FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年11月1日(木曜日): 3,000円以上の服は着ない。
今日の新宿オデッセイ:

お買い物ですね。
とりあえずなんとなく新宿に出てみるわけ。


ワイシャツ: 月曜日の合唱の演奏会の衣裳は「ネクタイしめてこい」ってもんだってので、じゃあいつものアロハにネクタイしめればいいかと思ったらそういうものでもないらしい。それで家庭内大ガサ入れをかけてみたのだが、ワイシャツねえな。どこかにはある、見つからないだけ。スーツはたまに買う&滅多に着ないので長持ちしているものがたくさんあるのだが。そんなことで新宿東口のミツミネに寄ってみたのだが、1階には黒いボタンのかっけーやつしかない。あまり好みではないので、お隣のSuit Companyでサイズをとってもらって、ごくプレインなものを一着購入。どうせワイシャツにネクタイなんて年に1回くらいなんだから、とうぶんはこいつを使い回して凌ぐとしましょう。

DVD『S.W.A.T.』 DVD『エイリアン2』 東野圭吾『禁断の魔術』文藝春秋 本とか: 弟文庫の大沢在昌『新宿鮫』シリーズの4巻が欠けていて、直木賞を獲ったやつだけ読んでないのも面白くないので紀伊国屋書店で買ってきました。このひとの小説は読んだ端から中身を忘れてしまうのだが、読んでるあいだは愉しいからまあいいかな(作者さんはここ読んでないだろうな)。

ついでに東野圭吾『禁断の魔術』(ガリレオの8)も買い込んでみました。7がいまひとつだったようにも思うので、却って期待しているのです。

それからアルタ裏のバッタ屋に廻って、中古DVDで我ながら馬鹿じゃねえのかと思うのだがアタマ悪そうに『S.W.A.T.』と『エイリアン2』を500円イーチで購入。買ってから気がついたのだが、ミシェル・ロドリゲスとバスケス(ジェニー・ゴールドスタイン)を買ったわけね。

うどんすき 饂飩: 昼を過ぎたものでお腹が空いたなと思って、さいきん禄なものを食っていないなと思って(昨日なんかガスコンロが故障してなんにもできないというていたらく)、いっちょ張り込んで新宿中央口南の美々卯でうどんすきなどいただく。完食するまで帰らないぞという不退転の決意で臨んだのだが、あんまり美味いのであっさり食べちゃった。私にしては珍しいことだが、たまのシャブ中の発作みたいな食欲増強でなんとか生きているような感じもあるのです。

鞄: よいよいの母は外出時にはファスナー開閉式のショルダーバッグを愛用していて、なにかにつけて「チャックが開けられない(右麻痺があるから)」とか「閉められない」とか言いやがる。馬鹿なんじゃねえのか、ファスナーを使わない鞄に持ち替えればいいだけの話ではある。そのへんは、両手を自在に使えたころから切り替えられていないということなんだろうな、まあしょうことあるまい。

かばん しょうがないので、新宿東口からざっと流して「ファスナー式じゃないショルダーバッグで、A4サイズのバインダーが入って、なるたけ安いけどかっこいいもの」を捜してみる。けっく西武新宿PEPE3階のWORLDってお店で合皮のそれっぽいものを3,990円で購入。そのWORLDのお姉さんに「A4のバインダー(つまり合唱団に行く用の譜面ファイルサイズである)を貸してください」って無茶を言ったらちゃんと出てきて、動作確認もきちんとできました。当座はこれで充分であろう。

写真は間違えた横位置なのだが、なんかこのままのほうが面白いような気がするのでまあその。



スポンサーサイト



2012年10月29日と30日と31日(月曜日と火曜日と水曜日): メガネくんだから。
今日の眼鏡:

レイバン←だいたいこんな感じ。 月曜日はよいよいの母の合唱団の練習に付き合うついでに事前に早めの晩御飯を食べるついでに新宿丸井のZOFF屋さんに寄って眼鏡を新調してみました。ZOFF屋さんなら3本目かな、以前に「遠くの見えるサングラス」と「近くの見える素通し眼鏡」を作っていて、今回は「中近両用」つまり老眼鏡になってしまいましたとさ。齢はとりたくないものだ、ごほごほ。

新宿丸井のZOFF屋さんに母と入ってみたところが、いきなり店番のお姉さんが「先日は」とか言い出しまして、母のことを覚えていてくれたらしい。いい店じゃん。「ついでがあるなら」ということで、来週あたりに再訪して母の眼鏡の調子をみていただけることも確定。黙ってきいてりゃいい店じゃん。

