徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年9月29日(土曜日): ドンファン。
今日はよいよいの母のお誕生日‥‥えーと、いくつやねん。喜寿のお誕生日ということで、今日は都合で実家に現れられない弟が「藝大オペラ第58回定期公演『ドン・ジョヴァンニ』」というののチケットを贈ってくれたもので、付き添いがてら上野の奏楽堂までいそいそとお出かけする。服装はいつもどおり。それで奏楽堂奏楽堂と言いつつ旧奏楽堂のほうに行ってしまったのはご愛嬌だな。その旧奏楽堂ならば作曲の橋本剛ちゃんが奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門で優勝したときのお披露目でいちど寄ったことがあるのだが、新しいほうは存在すら知りませんでした。ええ、藝大には素人なもので。

少し早めに到着したものだからアートプラザに母を座らせてココアなど与えてから、開場前の奏楽堂の受付までとことこと行って招待券を受け取る。封筒をひっくりかえして振出人を見たら、これがおどろくなかれ、舞台演出の大御所たる直井研二先生でした。僕は平成のはじめになにかの縁で栃木県民オペラに出演したときに何度かお世話になっていて、たぶん15年ぶりくらいかしら。当時スタッフをしていた母もよく識しるおかたで、開場後にご挨拶できたのは幸甚でした。お元気そうでなにより。それでどういうルートで直井先生の名前が出てきたのかはよく判らないのでした。

オペラ公演のほうは僕が言うのもなんだが大した出来で、楽しめました。ってか全員俺より歌上手え、ってそこかよ。話のほうはこの手にありがちなくだらねえもので、あらかた「スケベ貴族が夜這いをかけたら娘のお父さんに見つかってお父さんをうっかり返り討ちにしちゃって、逃亡しながらさらにナンパを繰り返しつつ仇討御一党さまに追われて最後にひどい目に遭う」ていう山本周五郎みたいなことで、まあ筋なんかどうでもいいや。演出は最初と最後がつながっている『バニシング・ポイント』方式で、明らかにピカレスク・ロマンなのに笑えるところもあったりして。

どうでもいいけど、モーツァルトってどこまで本気なのだろうか。いや面白いけど。
とちゅうのアリアで1曲だけマンドリン主導のものがあったのだが、なんでチェンバロがあるのにマンドリンも使うのだろうか。きっといろいろと理由があるのだろうが、たとえば母はまったく気づいておりませんでした。あと、フラットじゃないマンドリンを聴くのってずいぶん久しぶりのような気がします(フラット・マンドリンなら民間人としてなら珍しいくらいの頻度で聴いているような)。

とうぜん原語上演なのだが、舞台のカミシモに縦書きの字幕表示がありました(なくても判るような話だけどね)。グレアタイプの24ドットか32ドットで1行15文字×2行が流れない仕様で、さいきん目の弱い僕にもはっきり読めました。明朝フォントが横書き用だったのはご愛嬌ね、たぶん気がついたのは俺くらいのものでしょう。

1幕100分+休憩20分+2幕90分の長丁場の終演後にタクシーでのんびりと帰宅したら、父が晩飯とワインを用意して待機しておりましてですね。とまれお誕生日の乾杯などしてから、僕はトマトひとつ食べてバタ寝しました。なにやら疲れておる。


明日は夕刻から弟夫婦が祝いにくる前に、父は郷里の菩提寺になにやらの相談に行くらしい。
今日はオペラ、明日はお寺というわけでした。おあとがよろしいようで。


スポンサーサイト
2012年9月28日(金曜日): ぐうたら。
朝、実家2階にあるふだんは不在の弟の部屋で目覚めたら11:30でした。

さいきんならマシなほうだ。とくに食欲もないもので、昼から19:00くらいまでその弟の部屋に居座って半端仕事などする。お部屋がだんだん高校の部室めいてきたのだが、弟が来訪する日は把握しているのでそのときだけ突貫工事でお掃除するわけ。いかん、次は次の日曜日だ。

