FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年7月2日(月曜日): 「間違っていないから正しい」というわけでもなかろう。

ライブのお報せ:
フリーフロウランチの地図 2012年7月4日(水)20:30~
by The Zircons
於: 池袋西口Free Flow Ranch


The Zircons

演し物: A cappella doo-wop The Zirconsの歌と踊り
ところ: 池袋西口歩近Free Flow Ranch Tel. 03-5952-6599
お日和: 7月4日(水曜日)
お時間: 17:00開店、演奏は20:30ごろ開始、22:30くらいまでかな?
木戸銭: 投げ銭制だがそんなもん払わんでよろし。あと飲食代。
ジルコンズでは年3回ほど出演させていただいているフリーフロウランチでのライブです。2007年からの5年半で、今回が18回目の出演になりますな。隙間産業零細バンドにしてはよく続いているほうだと思います。

飲み物も食べ物も美味しいお店です。僕の好きなのはチリビーンズ、厚切りベーコンのグリル、シーフードガンボってとこかしら。まあなに食っても美味い。バーボンの種類もけっこうありますので、肉食系女子とのデートにも最適です(と書いた時点で女性客が少ないことが判りますな、けっ)。秘書課のあの娘と笑いにおいで。


今日の吉右衛門さん:

拗ねる吉右衛門さん 吉右衛門さん 深更の帰宅がけには、玄関前の敷石を摺り足で歩くようにしている。

この時期ならば蛙の吉右衛門さん一族がお散歩をなさっているからで、今日もうっかり蹴っ飛ばしてしまって怒られました。それでも摺り足だから踏み潰さないですんでいるわけで、そこは評価してくれてもいいと思うんだけどなあ。だって大きさが違いすぎるもの、ある程度はしょうがありませんよ。

ちなみに当代の吉右衛門さんは知る限りならば三代目なのだが、11月とか2月とかの突拍子もない時期にもお見かけするのだが、なんか不眠症でもあるのだろうか。私ごときが心配することでもないのだが、ちょっと気にならないこともないのです。


今日の合唱団:

DVD『コクーン』 よいよいの母が参加している某社合唱団の練習があって、付き添いついでにちょいと歌ってくるわけ。少人数の合唱団(The Zirconsのことだ、わはははは)なら毎月演奏会があるのだが、50人規模ならものごっつう久しぶりかな。節電とやらで多少暑苦しいのは仕方がないとして、新譜の音取りだけで120分ぶっとおしってのはちょっと勘弁して欲しかったかなあ。贅沢かなあ、でも譜読みだけなら10分とかからんぞ俺の場合。

まあ、偶然ながら遠い昔に一緒に歌っていたQちゃんとかタケちゃんとかクドーちゃんとかがいたのでヨシとしましょう。あと僕がわりと無慈悲に扱っているよいよいの母がけっこう過保護な扱いを受けているのは、文句つけるんじゃなくて感謝しましょうね>>俺。



スポンサーサイト



2012年7月1日(日曜日): 原発事故はマクガフィンか。
今日のパソコン:

有線LANルータ 無線LANルータ 無線LANアダプタ わけあって実家でPC作業などする。

目の前にLenovo(Windows7)、Vaio(Windows XP sp2)、MC2/40(Windows2000)が並んでいてぜんぶ使うのだが、フレッツの回線が1本、マウスが2本、連携はなくてデータの移動はUSBメモリというとっても素敵にレガシい環境になっちまった。さきに4口ルータでも買ってきたほうが早かったんじゃねえのか、あはははは。

LAN化は本気で考えるとすると、最大でPC×2台のプリンタが1台。別に移動させたりゃせんのだから有線でも構わないのだが、無線ルータも安いしアダプタなんか1,000円もせんのだから5,000円かけて無線にしたものかな。えーと、2,000円のルータと1,000円のアダプタ×3本という計算です。


今日のアル中:

