なんとなく咳もおさまったようだし動けないこともないようなので、ステージマネージャーを頼まれていたensemble PMS vs. クール・ブリアーンの演奏会 at 東京ウィメンズプラザ(青山円形劇場裏)に、10:00の約束のところ12:00くらいにのこのこと顔を出してみました。到着してからメールチェックしてみたらイウチ先輩から「ぜったい来るな! 寝てろ!」ってのが入っていたが、知らん。いちおうPMSは皆勤賞だし、ブリアーンさんも今世紀なら皆勤賞かも知れんし、皆さん新陳代謝もアレだろうから数時間くらいで風邪を伝染すこともなかろうし、最悪でもじっとしちょれば邪魔にもなるまいて。

例によって全体の進行を誰ひとり把握していないような感じでリハーサルが進むなかをうろうろして、なんとなく荷役とか譜面製本とかピアノ移動とかして、受付のあたりで与汰を飛ばしたりしていたら演奏会が始まって終わる。集客はキャパ226席のところ171名さまで、全自由席ならほぼ満席といえよう。演奏のほうは、さすがの百戦錬磨がぞろぞろいらさるので面白いに決まっておろうて。

痛恨事というほどのこともないが、作曲の横山潤子先生がいらっしゃっている情報を受付でゲットしたので客席を捜したのだが見つけられなかったのは何故だろう。帰りがけのところを発見したのでご挨拶して「今日はオーラ消してました?」って伺ってみたら、「宿題がたいへんなんです」との由にて。なんかよく判らない。

ensemble PMS vs. クールブリアーン


今日のウチアゲ:

ensemble PMS vs. クール・ブリアーン

  1. ウィメンズプラザ近所のスペイン料理屋さんでたのしくレセプション。
  2. 表参道方面にちょっと行った飲み屋さんで日本酒じゃぶじゃぶ、いつもの面子が10人ほど。
  3. 高田馬場「26日の月」で3人ほどで三次会など。LPでジャズをかけてくれるショットバーでした。
そんなこんなでへろへろになって帰宅、バタ寝。面白かったからいいや。
2013年12月7日(土曜日): 羊の霍乱。
今日の風邪ひいた:

ensemble PMS vs. クール・ブリアーン 明日8日のensemble PMS vs. クール・ブリアーンの合唱演奏会 at 東京ウィメンズ・プラザホール from 14:00では僕はステージマネージャーを引き受けるついでにアンコールでは歌う仕様を予定していたのだが、今日は一回こっきりの練習に行こうと思ったら、朝目覚めた時点でなんか喉が痛い。めずらしく風邪でもひきましたかね、風邪だとしたら3年ぶりだな。

というわけで、平均年齢60歳くらいになんなんとする合唱団の練習場で、まさか明日の本番を控えてパンデミックもバイオハザードも引き起こすわけにもいかないし、どのみちアンコールなんだから俺さまの一人や二人はいなくても構わないわけで、しょうがないから家でお湯を沸かしながらのんびりとする。暇なので、卵酒の卵とお砂糖抜きを冷やでいただいてみたり。明日には治るでしょ、こんなもん。


ensemble PMS いちおう明日の予定だけ立てておくと、
  1. 10:00現地集合、たしか青山通りを10分も歩いて円形劇場の裏だった筈。
  2. 09:45渋谷駅。
  3. 09:30高田馬場駅。
  4. 09:00出立。朝食を外食にするなら15分程度のバッファを見込む。
  5. 08:00起床、お風呂。
こんな感じかなあ。たぶん17:00くらいからラグナヴェールとかでウチアゲがある筈だから、たっぷり眠っておかなければならないのだ。服装は、いちおう音取りピアノが唐突に降ってくることもある団体なので、ねんのため黒黒にしておきましょうか。あと念のため箱ティッシュな。

風邪のほうは、よほどのことがなければ治るし、治らなかったとしても新陳代謝のあれな人たちが数時間で感染することもなかろうから、動ける程度であれば構わないかも。でもちょっと頭痛がしてきたな、大丈夫かな俺。