俺のほうは、The Zirconsで使うのと自宅PC作業で使うのの兼用で「手許から5メートル先まで」くらいの感じで調製してもらって、ZOFF屋さんなら最高級の仕立てにしたのだが17,000円で済んじゃいました。眼鏡も安くなったもんだな。


今日の合唱団:

本番中 さてよいよいの母の付き合いで行っている合唱団で「僕もいつもいるんだから会費だか部費だか払います」って言ってみたら、なんでか免除されてしまった。どうやら歌手として期待されているらしいのだが、そういう扱いはあまり好かない(みんな平等でしょ)けど感謝はしておくとして(貧乏なので)、The Zircons的な意味を措けば(ジルコンズなんか俺以外で務まるもんかい(笑))、クラシカルジャンルの合唱団員としては俺なんかちょっと低い声が出るだけで大して上手いこともないんだけどな。ってか幸いにして笑っちゃうほどクソ上手いひとたちをたくさん識っているのでそう思えるわけだが。


今日のお昼寝:

火曜日は野暮用で新宿に出たついでに新宿ピカデリーで『アルゴ』に入ったのだが、始まるなり居眠りしてしまった。ボートの群が大使館に乱入したところで寝て、目が覚めたらなんか誰かが助かっていて勲章を貰ったりしていました。わっはっは、昼寝に1,800円だぜ、笑っちまうな。ちょっとだけ観た範囲内ではいい雰囲気の映画だったので、しょうがないから再訪する心算ではあります。

夜は歌舞伎町Golden Eggのベッピーセッションに顔を出したのだが、いい感じに酔っぱらってベッピーがふたりに見えてきたものだからとっとと撤退しました。いかんいかん。


今日の歯医者さん:

水曜日は中目黒の歯医者さんに、よいよいの母と診療時間を揃えてもらって行ってみるわけ。知らないうちに虫歯が発見されて知らないうちに治療されておりましたな。こった口をあけてぼーっとしているだけやけん、よう判らん。

診療終了後にさて昼飯だってんで、中目黒のパスタでもよかったんだけど曲もなかろうというので母をほぼ1年ぶりに地下鉄に乗せて六本木まで行ってみる。東京ミッドタウンっての? こじゃれたスペースの案内のお姉さんに「箸を使わない食い物を」と言ってみたらいろいろと教えてくれたのだが、けっきょく今井屋茶寮で親子丼にしてみました。ちりれんげで食えるしな、ついでに「肉を小さめに切り分けていただけますか」というリクエストにも応えていただけました。さらに母が「フォークください」とか言い出したのだが、焼鳥屋さんなのにフォークが出てきたのにはおでれえた。

ついでにミッドタウンのお洒落い洋服屋さん並びを眺めて(もちろん眺めるだけです、ニットに5万円とか払えますかいな(ってか3,000円以上の服は着ない))、あとタクシーで帰宅。


今日の虞病:

中島らも『今夜、すべてのバーで』講談社文庫 歯医者さんのあたりから、特筆するほどの症状もないのだが、なんとなく野性の勘が「風邪のひきはじめじゃね?」と告げているものだから、近所のインデペンデント系の薬局で相談して葛根湯をもらって、親子丼は食べて、帰宅するなりうがいして暖かくしてごろりんとする俺。


少しごろりん読書などしてから気がついたのだが、
  • 汗をかく
  • 震え(振戦)がくる(ときどき全身性)
  • 眠れない
  • 頭が悪い
  • 字が下手
    って、風邪の初期症状ともとれるが「アルコール中毒者の離脱症状(所謂「禁断症状」)」でもあるのだな。紛らわしいこと夥しいのだが、じゃあ酒飲んでみたら判るかなと思ってちょっと飲んでみたのだが、なにも判らないのです。

    とりあえず木曜日の朝は快調な感じで起床できたので、どうでもいいや。


    豆知識だが、たとえばアルコール中毒者が自動車を運転する場合に、もちろん理性はあるので前の晩から酒は呑まずに素面の状態で運転に臨む。そうするとなにしろアル中なので、酒を呑まない状態では離脱症状(禁断症状)がでて、運転中に痙攣だの見当識喪失だのを出来して事故を起こしてヒドいことになる、という例はたくさんあるらしい。

    僕は運転免許を所持していない。誰か褒めてくれ(無理ですね)。

  • footcopy