FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年10月30日から11月8日(水木金土日月火水木金曜日): 美らの男。
今日の10月30日の水曜日:

じつは小山亜紀 小銭が入ったもので、中井駅前高級割烹料亭錦山のツケを支払ったついでに飲んで泥酔して、あと中目黒に小山亜紀のライブを観にいった。母がお世話になった歯医者さんが近在だったので寄ってみたのだけれども院長先生は不在で、あとでお電話をいただいて恐縮することしきり。


今日の10月31日の木曜日:

與儀朋恵さん 野暮用で朝から新宿に出て、野暮用後にふとJTBかなんかがあったので寄ってみて、11月だから南かな、南つうたら沖縄かな、なんて思って軽い気持ちで受付のお姉さんに聞いてみたら意外と安価に2泊3日が賄えるらしいので頼んでみる。5時間後には那覇空港に到着する俺は手ぶら。

なにしろ初めての沖縄だもので、まず宿に行ってから国際通りという繁華街に行ってみて、右も左も判らないところを客引きのおっさんの顔つきが気に入ったものでライブ飲み屋に入ってみたら、演ってた與儀朋恵さんという三線弾きが大当たりでラッキーでした。お店はたしか「海音」といったと思うのだが、ステージが與儀さんでなければ次は違う店に行っていたものと思う。あと泥酔して昭和村というお店にも行って、なんだかんだでよく飲んで食った。これが陥穽だなどとは思いもせず。


今日の11月1日の金曜日:

早朝に腹が痛くて目が覚めた。詳細は別に譲るが、要するに急性膵炎で瀕死だったらしいのね、俺。土曜日に東京に戻る心算が、なんでか集中治療室に放り込まれていろんなチューブを繋がれるわけ。

ホテルの部屋の鍵を持ったまま収容されてしまったもので、ホテルに電話してみたら係のひとが僕の荷物を持ってきてくれて、鍵を回収して帰っていかれた。申し訳のないことだ。

ICUは寝たきりの患者さんばかりなので、俺みたいなのがいてもいいのかなというのと、それだけたいへんな状況なのかな俺は、という思いが交錯したりする。


今日の11月2日の土曜日:

禁酒はもともと平気なのだが、禁煙が辛くないのが意外でしたかな。禁酒のほうの離脱症状も出なかったのは不思議だな。腹はときどき痛い。たまにものすごく痛い。とりあえず「じぶんでできることはする」方針で、終わった点滴を停めたりとかバイタルモニターのツナギをいじったりとかは自力でできるようにしてみました。

帰りの便に乗れる目のなくなったLCCに電話してみるも、出やしねえよ、まあしょうがない。あきらかに延滞するレンタルDVDに電話してみたら、「そういうご事情でしたら延滞料金はいただきません」とのご託宣をいただく。ありがたいことだ。


今日の11月3日の日曜日:

ペンダント 宮部みゆき『楽園』の文庫を売店で、っていうかそれしかなかったので買ってきた上下巻をなんとなく読む。ヒマだ。ワンセグのTVも支給されているのだが沖縄ってチャンネル少ないみたいだし、伸ばし伸ばしで時間を稼ぐ簡単なお仕事なわけ。
※後日追記:
その宮部みゆき『楽園』は病棟のデイルームに寄付してきた。
かつてなら宮部みゆきや東野圭吾は母とシェアする習慣になっていたのだが、もうその必要もない。

腹痛はだんだん寛解してきたみたいで、トイレにも自力で行けるようになってきた。病室前のレポートにお小水の量を記入する欄があるもので自分で書いていたら、あとで看護婦さんに「誰が書いてるんだろうと思っていました」って言われた。じつは集計までしていたのだが、バレていないといいのだが。それで清拭があって、看護婦さんにチンコまでふきふきされたのは内緒。


今日の11月4日の月曜日で祝日:

看護婦さんがにこにこしながらいらして、「CRPの値もいいし、お風呂いきましょうか」と言ってくださる。こいつぁ嬉しい、風呂も久しぶりだし、なにより「やること」ができた。病院のお風呂はお風呂と言いつつシャワーだけだったのだが、1時間くらいもいたかな。

あとで先生がいらして、「この調子なら退院ですね」というので欣喜雀躍する俺。


今日の11月5日の火曜日:

やさしい魚 なんだかんだで退院は決まったのだが、5日間の宿泊で160,000円を請求されて蒼くなる俺。いや金額に文句はないし救命救急が儲からないことも知ってはいるのだが、それ以前に俺が貧乏なのだ。まあなんとかするさ(いままでだってなんとかなってきたじゃないかあ)。

とかなんとかいいつついろいろあって、このまま帰るのもクヤシいのであと2泊を予定していろい手配してみる。宿屋さんもLCCもものすごく親切でした。それで日暮れから国際通りに出て、先週木曜日に行った飲み屋さんをハシゴする俺。

いい話ネタにはなったが、眠るのがおっかなくてけっきょく07:00くらいまで起きてた。


今日の11月6日の水曜日:

たまうどぅん ほんとうは東京に帰ってもよかったのだが、クヤシいのであと2泊することにして、首里城に行ってみました。気に入ったのは首里城近くの玉陵(たまうどぅん)で、でらかっけーお墓がだだ鎮座ましましているだけなのだけれども、すげえ気持ちいい。俺以外の観光客がいないのがもったいない。もったいない。

それで首里城近くの町ってか通りってかをうろうろしていたら3時間くらいも経っていましたとさ。俺が旅行に行くといつもそんなもんだ、マチナカをうろうろしているだけ。それでいい。


今日の11月7日の木曜日:

かりゆしウェア 今日はおもろまちの博物館と美術館に行ってみました。

県立美術館に行ってみたら、入口にいきなり金城哲夫がいたのが百点満点。
あと海とか見にいってきたよ。じゃぶーん。

17:00からまた昭和村で一杯ひっかけるわけ。飛行機が20:00だから、18:50くらいまでなら国際通りで遊んでいてもいいさという計算なわけね。かりゆしウェアと首里城で買ったホヌのネックレスという恰好でお店に寄ってみたら、店長に「ようやく観光客らしくなってきたな」って褒められました。どうも当初はロコ(か地廻り)っぽかったらしい。しょうがねえな俺。ライブもあるお店で、事情を聞いた演奏者が早めにステージを始めてくれたのでちょっと聴けました。ありがたいことです。

そんなわけで、ひこうきで東京に戻るの。


今日の11月8日の金曜日:

ぐったり。そんな日もあるさ。

夜、中井駅前高級割烹料亭錦山後に歌舞伎町Golden EggのSazukuさんセッションに顔を出してみる、っててっきり日常。



スポンサーサイト



footcopy