今日の停電: メンテナンス0。

Giftur Crump ブーツ そんなこんなでセラミック・ヒーターと電気ストーブでぬくまっていたら、DVDのジョージ・C・スコットおじさんがライフルをぶっ放したところ(ちなみに『激怒』の猫のシーンです)でブレーカーが落ちて目の前が真っ黒になりました。ふむ、去年まではストーブをしまっておいて(正確には家庭内紛失しちょった)セラミックヒーターだけで暮らしていたからなあ。それで家屋の構造上、アンペアが上げられないらしいのよね。

居間にはガス栓もあるので、やはりガスファンヒーターでも買い込んでくる必要があるのだろうか。とりあえず今は新聞紙を敷いてロングブーツを履いて誤魔化しておる。積極的な対策をとるなら、メインのブレーカーから四分岐しているので居間以外からストーブの電源を引っ張ってくる感じかな。テスターが発掘されたら試してみようかしら。


今日のお買物: メンテナンス1。

ナカバヤシ 5ボタンオプティカルマウス MUS-UKF77W 10年選手のマウスデバイス こないだうちからPCのマウスデバイスの動作がどうにも不審で、カーソルが吹っ飛んだりシングルクリックがダブルに認識されたりしていて、ソフトウェアかOSの不具合かなと思っていろいろいじってみたりしていたのだけれども、新しいマウスを買ってきたらとっとと解消しちゃいました。

ブツはヨドバシカメラで920円のワイヤードで、ワイヤレスでもよかったんだけど、使いっぱが常態なので電池がすぐに切れちゃうのよね。こんどはワイヤーが1,500 mmもあるので、たいした不便はない予定。ただボタンが5つ(ホイールクリックも含めれば6つ)もあるので使い方がよく判らない。まあいいさ。


今日のお買物: メンテナンス2。

Zippo ZIPPOを失くしちゃったもので、国際通りで少し小振りのものを2,100円で買ってきたのね。そうしたらこいつのオイルがちょうど1週間で枯渇することが判明。ちと早いようだけど、煙草以外にもお線香とかに火を点けまくりというのもあるのかな。沖縄以来だが、毎週土曜日の午後に燃料補給する習慣がついたのはいいことなのかもしれません。正直言うと「あれ? もう1週間経っちゃったの?」と毎週思っていたりするわけだが、まあいいや。

ロンソンのライター 捜せば昔のロンソンとかのオイルライターも出てくる筈なので、ちょっと探索してみます。


今日の映画鑑賞:

DVD『怪獣大戦争』 DVD『ゴジラ vs キングギドラ どうもさいきん映画館の環境が気に入らんで、名画座以外に行っていないようだ。しょうがないのかもしれないが、平気な顔して見切れの席があったり、観覧券を買うのがめんどくさかったり、始まったと思ったら泥棒扱いされたり、なんで映画業界は自分で自分の首を締めるような真似ばかりするのだろうか。

というわけで、中野TSUTAYAでDVD『怪獣大戦争』(1965)と『ゴジラ vs. キングギドラ』を借りてきました。要するに伊福部昭まつりで、前者は小学生時分に東宝チャンピオンまつりとかで観たような気もするが、ゴジラ映画断末魔みたいな感じだよな(『緯度0大作戦』は好きだが、あれで終わりましたね)。

後者はSFリテラシーのないおっさん連中がわけもわからず作った駄作、だったのを忘れておった。まあそんなこともあるけどさ、広瀬正も山本弘もフレドリック・ブラウンもあといろいろも読んだこともなくて考察したこともない奴がタイム・パラドックスをいじるなよ、阿呆。


DVD『激怒』 ジョージ・C・スコットが監督主演したDVD『激怒』も借りてきました。たぶん20年くらいまえに深夜テレビ映画で『ハードコアの夜』と「なんかフランスのおっさんが怒り心頭に発して古城で大暴れする映画」と、3夜連続で放映されていたのを観たような気がする。そのあと新宿ローヤルで観たかもしれないが、いい映画です。

深夜放送ではたぶん吹替えだった筈なのだが、音源は残ってないのかな。英語オンリーなのが少し残念なうえに、入れればすぐ入る筈の英語字幕が入っていないのはものすごく残念なり。でもラロ・シフリンが繊細な音楽をつけていたので相殺しておこうか。


今日の明日:

たっぷり食って寝て起きたら、治ったっぽい。よしよし。

2013年12月6日(金曜日): 全速力で立ち止まれ!
今日のお食事:

酒のない飲み屋さん 09:00くらいに目覚めて、うすらぼんやりとお茶などいただく。
ほんとは朝食用に昨晩駅前で買ってきた菓子パンがあるのだが、あまりお腹も空いていないのでお茶を喫んでいるうちにお腹いっぱいになってしまいました。さてどうすっかな。

自宅のお台所がね、なにせ18か月間もお留守にしていたものだからちょっと凄いことになっていて、じゃあどうすっかな。やるならいまでしょ! というわけで、例によって中野に食事に出るかわりに、つるかめランドで毛蟹と豆腐と白菜と糸蒟蒻を買ってきました。もう逃げ場ねえぞ俺。


今日の晩御飯:

湯豆腐 というわけで豪華湯豆腐はこんな感じだ。

自分の料理の才能に畏怖を感じる。

2013年12月5日(木曜日): のんべんだらり。
今日の朝御飯:

元気のもとは朝ごはん! 08:00起床、今日もとくになにもすることがない。無職って楽しい。
とりあえず朝御飯はキャベツなど炒めてみた。あと日東紅茶。


ここんとこの読書:

大崎梢『平台がおまちかね』創元推理文庫 大崎梢『背表紙は歌う』創元推理文庫 大崎梢の創元推理文庫のひつじくんシリーズを2冊ほど読む。たいへん面白いのだが、『平台がおまちかね』では「憧憬」に「どうけい」、『背表紙は歌う』では「山内一豊」に「やまうちかずとよ」とルビが振ってあったのが興醒めではあったな。よぶんなことすんなよ、整理部だか編集だか著者だか知らねえけどよ。

松崎有理『あがり』創元SF文庫 創元だらけなのだが創元SF文庫『あがり』松崎有理も読む。大傑作。伏せてはいるのだがあからさまに仙台市が舞台なのも楽しい。カタカナを執拗に排除しているのもゲームとして楽しいのだが、「ヒト遺伝子」はさすがにしょうがなかったようですね。

都筑道夫『死体置場の舞踏会』光文社文庫 古本屋さんで都筑道夫『死体置場の舞踏会』も購入、300円。昭和も終盤が舞台だもので、マイケル・ジャクソン『Thriller』とか出てきたりして、同時代が被っているんだなあと思って感動したりする。携帯電話の登場直前くらいの感じかな。


今日の昼飯:

テンプラ定食 さて昼飯をどうすっかなと思って、中井駅前牛清のカルビ定食、新宿中央口みみ卯のうどんすき、新中野かつ金のトンカツ、中野比内やの親子丼、中野マルイの新宿さぼてんのトンカツ、いろいろ迷った末になんとなく中野に出て中野マルイのつな八で天麩羅定食の高いほうなどいただく。あと生ビール2杯。
女給さんに「よく食べましたねえ」と言われたもので「美味すぎるんですよ」と苦情を入れてみたら喜ばれてしまった。

ついでにマルイの無印良品でパンツ(ちんこに被せるほう)を買ったら、紙袋に入れてくれた。いや、俺にそのサービスいらないんだけど。俺のパンツとか見たがるやつ、おらんさ。

あと、TSUTAYAで『怪獣大戦争』(1965)と『ゴジラ対キングギドラ』(1991)を借りてきました。え? もちろん伊福部昭特集ですよ、後者の平成ゴジラで伊福部復活に狂喜したファンは多かったものと思う。そうでもないのか。


今日の第九:

なにこの大騒ぎ 某人から、先日の昭 de 第九のステージ写真を送っていただきました。11月23日っけな、本来ならば僕と母が並んで歌っている予定ではあったのだが、アイカタが病死しちまったもんだからまあしょうがないよ。

当日は現場に行く心算であったのだが、日記を読み返すとどうやらハライタで寝込んでいたらしいね俺。しょうことあるまい。


今日の夜遊び:

CD『ナチュラル・ウエディング Pastel』 日暮れて、歌舞伎町Golden EggのTattiさんセッションにクロマティック・ハーモニカを3本抱えて行ってみる。すこーし練習したほうがよさそうかな、せっかく珍しい楽器を鳴らしているのだからもうちょっと突拍子もないことを演奏したほうがよさそうです。

