徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年5月30日(木曜日): 実家警備員。
今日も今日とて、父が仕事で留守しているもんだから、よいよいの母の看視で実家警備員業務などする。ヒマだ、酒でも呑むくらいしかすることがない。そういえば父が「俺の日当4,000円方式」を発表したのだが、カネはないけど困ってもいないんだよな、いらねっつの。母親の介護でカネ取る息子がどこにおるよ(でもくれるものは貰っとくけどな)。

昼御飯は昨晩の残りの冬瓜挽肉スープにして、晩は豚バラ肉でシチューを設えてパセリを大量投入してみました。それでシチューを作ったところまではよかったんだけど、16:00くらいにちょっと昼寝して目覚めたら22:00とかになってやんの、しょうがねえな。階下の母親の寝所まで「干からびてたらどうしよう」と思いながら行ってみたら、よくしたもので早めに帰宅した父が晩飯は食わせてくれていたようだ。

それで安心してもう3時間くらい眠ってから、早朝に自宅に戻る金曜日。
水道料金はまだ支払えていないのだが、もうちょっと寝よう。



スポンサーサイト
2013年5月29日(水曜日): New Deal!
今日の髪形:

だいたいこんな感じ 今日も父が不在なので実家警備員業務でよいよいの母の看視にあたるのだが、午前中はヒマだったので薬局と床屋さんに行ってきた。

中井駅前のモトキ薬局は、10年前に風邪で熱をだしたのに現金が払底していた僕に3,000円の氷枕を2,000円におまけしてくれた人道的な薬屋さんなので(後日差額を支払うと申し出たら断られた。なんて侠気だ)、機会があれば利用させていただいておる。今回は昨日の大病院の処方箋が介護タクシーの都合でクスリ化できなかったので寄ってみるわけ。

行くみちみちで東中野ギンザの理容室エイブル・シーマンに予約電話は入れて、モトキ薬局で処方箋を渡して「床屋さんにいってかっこよくなって90分後に帰ってきますからそれまでに」とお願いしたら店員さんが「さらにかっこよくなっちゃうんですか?」だと。あはははは。

エイブル・シーマンさんは丁寧で速い仕事をするお店で、若いひとも多い。僕は若くもないし、丁寧でゆっくりか速くて雑な仕事しかできないので勉強になりますな。今日はパーマをかけなおしてもらって頭髪大爆発になって、ついでにNHK児童合唱団出身の店長さんから古橋富士雄先生のコンサートのフライヤーを頂戴して、薬屋さんに戻って「かっけー」とか言われながら7 kgの母の薬を貰って、実家へと向かう。重い。

16時間後にコンビニに寄ったら、顔なじみの店員さんが「髪形、変えられたんですか?」というので「ちょっと爆発しすぎなんですけどね」と言ってみたら、「いや、「すげーかっこいいスよ」と言ってもらえたものだから、こういうものは客観評価だと思うのでとうぶんこのままでいくとしよう。


今日の実家警備員:

5月29日の母の晩飯 ついでに東中野ライフで鶏腿挽肉と冬瓜とオクラを買ってきて、母の晩飯はスープにしてみました。鍋に鰹出汁をとって、鶏腿挽肉を放り込んで灰汁をとって、冬瓜を放り込んで灰汁をとって、塩胡椒で味をつけてみた。あとは銀シャリと、ほぐした梅干と小松菜のおしたし。おやつで焼き蚕豆を剥いたものも出してみた。

よいよいの母は期間限定寝たきり状態なので、今日は暇つぶしDVDで『フォーガットン』と『ローマの休日』と『ザ・コア』を観せておいた。だんだんDVDの在庫が払底してきているのだが、『シャイニング』とか『ミスト』とか観せたもんかなあ。ところでいちおう大卒(よく憶えていないのだが、京都大学教育学部卒だったような気がする)のよいよいの母なのだが、なんで日本語吹替で観たがるかなあ。アラン扱いのビデオとかが提出できないではないかよ。


明日も実家警備員:

明日も実家警備員だなあ。

実家のノートPCの液晶が割れているので、実家にいるとなんにもできない。しょうがないからエプソンあたりの安い液晶ディスプレイでも買うかな。あとはこれも実家用のファックスのリボンを通販で注文して、どさくさ紛れでジーパンかパラカシャツでも注文してみようか。

水道料金は今日も支払えませんでした。実家にいるぶんには困らないのだが、金曜日に支払わないとまた来週になってしまうのでそこが勝負だな。

2013年5月28日(火曜日): 湯水のごとく。
今日の不審人物:

おれさま 昨晩は中井駅前高級割烹料亭錦山で一杯ひっかけようと思って夜道を歩いていて、正面からクルマが来たのでついと避けた。クルマは通りやすい、僕は安全。それで20 mも歩いたところでうしろからお巡りさんが追いかけてきて、おもいっきり職質かけられました。馴れているので慌てもせんが、「そんなに怪しいですか俺?」とうかがってみたら「パトカーを避けたから」って、正面から自動車が来たらふつう避けねえか?

