FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年7月18日(水曜日): エアコン壊れたが、こりゃ死亡フラグか。
今日の昨晩飯:

岩下の新生姜の豚バラ肉巻きのさらに生姜焼き 夜半にお腹がすいたので、岩下の新生姜に豚バラ肉を巻いて、生姜を擦って焼いてみました、って新生姜の生姜焼きってなんだそれ。美味いぞ。


今日の昼飯:

サッポロ一番塩らーめんいろいろ乗せ 昼過ぎに実家にいったら母がぽつねんと座っていて、父が買い物に行ったまま帰ってこないのでお昼御飯がまだでひもじいというので、サッポロ一番塩らーめんにレタスとか肉とか胡麻とかを乗せてみる。


今日のウィルス対策:

パソコンの話です。

PC 実家の新PC(Lenovoね)にはソフトウェアはほとんどプリインストールされていなかったのだが(だから買ったのだが)、ノートン先生だけは試用版が入っていたのね。それはそれで良心的だとも思うのだが、レガシいパソコンユーザーとしてはどうも「ノートン先生は重い」と思い込んでいるのだな。まあ実家PCはCore i7のメモリ8 Gbなので重くもなかろうが、価格面での問題もある。

僕は貧乏なのでKINGSOFT先生の無償版にお願いしているのだが、実家でこいつを入れると右下から現れる宣伝広告画面に母がびっくりしちゃったりもするのだろうし、僕と違って実家にはカネがないわけではないのだ。

てなわけで、とりあえずKINGSOFT先生の有償版をオンラインで買おうとしたら、なんでか母のクレジットカードが支払い画面を通過できない。ノートン先生は余命3日間なので、Twitterで教えていただいた avast!先生というの(合唱オタクに教わった)とESET先生というの(ハーモニカオタクに教わった)を検討して、avast!はフリーなので僕の自宅PCに放り込んで、実家PCにはESET先生の30日間無料版を放り込んでみる。つまり先生決定までに30日間のバッファをとってみたわけですね。

というわけでESET先生のインストーラを、ふと気づくとオンビキの扱いが今日はいい加減だが気にするな、ESET先生のインストーラはダウンロードして、ノートン先生をついコントロールパネルから削除してしまう。たぶんアンインストーラでやればよかったんだろうが、コントロールパネルからだと亡霊というか残滓というかが残っちゃうのね。その亡霊に邪魔されてESET先生がインストールできないので、ここでSymantech先生にご登場いただいてノートン先生を撲殺除霊していただくという本末転倒! まあ素人のやることだから。

作業中に父が「なにをしているのだ」と問うので「対コンピュータウィルスのセキュリティを設定しているのだ」と答えたら父が「そんなのいらないよ」って言い放ったのは面白かったな。潤哉さんに聞かせたら腰から落ちるレベルではあろう。


ついでに、旧PCに繋いでいたプリンタEPSON EP-803AWも使えるようにしようと思ってドライバCDを放り込んでみたら、こいつがWindows 7に対応していなくてインストーラがとちゅうで止まる。止まったのに気がつかなくて30分くらいもぼおっとしておりましたな、あはははは。

こいつはネットから落としてきてプリンタはインストールしてみたのだが、要するに家庭内LANの設定ができていないのでプリンタが共有できないことが根本的には問題なのだがそこはアスタ・マニャーニャにして、いつものことだ、気にするな。アスタ・マニャーニャにして、テストプリントはできたからまあいいや。スキャナやメディア読み取りができるかどうかは試していないのだが、これもおいおいでいいや。おいおい。


月曜日のひぐらしの落ち穂拾い:

ミレー『落ち穂拾い』本物ではない(たりめーか) 沼津からいらしたお客さまに教えていただいたのだが、終演後のロビートークのモブがちょいとかなりうるさいらしい。ってか帰るお客さまが通れない大混雑というのは見馴れていたので見過ごしていた俺がばかん。これは合唱団員が下手側から出てくるのを上手側に強制排除すればちょっとは効果がありそうなので、次回から検討させていただきます。ご教示ありがとうございました。

といっても、来年のひぐらしは第一生命ホール(太平洋のなかにある)だもので行ったことないから、仮にまた懲りずに受付嬢を依頼されたならば現場で考えるね。とりあえずは8月5日の男声合唱『甍』演奏会で参考にさせていただくとしましょう。


信長貴富:混声合唱とピアノのための「近代日本名歌抄」(混声4部版) ついでに書いておくと、第4ステージの譜面を失くしたんだか忘れたんだかした歌い手さんがいて、開演直後にコピーに走ったスタッフがいたのは内緒。内緒だが著作権法的には緊急避難ということで問題ないと思うんだけどどうかな。もとよりありがちなトンチキだもので非難もしません、俺もそういうポカはよくやる。ってか日常。

コピーされてきた譜面の製本でちょっと悩んだのね。ふだんだったら谷折りの糊付け製本にすれば「めくり」のタイミングも周辺と揃うし、なによりめくりやすい。でも現場にちゃんとした糊がなくて、ってコピーしてきた奴がついでに買ってこいよってな話にもできないし、しょうがないから山折りのステープラ止めになってましたね。ちょっと歌いづらかったかもしれないがまあ堪忍してくれ。

ステージでは歌い手全員が譜面に黒バインダーを装着していたのだが、隠蔽工作というとアレだがそういうことだったのかしらん、儂ゃ知らん。


アルカフェにて 荻窪アルカフェでの二次会では当日初演作の田中達也『朝の交響』を酔っぱらったひぐらし面子が歌っていたのだが、これが全員暗譜なのね。無伴奏合唱曲なのになんでか作曲の田中達也さんが、って書いたか書いてなかったか忘れたので書いておくと田中さんはひぐらしのテノールで歌っているかたなのだが、その田中さんだけが譜面貼りつきでピアノを弾いていたの。

いちおう意見として「あんたらおかしいよ」とは言っておいた。あとしーらないっと。


今日の道楽:

DVD『私を愛したスパイ』 バッタ屋さんで購入した中古DVD『私を愛したスパイ』を観る。

高校時分に授業を抜け出して飯田橋佳作座だかギンレイだかで観たものと思うが、DVDの字幕が当時と違うのが少し残念ではある。贅沢を言っている自覚はあるが、「愛想のいい」とか「武器庫に核ミサイルがある」とかの名台詞はあったよなあ。まあしょうがないか。


DVD『容疑者Xの献身』 バッタ屋さんで購入した中古DVD『容疑者Xの献身』も観る。

何度観ても飽きないのは措くとして(措いちゃいけないんだろうけど措くとして)、テレビシリーズもそうなのだけれども、原作を超える設定が必ずされているのは何故なんだろう。原作者が噛んでいるのか脚本家乃至脚本家チームが優秀なのか知らないけれども、ちょっと凄い。


野尻抱介『南極点のピアピア動画』ハヤカワ文庫 野尻抱介『南極点のピアピア動画』(ハヤカワ文庫)を読みちゅう。たいへん愉しい。


スポンサーサイト



footcopy