途中で抜け出して、いつもの楽釜製麺所でいつもの天麩羅饂飩など手繰ってきました。

2013年12月4日(水曜日): 無産階級。
今日のお買物:

Giftur Crump ブーツ 道ぺたを歩いていて寒かったので、ブーツを衝動買いしてみました。踵3 cmって生涯新記録だし、そもロングブーツを買ったことがないような気もする。ブツはGiftur Crumpってパンクスやないかーいなんだけど、踝の角度がヘンである以外はふつうの造りだし、意外と歩きやすいのでいい買物だったのではないかしら。

関係ないけど、自宅の1階が板の間で2階が和室(畳敷き)だもので、1階はもう土足でかまわんアメリカンにしちゃおうかなあと考えているのね。1階ならふかふかしたカーペット類を撤去して、玄関先に靴底ふきふきを設置すればなんとかなる。2階は物置兼寝床なので問題ない。

ならいいじゃん。


今日のお昼:

またしても中野に出て、あまつさえガンジーパレスのバイキングランチ。チキン10本、生ビールがジョッキで2杯、元気なもんです。


今日のお買物:

帰りがけにキャベツ1/4片、以上。


今日の晩御飯:

キャベツと挽肉の炒め、以上。

2013年12月2日と3日(月曜日と火曜日): 生きてるうちが花なのよ。
今日の高円寺:

イエイ! 月曜日は08:00くらいに起床、簡単な朝食後にちょいと実家に寄って、母の遺影に線香をあげてみたりする。好きだった蜂蜜入りの紅茶も淹れて供えておきました。写真右下にちょいと見えるのがおニューの位牌で、当面は仏壇には納めずに食卓に安置しておく心算のようですよ、父は。とうぶんはお線香をあげにきてくださるお客さまもおられることとて、妥当な判断ではあろう。そのうちオムレツも焼いて供えてやりましょうね。

お位牌の戒名がなんとなく左に寄っていて、右側にもう一行分のスペースが空いている理由については考えないことにしました。
あと、「俺は散骨でも鳥葬でも重石つけて太平洋に沈めるんでもいいぞ」と父には言っておいた。僕もあと10年がとこ保てばいいところだと思うし、とくにひとさまの記憶に遺る人生でもなかろうし、どーでもいーし。

今日もこれといってとくにすることがないもので、なんとなく中野に出てガンジーパレスでバイキングのランチなどいただく。脂ものを禁じられている割にはチキン10本とか喰っちまったけど、とくに問題なし。痛くもなし。あと生ビールをジョッキで2杯。とくに問題なし。痛くもなし。よし、快調。

髪切った 食後にお散歩をしているうちになんでか高円寺に着いちゃったもので、ついでなのでものすごく久しぶりの千円カット「Gypsy Way」さんで散髪と洒落込む。ここ、ミュージシャン関係では結構有名なところで、千円でモヒカンにもできる。モヒカンにはしませんでしたが、刈り上げのベリーショートにしてみました。すこし寒いな、時季を間違えましたかしら。

時計をみたら15時を過ぎていたもので、これも久しぶりの高円寺書林というなまえの喫茶店で美味しいコーヒーを1杯いただいてから、小杉湯でミルク風呂に浸かる。クレオパトラか。千円カットと銭湯はセットで考えているからね、しかもベリーショートなので石鹸もなんもいらんし、小杉湯は貸しタオルが無料なのをなぜか知っていた私。

こないだうちの図 入浴後に、なんかブックオフのやっている「中古酒屋」があって佐藤が2,000円だったものでつい買ってしまう。あと楽やの並びの古着屋The Gateでマフラーを1本買ってみました。それでうろうろしていたら中野TSUTAYAに出たもので、DVD『激怒』(ジョージ・C・スコットのほう。ソフト化されてたんだ!)を借りてきました。


今日の夜遊び:

セッション中 月曜日の夜はとりあえず中井駅前高級割烹料亭錦山に寄って、今日も増血剤として湯豆腐とレバ刺しなどいただく。そろそろ休肝日の翌日あたりに献血リトライだな、前回のヘモグロビン不足が腑に落ちないので今度こそクリアしてやるぜ。

