FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年11月17日から19日(土日月曜日): 禁酒は健康によろしくない。
禁酒開始から1週間目なのだが、離脱症状で眠れねえわ、夜中にロッテのチョコをひとふくろ貪り食うわ、なんかダルいわ、1週間も酒を呑まないと身も心もボロボロですよ。

どうしてくれようか。
ちょっとくらいアルコールを足してみようか。

そういえば、なんでmixiの禁酒コミュニティには「離脱(禁断)症状」のトピックスがないのだろうか。なんか調べるのが怖いのでほっとくのだが。


今日の工作:

札バサミ 札バサミ

  1. 禁酒中でヒマなのと、
  2. お財布がボロボロなのと、
  3. 実家のソファを買い替えたので旧ソファの革をめりめりと切り取っておいたので、
お財布というかマネークリップというかを自作してみました。
冗談の心算だったのだが意外と使えそうなので、ハンズかオカダヤで蝋引きの糸を買ってきて補強して真面目に使う心算なの。俺用としてならばというエクスキューズのもとならば、どの市販品よりも優れておるぞ。

今日の東京リーダーターフェル:

池田さん 合唱曲の委嘱で有名な池田規久雄さんのお誘いで、土曜日はすみだトリフォニーまで男声合唱の東京リーダーターフェルを聴きにいきました。リーダーターフェルさんはずいぶん久しぶりなのだが、伝統だけならぶっこわれもいいところなのだけれどもきちんとした合唱団なので好きです。えーと、大人数の三月会というと両方から怒られるだろうか。頭ごなしに怒られるな、間違いない。それでなにしろ僕の合唱団的出自が関屋晋関連清水敬一経由という滅茶苦茶なものなので、『阿波』とか『富士山』とかはたぶん今世紀初めて聴きましたね、いやさすが。『阿波』の初演でミキネンと歌ってソロもとったという83歳のかたが、今回もソロをとっておられました。よくない意味ではなくて、ここまで続けられる道楽もそうはないだろうと思うのです。


ちなみにこの(↓)おばあちゃんが75歳な。




慌てて書き添えておくと、齢とったから偉いとかじゃなくて、齢とったからこそできることがあるのだと言うておるのだ僕は。


池田さん委嘱になる鈴木憲夫『イーハトーヴ・ファンタジア』はもうピースと言っていいくらいの素直っぽい(ところどころ違うが)曲で、テキストを読み込んでおくと歌っていて楽しいんじゃないかな。全5曲の1曲目がモード処理で、盛り上がるかなと思ったところでぽそっと終わる。隣席のお姉さんが思わず「うそっ」とかつぶやいていたが、僕はあのパターンがぜったい帰ってきてくれると信じて待っていたら4曲目にちゃんと帰ってきてくれました、あはははは。

あと、常任指揮者らしき樋本英一さんって、ずいぶん昔にまだ僕がオペラに出ていたころにいちど振っていただいているんだよね。懐かしいなあ、お元気そうでなによりでした。


今日の合唱:

月曜日はよいよいの母が竹橋の合唱団の練習に行くのに付き合って、事前に新宿で「ベッドシーツを買う」のと「新調した眼鏡を受け取ってくる」のと「早めの晩御飯をいただく」というミッションもある。

ほんとは粥麺茶房で晩飯でいいじゃんと思っていたら、父が「もうちょっと豪華なものを食いたまえ」とか言うもので伊勢丹で中華になっちゃったんだけど、よく考えると戦中派の父には粥とか水団とかは「食事」ではなくて「餌」なのかもしれないな。失礼な話だがいたしかたあるまい。

合唱団のほうは、僕がちょっとMessiah ちょっとナメてました、いやびっくり。



スポンサーサイト



2012年11月9日と10日と11日(金土日曜日): リズムは乗るものじゃなくて作るもの。
今日の留守番:

セッション風景 金曜日は父が留守だもので、前の晩から泊り込んでおさんどんなどするわけ。

朝は寝ていたのでシカトして、昼飯はオムレツと生姜スープなどしつらえてみました。そのあとリハビリを兼ねたお散歩に出て、そういえば日曜日から2泊3日の入院でそのあとはよいよいがちょっとキちゃうものだから、今日のうちに近所のサンライズ理美容室で顔剃りなどしてもらうことにする。

