FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年2月27日(水曜日): 大型新人登場!
今日のよいよいの母関連: 病気自慢。

今日から腰とは別件でさあ大病院に入院だ! ってんで張り切って早起きした母は、朝食の椅子にうっかりどっすんと腰掛けてしまった途端に「痛っ」ってんで腰を押さえておる。あれほどゆっくりゆっくり慎重に行動しろと言っているのにもかかわらず、だがまあひとのことは言えない私なのだった。

朝も早よから大病院に入院しても痛い痛いと言っているものだから、本業の治療はそっちのけで腰のレントゲンなど撮影する破目になる。病室までストレッチャーと大名行列がやってきてそりゃもう大騒ぎで笑っちまうぜ。これでまた腰椎圧迫骨折とかやらかしていたら、この2か月間が水の泡だよ、ほんまにも。


今日のよいよいの俺関連: 病気自慢。

腹は痛い。よいよいの母の入院の付き添いついでに内科を受診してみたら、朝の血液検査の結果としてこんどは急性膵炎の予診が出てきました。たしかに増悪していて、月曜日に0.29 mg/dlだったCRPが水曜日には1.24 mg/dlってなにそれ、あはは。といったことでですな、

  1. 逆流性食道炎、
  2. 胆管結石、
  3. 胆嚢炎、
  4. 急性膵炎、
とあらかた出揃ったわけかな。薬局の月曜日にも担当してくれたお姉さんが処方箋を見て「なにこれ」ってびっくりしていたもので、「もうボロクソですわ」って言ってみたら笑ってた。

水曜日の受診後になってどうやら痛みがパーマネントに続くようになって、かなりの激痛だもので7時間おきにロキソニンを投与するような感じでどうもうまくない。エコー検査が金曜日、診療が月曜日の予定。月曜日までヤクが保つといいのだが。


今日の神田神保町オデッセイ:

ジルコンズのリハーサルが神田小川町界隈で19:00からのところ、早めに向かって17:30には神田神保町駅に着く。なんでとなりの駅で降りるかというと、駅前薬局とか三省堂の裏あたりでゴロワーズが手に入るからなのだ。今日は両方のお店で平等に2個ずつ購入してみました。それでひさしぶりなので一帯を流してみたら、馴染みの古本屋さんが4軒、楽器屋さん3軒、料理屋数知れず、が溶けちゃっておりましたな。寄るお店がないもんで神保町の狭いこと、すっかり退屈しちゃいましたとさ。

リハーサル風景 The Zirconsのリハーサルのほうは、3月17日(日曜日)の高田馬場diglightライブに向けて、横ヤンの参加が危ぶまれたものだからフネにトラ(エキストラ、代役のこと)をお願いしていて、そのフネの大特訓という格好なのだ。宮地楽器のスタジオで、9曲を2時間でさくさくと合わせる。横やんと較べるのもどうかと思うが較べると面白いので較べてみると、ノコギリ波の横ヤンに対して正弦波のフネ、ピッチ低めの横ヤンに対してピッチ高めのフネ、といったところか。どちらがどうということはないとして、ソロで目立つのは横ヤン、ハモりやすいのはフネというのが雑駁なところか。いや大したものです。僕はお医者さんに「むずかしいことは考えずにのんびりとしていなさい」って余命いくばくもないお爺ちゃん相手みたいなことを言われていたもので、素直になにも考えずにのんびりとしておりましたとさ。そして次回顔合わせは本番なのだった。

終了後に、フネお薦めの居酒屋さんで終電まで飲む。僕は水。居酒屋のお姉さんが氷水をトールグラスに注いでレモンを添えてくれるもので、なんとなく酒を飲んでいるような気分にはなる(「ついでに周囲からも浮かない」と喝破したのは小山亜紀だ)。いいお店ですね。
帰り際に痛み止めが切れてやたらと痛み始めたものだからロキソニンを追加投入して、ついでに晩飯後の定期投薬もすませて終電で帰宅しました。



スポンサーサイト



footcopy