16:00 くらいによいよいの母から架電があって。ええと、弟の部屋には内線電話がないというか、1階に移設した寝室に移設してしまったので、階段によるバーチカルな移動を禁止されている階下の母が僕の携帯電話に電話をかける、という間抜けな仕様になっているわけ。
ご用事は「お散歩にいきたい」ってんで、今日は西に向かってから右折してという平面ルートで、距離はすこし増えて1,200メートルほどを、30分くらいもかけたかな。この時刻だと目白学園の運動部諸君が学校脇を全力疾走しているので、さほど懸念もしていないのだが推定自足25 km/hほどで全力疾走する高校生と衝突すると母はタダでは済まない(俺なら笑って済む)ので少しだけ気をつけるわけ。もとより運動部諸君に文句はない、思いっきり走ってくれ。できればよろけたり転んだりはしないで欲しいのだが、まあ俺がいるから心配ありませんよ。

火曜日は? 写真は途上で見かけた某私設診療所の診療案内(部分)なのだが、火曜日はやってんのかやってないのか判んないのね。そんなものを見つけながら母といっしょに突っ込みを入れつつ歩いているわけです。

ついでだが、すぐ近所にあるお不動さんのご本尊が円空仏であることをお不動さんの看板で知る。なんてこったい、ここ四半世紀ほどもこのあたりをのたくっている俺なのにぜんぜん知りませんでした。毎月28日の午後にご開帳がある(2時間前やんけ!)とのことなので、来月あたりにはぜひ見学したいものです。


明日は、なんでか藝大オペラ定期公演『ドン・ジョバンニ』を観劇に行く予定、昼から。

そっち方面に疎いんだけど、たしかスケベ男が夜這いをかけたら娘のお父さんに見つかってお父さんをうっかり返り討ちにしちゃって、逃亡しながらさらにナンパを繰り返すっていう山本周五郎みたいな話だったような。

まあいいや、モーツァルト作曲ならばたいがい好きです。

2012年9月27日(木曜日): うすらねむい。
今日の大病院:

野暮用でほぼ徹夜明けで、実家に寄って90分ばかり寝てから叩き起こされて、よいよいの母の看視で大病院に向かう。
以下、主語はほぼ母な。

まずは皮膚科で爪など切っていただいて、ついでに肉まで切られてやんの、わっはっは。
それから地下で血をちゅうちゅう吸われて、採尿はなんかうまくいかなかったらしい。単純レントゲン写真も撮られた。
その次がガンマナイフ外来で、これは問診だけ。

ここまでで昼過ぎになって、河田町の小高い丘食堂(TORATTORIA COLLINA PICCOLA)さんでランチなど。ここは美味くて安くて量が多いので、母にピッツァランチをとって、僕は脇からそれをつまみながら生ビールなど。それで1時間ほどのんびりしてから病院に戻ると、ちょうど脳神経外科の診察時刻で、そのあとが呼吸器外科だ。なんか忙しいぞ。

ここまで母の車椅子をがらがら押しながら歩いているわけ(病院外は徒歩)。呼吸器外科の待合でうすらぼんやりとしていたら、あとから杖をついていらした奥さまが母となにやら話している。漏れ聞こえるところでは車椅子の話らしいので、奥さまを車椅子に乗せて使い方を軽くレクチャーしてみたりする。だってヒマなんだもん。この奥さまはひとり暮らしで犬を飼っていて、でもこんど1か月間ほど入院するので犬さんもペットホテルに1か月間ほど入れられるらしい。いろいろと不自由もありそうだし、ご連絡先くらいうかがっておくのだったか、あとで薬局でもお会いしたというのに。

その薬局には母を病院に置き去りにして行くわけだが、処方箋を提出してからちょいと郵便局まで往復する途中で、歩道に転んでいる婆さんを発見。しょうがないから担いで近所のご自宅まで運んで、玄関先の車椅子に乗せる。なんだこのデジャブ。転んだ拍子に頭を打って「ゴツッ」という音がしたそうなので、いちおう病院で診てもらうのをお薦めしておいたが、どうなったかな。