いやとくに文句とかはありませんし、じぶんの見た目がアレなのはたしょう自覚しておるし。


今日の大病院:

今日は先週に引き続きよいよいの母の大病院で、血液検査とレントゲン記念撮影と呼吸器科の問診といったところ。朝も早よから介護タクシーを、先週はストレッチャーがやたらと重かったのを反省して今日はリクライニング車椅子仕様で依頼。元締のウィル介護タクシーグループさんに毎回依頼して、こちらも勉強せにゃならんのでなるべく毎回違う運転手さんをお願いしている。今日は「2段くらいの階段ならば車椅子は後ろ向きに進むのが吉」というのを教わりました。ってか運転手さんごとにやりかたがいちいち違うのがちと不思議だが、そのへんはおいおい。

呼吸器科は先週の診察でCRPとCEAがちょっと上がっていた(身体のどこかに炎症があって、ついでに癌細胞が発育している、かもしれない)もので、まあ念のためですな。本日の成績はきわめて良好で、無罪放免な感じ。ってか抗癌剤をやめてから調子よくね? それでとりあえず呼吸器科と骨粗鬆症外来と脳外科の通院は続くので、なにかあればすぐ気づくでしょ、大丈夫だよと母には言っておいた。

帰宅して、今日も父が外出しているものだから実家警備員続行。昼飯は母が「コンビニのサンドイッチが食べたい」とか妙なことを言い出しやがったものだからコンビニ往復、ついでに焼酎も買ってきて舐めるわけ。晩御飯は、チラシの入っていた「ナポリの窯」というところのピザのデリバリー。「婆さんの好きそうなピザを2枚」と言ってみたら、マヨコーンと苺クリームが届きました(店の2階に住んでいる婆さんの好みだそうでした)。姉さんやるねえ、文句なし。


今日の不審人物ツー:

夜半というか02:00くらいに、資源回収に大量の焼酎瓶とペットボトルを提出するためにとことこ歩いていたら、自転車警邏中らしきお巡りさんが寄ってきて「ご苦労さまです」とひとことして去っていった。昨晩とかわらずサングラスにメンフィス・スリムのTシャツでヘアスタイル滅茶苦茶だったんだけど、こういうやつは職質かけてとりあえず逮捕しちゃったほうが世のなか平和だと思うんだけどな。

さて、明日も実家警備員だ。
水道代はまだ支払えていない。

2013年5月26日と27日(日曜日と月曜日): 鴻鵠いずくんぞ燕雀の志を知らんや。
よいよいの母が「運動したい」というので日曜日の朝に実家に行ってみたのだが、けっく2回ほどベッドから立ったり座ったりしただけで終わってしまった。このままだと寝たきりが目に見えているので、いっそスパルタ方式で歩かせたりなんだりしてみようかとも企図しているわけだが、専門知識がないのが痛い。

とりあえず火曜日にまた大病院のこつそしょーしょー外来(いつまでも発音できない)に行くので、リクライニング車椅子装備の介護タクシーを予約しておいた。あとは診察券(なくても困らない)と保険証(ないと困る)と現金(ないとどないもこないも)が用意できればなんとかなるな。

大病院はやたらと暑い(僕規準)なので、タオルと扇子を忘れないこと。


せっかく月曜日になったのに、水道料金を支払いそこねてしまったものだからまだ「ちょろちょろ生活」が続く。歯磨き以外はさして困らないのだが、社会人としてどうなのよそれは。でも火曜日は大病院なので支払えないし、水曜日までなんとか保たせるね、これは。
それはそれとして、お誘いがあって浦和まつり南浦和会場(7月21日(にちようび))のThe Zircons参戦が決まりました。17:10から17:50、たぶんロハだと思うので、おひまございましたらよしなに。

あと7月26日(きんようび)には高田馬場diglightでもThe Zirconsライブ w/A Drop Of Good Beerがあります。

まあそんな先のことを書いても君たちは覚えていられないのだろうけれども。


あと、元締から「6月5日と6日にNHKホールに来い」という招聘があって、Music Japan収録とかかなと思って気楽に引き受けたらこれがT. M. Revolution『Under:Cover2』ツアーでやんの。とりあえず予習しとこうか。
2013年5月23日から25日(木金土曜日): Wrong Stuff.
水曜日の夜に歌舞伎町Golden Eggのクロネコさんバートさんセッションに行ったくらいで、あとは自宅でDVD眺めながら酒呑んでごろんごろんとトレロカモミロしておりましたとさ。