ところで到来物のビールが積んであったので1リットルほど飲んでいたら父親に飲み過ぎだぞと因縁をつけられたのだが、こんなもんふだん飲んでる焼酎(25°)に換算したらコップ1杯だぜ、飲んだうちには入らないのだった。


今日のクレーマー: アル中つづき。

サントリー・ザプレミアムモルツ それはそれとして、ちょっと前に寄ったそこそこ高級なレストラン(五目ヤキソバが1,500円といえば見当はつこう。もちろんひとの奢りだ)に入って生ビールを頼んだら、これがちょっとだけ鉄くさかった。サントリーのプレミアムモルツを飲みつけていてビールにはちょいとうるさい俺さまだから気づくような微かな異臭ではあるが、気づいちゃったものは仕方がないので店員さんに「鉄くさいよ」と一言してからそれでもお代わりする俺。

お代わりを持ってきた店員さんが「『鉄くさい』の意味が判らないので、圧を変えてみました」ってこいつぜんぜん判ってないなあと思ったけど面倒なので文句など言いません。でも帰宅してからお店宛にメールはして事情を説明する俺。

後日に店長さんからお返事があって、「ご指摘の通り、『鉄くさい』=『機材の洗浄が出来ていない』と認識しています」との由。ついでに「もしチャンスを頂けましたら、次回ご来店時に 大変お手数ですがこのメールを従業員に見せて頂ければ、50%OFFとさせて頂きます」ともあるなあ。

そういう目的ではなくて、僕としてはちゃんとビールが飲めれば問題はないので、いちおう「また鉄くさかったらちゃんとしたお替わりを要求できる権」だけ請求するお返事を出しておきましたとさ。妥当な落としどころだと思うんだけどな。


なに、ビールが鉄くさい以外は味もサービスもちゃんとしたお店なのさ。50人ほど連れていって大宴会をやらかした後(たとえば中野ゼロで合唱団の演奏会やったあとのウチアゲ後)とかに250,000円の勘定書きが出てきてからおもむろにメールを取り出すようなクレイジー・キャッツ『こりゃシャクだった』みたいな真似はしません。

たぶん。


【その他のりびけんクレーマー事件】
  • 有名なのはでたぜん。(全難聴と全要研に喧嘩を売られた2002年)
  • 自動販売機にお釣りをごまかされたので地獄の底まで追いかけて200円取り返した事件(3年くらい前)
  • 実家の新築時にエクステリア業者と下請けさんの対応に齟齬があったのでエクステリア本社と掛け合って始末書とってみた事件(1989年)
  • スタート・ラボのCD-ROMがケースから出すたびに割れる欠陥品だったもので苦情を申し入れて50枚ほどかっぱいだ事件(2007年)
  • 近所のDVDレンタルがケースと本体を間違えて延滞金を請求されたので、いちおう支払ってから本社に連絡を入れて1,200円返してもらった事件
  • 長丁場なのに飯を食わせないPC要約筆記現場差配の左コメカミにグーパンチ入れた事件(3年くらい前かな、俺的には笑い話だが殴られた悪鬼羅は気の毒なもんだ。まあ殴ったほうも痛いってんで禁酒が1日だけ途切れたので勘弁しておけ)
オーストリアのPC要約筆記現場で現地設置担当者と喧嘩になって英語とドイツ語と日本語が錯綜してエラいことになったとか、まあいくらもあるなあ。僕はこんなに温厚な性格なのに、どうしていつもトラブルに巻き込まれてしまうのだろう。祟りか。

今日の明日:

どうやらよいよいの母の某所合唱団練習に付き合わされるらしい。付き合うとなると歌うわけなのだが、僕もさいきん酒ばっかり飲んでるもんで体力に不安があったりなかったり。つい全力で歌っちゃうんだよねー、ペース配分とかいう概念がないんだよねー、バカだねー。

fff連続とかだったらまだいいんだけど、pppのほうがよほど疲れるわけ。
The Zirconsばかりだったらよほどラクなのに。

footcopy