邦山照彦『アル中地獄』第三書館 ところで、待合室持参読書は邦山照彦『アル中クライシス』(第三書館)だったのだが、身につまされて少し疲れたので待合書棚を漁ってみたらなんでかゴルゴ13がある。もともとこの病院には癌患者が血反吐を吐いて死んじゃう『課長・島耕作』とか父親が脳挫傷で死んじゃう『がんばれ元気』が普通に置いてあってヘンなのだが、ゴルゴ13も1話ごとにひとりずつ死んでいくんだよなあと思っていたら、10ページも読み進めないうちに4,000人くらいも死んでいてちょっと笑った。いや失敬。

2012年9月24日から26日(月火水曜日): 昼夜リバース。
今日の月曜日:

岩下の新生姜の豚バラ巻きの新生姜添え 夕刻から、よいよいの母に付き合って某社合唱団の練習に行く前に、竹橋のパレスサイドのライオンで晩御飯。言わずと知れたビアホールではあるが、じつはピザとかけっこう美味いし問題あるまい。僕は練習前なのに生ビールを2杯。片麻痺がまだすこしある母にはピザとフリッターなど与えてみました。これなら素手でも問題なくいただけます。練習のほうは、なか1週間で皆さんきちんと譜読みもなさってきたみたいで、かなり上達していて歌っていて楽しい。僕もなんでか出演が決まっちゃったこともあり、精進せねば。

晩御飯、岩下の新芽生姜の豚バラ巻き焼きの付け合わせに岩下の新芽生姜の細刻、など。


今日の火曜日:

『死刑台のエレベーター』サントラCD 父が不在だもので、朝から実家に詰めてお給仕などする。朝はコーンフレークスにカップスープで済ませて、お昼はオムレツを焼いた。スープはいりこだしにオクラと溶き卵を放り込んで、塩胡椒する。どこ料理なんだろう、これは。午後のお散歩は家の近所で1 km弱といったところか。僕が歩けば10分がところを、30分ほどもかけて路傍の花など眺めながらのんびりと歩く。それでお昼寝しているうちに夜になっちまって、母は晩飯を自弁したのだそうだ。まあたまにはよかろう。


夜半、エアチェックしておいたルイ・マル『死刑台のエレベーター』(のたぶんニュープリント版)を眺める。意外なことに初見だったのだが、なんだこのトンチキ犯罪映画。犯人の間抜けさ加減が目に付きすぎるのがたとえば、
  • 硝煙反応ならシャーロック・ホームズの時代から検査しとるぞ、
  • 紐と鉤はどうすんのかなと思っていたら「単に忘れてた」ってお前。俺でも3秒で回収できるぜ、
  • クルマの鍵くらいかけとけ、
  • カフェとかで待ち合わせてるんじゃねえよ、犯罪者はこそこそしろい、
  • ヒロインはうろうろしないで自宅で連絡を待て、
  • そのクルマは動かない筈じゃないのか、 むかしのひとがこの映画のどこを褒めていたのか判らない(ジャンヌ・モローだってただの不機嫌なおばさんじゃん)し、こんなものをありがたがっているくらいだったらニコラス・ブレイクかロアルド・ダールかウィリアム・アイリッシュでも読んどけっつうの。要するにマイルス・デイビスのトランペットを聴く映画でした。そうして観れば腹も立たない。

    今日の水曜日:

    なんか寝たり起きたりしているうちに終わってしまいましたとさ。
    晩御飯、おでん。

  • 2012年9月23日(日曜日): ぴいひゃらら。
    今日の観劇:



    ご近所の中井御霊神社でダンス・パフォーマンスを観てきました。江戸里神楽で、マスクのダンサーが5人くらいかな? 生バンドはリードがフルートでパーカッションが2人、曲はモードで3時間演りっぱなし。かなり楽しめました。誰が犯人なのかは判らなかったけど、まあ小さなことだ。

    よいよいの母を同道した縁日は、さすがにきびがら鉄砲とかホウズキとかは売られていないのね。お面屋さんもなかった。金魚すくいとヤキソバはあったな。ちと雨が降っていたのと季節が押していることもあってか、浴衣の娘さんもおらなんだ。まあしょうことあるまい。

    2012年9月22日(土曜日): まつりばやしがきこえる。
    今日の笛太鼓:

    CD『東京ダルマガエル』 朝、目が覚めて腕時計を見たら06:30だったもので早起きしたなと思ったら、夕方でした。はっはっは、よくあること。

    風向きの具合で途切れ途切れだが、中井五の坂の御霊神社からお囃子が聴こえてくる。界隈で古楽器の生演奏が聴けるのはここだけなので、明日は忘れずに聴きにいかなければならない。昼間はお神楽も演じられる筈だが、時刻がよく判らないな。あとで、真夜中になるだろうが確認しにいってみよう。


    今日のお買い物:

    邦山照彦『アル中地獄』(第三書館) 楽天市場のポイントが貯まっていたので、家庭内行方不明になっている邦山照彦『アル中地獄』(第三書館)を買い直してみました。この木曜日と金曜日にはちょっとした禁酒欲があったのだが都合により果たせず、今日はふつうに飲み倒しているので、少しじぶんを脅してみる必要を感じたためです。

    あと中古だが都筑道夫『名探偵もどき』(文春文庫)を見つけたので、そっちも注文。なにかで聞いた話では、ポワロだのホームズだのが活躍する舞台が西武新宿線中井界隈なのだそうな。そりゃ読むだろうと思って捜していたのだがこんなところにあるとは。


    今日の穀潰し:

    DVD『バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー』 高田馬場のバッタ屋さんで保護してきたDVD『バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー』を、たぶん今世紀なら初めて眺める。くっだらねー映画だが大好きですな。ってかよくこんなもん撮ったよな、偉い。
    監督のW.D.リヒターというひとを僕は知らないのだが、iMDbを見るともともと脚本家で『ステルス』、『ニードフル・シングス』、『スリザー』あたりが代表作なのかな。よし、だいたい判った。真面目に観るやつが間違ってるが、じつは好きな屑映画が揃っておる(『ステルス』以外)。
    出演陣がまた凄くて、ピーター・ウェラー、ジョン・リスゴー、クリストファー・ロイド、ジェフ・ゴールドブラム、エレン・バーキンと変態しか出ていない(なんでドナルド・サザーランドとクリストファー・ウォーケンは出演していないんだろう)。とまれ300円なら買い物でしたな。

    ヒマなのでエレン・バーキンのフィルモグラフィーを拾ってみたらこのアマが、『ダイナー』、『バカルー・バンザイ』、『ジョニー・ハンサム』、『ザ・ファン』、『ラスベガスをやっつけろ』って、ぜったい狙ってるよな。もうこいつは「アメリカの中山忍(ゴジラでガメラで李連杰)」でいいや。


    DVD『ダークマン』 同じお店でサム・ライミの『ダークマン』も300円でゲットしていて、これは好きな映画だな。時期的には『死霊のはらわたII』の後の作品で、冗談とびっくらかしを封印した最初の映画だな、たぶん。『スパイダーマン』三部作でそういうのに疲れたので『スペル』があんなことになってしまったものと判じているのだが、間違っているのかもしれない。でも『シンプル・プラン』も好きだよ俺は。
    話のほうは「ヒドい目に遭わされたやつが悪党にこつこつと復讐する」という都市型マカロニ・ウェスタンか都市型クンフー映画で、たいへん面白いしカタルシスもある。リーアム・ニーソンの成れの果てがブルース・キャンベルというのが気にならないこともないが、そんなこと気にすんな。

    今日の25時:

    猫おいおい そんなこんなで外も静かになったし涼しいし雨も熄んだのでお散歩にでも出よう。

    2012年9月21日(金曜日): だいじょうぶだよ。
    今日のお散歩:

    預言者 新宿は雨が降ったみたいね。
    あたしゃお昼寝していたので存じませんが。


    よいよいの母のお散歩の付き合いで、今日は北へ。なんか製氷機の具合が悪いというので見てみたら、氷量測定用のバーがないんだか折れてるんだか、これでは氷ができるわけがない。明日真面目にいじってみて、駄目なら電気屋さんを呼ぶねいうことで、今日は実家の北にある酒屋さんまで行って)氷を買ってくるミッションでした。