木曜日の午後から料金不払いで上水道供給が停まっておるのだが、蛇口をひねるとなんかちょろちょろと水が流れるところに水道局の優しさを感じる今日この頃。でも金曜日に払いそこねたので、月曜日まで我慢だ、あはははは。

2013年5月20日から22日(月火水曜日): むかしは「疲れる」なんて概念はなかったものを。
今日の実家警備員:

月曜日の晩御飯 午後から父が外出するもので、今日も実家警備でよいよいの母の看視にあたる。親指シフトのノートパソコンの液晶が割れちゃっているものだから、することがない。しょうがないので焼酎など舐めながら再放送の旧いドラマなど眺める。、『江戸の渦潮』(1978)、『長七郎江戸日記』(1986)、『大捜査線・追跡』(1980)、たいへん愉しい(最後のやつのディスコでライディーンがかかってた)。映画はおもに1968~1978年あたりが好きなのだが、本邦テレビだと10年ズレているのかもしれません。『江戸の渦潮』では病身の娘に20歳の名取裕子、その姉に篠ひろ子、レギュラーの下っぴき(なめくじ長屋みたいな感じ)に左とん平、小野ヤスシ、小松政夫、梅津栄、東野英心。最高だぜ。

母の晩御飯はチーズオムレツ、菠薐草のおしたし、焼き蚕豆、コーヒー。分量はまあこんなものだ。僕の酒の肴はこれに塩味を足したもの、など。で、夕刻までに明日の大病院通院用の介護タクシーを手配する。


今日の大病院運動会:

ストレッチャー 月曜日は早寝したもので05:00くらいに実家で目覚めてしまって、することがないので本でも読みながら焼酎の残りを舐める明け方。人間の屑ですね。それで08:00から二度寝というかまどろみタイムで妙な夢など楽しむ。

介護タクシーは正月から車椅子、リクライニングときたもので今回は実験的にストレッチャー(移動式ベッド)をお願いしてみました。さすがに室内には入れないもので、玄関先までは布担架で移動、なるほど。

大病院ではちゅーちゅー採血、レントゲン記念撮影2枚、2階ケアルームで呼吸器科待機&診療なのは診察室にストレッチャーが入れないから。それから1階ケアルームで骨粗鬆症外来待機3時間&診療、また2階ケアルームに戻って呼吸器科待機&診療、その間に予約科と会計でけっきょく大病院に6時間いたぜ。故・殊能将之『ハサミ男』読了しちまったよ、はっはっは。あれって映画化もされていた筈だが、どうやったんだろうか。こんど観てみよう。

それはまあいいのだが、ストレッチャーって重いうえに車輪が小さいのね。而して押すのに体力がいるのにあっちこっち押して爆走していた(危ないことはしちゃおらん)ものだから疲れ切った。大汗かいたし2 kgくらいは減量できたのではないか。次回から扇子とタオル必須、でもストレッチャーはやめてリクライニングくらいで勘弁してもらおうと思う。

15:00くらいの呼吸器科で看護婦さんが「診療は15:30からになりそうです」と仰るので、軽く昼飯など摂ることにする。病院のレストランはあまり気に染まないうえに高いので、隣町のCoCo壱番屋まで徒歩片道8分*2で16分、カレー8分、アイスコーヒー2分で都合26分なら完璧だぜと思っていたら、行動は予定通りだったのだが先生が15:25にいらっしゃっちゃったものだからリトル間に合わなかった。まあしかたあるまい。

また介護タクシーで帰宅して、中井駅前モトキ薬局まで往復して大量の薬剤を購入する。ふう、本日のミッション終了。


今日の夜遊び:

くったびれたもので一杯ひっかけて寝ようと思って中井駅前「花」でカマス炙りハーフ、谷中生姜、蚕豆などでつましく晩酌。でも日本酒7合とか呑んでるうちに気が大きくなってしまって、ほぼ終電で大久保水族館のESS徹夜セッションに顔を出しちゃうバカ。まあたまにはよかろう。

05:00終演後、職安通り向かいのなか卯までとことこ歩いていって鶏塩うどんなどいただく。1年間食べていないうちに、スープに醤油(とたぶん味醂)が混じるようになって味が落ちていた。以前のサッポロ一番塩ラーメンみたいなスープが好きだったんだけどな、まあしかたないか。それで帰宅してバタ寝。