施療が1時間ほどかかるので、その間に落合南長崎のライフまで行って晩御飯の材料を揃えてみる。ほんとは鯛のアラで酒蒸しでもしたかったのだが、アラが鰤と金目鯛しかなかったもので諦めて(まあそんな日もあるさ)、けっきょく鱈を買って湯豆腐にしてみました(競合は牡蠣とパセリで作るミルクープ)。あと蜆の赤だし味噌汁。ごはんはみやびからの到来物の美味しいやつをル・クルーゼで炊いてみる(ゴチな)。狛江の伯母が遊びにきたもので、ちょっと多めに晩飯を用意してみたのだが、伯母は「寒くなるから」って言って帰ってしまったのでした。まあそんな日もあるさ。

日暮れて、意外と早めに父が帰ってきたものだから、夜遊びで歌舞伎町Golden Eggのsazukuさんセッションに顔を出してみました。たいへん愉しい。行きがけに、中井駅前高級割烹料亭錦山に約束しておいた大量のゴルゴ13を置いてくる。いま中井駅前高級割烹料亭錦山に行くとたいがい読み放題ですぞ。


今日のお散歩:

リコとゆるキャラ 土曜日はとくにすることがなかったもので、昼過ぎからお散歩に出るわけ。いい天気だ。とりあえずなにも考えずにずんずん北に向かって歩いていったら東長崎駅に出て、「椎名町駅新築イベント」というのがあるというポスターが貼ってあったので椎名町まで一駅移動してみる。なんかピアノレスのカルテットがスタンダードを演っているのを眺めていたら、目の前をFree Flow Ranchの店長が通りすぎたもので声をかけてみる。おや、南浦和ブルースマーケットのゼッツさんもおる。あっちにおるのはリコじゃね? と思って声をかけてみたらやっぱりリコで、これから歌うのだそうだ。「じゃあリコまで聴いてってやるか」と恩きせがましく言ってみて、みたいな。ちょっとした拾い物でしたな。


DVD『チェンバー/処刑室』 DVD『U. M. A. レイク・プラシッド2』 DVD『U. M. A. レイク・プラシッド3』 終演まで居すわってから南天で饂飩をいただいて、フタバ図書ギガに寄ってDVDでジーン・ハックマン『チェンバー』と『U.M.A. レイク・プラシッド2』と『U.M.A. レイク・プラシッド3』という馬鹿な並びを500円イーチで購入して、帰宅して酒など。


今日のトライトーン:

CD『 トライトーン/虹色のハーモニー』 誘ってくれるかたがあって、夕刻から馬車道までトライトーンを聴きにいく。たぶん潤哉さんの紹介で聴きにいった昭さんの紹介で僕が池袋に聴きにいったのがまだNIFTY-Serveのあった20世紀で、デビューしたてかそんなもんだったんじゃないかな。あのころはまだ自分が少人数のアカペラを演るとは露も思っておりませんでしたな。あとは一昨年の春に無料で聴いてる

日曜日は横浜馬車道のKing's Barには張り切ってずいぶん早めに到着してしまって、しょうがないから近所の永ちゃんも御用達の蕎麦・味奈登庵でゲソなど齧りつつ焼酎など舐める。そのうちなにかをかぎつけたダンちゃんもやってくるわけ。

King's BarのTry-ToneはさすがのデキでThe Zirconsより上手い石を投げないでくださいぶつけないでやめてっ。いやまあ同業者のどなたを観ても勉強させていただくことしきりのジルコンズですが、さすがに貫祿が違うわな。笑いながら観ててすみません。

終演後に首謀者のあーみやさんとダンちゃんと僕で関内のヤミツキ酒場に行って終電近くまで飲み倒して、そのあと酔っぱらった僕はまたどこかに遊びにいったらしくて、帰宅したら一文なしで翌朝になっておりましたとさ。どっとはらい。

ってかなにしたんだ俺。

footcopy