FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年3月3日(日曜日): 腹は減っているか。
Isetan Future Curation(美術手帖別冊)背表紙 「ひなまつり」 midi file arr. by Reviken.
今日の線綴じ:

美術手帳別冊なのだが「Isetan」とも表記してある『Future Curation』という冊子を入手したのだが、こいつがなんでかいまどき線綴じで、しかもそれを誇示するかのように背表紙がない。たぶんかっこいいのだと思うので、写真をあげておきますね。綴じでびっくりしただけで、中身はまだ読んでおりません。


今日もよいよい:

さて昨日は睡眠導入剤の効きすぎでほぼ寝たきりボケ老人状態だった母はどうなったかなと思って、昼前から大病院にとことこと行ってみる。病室に入ってみたらなんか眠っているのを叩き起してみたら、昨日よりはかなりマシだな。いちおう動くし喋れるのだが、昨晩の食事で咽せたんだか誤嚥があったんだかで、今日は食事抜きでおとなしくビーフリードの点滴など受けている。まあいいか。

さて昼だ。じつはパーマネントにちょっとだけお腹が痛むので、じぶんが空腹なのかどうか判断がつかない。大脳皮質がヘタクソなのは自覚していたのだが、間脳ちゅうか視床下部までトンチキだとは思いませんでしたな。しかたがないので時刻としては空腹なのであろうと予測して、今日も夏目坂上の山の上食堂(俺命名、ほんとはTrattoria Collina Piccola)でパスタランチなどいただく。豚バラの煮込みまで付けて完食したんだから、どうやら空腹だったようです。


今日の昭和:

中井の林芙美子記念館にちょっと寄ってみました。20年ぶりかな。作家以前に昭和の木造建築が好きなので、けっこうのんびりと楽しめました。なんかの表示板に「芙美子の生存中は」とあったのは動物園じゃないんだから、せめて「存命中」か文脈を変えて「生前は」とすべきとは思うが、まあご愛嬌でしょう。それと、居間に置いてあった厚手のアップライトピアノの蓋を開けてブランドを見せていただいたら、Blüthner Leipzigとありましたな。ドイツの名門ブリュートナーです、さすがだ。ほんとは弾いてみたかったんですけど、まさかね。

ゆくゆくは丘のうえに八畳ふた間くらいの小さな家でも建てて、洗濯機と乾燥機は地下室に放り込んで静かに暮らしたいものだ。


今日の酒呑まず:

かなり正確に24時間ほど飲んでいない。飲まなきゃ飲まないで特段に飲みたいとも思わないのだが、もともとがアルコールどっぷりだものだから体調としてはいまがいちばんキツい。てかダルい。まあいいか。経験的には、明日か明後日あたりからやる気が出てくる予定ではある。



スポンサーサイト



footcopy