ほどよく酔っぱらってから、歌舞伎町Golden Eggのセッションになんとなく顔を出してみる。あとは帰宅して、洗面所から居間を素通りして寝床に行ってバタ寝。平和です。


今日の歯医者さん:

歯医者さんにて 火曜日は11:45から中目黒の歯医者さんを予定していて、とりあえず08:00起床。ついでのミッションとして実家で母用に買ったワンセグポータブルテレビが受信不調で映らないのでヨドバシカメラで交換というのもあったもので、とりあえず実家に行ってテレビを回収、ついでにお茶漬けなどいただいて朝食とする。

10:45にポータブルテレビを片手にぶらさげて中落合の実家を出て、リニアモーターカーで六本木、日比谷線に乗り換えて中目黒に出る途中で恵比寿駅を通過する。今夜は恵比寿で打ち合わせなんだよなあ、動線の効率のよろしくないことだが仕方がない。

歯医者さんではとくに痛いこともなく、ただ靴下に小さな穴があいていたのが痛恨事ではある。看護婦さんたちはみんなマスクを装用なされているので可愛いんだかなんだか判らないのだが、たぶん可愛いのだろうと思うのでおっさん(おっさん言うな)はウケたいのだ。だいじょうぶ、言い張ればいつか真実になることもある。


今日の洋装:

ネルシャツだと思ったらジャケツやった とかなんとか言いつつ、宇都宮の古着屋で買った790円のネルシャツとか着てたらモテるわきゃねえよな、はっはっは。ネルシャツだと思って買い込んでみたら実はこいつがハンドウォーマー・ポケットもある「ジャケツ」で、中綿も入っていた。レーヨン混紡でけっこう温かくて重宝していて、晴れた日だったらロンTとこれで充分いける。いい買物だったとは思うのだが、おっさん(おっさん言うな)が790円というのがまあその、まあいいか。

靴とジーパン それで思い出したのだが、これも宇都宮で買い込んだコール天のズボン(コーデュロイのパンツ? なにそれ美味しいの?)はGAP製品なんだよな。ジーパンはLevi'sから始まってノーブランドまでそこそこ、というか一生分はもう貯め込んでいるのだけれども、そのなかでいちばん寿命の短かったのがGAPなのね。たしかあっという間に膝が破けた。

このコーズはどうなのかな、試着の段階で宇都宮のGAPのお姉さんが「営業抜きで、こんなにきれいなシルエットの出るひとを初めて見ました」と営業トーク(おっさん(おっさん言うな)は疑り深い)をかましてくれたし気に入ってもるのだが、僕が衣類に求めるのはどちらかというと見た目よりは耐久性だったりする。どの段階で膝が抜けるのか、気をつけて観察したいと思う者です。とりあえずお洗濯時にはネット使用でしょうな。


今日の午後: お昼御飯とか。

歯科医治療後に、中目黒レギュラーと化しつつあるchano-maで880円のランチなどいただく。御飯と豚汁がやたらと美味くて、あと小鉢が3品つくのだけれども、12種類もある小鉢から3つ選ぶのが面倒くさいものでつい「メニューの写真のセットでください」と注文してしまう。次回は店前のメニューでじっくり考えてから入ろうかなあ。でも面倒くさいなあ。細かい判断業務は他人任せというのが僕のスタイルではあるし。口は出さない、文句は言う。

どうでもいいけど、お食事の分量が少し足りないというか、腹八分目なような気はする。でも美味しい御飯をお替わりするには紙一重というところなので、これでちょうどいいのかなあ。次回なにか考えてみよう、豚汁お替わりとか小鉢追加とかの方策はある筈だ。

10年選手のマウスデバイス 東横線で渋谷、国鉄山手線で新宿というルートで新宿西口のヨドバシカメラに至る。ワンセグテレビは交換してもらって、ついでにエプソンのプリンターのインクを買って、あと念のためマウスもひとつ、920円だが買ってみた。マウスのほうの結果を先に書いておくと、先般から自宅PCのマウス動作がいろいろ不良でソフトウェアだの設定だのをいろいろいじっていたのだが、新品に替えたらいきなり治ったんだからハードウェアの不調だったのね。無駄な苦労をしてしまった。