    帰宅がけに、母に氷1.1 kg+氷結レモン350 cc*2=1.8 kgを持たせてみたらけっこうしっかり運搬していたので、ひょっとすると12月のホノルルマラソンに間に合っちゃうかもしれません。


    今日のアル中:

    茄子と味噌 なんかここんとこずっと茄子を焼いたのと葱を焼いたのとしか喰っていないような気もするが、まあ問題あるまい。意識にのぼらないところで炭水化物を摂っていないわけでもないようだしな。


    水曜日に昼寝していたらなにやら瘧めいた感じもして、寝汗もかいて悪夢も観た。もう馴れたよ、ただのアルコール中毒症の離脱症状だ。たかが24時間がとこ酒を飲まなかっただけでこの始末なので、以下略。
    2012年9月17日から20日(月火水木曜日): 身近な世はなべてこともなきが如く。
    今日の月曜日:

    ピースに文字がカブってしまった。 日曜日に続いてよいよいの母が散歩に出るというものでなんなく付き合う。日曜日はに行ったもので、今日はへ。いずれにしても1 kmほどのことだが、ゆったりと歩く。途中で母がだんだんと右方にヨレていくなあ、三半規管イカれてきたかなあと思ってよく見たら、道がかすかに右方に傾いでいた。判りやすくてなかなかによろしい。路傍の花だの石だのについて意見を交わすのは愉しい。

    夕飯どきに帰宅しても、さいきんは父が僕のぶんの晩飯を用意しなくなっている。申し訳ないのだが「口に合わない」わけではなくて、化学調味料使用の肉々しい料理を好まないのだな僕は(「口に合わない」と言っているようなものですが)。僕は僕で勝手に鶏肉だの魚だのを買ってきて焼酎を舐める夜半、というのが習慣化されつつある。いいことだ。


    今日の火曜日:

    夕刻から、某所合唱団の練習に出るというよいよいの母に付き合って、竹橋まで出る。練習前にKKRホテルに寄って早めの晩飯などとってみるが、KKRのくせにラウンジは気さくな感じで、サンドイッチも美味しかったな。またきましょ。二度と行かねえよ小海老の腐ってた如水会館、けっ。

    合唱団のほうは10月と2月に演奏会が決まっていて、なんでか毎回練習に来て来たからには歌っている僕は蟻地獄に引きずり込まれるかのように(なんてことを言うのだ私は)、本番の演奏会にも出演決定! 母から僕に打診される以前に指揮者(清水昭師父ですが)の許可が既に下りていたという不思議な事態だがまあ、しょうがねえな。

    女声陣のほうで僕のベースの評判がいいという報告が母からあったのだが、いずれリップサービスというのはそういうものだなどとは言わずにおこう。どうやら機嫌はいいらしいし、野暮はいかんよ。


    今日の水曜日:

    あいかわらず実家に詰めているのだが、火曜日の夜に仕立てておいた「鶏腿肉とオクラのスープ」が朝起きてみたらもう両親に喰われていた。まあいいけどさ。今日のお散歩はへ。路地をひとつ飛ばすと100 mずつ距離が延びるのだが、本人が「もうちょっと歩く」というものでのんびりと付き合う。

    先月初旬ならひとりでトイレに行くのもままならなかったわけだから、驚異的な恢復力と言ってよかろう。この調子なら12月のホノルルマラソンに間に合っちゃうかもしれません。実家に戻ってみたら父が「すき焼きを作ってあるから喰え」というので、ひさしぶりに親子3人でお食事。美味かった。

    食後、野暮用で新宿に出たついでに歌舞伎町Golden Eggのサトシくんセッションに顔を出す。お初のひと、いやというほど知ってるひと、ちょいとチキンな初心者のかた、といろいろいらしていて楽しかった。


    今日の木曜日:

    というわけで今日のお散歩は西に決まりということで、中井六の坂の御陵神社で、狛犬さんにお子さまがいらっしゃるだの、もうひとくみの狛犬さんが籠に入れられている理由は「逃げちゃうんじゃね?」みたいな話をしながら「とおりぬけ」して裏手の階段を下りて坂を登って目白大学方面にもどるという大冒険をやってみました。いや階段の勾配が小石川植物園の封鎖階段なみに半端ないのよこれが。でもまあなんとか。日々向上しているわけではあるので、いっそリオデジャネイロの女子400 mでも狙ってみましょ うか。

    僕は日暮れから野暮用で高田馬場に出て、バッタ屋さんでDVD『バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー』と『ダークマン』を300円イーチで保護(キノコノクニヤ書店は今日は収穫なし)。それでせっかく高田馬場にいたのに、diglightのTattiさんセッションに顔を出すのを忘れた。ごめん、きゃさりん。

    Separated Zircons.
    By The Big plays Sir Duke.



