FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2013年2月14日から15日(木金曜日): 喇叭が吹きたい。
at alcafe ogikubo 水曜日の夜は、荻窪アルカフェで飯塚英さんのウクレレ・ワークショップに顔を出してきました。行ってみたらなんでかみやびんが客席にいたので「あんたなにしてんの」と言ってみたら「あんたこそ」と返されましたな、わっはっは。いや、僕のウクレレなんて殆どクリシェで固まっちゃってるもんだから、たまにひとさまの譜面で練習すると新鮮でよろしい。

個人芸コーナーではお客さんたちにパーカスを持たせて『ラストダンスは私と』を景気よく演って、合奏コーナーではなんでかベースを弾いておりました。それで景気よく酔っ払って帰宅。


木曜日は朝から中病院に母を連れていって、09:00に到着して腰骨の記念撮影などして、なんだかんだで実家に戻ったら13:00でした。めんどくさいから寝ちまって、起きたら金曜日の朝でやんの。酒を飲みそびれたもので体調がよくない。
木曜日の午後に大病院から連絡があって、「生検の結果、ザーコリ(未分化リンパ腫キナーゼ(ALK )阻害剤)が適応になる。ついてはムンテラ(説明会)を開くので、みなさんでお越しください、金曜日の14:00に」だって。まあ行ってみっか。
そんなことで金曜日の午後から大病院に行ってみるわけ。それで父の言うことにゃ、新薬にすると薬価が心配だとかなんとか。なんか昨年は薬価で200万円かかったとかで、新薬を渋っていたりもするのだが、そのはたで「入院なら個室(差額3万円)」ってのがわけわからん。それ誤解だからなあ、保険治療なんだから薬価の上限は9万円がところで、年間でも100万円はいかない筈だよなと思いつつ説明してみるのだがよく判ってもらえない。まあいいや、話をあっちこっちして取り敢えず入院予約はしておいて、空き部屋が出るまでに判断するように持っていく。あとのポイントは、保険の内外について理解させることだな。どのみち手続きは俺がやるんだけどよ、文句はない。

あとはいつもどおり。



スポンサーサイト



footcopy