実家に寄って母に線香をあげてから、ワンセグテレビのセッティングをして83歳の父にリモコン操作を教えるのがちょっと手間取ったかな。スイッチ操作の概念がトグルスイッチからひとつも進歩していないというのがまずあって、そういえばiPhoneをいじらせたときにも難渋してはいた。まあいいや、そのうち馴れるでしょ。ヨドバシカメラさんに機械を交換していただいた結果、電波入らない問題は解消されました。

それで帰宅して、なんとなく資源ゴミの整理などする19:00なわけ。


今日も夜遊び:

ensemble PMS vs. クール・ブリアーン 日暮れて、ensemble PMSの練習会場を目指して恵比寿に向かう。8時間前にここ通ったんだけどね、なんてことは言わずに。まあ東中野から省線に乗っちゃえば30分とかからんからいいや。

12月8日の演奏会の打ち合わせで、飲み屋さんで「僕はなにをするんですか?」「うん、ステマネ」で相談を終わらせようとするいつものあのひとたちの話がどんどんヨレていくのにてきとうに合わせながら詳細をなんとなく聞き出していくいつもの作業。まあなんとかなるべい。それでなんでかステージマネージャー(俺)がアンコールで歌うという不思議な仕様まで設定して、美味しいお酒とお鍋は奢っていただいて本日終了。

今日もいい日でした。

2013年11月30日と12月1日(週末): 納骨不調と宇都宮オデッセイ。
宇都宮にて 宇都宮にて
りびけん家墓 11月30日の土曜日は宇都宮の菩提で亡母の納骨法要(というのか。詳しくない)があって、父と僕と弟と弟嫁は弟の借り出したワゴンで、母方だと伯母1と叔母は湘南新宿ラインで、叔母2は芦屋くんだりから新幹線で、宇都宮市街の宝勝寺を目指す。僕は運転免許を所持しないので、弟がずうっと運転手。僕はというと、後部座席で遺骨抱えて居眠りしておりましたとさ。

父方の叔父と奥様、それと父の教え子のかたがたもいらしてくれて(父は元センセーなんだな)、式次第は滞りなく。ただ、お墓に蜜蜂が営巣してやがって納骨ができないという仰天事態が出来、本日は四十九日兼百箇日法要のみ執り行って、納骨自体は来週あたりに蜂業者さんを呼んでなんとかしようという話になりました。はっはっは、蜂にまで好かれましたねということでまとめておいたよ。


宇都宮にて 精進落としの会食で久しぶりにちょっと酒など舐めた後に、三々五々帰宅する親族知人の皆さんと別れて宇都宮の街に消える俺。なんか宇都宮なら寂れているほうの東口に1泊1,995円というお宿があったのでオンライン予約しておいたのだった。

宇都宮というと、市街を歩くのはほぼ四半世紀ぶりかな。前世紀の終わりくらいに宇都宮大学で演っていたオペラに出演したことがあったけど、あのときはちょっと忙しくてほぼ宇都宮駅と大学の往復で終わっちまっていたのね。というわけで16:00くらいからオリオン通りあたりをうろうろして、ついでに二荒山神社の前田雀郎の句碑を眺めに行く。

写真は暗くてよく判んないんだけど(補正する気もせんが)、川柳では一家をなした前田雀郎さんというのが僕のお爺さんだそうで、全国から寄金を募って二荒山神社境内に句碑を建立した。除幕式で紐を引っ張ったのが当時3歳の俺で、チェックの短パンに蝶ネクタイでわけもわからず紐を思いっきり引っ張ったら満場のオトナが拍手してくれたので「ウケた」と思って嬉しかったのを憶えている。そのまんま馬齢を重ねちゃいましたが、まあいいや。


宇都宮にて 宇都宮にて
それからオリオン通りとか泉町とかを流してみたんだけど、まちいちばんの繁華街が18:00くらいでこれってどうなのよ、とは思うのね。これだけで俄かに判断することはしないし、東口に出たらゴジラもいたからなにやら頑張ってはいるのだろうけれども。

けっきょく土曜日の夜はマチナカでのワルサはいっさいせずに、1,995円の宿に戻って21時過ぎには眠ってしまった。とうぜん日曜日は04:00くらいには目が覚めちゃうもんで、ちょっと寒いなかをお散歩してみたり、お風呂に入ってみたり、06:30からのバイキング朝食に06:30に行ってみたりして、07:30から09:00まで二度寝してから『題名のない音楽会』など眺めて宿を後にする。

