FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年2月19日(日曜日): 義務教育受けてきたか?
今日のA♂Z:

日曜日はパンク合唱団A♂Z公演を冷やかしに保谷こもれびホールへ、って駅歩30分ってなんだよ、だいたい西東京市とかいいながらどっちかというと東京都の中心より東じゃねえかよ、田無と保谷が合併したんなら「たほいや市」でいいじゃんのよ、とか滅茶苦茶なことを考えながらのんびりと歩く。

今回の劈頭は指揮者の笠置先生がブルーハーツをギターで弾き語るというどすこいなもので、なかなかによろしい。ギターはもうちょっと伸びしろがありそうだが、そんなことは言わない。僕はいちおう「なかの人」ということにして、譜面台くらいは運んだぞ。終演後にフル電動床が座席をぜんぶ飲み込んでいくところを見学させていただいて、勉強になりました。

スタン・スミス そういえば、なんでかサイズがちょっと小さめになってしまって履けないコンバースのハイカットを2足とスタン・スミスのレアものを1足持っていって、学生さんに配ってきました。それなりに喜ばれたようなのでようございました。


DVD『ブルース・ブラザース』 LP『バグス・グルーブ』 終演後に保谷駅前のウチアゲに付き合って、平均年齢20歳くらいの合唱団員がモンティ・パイソンもブルース・ブラザースもセロニアス・モンクもぜんぜん知らないことが発覚して笠置先生とふたりして仰天。『ブルース・ブラザース』と『七人の侍』と『燃えよドラゴン』くらいは基礎教養として観とけってば。そもイカワタくんはピアニストのくせにモンクを知らないってのはどういうことやねん。そこへいくとタナベくんのほうは喧嘩セッションのことも知っていたし、どうやらジョン・ルイスのファンらしい。そうさの、次の機会にセロニアス・モンクのライブとブルース・ブラザースのDVDは持っていって貸し出すとしましょうか。

深夜の帰宅がけ、大江戸線の乗り継ぎがあるかどうか判らなかったので椎名町から徒歩を決め込んで歩いていたら、向こうからTanto Gutsのさいとーさんが自転車に乗ってやってきたので、椎名町の駅前まで戻ってちょいと1杯ひっかける。よく完成された人間像を抱えての帰宅途上ですっころんだらしくておでこをすりむいているのだが、よく憶えていない。



スポンサーサイト



footcopy