    By The Ugly plays Man from Nowhere.



    By The Supreme plays Sweet Georgia Brown.



    By The Bottom plays Train Train.



    And together.

    2012年9月16日(日曜日): 人生これ互助会。
    今日の対バン:

    11月30日の火曜日、高田馬場diglightでのThe Zircons公演の対バンは、Route8464さんに決まりました。たしか3年くらいまえに四谷三丁目Sokehs Rockで一緒させていただいて以来なのだが、サンチャゴにあれだけ無茶苦茶言われてよく請けてくれたもんだ、わっはっは。それはそれとして、当日出演者の平均年齢がちょっとすごいことになるのは内緒です。


    Route8464 at 定禅寺JSJF Route8464が歌うと街がこんなことに!

    みっくんon stage Route8464が歌うと子供がこんなことに!

    猫おいおい The Zirconsが歌うと猫がこんなことを!

    ジルコンズ


    The Zirconsが歌うとThe Zirconsがこんなことに!


    今日のよいよい:

    優しさのカタマリ 昨晩はいろいろと悪戯をしていて、明け方に就眠して昼過ぎに起きる穀潰しの俺。まあそんな日もあるさとも思ったのだが、ふと気づくと毎日そんな感じだなあ。そもここ1年間でやった生産的な作業って、本気だせば2週間くらいで片づくようなもんだよなあ。まあそんな年もあるさとも思ったのだが、ここ37年間くらいもそんな感じだなあ。

    それで実家に寄って朝御飯などいただいていたら、母が散歩に出たいという。先月だったらトイレまで歩いていくのもひと苦労だったのだから、この調子なら今年のホノルルマラソンに間に合うかもしれんな、よしよし。というわけで目白学園のあたりをひとまわりしてきましたとさ。

    写真は、お散歩とちゅうの空地の養生シートで発見した「優しさのカタマリ」です。


    今日のテレビ(実機): なんか無駄にサイバーパンクな感じやね。

    テレビ いまのメインテレビはSONYのWEGAで、中野の元締が液晶テレビに買い替えた際に貰ってきたやつなんだな。15年ほど前の型を10年ほど前に貰ったもので、もちろんCRT。CRTがカソード・レイ・チューブでつまりブラウン管なのは判るね。ほら、昔の映画のレーダーで緑色の点がピコーンピコーンと鳴ってるやつだよ。判らんな、しょうがない。

    先日元締と晩飯を一緒したときにそのテレビの話をしたら「まだ動いてんの?」とのことだったが、ぜんぜん動いて映ってますよ。「デジタル対応してたっけ?」とも言われたのだが、僕ん家のあたりは「新宿都庁建設時の電波障害対策(つまり東京タワーと中野区の間に都庁舎が立ちふさがったもんでごめんなさい対策)」が尾を引いて、中野ケーブルテレビがデジタル→アナログ変換サービスをしてくれているので2015年3月まではアナログテレビが観られるのね。だから僕ん家のテレビ朝日は今も10チャンネルのままだ。

    2011年(昨年)の7月24日のお昼前に、僕はフジテレビのニュースを眺めながら「今日からいいともは観られないんだなあ」と思って地上アナログ放送を見守っていたのだが、12:00からふつうにシームレスに『笑っていいとも!』に移行したのでずっこけましたな。まああと3年もバッファがあるんだったらどうでもいいや。

    さいわい家が無駄に広い(家賃は安い)もので、押し入れにテレビ、手前のデスクにPCのこれもCRTディスプレイという布陣で問題はないし、しばらくこのままだな。

    footcopy