今日の水曜日:

12:00頃起床、全身筋肉痛、わはははは。

2013年5月19日(日曜日): 休日自乗、あるいは無限無職。
今日の拉麺:

昼過ぎの野暮用で新井薬師前に出たもので、ついでに数年ぶりにラーメンRYOMAに寄ってみたらちょっと驚いたのだが、以前は透き通るような細麺に上品なスープだったものが、極太麺にこってりスープに変身しておりました。とくに文句はないし美味かったけど、どっちかというと太陽のトマト麺の鶏塩蕎麦みたいなのが好きなんだけどな。化学調味料がちょっと多めだったのは減点だが、きょうび仕方あるまい。

店自体は活気もあって、ラーメンも楽しい系だったのでまた行くかも。
すぐそばのぬるいスープに伸びた麺を出す頑固一徹ラーメンがまだ潰れていないのは納得いかない。
ついでだが、インスタントラーメン専門店は閉めちゃったようです。


今日の盆暗:

あとはとくになにもせず。
TOKYOハンドクラフトギターフェスには行きませんでした。
池袋ジャズフェスティバルには行きませんでした。
まあそんなことだ。

2013年5月15日から18日(水木金土曜日): 謎が多ければ人生は楽しい。
今日のパラレルワールド: 中井駅前だけ木曜日奇譚。

野暮用で中井駅前まで出たついでに昼飯でもと思ったら、蕎麦屋も焼肉屋も「定休日」を表示して休んでいやがる。尾張屋太吉も牛清も木曜定休なのは僕が子供のころからなので、ということは今日は水曜日だと思っていたら木曜日なのだなと合点する。おかしいな、僕の水曜日はどこに行っちゃったんだろう。さいわい駅向こうの蕎麦又八郎が珍しく営業していたもので、蒸籠など手繰る。この季節にこれだけの蕎麦が出せるのは凄いなあといつも思うが、たまにしか店を開けていないのは残念だな。そんなに競馬が好きなのか(笑)。

それで帰宅してみたら、水曜日に戻っておりました。


今日の夜遊び:

さて、無事に水曜日に回帰したので、夜は歌舞伎町Golden Eggのクロネコさんとバートさんがホストというめっさ豪華なセッションに顔を出してきました。やっぱ凄いわ、あのひとたち。

店内の会話が英語と日本語のチャンポン(ボケとツッコミの最中に言語が変わったりする)だったのはご愛嬌ですな。


今日の実家警備員:

ほんとうの木曜日は、父が出かけるので実家警備にあたる。 よいよいの母の高校の同級生っていつの話だよ、戦前だか幕末だかしらないが、その同級生のホシノさんが遊びにきてくれて、持参のお昼ご飯と、持参材料のホットケーキをご馳走になりました。ホットケーキのほうは市販の粉にアイスクリームを混ぜるという僕にとっては斬新な手法で、美味しかったのでこんどやってみようと思うの。

腰をイワしたよいよいの母のほうは、水曜日くらいからなんとか歩けるようになりましたな。トイレに行くのがチークダンス状態だったのだが、木曜日には杖を与えてみたらなんとか自立歩行もできるようです(看視は必要だが)。でもホシノさんは中井駅からサンマタまで坂を登ったり降りたりしているので、見習ってほしいものだ。同級生ってくらいなんだから同い年なんだろうしさあ。

それで20:00くらいに帰宅予定だった父は、23:30くらいに帰ってきましたとさ。ほんとは高田馬場diglightのTattiさんセッションに顔を出したかったのだが、いたしかたないね。


今日の夜遊び:

金曜日の夜は中井駅前高級割烹料亭錦山が満席だったもので、花まで行ってちょっとだけお刺身など齧る。贅沢は敵だ。そのあと歌舞伎町Golden EggのNew Comer Sessionという若い人たちのやっているセッションに顔を出して、丸亀製麺で饂飩など手繰ってから帰宅。なにか始まりゃピアノは弾けるのだが、曲名がぜんぜん覚えられないのはピアノよりもアタマがヘタクソということなのだろうか。じつはどちらもヘタクソという可能性に思い至って戦慄している。

どうでもいいけど、ここのところ食欲があってよく食べているな、いいことだ。メニューに豚と牛が出てこないのだが、さして問題なかろう。


今日の土曜日:

中学生円山 『中学生円山』を観てきました。

今日の『中学生円山』。
中学生円山 誘ってくださるかたがあって、というかノラオカピが行けなくなったもんでネギと元締に拉致られたというのが正解なのだが、17:30に架電があって18:30から豊島園で映画『中学生円山』を観てきました。スケジュール的に無茶やちゅうのだが行ける俺も俺だな。
本日が初日だったそうです。総体として、いい映画でしたね、楽しめました。
そうさの、思い出したのは『小さな恋のメロディ』かな、子供たちの妄想が暴走して後半から映画がファンタジーになっちゃう感じのやつ。とりあえず中学生のナマケツは飽きるほど観られます褒めてます。

銃の扱いがけっこうよかったかな、薬莢がきちんと飛ぶ邦画は久しぶりでした。ほんとは反動があるとよかったんだけど、トビー門口亡きあとはしょうがないか。プールのシーケンスではトカレフにサイレンサーがついてたんであの銃声は妙だとも思うのだが、許容範囲。なんでソードオフ・ショットガンに持ち替えていたのかは謎だが、まあいいや(ショットガンは屋上でも出てきます)。子供のほうはグロックだろうか。軽くて安全装置が甘いあたりがそれっぽいのだが、僕は専門ではないのでよく判らない。眉間を撃ち抜かれた奴が喋るのはゴルゴ13のパロディですかね、作劇的にはなんくるないさあ。


キャストのほうだと、池田成志がとてつもなくいかがわしくて楽しい。田口トモロヲはなにしに出てきたんだろう。遠藤賢司はとっしょり過ぎて誰だか判らんで、高田渡のわきゃないし、岡林でもねえし、と暫し悩んでおりましたとさ。仲村トオルはこの役をよく請けたよなあ、『ゼブラーマン』の柄本明(カニマン)を超えたかもしれません。

たまたま『キャプテン・アメリカ』のDVDを観た直後だったので、CGの出来にも感心しました。あれはNHKの仕事なのだろうかと思ったら、これもNHKがCGを作っていた(内臓からラーメンドバーっとか)三池崇史監督作の常連脚本が本作監督脚本の宮藤官九郎だったのだった。さてどうなのかな。

あとはネタバラシになるので、DVD化でも待つとしましょ。いまんとこは劇場へどうぞ。

2013年5月13日と14日(月曜日と火曜日): オトナの階段、くだる。
今日の通信環境:

メバルの酒蒸し なんかここんとこPCだかインターネットだかの調子がよろしくない。Windows XPにSoftBank 101SIのWi-Fi接続というお手軽な設定を月曜日の午後にいろいろいじってみたけど埒があかないものでSoftBankに電話してみたら、今月は通信量7 Gbの制限にひっかかっているようで、76 Mbpsが0.128 Mbpsになりゃそりゃ遅いわい。制限解除は5月21日なのだそうで、応急措置で3G有線接続にしてみたら7 Mbpsくらいまでには復旧したからとうぶんはこれでいいや。

教訓: 安い接続で動画2時間とか落とすのはやめとこう。


今日のお食事:

鯛の頭の酒蒸し(赤ワイン使用) 月曜日は実家の父が夕刻から歯医者だというので、15:00からよいよいの母の看視で実家呑み。焼酎と食材を持参して、蚕豆は鞘ごと焼いて、母の晩飯には鯛のアタマを酒蒸しにしてみました。ふだんあまり寄らない魚屋で買ってきた鯛のアラはすこし腐臭がせんでもなかったのは、じっさい鯖より足が早いそうだからある程度は勘弁してやる。生姜と長葱を増量してサービスでパセリもふりかけてみたら、それなりにまあ美味かったかな。日本酒が見当たらなかったので、酒は赤ワインを使いました。さして変わらん、ってか面白いからいいや。


20:00に父が帰ってきたので、僕も交替で帰宅してちょっと寝る。
25:00くらいに目覚めて、中井駅前「花」でハタの刺身で一杯やって、日高屋で冷やし蕎麦など手繰ってから帰宅してまた寝ました。

今日の晩飯:

火曜日の夜はちょっと手抜きして丸美屋の麻婆豆腐に東中野ギンザ魚沼屋豆腐店の木綿豆腐と、近所の酒屋さんで売られている正体不明の餃子を焼いたもの。ちょっと作りすぎたものを無理矢理ぜんぶいただいたもので、腹が苦しい。ってか中身でそう。麻婆豆腐に胡麻油はともかく葱とタマゴを鬼増ししたのが敗因かな。

横になっていても苦しいので、消化するまでDVDなど眺めている。今日は『Mr. インクレディブル』と『アイアンマン』。ちなみに昨日は『ガン・ホー』と『ファイト・クラブ』でした。うん、昨日も食いすぎたわけ。

footcopy