それで思い出したけど、なんでビジネスホテルの有料テレビってエロしかねえんだよ。『探偵物語』とか『傷天』とか、なんなら『ブルース・ブラザース』とか『エイリアン』とかでもあれば観るんだけどな。ビジネスホテルのお客さんってそんなにギラギラしてるのかなあ。ガイジンがビジネスホテルに泊まって「美人はどこにいるの?」と訊いたとかいうギャグは措いといて。

靴とジーパン さて少し歩くかってんで、でも革靴って歩きづらい(馴れてないだけ)よなあと思って、まずは宇都宮駅前のABCマートで安売りの運動靴など買ってみる。真っ赤。歩きやすいのはいいのだが、ネクタイは取り替えたとはいえ喪服の黒スーツに赤いスニーカーってどうなのよと思って、お向かいのGAPに寄って安売りのうえに2割引のコール天のズボンも購入。GAPの店員のお姉さんの協力で、スーツと革靴は紙袋に叩き込んで宅配便で東京に送り返した。どこまでいっても手ぶらなのね。

そんなことでいろいろと身軽になったので、むかし住んでいた家のほうに向かうべくバスに乗り込む。かつて30円だったバス代が200円になっているので驚愕する。


そんなわけで宇都宮市峰町界隈に行ってみるのだが、誰も判んないよなこの話。
まあいいか、判るひとが地球上に数人くらいはいそうな話を続ける。

宇都宮にて まず驚いたのが、喫茶ロベリヤがまだ営業している!
僕が小学校にあがるか、あるいはまだ幼稚園時分に開店した当時は同伴喫茶だったのだが、なんとなく純喫茶っぽくなっておりましたな。僕ん家のほうに入る道は一見すると幅員2 mくらいの路地だし当時は舗装もされていないくらいのショボい道だったので、ロベリヤがランドマークとして機能していた時代はあった。今は知らん。

宇都宮にて さて生家、じゃないけど生後すぐから15歳までりびけんさんがすくすくと育った宇都宮大学官舎を見にいったら、ただの土盛り空地になってやんの。でも僕がモノゴコロついたころも「ただの竹藪の真ん中」だったから、あらかた元通りと言えば言えるか。


宇都宮にて 宇都宮にて

小学生のころに通っていた小学校にも行ってみた。正門前で営業していた染谷豆腐店の娘さんがブラスバンドの先輩だったもんで挨拶できるかなあと思っていたら、店が溶けていた。

蕎麦屋写真のほうは、たいして美味くもないのだが町内に一軒しかなかったもので当時我慢して食ってた蕎麦屋。おそらく溶けておろう、ざまあみろ。



宇都宮にて りびけん初キッスの現場たる某所公園である。
ああ懐かしい。13歳だったか15歳だったかもう忘れた。

お相手の女の子は憶えて、いるだろうか。


宇都宮にて
もうどんどん判らなくなるのだが、写真は宮の橋から望む田川だ。

僕が住んでいたころはドブ川だったのだが、今日覗き込んでみたら見違えるように澄んだ川になっていて、あまつさえ鯉まで泳いでいた。

たいしたもんだ。


宇都宮にて 宇都宮にて
宇都宮餃子については語りたくないことがたくさんあるのだが、日を改めよう。とりあえずこういう大人げなさは嫌いじゃない。

右の写真は市内の食堂に展示してあったアイランダーウクレレで、たまたま同型機を僕も所持しているので記念に撮影させていただいた。二荒山参道正面の春木屋さんだ。


宇都宮にて それでさあ、東京に戻ったからってとくにすることもないので、ついでに近場の温泉にでも行こうかなと思っていたのだけれども、駅前の楽器屋さんでHohnerのSuper 64ってつまりクロマチック・ハーモニカがざっくり3万円のところ15,000円で叩き売られていたもので、ついうっかり買っちゃったので懐具合が大崩壊。しょうがないので湘南新宿ラインで帰宅しましたとさ。

夜、中井駅前高級割烹料亭錦山でおとなしく湯豆腐など。

footcopy